トウダン・ジャーニー / Rakus Meetup Osaka #1 / TOUDAN JOURNEY

73560128b23de542e47a318145bc781a?s=47 Yu Kawanami
November 27, 2018

トウダン・ジャーニー / Rakus Meetup Osaka #1 / TOUDAN JOURNEY

今年の夏に開催された PHP カンファレンス関西 2018 で、会社として初めて技術イベントに協賛と 2 名のエンジニアが登壇しました。開発組織を横断した登壇推進チームが業務としてどのように登壇プロジェクトを推進したのか、ひと夏の物語をご紹介します。

--

「Rakus Meetup Osaka #1 大阪開発チームのチャレンジ紹介」の発表資料 #RakusMeetup
https://rakus.connpass.com/event/106050/
https://twitter.com/hashtag/RakusMeetup

73560128b23de542e47a318145bc781a?s=128

Yu Kawanami

November 27, 2018
Tweet

Transcript

  1. TOUDAN トウダン・ジャーニー JOURNEY Rakus Meetup Osaka #1 @kawanamiyuu

  2. • かわなみゆう • @kawanamiyuu • 2009 年入社 • 新サービス (HR

    x Tech) の開発 • PHP がすき • phpcon 2018 で ライトニングトーク します! 2 2 自己紹介
  3. 3 今年の夏に開催された PHP カンファレンス関西 2018 で、会社 として初めて技術イベントに協賛と 2 名のエンジニアが登壇しま した。

    開発組織を横断した登壇推進チームが業務としてどのように登 壇プロジェクトを推進したのか、ひと夏の物語をご紹介します。
  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 本日はこちらのお話

  8. 旅路のはじまり ジャーニー

  9. 9

  10. 10

  11. 11 技術ブチョー

  12. 12 ここまで作戦通り

  13. 13 背景 • 組織として ◦ 人材の育成。社外での活動や交流を経験することによるエンジ ニアとしての成長 ◦ 社外へ情報発信していく文化の醸成 ◦

    社外へのエンジニアリングのアピール。採用活動の強化 ※これまで組織としてのイベント協賛・登壇の経験はなかった
  14. 14 背景 • 個人として ◦ エンジニアの生存戦略 ▪ 新しいことへのチャレンジ ▪ セルフブランディング、キャラ立ち

    ◦ コミュニティへの想い ▪ OSS へのコントリビュート経験 ▪ もっと関わりを増やしたい、貢献したい 組織の方針と個人のやっていきのタイミングが一致
  15. 業務として 取り組むために

  16. 16 プロジェクト化し、横断チームで推進 • 3 サービスから合計 5 人が集結 ◦ 題材サービスの開発メンバー …

    3 人 ◦ PHP の有識者 … 2 人 ▪ 自分(かわなみ)は題材サービスの開発メンバーではな かった
  17. • 経験がないので「えいや!」で見積もるしかない • 今後のモデルケースにするためにもちゃんと計画して進めたい 17 工数を見積もってスケジュール化

  18. • 取り組みをオープンに • ステークホルダーへの進捗アピール 18 Public な場所で議論する

  19. 19 • ロゴ入りポロシャツを着る • 現場からの実況中継企画 採用面、広報面の協力も惜しまない

  20. 20 インクリメンタルな資料作成 • 複数人での資料作成 • アウトライン → ドラフト① → ドラフト②

    → 仕上げ • 全体のストーリーとボリュームの把握を優先 • 言い回しやレイアウトの調整はあとから
  21. 21 発表練習もしっかり • 3 回 + 公開リハ 1 回 ◦

    もちろん就業時間中に実施(※公開リハは定時後) • 毎回ちゃんと時間を測る ◦ 当日も時間ぴったりだった ◦ 登壇者本人はまったく時計を見てなかったらしい... • 発表練習のフィードバックで資料も調整 ◦ しゃべりやすいようページを分けたり ◦ 冗長な表現を削除したり
  22. まとめ

  23. 23 所感 • 担当サービスを横断したメンバーで業務として取り組みを推進できた • 自分の会社のエンジニアが前に立って登壇している姿をみて感動し た、誇らしく思った • 登壇も協賛も今回1回きりではなく、継続的に取り組んでいくことが重 要

    ◦ エンジニアの育成観点、採用観点 ◦ コミュニティへの貢献
  24. “ 我々はもうできる。 やるか、やらないか、 あとは我々次第だ。 24

  25. 26 Appendix

  26. 27 テックブログ • PHP カンファレンス関西 2018 に登壇します&協賛します ◦ http://tech-blog.rakus.co.jp/entry/2018/06/15/112645 •

    PHP カンファレンス関西 2018 に登壇してきました ◦ http://tech-blog.rakus.co.jp/entry/20180726/php/conferen ce
  27. 28 登壇スライド • チャットディーラーの高速開発を支える Laravel ◦ https://speakerdeck.com/koheisakata/phpkansai-2018-chat dealer-rapid-development-with-laravel • mixed

    型なんてけしからんと社内チャットでつぶやいたら炎上した ◦ https://speakerdeck.com/kawanamiyuu/phpkansai-2018-lt- mixed-typehint-dis