Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

スタートアップで 1 度は崩壊しかけたチームがこれからチームになっていくための第一歩 / re-startup team

Yu Kawanami
December 15, 2021

スタートアップで 1 度は崩壊しかけたチームがこれからチームになっていくための第一歩 / re-startup team

「カイゼン Tips LT会 #kaizenlt 」の発表資料
https://rakus.connpass.com/event/229144/

Yu Kawanami

December 15, 2021
Tweet

More Decks by Yu Kawanami

Other Decks in Business

Transcript

  1. 「スタートアップで 1 度は崩壊
    しかけたチームが、これから
    チームになっていくための第
    一歩」
    カイゼン Tips LT会 #kaizenlt
    @kawanamiyuu
    すたこれ!

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    ● かわなみゆう
    ● @kawanamiyuu
    ● BABY JOB 株式会社 / 2021.11 入社
    ● おむつのサブスクサービス「手ぶら登園」の
    開発エンジニアリングマネージャー
    2

    View full-size slide

  3. 会社、サービス紹介
    3

    View full-size slide

  4. 4
    (2021/12/15 現在)
    https://tebura-touen.com/

    View full-size slide

  5. 入社直前のあれこれ(課題)
    ● 私が入社する直前の 3 ヶ月間で、退職や中途入社により、メン
    バーの半分が入れ替わり
    ● サービス立ち上げに関わった開発初期メンバーが残っておら
    ず、業務知識が失われる寸前
    ● リリースなどの運用作業をできるメンバーは 1 人だけ(トラックナ
    ンバー 1)
    5

    View full-size slide

  6. 入社直前のあれこれ(課題)
    ● タスクが開発者個人にアサインされ、お互いが今何を開発してい
    るか分からない(= 開発チーム 開発グループ)
    ● 指揮系統がバラバラ、かつ、全社チャットツールや開発者用
    Slack にコミュニケーションが分散(しかも全部プライベートチャン
    ネル)
    6

    View full-size slide

  7. 入社して最初に取り組んだこと
    ● まずメンバー全員と話す
    ○ 現在の業務内容
    ○ メンバー各自の目線での課題感
    ● 私(マネージャー)の目線で感じた課題に早々に対処
    ○ 交通整理(コミュニケーションパス、開発プロセスの再設計)
    ○ 情報の透明化
    ○ 属人性の緩和
    7

    View full-size slide

  8. 入社して最初に取り組んだこと(具体例)
    ● 開発プロセスや会議体を Working Agreement として明文化
    ● 毎日オンラインで朝会、夕会を始める
    ● 振り返り・レビュー会を始める
    ● タスクの個人アサインをやめる
    ● リリース作業できる人を 1 人→ 2 人に増やす
    ● Slack のプライベートチャンネルをやめる
    ● BitBucket から GitHub に乗り換える
    8

    View full-size slide

  9. 取り組んだ結果
    ● アジャイル開発のプラクティスを参考に
    ● 「チーム開発」のスタート
    ● メンバーも好意的に受け入れてくれた
    9

    View full-size slide

  10. めでたし、めでたし?
    10

    View full-size slide

  11. これらはカイゼン
    なのか?
    11

    View full-size slide

  12. これらはカイゼンなのか?
    ● チームやメンバー個々人に致命的な問題があったわけではな

    ○ ※マネジメントが機能していなかったという問題はあった
    ○ ※スタートアップという、なにもかもを急がなければならない環境下で、部署間
    や担当者間の視座や視点の違いによるコミュニケーションの行き違いはあっ

    私「これ誰も悪くなくね?すごいもったいない。。」
    12

    View full-size slide

  13. 上手いやり方を知らなかっただけ
    ● チームとして必要なコミュニケーション
    ● チームとしての仕事(開発)の進め方
    ● チームに適したツールと使い方
    そして、
    ● 価値にフォーカスしたプロダクト開発の手法、マインド
    → 今回はアジャイル開発の価値観、プラクティスが適していた。
    13

    View full-size slide

  14. 大事なこと
    ● 過去を否定しても仕方がない
    ○ その時々で必要な意思決定だったはず
    ● 今のやり方にとらわれない
    ○ 今の良い所も悪い所もこれまで積み重ねてきたコトの結果生じた1つの事実で
    しかない
    ● 未来をカイゼンする
    ○ 過去を否定せず、今にとらわれず、未来を良くしていく
    ○ 当事者意識が必須
    14

    View full-size slide

  15. カイゼンは誰かがやってくれるもの
    ではない。
    自分たちが望む未来をつかむため
    に、自分たちでやっていくことだ。
    15

    View full-size slide

  16. エンジニア大募集中!
    一緒にチームづくりをしていけるエンジニアを大募集中!
    せびカジュアル面談のご連絡ください!
    ● 開発エンジニア
    ● SREエンジニア
    16

    View full-size slide