Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

トウダン・ジャーニー / PHP Conference 2018 / TOUDAN JOURNEY v2

73560128b23de542e47a318145bc781a?s=47 Yu Kawanami
December 15, 2018

トウダン・ジャーニー / PHP Conference 2018 / TOUDAN JOURNEY v2

今年の夏に開催された PHP カンファレンス関西 2018 で、会社として初めて技術イベントに協賛と 2 名のエンジニアが登壇しました。開発組織を横断した登壇推進チームが業務としてどのように登壇プロジェクトを推進したのか、ひと夏の物語をご紹介します。

73560128b23de542e47a318145bc781a?s=128

Yu Kawanami

December 15, 2018
Tweet

Transcript

  1. TOUDAN トウダン・ジャーニー JOURNEY PHP Conference 2018 LT @kawanamiyuu

  2. • かわなみゆう • @kawanamiyuu • 株式会社ラクス / Lead Engineer •

    新規事業(HR × Tech)の開発 • PHP がすき • 今日は会社のお金で来ました!(重要) 2 自己紹介
  3. 今年の夏に開催された PHP カンファレンス関西 2018 で、会社として初めて技術イベントに協賛と 2 名のエン ジニアが登壇しました。 開発組織を横断した登壇推進チームが業務としてどの ように登壇プロジェクトを推進したのか。

    これはひと夏の物語。。 〜 プロローグ 〜
  4. None
  5. ①レギュラートーク

  6. ②ライトニングトーク

  7. コチラに対する取り組みのお話

  8. 旅路のはじまり ジャーニー

  9. None
  10. None
  11. 開発ブチョー

  12. ここまで作戦通り (トントン拍子で焦ったw 素早い意思決定に感謝!)

  13. 背景:組織として • 人材の育成。社外での活動や交流を経験すること によるエンジニアとしての成長 • 社外へ情報発信していく文化の醸成 • 社外へのエンジニアリングのアピール。採用活動の 強化 ※これまで組織としてのイベント協賛・登壇の経験はなかった

  14. 背景:個人として • エンジニアの生存戦略 ◦ 新しいことへのチャレンジ ◦ セルフブランディング ◦ 会社の外の世界との関わり •

    コミュニティ貢献への想い  組織の方針と個人のやっていきのタイミングが一致
  15. 業務として 取り組むために

  16. 横断プロジェクトとしてチームで推進 • 3 サービスから合計 5 人が集結 ◦ 題材サービスの開発メンバー … 3

    人 ◦ PHP の有識者 … 2 人 • 役割分担し、それぞれが通常の開発業務と並行して 準備作業を進めた
  17. • 今後のモデルケースにするため、ちゃんと計画して 進めたかった • とはいえ「えいや!」 で見積もるしかない なあなあではなく計画して進める

  18. • 公開チャンネルで取り組みをオープンに • ステークホルダーへの進捗アピール Public な場所で議論する

  19. • テックブログで告知 • ロゴ入りシャツを着る • 現場から実況中継 採用面、広報面の協力も惜しまない

  20. インクリメンタルな資料作成 • 初めてで不確定要素が多い ◦ 複数人で分担 ◦ 資料作成に確保できる工数 ◦ 発表資料として成り立つためのページ数、コンテンツ •

    全体のストーリーとボリュームの把握を優先 ◦ アウトライン → ドラフト① → ドラフト② → 仕上げ ◦ 大事なところから作る ◦ 言い回しやレイアウトの調整はあとから
  21. 発表練習もしっかり • 3 回 + 公開リハ 1 回 ◦ もちろん就業時間中に実施(※公開リハは定時後)

    • 毎回ちゃんと時間を測る • 発表練習のフィードバックで資料も調整 ◦ しゃべりやすいようページを分けたり ◦ 冗長な表現を削除したり
  22. 振り返って PDCA を回す • 推進メンバーで振り返り MTG を実施 • 当日来場した他の社員にもアンケート ◦

    登壇・協賛の効果(定性的) ◦ 他社のセッションの様子 ◦ etc • 振り返り結果を組織にフィードバック
  23. まとめ

  24. 所感 • 業務として取り組みを完遂できた • 自分の会社のエンジニアが前に立って登壇してい る姿をみて感動した。誇らしく思った • 登壇も協賛も今回 1 回きりではなく、継続的に取り

    組んでいくことが重要 ◦ エンジニア育成、採用観点 ◦ コミュニティへの貢献
  25. 所感 • 業務として取り組みを完遂できた • 自分の会社のエンジニアが前に立って登壇してい る姿をみて感動した。誇らしく思った • 登壇も協賛も今回 1 回きりではなく、継続的に取り

    組んでいくことが重要 ◦ エンジニア育成、採用観点 ◦ コミュニティへの貢献
  26. 次の取り組み • Laravel JP Conference に 3 名のエンジニアが トーク応募中 •

    PHPerKaigi 2019 にトーク応募予定
  27. 次の取り組み • Laravel JP Conference に 3 名のエンジニアが トーク応募中 •

    PHPerKaigi 2019 にトーク応募予定 • 来年度からイベント協賛・登壇のための予算を確保 してもらえることになりました!
  28. “ 我々はもうできる。 やるか、やらないか、 あとは我々次第だ。

  29. 旅路はつづく... ジャーニー

  30. Appendix

  31. テックブログ • PHP カンファレンス関西 2018 に登壇します&協賛します ◦ http://tech-blog.rakus.co.jp/entry/2018/06/15/112645 • PHP

    カンファレンス関西 2018 に登壇してきました ◦ http://tech-blog.rakus.co.jp/entry/20180726/php/conferen ce
  32. 登壇スライド • チャットディーラーの高速開発を支える Laravel ◦ https://speakerdeck.com/koheisakata/phpkansai-2018-chat dealer-rapid-development-with-laravel • mixed 型なんてけしからんと社内チャットでつぶやいたら炎上した

    ◦ https://speakerdeck.com/kawanamiyuu/phpkansai-2018-lt- mixed-typehint-dis