Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

カラーミーショップ 2022 / COLORME SHOP 2022

カラーミーショップ 2022 / COLORME SHOP 2022

Pepabo Tech Conference #18 カラーミーショップの裏側を大公開!15年以上続くサービスが今取り組む技術課題と2022年の抱負 の発表資料です。
2021年に取り組んできた技術課題のふりかえりと、2022年のEC事業部技術組織のコンセプトについて発表しました。

676954675cda206b7baae939a82a8ef4?s=128

Kenichi Takahashi

December 09, 2021
Tweet

More Decks by Kenichi Takahashi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. カラーミーショップ 2022 髙橋 健一 / GMO PEPABO inc. 2021.12.09 Pepabo

    Tech Conference #18 1
  2. 2 自己紹介 EC事業部 シニアエンジニアリングリード 2014年 中途入社 髙橋 健一 Takahashi Kenichi Rubyとアジャイルなソフトウェア開発が好きな1982

    年生まれ。最近の趣味はピクミンとの散歩、風来のシ レン5plus、Guilty Gear Striveです。 • Twitter & GitHub: @kenchan • https://diary.shu-cream.net/ • Pikmin bloom: 9781 7804 0429
  3. 3 前回のテックカンファレンスから、 カラーミーショップが取り組んでき た技術課題をふりかえり、2022年の 抱負をお話します。 この発表を聞いて、皆さんが私達の 仲間になりたいと思ってくれたら、 とても嬉しく思います。

  4. 2020~2021年ふりかえり 4

  5. • 契約ショップ数は約45,000店舗に • 年間の総流通額は約2000億円に (※2020年) • ショップ・カートページへのアクセス数は日のピークで 約 200,000 RPM

    に 5 2020~2021年ふりかえり 数値からみる2021年のカラーミーショップ
  6. 6 2020~2021年ふりかえり 2020年6月のECテックカンファレンスでの発表

  7. 7 2020~2021年ふりかえり 2021年5月: フリープランの提供開始 https://shop-pro.jp/news/20210513_freeplan/

  8. 8 2020~2021年ふりかえり 2021年11月: カートページの独自ドメイン化 https://shop-pro.jp/news/20211013-cart-domain-unique/

  9. 9 2020~2021年ふりかえり 2021年9~12月: ショップの表示速度・可用性向上

  10. 2022年の抱負 10

  11. 11 データ📊を活用して いるだけで成長💪 スパイラル!!1

  12. 12 2022年の抱負 2015年にCTOであるあんちぽさんが定めた「エンジニア組織のコンセプト」 “もちろん、ただ「いるだけ」で成長できるわけではありません。そのような 環境づくりに会社としてコミットしていくこと、そのことで結果として個々の エンジニアが「いるだけで成長」してしまう環境を作って行きたいと思ってい ます。” 「いるだけで成長できる環境」とは https://tech.pepabo.com/2015/11/17/pepabo-tech-blog-has-started/

  13. 優れたプロダクトが優れた人を集める・優れた人に成長させ、優れた人がさらにプロダ クトを優れたものにする。 13 2022年の抱負 「いるだけで成長できる環境」の3つめの要素はプロダクト

  14. 14 2022年の抱負 • 優れたソフトウェアやプラットフォームは、 使うユーザを成長させてしまう • ECプラットフォームの成長は、使ってくだ さっているショップの成長にかかっている • サービスのユーザやショップも

    「いるだけで成長」してほしい!!1 優れたECプラットフォームは「使っているだけで成長させてしまう」
  15. サービスが成長することで新しい技術課題が生まれる。 それを見つけ、解決し続けることで技術組織は成長する。 15 2022年の抱負 サービスの成長は技術組織の成長のチャンス

  16. 16 2022年の抱負 技術組織、サービス、ユーザがいるだけで成長できる環境をデータ駆動で作る 商品 データ 受注 データ 購入者 行動ログ 実店舗

    購買記録 管理画面 行動ログ アプリ 利用ログ サーバ レスポンス 4 keys テスト カバレッジ 仕入れ データ Core Web Vitals
  17. 17 2022年の抱負 「データ📊を活用して、いるだけで成長💪スパイラル!!1」 商品 データ 受注 データ 購入者 行動ログ 実店舗

    購買記録 管理画面 行動ログ アプリ 利用ログ サーバ レスポンス 4 keys テスト カバレッジ 仕入れ データ Core Web Vitals より良い プロダクトに 改善する プロダクトが 成長を支援する 成長するための 新たな課題が 与えられる
  18. 18 まとめ

  19. 19 まとめ • 前回のテックカンファレンスから今まで、フリープランのような事業課題から、パ フォーマンス改善のようなショップの成長に直結する課題まで、様々な課題を技術 で解決してきました。 • その結果、アーキテクチャからプロダクトコードまで大きく変化し、次のチャレン ジが出来る土台ができてきました。 •

    2022年に取り組む次の課題は、データの活用による技術組織、サービス、ユーザ のすべてを成長させる「いるだけで成長💪スパイラル!!1」の構築です。 2021年のふりかえりと2022年の抱負
  20. 20 いるだけで成長できる プラットフォームと技術組織を 一緒に作りましょう!!1