Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

Crisp Code ブランドガイドライン

Crisp Code ブランドガイドライン

株式会社Crisp Codeのブランドガイドラインです。

このブランドガイドラインでは、Crisp Codeを対外的に表現する際の基準や原則を掲載しております。シンボルマーク、ロゴタイプの取り扱いは当ガイドラインに則って使用していただきますようお願い致します。

Crisp Code inc.
https://crispcode.co.jp

Transcript

  1. ブランド ガイドライン Brand Guidelines Crisp Code inc. © Crisp Code

    inc.
  2. お問い合わせ先 ロゴマークの表⽰例 ロゴマークのレギュレーション ロゴマークとコンセプト ブランド ガイドラインとは アジェンダ © Crisp Code

    inc. 2
  3. ブランド ガイドラインとは About Brand Guideline © Crisp Code inc. 3

  4. ブランド ガイドラインとは © Crisp Code inc. 4 ブランド ガイドラインとは、企業、サービスのブランディング構成、デザ イン、および印象を設定するものです。CI(コーポレートアイデンティテ

    ィ)を象徴し、社内外でも⼀致した企業価値を認識できるようにするため の道しるべとなります。 このガイドラインでは、Crisp Codeを対外的に表現する際の基準や原則を 掲載しております。シンボルマーク、ロゴタイプの取り扱いは当ガイドライ ンに則って使⽤していただきますようお願い致します。
  5. ロゴマークとコンセプト Concept of Logo © Crisp Code inc. 5

  6. コンセプト © Crisp Code inc. 6 2017年創業当時より使⽤されているCrisp Codeのロゴマークは、左側の「シンボルマーク」と右側の「ロゴタイプ」で構成されています。 横組みを基本形とし、表⽰スペースに応じて「シンボルマーク」のみ表⽰する場合があります。 「ロゴタイプ」はゴシック体をベースにしており、縦に⻑くシャープなフォルムで先進的なイメージを表現しています。

    Crisp Code の C, I, D はHTML⾔語内で使⽤する “< / >”に置き換えることで、ウェブ制作会社であることを表しています。 シンボルマーク ロゴタイプ 100 100 * 0.618033 = 61.8033 61.8033 * 0.618033 = 38.1964
  7. C-Symbol と C-Line © Crisp Code inc. 7 C-Symbolはロゴマークで最も印象的な 要素で、視覚⾔語として繰り返し使⽤さ

    れます。C-Symbolはシャープで先進的な 印象を持ちつつ、⼀部丸みを帯びた⾓を 使⽤することで、柔軟さや親しみやすさ も表現しています。 C-Cymbolの斜線⾓度がC-Lineです。C- Lineは私たちがミッションを実現するた めに前進するモチベーションを表してい ます。 0.45 C-Line C-Cymbol 0.55 -18.65° 71.35°
  8. タイポグラフィ © Crisp Code inc. 8 ロゴマークで使⽤するタイポグラフィ は、C-Symbolの特徴を活かしたデザイン になっています。ゴシック体をベースに していますが、⾓の⼀⽅を丸くすること

    でシャープで先進的な印象を持ちつつ、 柔軟さや親しみやすさも表現していま す。
  9. カラー © Crisp Code inc. 9 Crisp Codeのロゴマークは、⻘ (Kotani Blue)と⿊

    (Black)の2⾊が基本⾊です。必 ず指定されたカラーコードを利⽤して下 さい。 ⻘ (Kotani Blue)は代表⼩⾕の⽣年⽉⽇ (1993年7⽉27⽇ → #930727)から由来 しています。 Blackは反転カラーとして使⽤し、Gold はアクセントカラーとして、Grayはキャ プションなどに使⽤します。 Hex RGB CMYK #072793 7 39 147 95 73 0 42 Kotani Blue Hex RGB CMYK #937307 147 115 7 0 22 95 42 Gold Hex RGB CMYK #333333 51 51 51 0 0 0 80 Black Hex RGB CMYK #6E7793 110 119 147 25 19 0 42 Gray
  10. ロゴマークのレギュレーション Regulation of Logo © Crisp Code inc. 10

  11. アイソレーション © Crisp Code inc. 11 ロゴマークを他の要素と混同しないよう、ロゴマークの周辺には他の要素が含まれないようにする必要があります。 ここで定めるアイソレーション範囲は最⼩限の範囲ですので、可能な限り⼤きな余⽩を設け、余裕を持って配置して下さい。 150% 100%

    100% 150% 150% 100% 100% 150% ロゴマーク範囲 アイソレーション範囲 シンボルマーク + ロゴタイプ シンボルマークのみ
  12. 最⼩表⽰規定 © Crisp Code inc. 12 Crisp Codeのロゴマークを、Webや印刷物で使⽤する際の最⼩サイズを設定しています。 ロゴマークを⼩さく使⽤する際、ロゴの可読性を担保するため最⼩サイズ以上で使⽤して下さい。 Web

    : 80px以上 印刷 : 5mm以上 Web : 30px 印刷 : 2mm以上 ロゴマーク範囲 シンボルマーク + ロゴタイプ シンボルマークのみ
  13. 展開パターン © Crisp Code inc. 13 Crisp Codeのロゴマークは、メインカラーパターンを優先的に利⽤することを推奨します。印刷や使⽤⽤途の制限がある場合などは、反転カラー、単⾊など⾃由 に選択することができます。 メインカラーパターン

    単⾊パターン(⿊) 反転カラーパターン 単⾊パターン(⽩)
  14. 背景⾊基準 © Crisp Code inc. 14 背景⾊の濃度をグレースケールに置き換え、下記の基準に則って使⽤するパターンを変更して下さい。濃度が0%〜50%はメインカラーパターン、濃度が 60%〜100%は反転カラーパターンを使⽤して下さい。 濃度 0%

    濃度 10% 濃度 60% 濃度 20% 濃度 70% 濃度 30% 濃度 80% 濃度 40% 濃度 90% 濃度 50% 濃度 100%
  15. ロゴマークの表⽰例 Examples of Logo © Crisp Code inc. 15

  16. ロゴ表⽰例 © Crisp Code inc. 16 Crisp Codeのロゴマークは、シンボルマ ークとタイプロゴ、シンボルマーク単体 でも使⽤いただけます。

    表⽰したい箇所に応じて臨機応変に調整 をして下さい。
  17. 使⽤禁⽌例 © Crisp Code inc. 17 ロゴタイプは正確に、⼀貫性をもって使⽤される必要があります。ここに⽰す誤った表現例のように、認められていない⾊や形での表⽰、変更等を⾏わないよ うにご使⽤下さい。Crisp Codeのロゴマークすべてのパターンに対して、この制限は適⽤されます。 Crisp

    Code 変形しない 相対サイズを変更しない 視認性が悪い背景に表⽰しない 間隔、バランスを変えない 配置を変更しない アウトラインで表⽰しない 斜めにしない ⼀部を異なるパターンにしない 規定以外の⾊に変更しない ⽩フチを加えない 書体を変えない 不適切な解像度で使⽤しない
  18. お問い合わせ先 Contact © Crisp Code inc. 18

  19. © Crisp Code inc. 19 制作をご依頼いただく場合 弊社に制作・お⾒積りのご依頼、ご相談をお考えの⽅は、下記よりご連絡お待ちしております。 050 6872 7635

    平⽇ 10:00-18:00 (⼟⽇祝除く) contact@crispcode.co.jp https://crispcode.co.jp
  20. © Crisp Code inc. Made with ♡ from Osaka, Japan.

    20