Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

石仏情報学:石造物のデータ化およびデータに基づく石造物研究の推進に向けて/jinmonkon-2022

 石仏情報学:石造物のデータ化およびデータに基づく石造物研究の推進に向けて/jinmonkon-2022

第128回人文科学とコンピュータ研究発表会での発表資料になります

Code for History

February 19, 2022
Tweet

More Decks by Code for History

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 石仏情報学:石造物のデータ化および
    データに基づく石造物研究の推進に向
    けて
    大塚 恒平 – Code for History
    小池 隆 – 合同会社ミドリアイティ 1

    View full-size slide

  2. 目次
    • はじめに
    • ケーススタディ
    • 地蔵プロジェクト
    • 月待ビンゴプロジェクト
    • 石造物3Dアーカイブプロジェクト
    • 令和館林石造物悉皆調査プロジェクト
    • 車載カメラとAIによる路傍の石造物調査
    • 総括と今後の課題
    • Appendix
    2

    View full-size slide

  3. はじめに
    3

    View full-size slide

  4. 石仏情報学の提唱 4
    • 文化財データ:時代に応じたデータ化は必須、過去にも行われてきた
    • 石への刻銘 => ガリ版私家調査=> 商業出版 => デジタルオープンデータ
    • 刻銘のみ => 写真 => 正確な経緯度、3D形状データ等
    • 過去のデジタル化への取り組み:
    • 加来利一氏「千葉県の道標」:CC BYだが商用禁止とも
    • 国立民族学博物館「寺社・石碑データベース」、国土地理院「自然災害伝
    承碑」:広範だが解像度が低く、悉皆性が少ない
    • 地域ごとの小さな石造物まで、悉皆的に共通の構造化されたデータを
    整備する活動として、石仏情報学を提唱

    View full-size slide

  5. ケーススタディ
    地蔵プロジェクト
    5

    View full-size slide

  6. 地蔵プロジェクトとは 6
    • 奈良市内の祠、石仏の存在を調査し、オープンデータで整備するプロ
    ジェクト
    • 街角の小さな祠や石仏ですら、1300年、700年といった歴史を持つ
    • マンションの土台にすら、地蔵の置き場が設計されるほど根付いた信仰
    • 都会のコンビニ以上の密度で存在する小さく身近な信仰の場
    • 奈良の祠、石仏をリストアップし紹介することで、新たな教育の可能
    性や観光ビジネスに繋がると考え、2016年活動開始
    • 2022年1月末までに396件の地物、1,151件の写真を収集

    View full-size slide

  7. 地蔵プロジェクトの例 7

    View full-size slide

  8. 地蔵プロジェクトの課題 8
    • 石仏情報学提唱以前の2016年開始の活動のため、石造物だけでなく祠
    も対象、個々の石造物ではなく群として整備するなど、今の方向性と
    の齟齬も多い
    • 情報は場所、写真、伝説など書籍言及への参照のみ、サイズ、年代、
    刻銘その他の属性は今後の課題
    • 2022年1月以降、館林の活動で開発した文化財オープンデータ管理シ
    ステムToriiを適用、市民からの新規発見投稿にも対応
    • 1989年奈良市教育委員会実施の「奈良市石造遺物調査報告書」との紐
    づけも検討を始めているが、報告書側の情報が粗く苦戦中

    View full-size slide

  9. ケーススタディ
    月待ビンゴプロジェクト
    9

    View full-size slide

  10. 月待ビンゴプロジェクトとは
    • Twitterを用いて「月待塔」の情報を収集・オープンデータ公開
    • 月待塔 - 特定の月齢の夜に信仰行事を行う講中が造立した石塔
    • 「アタリ日」を用い、ビンゴとしてゲーミフィケーション
    • 多くの種類を集めることへの動機づけ
    • 2016年12月から2022年1月末までに、20名以上の参加者により
    5,085件のデータを収集
    10

    View full-size slide

  11. 月待ビンゴのデータ可視化と分析
    • ヒートマップによる種類毎の分布の可視化
    • 時系列マップによる分布域の広がりの可視化
    • 深層学習によるデータエンリッチメントと分析
    • 2021-CH-126「深層学習を用いた石造物の検出と分類 」
    11

    View full-size slide

  12. ケーススタディ
    石造物3Dアーカイブプロジェクト
    12

    View full-size slide

  13. 石造物3Dアーカイブプロジェクトとは
    • フォトグラメトリ(SfM/MVS)で石造物の3Dモデルを作成し、
    メタデータとともにオープンデータとして公開
    • 3DモデルはWikimedia Commons
    • メタデータはWikidata
    • 2019~2020年に77件のデータ公開
    • 2020-CH-122 「石造物3Dアーカイブプロジェクト
    -その手法と可能性-」
    13

    View full-size slide

  14. ケーススタディ
    令和館林石造物悉皆調査プロジェクト
    14

    View full-size slide

  15. 令和館林石造物悉皆調査とは 15
    • 館林には50年前の石造物準悉皆調査が存在
    • 種別、サイズ、年代の他、刻銘など酸性雨の影響前で読み取れた時代の記録も
    残っており貴重な調査
    • 正確な位置、写真などが整備されておらず、現況照らし合わせ困難
    • 現況の調査に加え、時代に応じたデータ整備(経緯度、写真、オープンデータ
    化、市民参加)を目指し2020年6月活動開始
    • ぐんま史料ネットとも連携し、準悉皆調査以外に市誌、市史、図書館発行書
    籍なども現況調査対象に加えた
    • 2022年1月末までに1,837件の地物をリスト化、現地調査済み703件(うちぐん
    ま史料ネット協力121件、市民協力8件)、新規発見73件、1,201件の写真を収

    View full-size slide

  16. 令和館林石造物悉皆調査の例 16

    View full-size slide

  17. 文化財管理ツールToriiの開発、適用 17
    • データ管理の継続性を担保できる仕組みを開発
    • QGISなど専門ツールを使わなくとも、Excelで一貫性のある更新
    • Twitterを通じた市民からの投稿スキーム導入 (月待ビンゴを参考に)
    • 他の文化財管理プロジェクトにも適用できるよう、オープンソース公開
    C4Hの更新
    ぐんま史料ネットの更新
    変換
    中間データ
    変換
    変換
    両データ形式に出力
    フォーマット
    変換プログラム
    変化内容は
    GeoJSONで検知

    View full-size slide

  18. ケーススタディ
    車載カメラとAIによる路傍の石造物調査
    18

    View full-size slide

  19. 車載カメラとAIによる路傍の石造物
    調査とは
    • 車載カメラで撮影した動画から、深層学習を用いて石造物と
    像、文字を検出
    • 石造物 - 石塔・石碑、
    石灯籠、石祠、五輪塔
    • 像 - 地蔵菩薩、聖観音、
    如意輪観音、阿弥陀如来
    • 文字 - 夜、庚申、道祖、
    馬頭、甲子、地神、念佛、
    萬霊、蠶
    19

    View full-size slide

  20. マッピングとデータ公開
    • GitHubでメタデータを公開
    • GPSログを用いて緯度経度を特定
    • OpenStreetMapのデータを用いて
    道路種別・道路名称を付加
    • マップと動画の公開
    • 2021-CH-126「深層学習を用いた
    石造物の検出と分類 」
    20

    View full-size slide

  21. 総括と今後の課題
    21

    View full-size slide

  22. 今後の方向性 22
    • データの質と量の向上
    • 敷居の低い市民参加の仕組みは必須
    • 敷居を下げる管理、補助ツールの準備
    • オープンデータ化の許諾の仕組み
    • AIによる自動発見、自動収集
    • データの構造化
    • 石造物オントロジーの構築
    • 各種データ形式への可搬化
    • 過去のデータの名寄せ、有効活用
    • 現時点の姿を3Dの形で未来に残す
    • 他研究での活用 (例: 石造物上の地名により村の成立時期を推定するなど)
    • これまで 広範囲低密度か、密度は高いが狭域のデータしか作られてこなかった石造物デジタルデー
    タだが、広範囲高密度のデータベースを目指し、データに基づく新たな石造物研究の道を拓く

    View full-size slide

  23. 石造物調査を補助するツールの開発
    • 日本の年号推定ツール Harumi
    • 読み取りにくい石造物の年号を、元号、
    干支、年数字の一部からでも推定
    • 悉曇文字、異体字、変体仮名の
    Unicode表示、入力ツール
    Nagarjuna (開発中)
    • モバイル環境でもこれらの文字を表示、
    入力をしやすくする
    • 石造物の形状、種別、彫などを表現する
    オープン地図アイコンセット
    Mogaoku (開発中)
    24

    View full-size slide

  24. End
    User: kochizufan
    Github pages: https://code4history.dev/
    E-mail: [email protected]
    Slide: https://speakerdeck.com/kochizufan/jinmonkon-2022 25

    View full-size slide