Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UMIRU

Bb2bd2e7dfb87b8a38333fdd41c12bf7?s=47 Yamaura
June 11, 2022

 UMIRU

Bb2bd2e7dfb87b8a38333fdd41c12bf7?s=128

Yamaura

June 11, 2022
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. UMIRU Gitの仕組みを用いた会議ツール

  2. 今までのツールの問題点

  3. 話題が追いにくい これをパッと見てなんの話題かわかりますか?

  4. 話題が散らばる 話題が混ざって話しにくくなった経験ありませんか? 話題B 話題A

  5. 話題の追いやすさと話しやすさの両立

  6. メール + チャット + Git 議論を強力にサポート Git チャット メール

  7. UMIRUの機能

  8. タイトル + メッセージ 議論は追いやすく、投稿はしやすく タイトルとオプショナルなメッセージを投稿する。 ↓ タイトルだけ追えば、 後から入ってきた人がすぐに議論が追える。

  9. メッセージ + GitHub 話題が分かれたらブランチを切る

  10. メッセージ + GitHub 話題が分かれたらブランチを切る

  11. 海のコンセプトで親しみやすく ブランチのネストをすると、深く海に潜っていく あまりに深く潜ると戻ってきたほうがいいことを海の深さで知らせる

  12. メッセージ + GitHub 結論が出たら元の話題にマージする 話題が最終的に1つにまとまる

  13. 新しい人の話題の追いやすさ 後からダイアグラムで話題の概要を追える ブランチをダイアグラムで表示 ↓ 必要なときに内容を振り返ることができる

  14. 話題の追いやすさと話しやすさの両立

  15. 話題を追えることの大切さ 話題の追いやすさで一気に広まったサービス 後から入ってきたメンバーが内容を追うことができる

  16. 海のコンセプトで親しみやすく 海のイラストで親しみやすさを与えている

  17. 実装の技術

  18. デザイン

  19. デザイン

  20. イラスト

  21. フロントエンド

  22. バックエンド バックエンド WebSocket・Httpで通信 フロントエンド

  23. None