Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Mackerel 2020年上半期アップデート一挙紹介&デモ! / Mackerel Online Seminar 20200813

Mackerel 2020年上半期アップデート一挙紹介&デモ! / Mackerel Online Seminar 20200813

2020年8月13日に開催したMackerel オンラインセミナー「Mackerel 2020年上半期アップデート一挙紹介&デモ! 」の発表資料です。
ぜひMackerelのアップデート情報をチェックしてください!

F09bb6dd6372cfada941e132f6662d7f?s=128

mackerelio

August 13, 2020
Tweet

Transcript

  1. Online Seminar 2020.08.13 Mackerel 2020年上半期アップデート一挙紹介&デモ!

  2. 注意事項 • 参加者の画面はオフ、音声もオフになっています • 質問がある場合は、ZoomのQ&Aボタンにコメントください • チャットはスタッフからのお知らせで使用します。 • サポートメンバーについて •

    一時的に音声/画質の品質が低下したり、接続が切断されてしまう可能性があ ります。予めご了承ください。音声が聞こえにくい場合などはチャットでご連 絡ください • 投票機能について
  3. 講師 自己紹介 Hello! • 三浦 美沙 (id:missasan / @mur_ms_) •

    略歴 ◦ SIerでインフラエンジニア ◦ MSP企業でテクニカルセールスなど ◦ 2018年3月にMackerel CREとしてジョイン。現在はCREチーム サブディ レクター • 技術的なトピック ◦ サーバー構築 / 運用 ◦ オンプレミス / クラウド
  4. • サーバー監視はなぜ必要か? • 2020年上半期アップデートダイジェスト(デモを添えて) 今日お話したいこと

  5. Mackerel にぜひアクセスしてみてください お手元のWebブラウザのアドレスバーに以下の通りご入力ください。 まだMackerelをお使いいただいたことのない方は、ブランドサイトが表示されま す。すでにアカウントをお持ちの方は、MackerelのWebコンソールが開きます。 mackerel.io サービス名の由来:Mackerel = 「鯖」= サーバー

    (駄洒落です...
  6. サーバー監視はなぜ必要か? Mackerel = 「サーバー監視サービス」

  7. サーバー監視とは? 監視とは対象が健全であることを継続的に見守る仕組みのこと。 サーバーとはその名のとおり、サービスをサーブ(提供する)もののこと。 サーバー監視とはひいては、サーバーを軸にして、その上で稼働するサービスが健 全であることを継続的に見守る仕組みのことです。 これまでも様々なプロダクトが存在していて、活用されてきました。(Zabbix、 Nagios、Cacti、Munin...etc) (残念ですが)システムにはトラブルは必ず発生します。サーバー監視はシステム に必須の要素です。

  8. Mackerel のアーキテクチャ • URL外形監視 • クラウドインテグレーション • mackerel-agentからの   push型でのメトリック投稿

    • 各種通知機能 監視対象サーバー (オンプレ / クラウド / コンテナ) 各種クラウドサービス マネージドサービス • Webコンソール・   スマートフォンで   GUIを確認 時系列データベース
  9. 2020年 Mackerel 機能アップデート ダイジェスト 9

  10. クラウドインテグレーション 10

  11. AWSインテグレーション 対応サービスの拡充 • AWS Batch • AWS WAF(v1 / v2)

    • API Gateway 連携が HTTP API に対応 • メトリックの追加 ◦ ALB ◦ NLB ◦ CloudFront ◦ RDS
  12. Amazon EventBridge のイベントソースとして Mackerel を 選択できるようになりました Amazon EventBridge は、AWSの提供するサーバーレスイベントバスサービスです。 EventBridge

    では、イベントの取り込みと配信、セキュリティ、承認、エラー処理が自動的に 行われるため、イベント駆動型アプリケーションを簡単に構築することができます。 そのフローに Mackerel を組み込むことができるようになります。
  13. AWSインテグレーションで取得するメトリックを選択するこ とができるように これまでのAWSインテグレーションでは、Amazon CloudWatch API で取得可能なメトリック項目につい ては、その全てを自動的に連携する仕様でした。これ は、連携するメトリックのことを意識する必要がな かった反面、ホストメトリック数のコントロールがで きないことにも繋がっていました。

    このリリースにより、Mackerelへの連携可否をメト リック単位で指定することができるようにしました。 ホストメトリック数のコントロールに課題をお持ちの 方は、ぜひご利用ください。
  14. 連携除外メトリックの指定も含めて、AWSインテグレーションに関する設定が API からもおこなっていただけるようになりました。 AWSインテグレーションの設定に関するAPIを公開しました https://mackerel.io/ja/api-docs/entry/aws-integration

  15. Azureインテグレーション 対応サービスの拡充 • App Service • Functions • Load Balancer

    • Database for MySQL • Database for PostgreSQL • メトリックの追加 ◦ RedisCache ◦ SQL Database
  16. UI/UX 16

  17. アラートを発生日時で絞り込みできるようになりました はてな(Mackerel開発チーム)では、2週間おきに、その 2週間でのパフォーマンス状況の推移や変化などについて ふりかえる場を設けています。例えばそういった場を Mackerel をお使いの皆様にも設けていただき、そういっ た場にて活用いただくことを想定しています。

  18. これまで、このURLの文字数に対して2048文字の制限を掛けていました。 これを今回、4倍の8192文字にまで緩和しました。 これにより、今まで指定することのできなかった長さの式のグラフでも利用できる ようになりました。ぜひご活用ください。 式グラフを利用する際のURL文字数制限を大幅に緩和しまし た

  19. カスタムダッシュボード・数値ウィジェットで表示させる数 値の小数点以下桁数を指定できるようにしました

  20. カスタムダッシュボード・数値ウィジェットに 単位を指定できるようにしました

  21. 通知チャンネルへ、サービスメトリックグラフ・ロールグラ フを共有する際、系列の選択状態が反映されるようにしまし た

  22. MackerelのURL外形監視ではSSL証明書の有効期限の監視をしていただけますが、 ご要望の多かった中間証明書の有効期限についてもあわせてチェックするように対 応いたしました。 こちらの対応によりチェーンされている中間証明書の期限切れについても事前に検 知していただけるようになりましたので、外形監視のアラートが上がった際は、中 間証明書も含め期限をご確認ください。 証明書の有効期限の監視で中間証明書もチェックするように 対応しました

  23. オーガニゼーション一覧ページでは、所属しているオーガニゼーションの一覧を確 認することができるのですが、今回のアップデートにより、発生・継続しているア ラートの数で並び替えができるようにしました。 オーガニゼーション一覧ページで、アラート数による並び替 えができるようにしました

  24. 新しいお問い合わせフォームではファ イルの添付も可能です。また、お問い 合わせの件名に対して、参考になる FAQがサジェストされるようになりま した。 Webコンソール右上「サポートチームへ連絡」を刷新しまし た サポートチームへのお問い合せで早期解決に導くポイントのご紹介 https://mackerel.io/ja/blog/entry/20200616

  25. 2020年6月ご利用分・2020年7月1日決済分のも のから、ご確認いただけます。取得できる領収書 は以下のようなものです。 Webコンソールからもご確認いただけます。 クレジットカードによりお支払いいただいた内容の領収書が ダウンロード可能になりました

  26. Mackerelで設定可能な監視ルールのうち、エージェント(mackerel-agent)などか らのメトリック送信が途切れたことを検知してアラートを発報することができる 「ホスト死活監視」ですが、これまでは critical 固定であったアラートステータス を選択できるようにしました。 監視ルール「ホスト死活監視」で、アラート発生時のアラー トステータスを選択できるようにしました

  27. OSS 27

  28. エージェントに対する主要アップデート • Windows Server の公式サポート対象を 2012以降 としました

  29. その他OSSプロダクトに対する主要アップデート • コマンドラインツール mkr が channels pull に対応しました • mackerel-agent-plugins

    (v0.61.0):mackerel-plugin-accesslog プラグインにおいて、アクセスログに含ま れるフィールドのうち、プラグインが使用しないものに対しては解析エラーを出さないようにしました • mackerel-agent-plugins(v0.62.0):mackerel-plugin-linuxにおいて、一部のOS・バージョン(Debian 10 / RHEL 8 / Ubuntu 20.04)で disk stats が取得できなくなっていた点を修正しました。 • mackerel-check-plugins (v0.35.0):check-ssl-cert プラグインにおいて、中間証明書の期限も監視するよう にしました • mackerel-client-go:特定条件下において HTTP Keep-Alive しないケースがある不具合を修正しました • mackerel-check-plugins(v0.36.0):check-logにおいて、--file オプションに対する指定(glob 形式)で 新たに {} に対応しました。 command = ["check-log", "--file", "/var/log/{secure,cron}", "-p", "timeout"]
  30. 今後のMackerelの展開 30

  31. • クラウドインテグレーション ◦ AWSインテグレーション ◦ Azureインテグレーション ◦ GCPインテグレーション [NEW] •

    ロールグラフに退役ホストのカスタムメトリックデータを残す • SAML認証 • ロール内異常検知 Windowsサーバー対応 注力キーワード
  32. Mackerelの最新情報は... • Mackerel Blog、ニュースレターで発信しています! メールの 受信設定はアカウント設定から

  33. もしMackerelを使ってみたくなったら... mackerel.io から 「無料で試してみる」をクリック!