freeeのデザインリサーチについて

E460d72d48a357ddce9ed576b62c2cb3?s=47 Rikiya Ihara
November 22, 2019

 freeeのデザインリサーチについて

2019年11月22日に開催されたイベント「UX Research Inquiry 〜UXリサーチャーは何のジョブのために雇用されるのか?〜」での登壇で使用したスライドです。
https://mercari.connpass.com/event/155438/

E460d72d48a357ddce9ed576b62c2cb3?s=128

Rikiya Ihara

November 22, 2019
Tweet

Transcript

  1. freee 株式会社
 freeeのデザインリサーチについて
 2019.11.22

  2. デザイン会社ビジネス・アーキテクツで13年勤務したのち、 
 2017年10月にfreeeに参加。 
 UXデザイナー、プロダクトマネジャーを経て、 
 現在はデザインリサーチチームのマネジャーとして活動。 
 
 HCD-Net

    評議委員、および認定人間中心設計専門家。 
 ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)WG委員。 
 
 著書に『デザイニングWebアクセシビリティ』、 
 監訳書に『コーディングWebアクセシビリティ』、 
 『インクルーシブHTML + CSS & JavaScript』がある。 
 Rikiya Ihara @magi1125 伊原 力也
 デザインリサーチチームマネジャー 
 UXデザイナー

  3. 3

  4. Mission 使命 スモールビジネスを、
 世界の主役に。
 生産年齢人口が劇的に減少し、慢性的な人手不足 となる日本で労働生産性向上は緊急の課題となって います freeeは「人工知能」と「統合基幹業務システム」をク ラウド技術を活用し、業務効率化のサポートを続け ることで、中堅中小企業のバックオフィス業務効率化

    を目指しています
  5. Products 製品・サービス 1/2 中小企業の経理業務を効率化。 帳簿や決算書作成・請求業務に対応。リアルタイムに数字を把握できる 給与計算や労務管理を大幅に効率化。 給与明細作成や年末調整、入社手続きから勤怠管理まで対応 税務申告書作成業務を効率化。 法人税・消費税・法定調書・申請届出や電子申告にも対応

  6. Products 製品・サービス 2/2 低コストでマイナンバーの収集から保管、利用、破棄までが クラウド上で完結 画面に沿って入力するだけで、会社設立に必要なすべての書類を 5分で作成できる無料サービス 個人事業の開業手続きが無料、簡単、最速。 ガイドに沿って質問に答えるだけで書類作成が完了 Webで申し込みでき、最短

    4営業日で発行。 創業時でも本人確認書類だけで審査可能
  7. 7 利用事業所数累計
 
 100万
 
 
 2014.3 2015.3 2016.3 2017.3

    2018.3 800,000 600,000 300,000 65,000 1,000,000 1,000,000
  8. 会計・給与共に法人シェアNo.1
 ※1 2017年9月 BCN調べ ※2 2016年3月 MM総研調べ * 2017年8月より、クラウド給与計算ソフト freeeは、機能を強化し、新たに 「人事労務 freee」というサービス名に変更しました。

     
 クラウド給与ソフト 
 市場
 40% クラウド会計ソフト 
 市場
 35.2%※1 ※2
  9. 506人
 
 
 ※アルバイト、契約社員、インターンを含む。業務委託、派遣、出向を含めると約700名 従業員数 「働きがいのある会社」ランキング 
 2019年 4位
 2018年 8位
 2017年

    3位
 2016年 4位
 2015年 5位
 
 
 
 ※2019年6月末時点
  10. • デザインリサーチ(2019年7月に出現、現在3名)
 ◦ ユーザー理解促進の仕組み導入、ユーザー課題発見、結果の発信
 • デザインシステム
 ◦ デザインシステムの浸透、アクセシビリティの推進
 • プロダクトデザイン1,

    2
 ◦ 特定開発プロジェクトにおけるユーザー課題発見、UIデザイン
 プロダクト戦略 > UX > 4つのチーム
 10
  11. いままでの課題
 • プロダクトを回しているとリサーチに回りにくくなり、縮小均衡の恐れ
 • ペルソナやストーリーが各所に分散し、解像度が下がっている
 • リサーチ結果やナレッジも分散している


  12. リサーチの必要性が高まった


  13. 私達のObjectiveはマジ価値の種を発見すること
 • リサーチを行い、ユーザーを理解し、マジ価値のタネを発見する
 • それを元にプロダクトやプロジェクトのObjectiveを立案可能にする
 https://www.amazon.com/Vintage-Antique-Telescope-N autical-Telescopes/dp/B016BZQVCI

  14. 14 評価 調査・分析 要求・要件定義 計画 設計・作成 HCDサイクルの全てに対応


  15. 15 評価 調査・分析 要求・要件定義 計画 設計・作成 ①計画・調査・分析へのアプローチ


  16. ポイント : 共同でリサーチする
 • リサーチを特別視しない(PdM・UXDのスキルマップにもリサーチがある)
 • 適切に分担して、共同で行う
 • 原理主義ではなく、現場にハマるリサーチを追求
 PM

    DR
  17. Qあたり約30件に対応
 • PM・UX・Bizと共同で、リサーチ計画・実査・分析・評価のフォロー
 • 各プロダクトのOKR達成のためのインサイトを提供し始めている


  18. リサーチ計画ヒアリングシート
 • 何はわかっていて、何がわからないのか?どうすると前に進めるのか?


  19. リクルーティング検討シート
 • どこから誰を呼べば良いのか?手順は?謝礼はどうする?


  20. SurveyKit
 • アンケートの準備、設計、配信、分析までをガイド


  21. サロン開催


  22. 22 評価 調査・分析 要求・要件定義 計画 設計・作成 ②定義と設計へのアプローチ


  23. ポイント : 共同でデザインする
 • リサーチ結果を右から左に「渡す」と解像度が下がる
 • プロジェクトチームと共同でコンセプトデザインを行うべき
 • デザイナーがリサーチし、実際にデザインする。社内に置く意味はここ!
 UXD

    DR
  24. 例:会計freeeレポート画面


  25. 例:モバイルの「自動で経理」


  26. 例:年末調整


  27. 27 評価 調査・分析 要求・要件定義 計画 設計・作成 ③評価へのアプローチ


  28. ポイント : ユーザーによる評価を当たり前に
 • Engは品質のためにPRのレビューしたりQAを通したりする
 • 同様にデザインもUTを当然にやるようにする
 • そのための土台づくりをプロダクトデザインチームと共同で行う
 UXD

    DR
  29. スキルトランスファー&計画への織り込み
 • 特に若手に対して絶賛トレーニング中
 • 各プロダクトで、UTを織り込んだプロジェクト計画に移行中


  30. UTKit
 • テストの準備、リクルーティング、実査テクニック、分析までカバー


  31. 新しい手法にもチャレンジ中
 • リモートUT、デザインアンケート、アジャイルUTなど
 • 目的とリソースに沿った手法を提案


  32. リサーチの様子を社内SNSに配信


  33. Slackで兆しをキャッチする


  34. 私達のObjectiveはマジ価値の種を発見すること
 https://www.amazon.com/Vintage-Antique-Telescope-N autical-Telescopes/dp/B016BZQVCI

  35. 今後の取り組み
 • KeyResultsへの寄与から、Objectiveを見つけ出すリサーチへ
 • リサーチ→デザインを反転、デザインドリブンなリサーチへ
 • リサーチ ✕ アクセシビリティ、インクルーシブデザインの実現へ


  36. インクルーシブデザインへの取り組み


  37. プロダクトへの反映


  38. Leanな自主リサーチ&デザインへと歩み中


  39. スモールビジネスを、
 世界の主役に。