Serverlessの今とこれから / Everything will be Serverless

5cd1b99b9950b26e8ee005bd6cd1a860?s=47 Masashi Terui
November 02, 2019

Serverlessの今とこれから / Everything will be Serverless

JAWS Festa Sapporo 2019
https://jft2019.jaws-ug.jp/session/544/

5cd1b99b9950b26e8ee005bd6cd1a860?s=128

Masashi Terui

November 02, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    Masashi TERUI Cloud Architect/Developer 札幌在住兼業リモートワーカー Serverlessconf 2016,2017,2018 Speaker ServerlessDays 2019

    Co-Chair AWS Premier Partner https://www.serverworks.co.jp 01. Serverworks 02. Serverless, DevOps etc https://willy.works/ Freelancer
  2. 3.

    Serverless 年表 駆け足で振り返る S3, Kinesis Data Streams, DynamoDBの イベントにトリガーする小さなコードを実行 AWS

    Lambda 発表 2014.11 REST APIのBackendとして Lambdaが使えるようになる API Gateway 発表 2015.7
  3. 4.

    新しいパラダイムの予感を感じさせつつも 「Serverlessで大規模システムなんて…」 「主流になることはない」 Serverlessconf 2016 2016.9 メジャーで実践的なフレームワークが登場 SLS v1.0, AWS

    SAM 2016.11 スタートアップや先進的なWeb, Mobile系での採用例 大規模システムの設計手法 運用監視(Observability) Serverlessconf 2017,8 2017.11, 2018.9
  4. 5.

    Serverless全面推しの年 Custom Runtime, Improved VPC NW API Gateway WebSocket etc…

    re:Invent 2018 2018.12 大企業、大規模システム採用例 過去最高のエンゲージメント・熱量 ServerlessDays 2019 2019.10 そして 現在
  5. 13.

    グローバル展開の コネクテッドカーシステム 数百のマイクロサービス 設計・開発手法 Slide非公開 数百万台の接続を想定した 大規模IoTプラットフォーム 大容量DynamoDB コスト最適化 Slide公開有

    AIBOを始めとした 多くのサ−バレスシステムの 分散トレーシングおよび ログ統合管理 Slide公開予定? TOYOTA DAIKIN SONY 大企業が先進的な大規模システムを 自社開発する時の1st Choiceに
  6. 21.

    Template Lorem Ipsum simply Template Lorem Ipsum simply もっと広がるServerless Serverless

    = FaaSではない VPC Cold Start ペナルティの改善 Custom Runtime 実行環境の自由化 現実的なRDB利用 フレームワーク持ち込み あとはNAT Gateway無しで外部通信させて!!
  7. 23.

    Lorem Ipsum is simply du Lorem Ipsum is simply du

    Long Runningな Batch処理 処理中のStateと中間データ(の場所)を State Machine Dataに乗せれば分割できる そもそも、そのBatchの粒度は適切なのか? Kinesis Data Streamsベースで Short Batch化できるかもよ?? 時間と量でバッファできるようになったからやりやすくなった 例 え ば
  8. 27.

    黎明期 成長期 現在 未来 イマココ まずServerlessから考える 大体イケる 全てがServerlessに まとめ 過去・現在・未来

    さらに範囲が広がる Practiceの確立 課題がなくなっていき メリットが際立つ 期待と懐疑の混在 「部分的には使える」 「主流にはならない」