Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

やってよかったUXリサーチ

Cf3645811bcc4a1996c8915b3de9f950?s=47 masaki oka
April 26, 2021

 やってよかったUXリサーチ

2021/4/26 ポップインサイト LT会
UXリサーチを実施する中でやってよかったUXリサーチの事例を
女性むけメディア、SaaS、医療機器の3つを紹介。そこからUXリサーチの大事な点などをまとめたスライド

Cf3645811bcc4a1996c8915b3de9f950?s=128

masaki oka

April 26, 2021
Tweet

Transcript

  1. やってよかったUXリサーチ CX/UXストラテジスト 岡 昌樹

  2. 2 岡 昌樹 株式会社メンバーズ ポップインサイトカンパニー CX/UXストラテジスト #UX #CX #ワークショップデザイン #サービスデザイン

    #新規事業 #組織開発 #⼈材開発 #モバイル #NPS
  3. 3つのUXリサーチ事例とそこから 何を学んだか︖

  4. ΍ͬͯΑ͔ͬͨ69Ϧαʔν ݟͨ໨Ͱ͸Θ͔Βͳ͍ମݧՁ஋

  5. meryの調査事例

  6. コンテキスト・インタビューしてみた

  7. あるサービスの利用体験 コンテキスト・インタビューとは︖ 話の起点 前は? 次は? 他は 次は? 終点 終点 本当の終点

    起点 利用前体験 ユーザーが実際に製品を利⽤している現場におもむき、利⽤状況の観察やインタビューを⾏うことで、 ユーザー⾏動の根底にある潜在的なニーズを明らかにする調査⼿法で、「師匠と弟⼦モデル」と呼ばれている。
  8. meryはクックパッドだった︖ 㱠 ࡶࢽ ࣗ෼Ͱ΋Ͱ͖Δ Ϩγϐ ࡐྉ͸खܰʹ खʹೖΔ΋ͷ ΞϨϯδ΋ ৭ʑ खܰʹࢼͯ͠

    μϝͰ΋0,
  9. 普通な私でも 可愛くなれて 自信をくれる 魔法のレシピ

  10. ✅パッと⾒のUIやコンテンツだけでなく利⽤者にとっての価値にこそ意味がある ✅顧客にとってのそれがあることでどんな意味があるのか︖ ✅流⾏ったサービスにはそれ相応の理由があり、調査するだけの価値がある

  11. ΍ͬͯΑ͔ͬͨ69Ϧαʔν ٻΊ͍ͯΔՁ஋ͱ+0#͕ҧ͏

  12. όφʔ΍-1ͳͲͷΫϦΤΠςΟϒͷϓϩδΣΫτ؅ཧ मਖ਼ࢦࣔͳͲ੍࡞ऀͱൃ஫ऀ͕ίϛϡχέʔγϣϯ͢Δ4BB4

  13. クリエイティブの初稿から修正した納品するまでの 制作過程にこそ価値がある。 アーカイブされた制作物を⾒て⽣産性も上げれる

  14. コンテキスト・インタビューしてみた

  15. ⽇々のクリエイティブの修正・納品をする中で 今⽇やるべきこと、今やるべきことをすぐに確認して 実⾏したい

  16. 提供したい価値 vs 期待価値

  17. ✅提供したい価値と利⽤者の求める期待価値は違う ✅SaaSやtoBのサービスは決裁者に向いてしまっているが利⽤者は別 ✅利⽤者も決裁者もユーザー。どちらか⽚⽅しか知らないのはバランスが悪い

  18. ΍ͬͯΑ͔ͬͨ69Ϧαʔν ઐ໳Ո ͱ Ϣʔβʔ

  19. 特定の病気を持った⽅向けの医療機器のデザイン ユーザーリサーチをすることが難しかったので 専⾨家評価(エキスパートレビュー)を実施した

  20. ઐ໳ՈධՁ ΤΩεύʔτϨϏϡʔ Λ࣮ࢪͯ͠ ݁ߏ৭ʑͱ՝୊͸ݟ͑ͨ ॳظ஋ɾΤϥʔॲཧ Ϙλϯͷ഑ஔ ૢ࡞ͷؔ࿈෇͚ λονॲཧ Ϣʔβʔͷओಋݖ ԿΛೖྗ͍͍͔ͯ͠

    Θ͔Βͳ͍ϑΥʔϜ
  21. コンテキスト・インタビューしてみた

  22. • 静かな場所で急にアラームが鳴って困る • 映画館などで操作したいけど、照度がすぐに変 えれない • 機器は良いと思うけど、使いこせているかわから ない(機能が⾊々あるが学習しないと使えない)

  23. ユーザ⼼理 サービス価値・課題 ⽂脈ごとの 固有のユーザ⼼理 普遍的な⼈間特性 (⼼理学的・認知的・⼈間⼯学的…) 機能や コンテンツ の有無・良し悪し 使い勝⼿や

    導線・UI (ユーザビリティ)
  24. ユーザ⼼理 サービス価値・課題 ⽂脈に 固有のユーザ⼼理 普遍的な⼈間特性 (⼼理学的・認知的・⼈間⼯学的…) 機能や コンテンツ の有無・良し悪し 使い勝⼿や

    導線・UI (ユーザビリティ) ユーザー固有の価値・課題 ⼈間の特性や普遍的な価値・課題 ユーザーリサーチ 専⾨家
  25. ✅専⾨家評価でも普遍的な特性を理解した上での課題は把握できる ✅ユーザーリサーチをすることでユーザー固有の⽂脈を理解することが重要 ✅ユーザー固有の価値・課題に着⽬するからこそ、深い課題解決ができる

  26. ⼤事なことのまとめ

  27. 69Ϧαʔν͸ ϢʔβʔʹϑΥʔΧε͢Δ

  28. ੜ׆ʹ͓͚Δੜ׆ऀͷߦಈɾՁ஋؍ ͋ΔλεΫதͷϢʔβʔͷߦಈɾՁ஋؍ 通常の⽣活をする中での⽣活者の⾏動と またその価値観 あるタスクやサービスを使う中での⼈が どう⾏動するか︖またその価値観 ໨త ৺ཧ എܠ ゴール

    サービスA サービスB サービスC
  29. 69Ϧαʔν͸ ໨ͷલͷϢʔβʔΛແࢹ͠ͳ͍

  30. 確証バイアス = 欲しい情報ばかり集めてしまう 仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、 反証する情報を無視または集めようとしない傾向

  31. 69Ϧαʔν͸ Θ͔Βͳ͍͔Β໘ന͍ɻΘ͔Βͳ͍ࣄΛΘ͔Δ

  32. 引⽤:Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年 08⽉号[雑誌] 60p

  33. わからないを楽しもう

  34. None