Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アプリケーションの設計にEIPの知識が役に立つよ!

 アプリケーションの設計にEIPの知識が役に立つよ!

非同期メッセージングを使ったインテグレーションパターン (EIP)は、クラス設計にも参考になるものが多い。
すぐに非同期メッセージングを使わないとしても、EIPは設計の参考情報として知っておきたい。

増田 亨
PRO

February 09, 2022
Tweet

More Decks by 増田 亨

Other Decks in Programming

Transcript

  1. アプリケーションの設計に EIPの知識が役に立つよ! 2022年2月9日 有限会社 システム設計 増田 亨 現場から学ぶモデル駆動設計 第10回 2022/2/9

    1
  2. アプリケーション間の連携 • いま時は、Webアプリケーションは孤立していることはほとん どなく、他のサービスと連携している • 連携方法は“Web API”(HTTP リクエスト/レスポンス)の同 期方式が主流 •

    非同期メッセージング “pub/sub”も連携方式の選択肢として だいぶ使いやすくなってきたが、普及はこれから 2022/2/9 2
  3. アプリケーション設計とメッセージ処理 • Webアプリケーションは、HTTPリクエストやHTTPレスポン スをメッセージと考えると、メッセージ処理の一形態 • データベース操作も、レコードをメッセージと考えるとメッ セージ処理の一形態 • 非同期メッセージングのミドルウェアやサービスを使わなくて も、EIPはアプリケーションの設計パターンとして参考になる

    2022/2/9 3
  4. Web アプリケーション設計とEIP • EIP のパターンはクラス設計の参考になる • 特にアプリケーション層・プレゼンテーション層・データソー ス層では、EIPのメッセージ処理の考え方がいろいろ使える • 私がクラス設計によく使うEIPのパターンを8つ紹介します

    2022/2/9 4
  5. 処理の構造化(クラスの役割分担)のパターン 2022/2/9 5

  6. 関心事の分離:並列化 プロセスマネージャー リクエスト たばね役に 専念するクラス 機能特化の クラス群 ひとつのクラスでなんでもかんでも 抱え込まないようする 機能の追加・修正が楽で安全

    2022/2/9 6
  7. 関心事の分離:直列化 リクエスト 通知/記録 パイプとフィルター 前処理クラス 中間処理クラス 後処理クラス ・段階ごとに別のクラスが処理をする ・呼び出しは void型のメソッド

    (リターン値はない、副作用があることの明示) ・中断は例外を発生させる ・例:データベースへの書き込み、メール送信による通知 機能の追加・修正が楽で安全 2022/2/9 7
  8. 関心の分離:分岐 リクエスト 分岐判定に 専念するクラス 適切なクラス/外部サービス に処理を任せる コンテントベースの経路分岐 機能の追加・修正が楽で安全 ・分岐役と処理役の分離 リクエストの内容により

    分岐先を切り替える (ディスパッチャー) 2022/2/9 8
  9. ソース⇒分割⇒振分け⇒個別処理⇒集約 インバウンド アウトバウンド 複合メッセージの処理 ひとつのメッセージに複数の情報が混在している時 最初に分割して処理を振り分け、結果を集約する 最初に分割して中間を単純化 2022/2/9 9

  10. メッセージ内容(情報)の扱い方のパターン 2022/2/9 10

  11. エンリッチ:必要な情報を付加する ユーザーIDを受け取り、ユーザ情報を付加して後続処理に渡す 予約番号を受け取り、予約内容を付加して後続処理に渡す 前準備を分離して後続処理を単純化する 2022/2/9 11

  12. フィルター:不要な情報を取り除く ひとつのメッセージが多様な情報を含んでいる時 後続処理に必要な情報だけ渡す 前準備を分離して後続処理を単純化する 2022/2/9 12

  13. 荷物を預かり引換券を渡す 大きな情報を持ち歩くのをやめて いったんデータベースに記録し、引換券(キー)を渡す ヘッダー情報はそのまま引き渡していく 手荷物預かりサービス データ渡しを単純化する 2022/2/9 13

  14. データ形式の正規化 形式がふぞろいのデータを 共通の形式に変換して後続処理に渡す 前準備を分離して後続処理を単純化する 2022/2/9 14

  15. Web アプリケーション設計とEIP • EIP のパターンはクラス設計の参考になる • 特に、アプリケーション層・プレゼンテーション層・データ ソース層では、メッセージ処理の考え方がいろいろ使える • 非同期メッセージング方式の導入もやりやすくなる

    2022/2/9 15