$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

20170806-noah@asia opendata hackathon in uozu

mesh1nek0x0
August 06, 2017

20170806-noah@asia opendata hackathon in uozu

mesh1nek0x0

August 06, 2017
Tweet

More Decks by mesh1nek0x0

Other Decks in Technology

Transcript

  1. noah Let's check the water level like check the clock

  2. ▼目次 • サービス概要 • 開発の経緯 • 技術構成 • 今後の展望

  3. サービス概要

  4. 自身、親族、大切な方が 河川の近くにお住いの社会人のみなさま

  5. noahはまるで時計を見るように 簡単に河川の水位を知ることができます

  6. None
  7. 機能概要 • メニューバーで指定河川の水位状況がわかる • 1クリックで指定地域の降雨状況がわかる • 水位の増水状況に応じて通知を出す

  8. 開発の経緯

  9. 緊急速報って受け取ると ハラハラしますよね

  10. その中でも豪雨起因の速報は 心配が尾を引きがち...

  11. e.g. 特に心配なこと 緊急速報を受け取り後、継続的に警戒が必要 • このまま増水して、自身の家が浸水しないだろうか • 大切な人(親族・恋人・親友など)の付近の川は大丈夫だろう か? • 結局いつ避難すればいいのかわからない

  12. _人人人人人人人人人人人人人人人人_ > 雨も川も刻一刻と状況が変わるなか < > いちいち確認するのは大変!!! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

  13. いくらスマホが普及しても、 仕事はまだまだコンピュータが優勢

  14. before

  15. after

  16. さりげなく水位を確認しつつ 憂いなく1日を過ごしたい。 noahはそんなあなたにぴったりです。

  17. 技術構成

  18. 構成概要

  19. アプリをelectron, 裏側をAWSで実現 • Electronなのでクロスプラットフォーム ◦ MacもWindowsもOK • 裏側にAWSを利用 ◦ 今後スマートウォッチなども対応可能

    ◦ 利用者増減にもスケーラブルに対応 • 個々のシステムを小分けにし、シンプルさを保つ
  20. 今後の展望

  21. • 最寄りの避難所への案内を別デバイスへ送信 ◦ 避難所のオープンデータを利用 • 全国/世界の河川対応 ◦ 各国データのフォーマットを統一して収集 • ウェアラブルデバイスへの対応

    ◦ スマートウォッチなど 今後の展望