Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

1人目QA奮闘記/QA Engineer's Struggle

253f81535853f9fddcadaec9b37dc1e0?s=47 miisan
June 16, 2022

1人目QA奮闘記/QA Engineer's Struggle

令和トラベルの1人目QAエンジニアとして2ヶ月間で行ったことを紹介します。

◆イベント
QA Test Talk Vol.1 : https://test-talk.connpass.com/event/247698/

◆令和トラベル
https://www.reiwatravel.co.jp/

253f81535853f9fddcadaec9b37dc1e0?s=128

miisan

June 16, 2022
Tweet

More Decks by miisan

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 1人目QA奮闘記 〜QAチームができる前とできた後〜 株式会社令和トラベル QA Engineer miisan (2022/6/16)

  2. 本日のアジェンダ 02 03 01 自己紹介 プロダクト品質における取り組み プロセス・リリースにおける取り組み 04 チーム・組織における取り組み

  3. Self introduction 自己紹介

  4. 自己紹介 株式会社令和トラベル QA Engineer (QA GM) miisan /@mii________san 大学卒業後、ERPパッケージの開発・QAを担当しプロダクト開発やメンバー育成プロ ジェクトの立ち上げに関わる。

    2018年よりメルペイにQAエンジニアとして参画し、決済や与信領域を主に担当しなが ら、プロダクトのリリースに幅広く関わる。 2021年からEngineering Managerとなり QAチームを索引した後、 2022年4月より現職の令和トラベルで 1人目QAエンジニアと して奮闘中。 また、スタートアップ含む IT企業でQAエンジニアとして組織作りやプロセス改善など活 動する他、女性エンジニアのエンパワーメント (Women Techmakers Ambassador)含むD&I活動を推進している。 趣味はカメラと旅行。日本 47/47都道府県制覇、海外 20ヶ国以上。世界遺産や海底 40mのダイビングなど、陸海問わずあたらしい世界をもとめ旅する✈
  5. 「え、miisanって1人目QAだったの?」 自己紹介

  6. 「え、miisanって1人目QAだったの?」 自己紹介 今年の4月に転職しました!! 詳しく知りたい人はnoteをチェック!! https://note.com/mii3king/n/n779 449885d42

  7. 詳細気になる方やフランクにキャリア相談したい・会社に興味ある ... などMeetyご連絡ください👍 https://meety.net/matches/jaxUrcYhOgzW

  8. 1人目QAのイマ 本日のテーマ 創業2年目スタートアップ企業の QAチームのリアル

  9. 私の2ヶ月を振り返る前に プロダクトについて振り返ろう。

  10. 2022年4月5日についにアプリ『NEWT』リリース

  11. コアローンチを3社中2社で経験! …が、お気づきでしょうか。。

  12. タイムライン 2022年4月1日 令和トラベル待望のQA爆誕!! miisan 入社 2022年4月5日 令和トラベル待望のプロダクトローンチ!! NEWT リリース

  13. タイムライン 2022年4月1日 令和トラベル待望のQA爆誕!! miisan 入社 2022年4月5日 令和トラベル待望のプロダクトローンチ!! NEWT リリース

  14. ということで、 非常に祭(カオス)モードからの スタートを切った2ヶ月を振り返る!

  15. 3つの観点 プロセス・リリース チーム・組織 01 02 03 プロダクト

  16. プロダクトのタイムライン 2022年4月1日 miisan 入社 2022年4月〜 新機能開発スタート NEWT リリース 2022年4月5日 ハワイキャンペーン

    2022年4月中旬 グアムキャンペーン 2022年5月中旬 2022年5月後半 Web版NEWTリリース
  17. Coming Soon… https://newt.net/lss2022

  18. プロダクト品質における取り組み 見出し ネクストステップ
 ファーストステップ
 共通認識を揃える:
 品質・QAについて共通認識を 作る・標準化
 • PM
 •

    Backend Engineer
 • Client Engineer
 • Frontend Engineer
 • QA Engineer
 • Designer
 • Machine Learning Engineer
 
 改善活動の繰り返し: 
 定常リリースの安定化による プロダクトの品質の向上 
 現在
 定量的な品質管理: 
 プロダクト品質を定量的には かり、見える化
 当たり前品質の向上 問題点の可視化 改善サイクル
  19. プロダクト品質における取り組み 1. 共通認識を揃える 品質・QAについて共通認識を作る・標準化 ①QAチームの役割・チームで品質を作ることについての整理 - 品質を守るだけでなく、品質をプロダクト全体で育む - 正しいプロダクトを、正しい人に、正しいタイミングで届ける ②品質指標の明示化と優先度を決めた取り組み実施

    - 当たり前品質向上:リグレッションテスト・テストケースの情報資産化 - 魅力的品質の向上:探索的テスト・お触り会の取り組みと交通整備 ③品質基準を定義 - リリース基準を定義 - プライオリティ・優先順位の可視化
  20. プロダクト品質における取り組み 2. 定量的な品質管理 プロダクト品質を定量的にはかり、見える化 ①新機能開発における不具合分析 - QAフェーズにおける不具合の傾向を可視化 ②インシデント分析 - インシデント数とリリースの変更失敗率を可視化

  21. プロダクト品質における取り組み 3. 改善活動の繰り返し 定常リリースの安定化によるプロダクトの品質の向上 ①QAフェーズにおける不具合の傾向を可視化・分析

  22. プロダクト品質における取り組み 3. 改善活動の繰り返し 定常リリースの安定化によるプロダクトの品質の向上 ①QAフェーズにおける不具合の傾向を可視化・分析 上流部分で改善できる取組み (Specの整備方法・コミュニ ケーションの取り方)

  23. プロダクト品質における取り組み 3. 改善活動の繰り返し 定常リリースの安定化によるプロダクトの品質の向上 ②インシデント数とリリースの変更失敗率を可視化 - 優先順位・発生要因・振り返り状況などを可視化 新機能開発起因のインシデント < 初期リリースにおける潜在的リスク

  24. プロセス・リリースにおける取り組み 見出し ネクストステップ・現在 
 ファーストステップ
 QAプロセスの整理: 
 リリースサイクルを決める 
 •

    PM
 • Backend Engineer
 • Client Engineer
 • Frontend Engineer
 • QA Engineer
 • Designer
 • Machine Learning Engineer
 
 運用・改善:
 持続可能なリリース計画 
 リリーストレインスタート
  25. プロセス・リリースにおける取り組み freature dev staging production 開発done 単体・結合テスト リリース前

  26. プロセス・リリースにおける取り組み branch 1.1.0-1 例) Ver 1.1.0 branch 1.1.0-2 branch 1.1.0-3

    開発期間 ・探索テスト ・受け入れ ・操作性 ・機能性 ・・・ iOS (1日) Submmit branch 1.1.0 をサブミット 開発期間 全体QA期間 修正期間 1-2日 3-4日 機能QA リグレッション And (1日) 審査 コードフリーズ1 コードフリーズ2 リリースOK
  27. プロセス・リリースにおける取り組み 直近目指しているフロー freature dev staging production dev done x曜日 開発done

    単体テスト PM/デザイン チェック リグレッション UnitTest In QA y曜日 In QA z曜日 QA done x曜日 結合テスト 受け入れテスト 修正対応
  28. チーム・組織における取り組み 見出し 取組み2
 取組み1
 QAチーム作り:
 プロダクトのスケールや組織 の変化を考慮した取組み 
 • PM


    • Backend Engineer
 • Client Engineer
 • Frontend Engineer
 • QA Engineer
 • Designer
 • Machine Learning Engineer
 
 採用活動:
 チームメンバー探し
 ロードマップ作成 社外発信
  29. チーム・組織における取り組み 1. QAチーム作り プロダクトのスケールや組織の変化を考慮した取組み ①QAチームの戦略作り - 品質・生産性・チーム・組織についてそれぞれ半年先のロードマップを作成 - 方向性の検討 ②多様性・スペシャリティを伸ばすチーム作り

  30. チーム・組織における取り組み 2 .採用活動 チームメンバー探し ①JDの作成 - JDの再定義 - JDを2つに分ける ②社外発信

    - エンジニア組織全体の社外発信・イベント発信の推進 - 勉強会やイベントの登壇 今後も定期的にイベント開 催予定です。 メンバー登録よろしく https://reiwatravel.connpass.com/
  31. Looking back 振り返り

  32. サマリ
 • 現在と未来の話が同時並行で動く 
 ◦ 『トレード・オン』という考え方 
 • 短距離走から長距離走へ、考え方・組織のあり方が変わる時 


    ◦ 『カオス』フェーズへ
 • プロダクト・プロセス・チーム、それぞれまだまだ取組みの過程 
 ◦ やりたいこと、理想とはまだ離れているのでこれから! 
 ざっくり2ヶ月を振り返ると.......
  33. サマリ
 • 現在と未来の話が同時並行で動く 
 ◦ 『トレード・オン』という考え方 
 • 短距離走から長距離走へ、考え方・組織のあり方が変わる時 


    ◦ 『カオス』フェーズへ
 • プロダクト・プロセス・チーム、それぞれまだまだ取組みの過程 
 ◦ やりたいこと、理想とはまだ離れている 
 ざっくり2ヶ月を振り返ると....... やったことを簡単に表すと ... 地図(方向性)を作ったり、道中の課題を整備したり、健康診断を行い課題を明らかにしたり、そこから チームで考えたりした。
  34. Our Values 大切にしていること

  35. で、結局のところ... 安心感をつくる 信頼関係を築く ってことだったと思う

  36. 2つの想うコト “All for Customer experience“  = お客さま体験を第一に考える 旅をすることが日常ではないからこそ、1回1回の体験にこだわる 品質作り =

    チーム戦 チーム戦にわき役はいない
  37. まだまだ挑戦は続くよ


  38. Thank you !!
 何かあれば @mii________san まで