Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AnsibleとCloudFormationの組み合わせでトレーニング環境を運用している話/ansible-and-cfn

4e7f712e4bba241f579d3dc0eaf130d4?s=47 mito
February 10, 2021

 AnsibleとCloudFormationの組み合わせでトレーニング環境を運用している話/ansible-and-cfn

4e7f712e4bba241f579d3dc0eaf130d4?s=128

mito

February 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. AnsibleとCloudFormationの組み合わせで トレーニング環境を運用している話 2021/2/10 Ansible Night Online 2021.02 株式会社エーピーコミュニケーションズ 技術開発部 自動化グループ 伊藤雅人

    @mizuto1217
  2. はじめに 2 ✘ Ansibleトレーニングで使用する環境を毎回構築しています ✘ 毎回構築する[運用]です ✘ 本日のLTでは、このトレーニング環境構築について話します

  3. AnsibleとCloudFormationの組み合わせ AnsibleからCloudFormationをコールしています 3

  4. CloudFormation ✘ トレーニング環境を1セット作成 ✘ 1セット=複数のサーバや複数の ルータ ✘ EIPの付与やVPCの設定などを 行う Ansible

    ✘ 任意のセット数分、 CloudFormationをまわす ✘ パッケージのアップデートや Ansibleのインストール、 ファイルのダウンロードなどを 行う 4 役割
  5. AnsibleとCloudFormationの組み合わせ ✘ 作成数のコントロールがとてもしやすい ✘ 毎回変わるIPアドレスや固定のログインID等のパラメータ一覧表を Templateモジュール使って、自動生成できる ✘ AnsibleやCloudFormationではコントロールしにくい部分は、 予めイメージを用意し、それを元に作成する 5

    特徴
  6. 運用してわかったこと ✘ 数クリックで構築できるため作業者の負担が少ない ✘ トレーニング内容に合わせて、機器の追加や変更もしやすい ◦ 文字通りyamlが設計書(=あるべき姿) ✘ 初期化より、毎回構築のほうがとても効率的 ◦

    把握しづらい状態から元に戻すより、いちから作成する方が トラブルもない ◦ インスタンスを残す必要がないのでコストが抑えられる 6
  7. 運用してはまったこと ✘ EC2のリソース制限に引っかかって、中途半端な状態のインスタンスが 生成された ◦ ログインできない、疎通が取れないなど ✘ AMIが消えていた ◦ WindowsServerで特定月までアップデートされたAMI

    ✘ 一部のリソースが削除されず残っており、EC2の利用料金が チョット↑上がっていた 7
  8. 運用して改善したいこと ✘ トレーニング環境の構築速度の向上 ◦ 15セットの作成で3時間程度かかっている ◦ インスタンス作成を並列で行う必要があるけど、 どう実現させるか ✘ べきとう性を担保できないモジュールの使い方を改善

    8
  9. まとめ ✘ 定型作業はやはり自動化が鉄板です ◦ 特に、失敗しても再実行するだけでいい状況は自動化しやすい ✘ 自動化により、裏側の事情への意識が薄くなっていた ◦ どれだけリソースを使っているか抜け落ちていた ✘

    まだまだ自動化できることはあるぞーぅ! ◦ 手作業をさらに減らす、かける工数をひたすら減らす 9
  10. ご視聴ありがとうございました 10