Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Azure Serverless 2019 Summer edition

miyake
July 30, 2019

Azure Serverless 2019 Summer edition

Serverless Meetup Tokyo #13 で発表させていただいたスライドです。

miyake

July 30, 2019
Tweet

More Decks by miyake

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Azure Serverless 2019 Summer edition Serverless Meetup Tokyo #13 1

  2. About Me 三宅 和之 @kazuyukimiyake 株式会社ゼンアーキテクツ CTO Microsoft MVP (

    for Microsoft Azure ) Azure/azure-functions-durable-extension Contributer Vue.js-jp, typescript-jp コアスタッフ PaaS がかりの部屋(Blog): https://k-miyake.github.io/blog/ 2
  3. Serverless Community(JP) と私 いつも⼤変お世話になっております。感謝しかありません︕ 3

  4. Serverless の定義 (※ このセッションでの定義) Serverless = BaaS ( Backend as

    a Service) + FaaS ( Functions as a Service) martinfowler.com 記事 4
  5. Azure Serverless ファミリー Azure Functions だけが Serverless ではない 5

  6. Azure Serverless アーキテクチャ例#1 IoT データやクリックストリームのデータ処理フローを Serverless で構築 動画(くらでべ - de:code

    2019 DP81): https://youtu.be/qBmNi3ZrsUk 6
  7. Azure Serverless アーキテクチャ例#2 グローバルにスケールするアプリケーションを Serverless で構築 MS 本社の Matias Quaranta

    が Azure Friday でデモを実施したアーキテクチャ 動画( Azure Friday )https://youtu.be/cfZUiVQIhTw 7
  8. 今⽇紹介するキーテクノロジー 1. Azure Functions 2. Azure Cosmos DB 3. Azure

    SignalR Service 4. Azure SQL Database Serverless 8
  9. キーテクノロジー: Azure Functions バインディングによりコード量が⼤幅に減る C# だけではない( Node.js オススメ︕ ) OSS

    として開発されている- https://github.com/Azure/Azure-Functions V2 に進化した 9
  10. トリガーとバインディング トリガー: イベントに応じて Function を発⽕ バインディング: I/O に関するコードを隠蔽し、コードをシンプルに保てる 10

  11. Azure Functions は V2 へ進化(更新を推奨) Runtime を Host process と

    Worker process に分離 新機能はほとんどが V2 のみをサポート (V1 はほぼメンテナンスされていない) 11
  12. Premium Plan 登場 コールドスタート回避機能あり ⾼度なスケーリング設定が可能 インスタンスサイズ 最⼩/最⼤(200 まで) (※ プレビュー)

    12
  13. TypeScript サポート Node.js ベースでの Azure Functions 開発が安全・快適に︕ import { AzureFunction,

    Context, HttpRequest } from "@azure/functions"; // API のペイロード定義 type Member = { name: string; isMember: boolean; }; // Function (HTTP トリガー) の実装 const httpTrigger: AzureFunction = async function( context: Context, req: HttpRequest): Promise<void> { const member = { name: req.body.name, isMember: true }; context.res = { status: 200, body: member }; }; export default httpTrigger; 13
  14. Durable Functions "orchestrator function" を使⽤してステートフルワークフローを定義できる 2.0 で Entity Functions が追加(

    ≒ アクターモデル) 14
  15. KEDA Kubernetes-based Event Driven Autoscaling Azure Functions のスケールコントローラ ーを応⽤して OSS

    化 Microsoft と Redhat で共同開発 イベント駆動型 Pod をオートスケール可能 KEDA: イベント連動でスケール(0->1) HPC: リソースに応じたスケール(1->n) 15
  16. キーテクノロジー: Azure Cosmos DB A globally distributed, massively scalable, multi-model

    database service. 主な特⻑ サーバーレス - No infrastructure or VM management グローバル分散 - Turnkey geo-replication マルチモデル, マルチ API ストレージとスループットをエラスティックにスケール可能 99th パーセンタイル内に 10ms 以下のレイテンシーを SLA で保証 16
  17. Cosmos DB Change Feed Serverless なマイクロサービスを実現するためのキーテクノロジー 同時に複数の Feed を出⼒可能(DB は稼働させながら追加可能)

    17
  18. Azure Functions CosmosDB Trigger Cosmos DB のデータ変更によって Azure Functions が発⽕する

    複数の Change Feed を独⽴して配置可能 クロスパーテーションでデータにアクセスしたい場合に便利 18
  19. キーテクノロジー: SignalR Service Web にリアルタイム通信機能を実装できるサービス WebSocket の Hub 機能が Serverless

    化 19
  20. CosmosDB トリガー + SignalR バインディングの例 import { AzureFunction, Context }

    from "@azure/functions"; const cosmosDBTrigger: AzureFunction = async function( context: Context, documents: Tweet[] ): Promise<void> { // CosmosDB からのデータ⼊⼒確認 if (!!documents && documents.length > 0) { context.log("Document: ", documents[0].tweetText); } // SignalR へのメッセージ登録 context.bindings.signalRMessages = [ { target: "newMessage", arguments: [documents] } ]; }; 20
  21. signalr.js によるクライアント側の実装 created: async function(): Promise<void> { // SignalRとコネクションを作成 const

    connection = new HubConnectionBuilder() .withUrl(this.baseUrl) .configureLogging(LogLevel.Information) .build(); console.log("connecting..."); // SignalR Serviceへの接続 connection .start() .then(() => console.log("connected!")) .catch(console.error); // SignalRからの呼び出し connection.on("newMessage", (tweets: Tweet[]) => this.displayTweet(tweets)); // 切断 connection.onclose(() => console.log("disconnected")); } 21
  22. キーテクノロジー: SQL DB Serverless (プレビュー) ⼀定時間アクセスしなければ、インスタンスが停⽌する 課⾦も⽌まるため、コストを最適化できる 再始動時やオートスケール時はコールドスタートなので⽤途は選ぶ 22

  23. Azure Serverless の課題(個⼈的⾒解) フロントエンド SPA ベース Web アプリのデプロイ先が。。 SPA にとって

    App Service はオーバースペック Static Website ホスティング機能がショボい Firebase や Netlify 相当の機能が求められる 23
  24. 本⽇のまとめ Azure Serverless は FaaS (Azure Functions) だけではない Serverless だけでも幅広いシナリオに対応したアーキテクチャを実現できる

    OSS プロダクトが多いので、コントリビュートしましょう︕ 本⽇話せなかったこと Serverless での分散トレーシング(App Insights) Serverless なマイクロサービスの⼀括デプロイ(ARM Template) Smart Store リファレンスアーキテクチャ 24
  25. ご清聴ありがとうございました Special Thanks! @yokawasa (Microsoft) @Ealsur (Microsoft) @shibayan(Microsoft MVP) @dz_(Microsoft

    MVP) のステッカーご希望の⽅はお声がけ下さい 25