$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

TP4G TOC第四世代思考プロセス

TP4G TOC第四世代思考プロセス

TOC(制約理論) 第四世代思考プロセスの概要です。

TOCfEの基本ツール、TOC思考プロセス(TP)を知っている人に向けた解説です。
・THE GOAL2を読んでいる人
・思考プロセスを体験したことがある人
・思考プロセスへの期待と現実にギャップを感じている人
・TPをやってみたいけど習得が大変そうで手を出せない人

・スクラムやXP、行動探求やNVCといった他の知識領域と
 TOCを組みあわせて使うことに関心がある人
・認知バイアス、ヒューリスティクス、スキーマといった
 認知に関する知見を活かしたい人

moriyuya

May 30, 2017
Tweet

More Decks by moriyuya

Other Decks in Technology

Transcript

  1.  2017/5/27 京都⼤学 森 雄哉 TP4G 第 四 世 代

    思 考 プ ロ セ ス Thinking Process 4th Generation
  2. 50$G&ͷجຊπʔϧɺ50$ࢥߟϓϩηε 51 Λ஌͍ͬͯΔਓ ʹ޲͚ͨղઆͰ͢ɻ ɾ5)&(0"-ΛಡΜͰ͍Δਓ ɾࢥߟϓϩηεΛମݧͨ͜͠ͱ͕͋Δਓ ɾࢥߟϓϩηε΁ͷظ଴ͱݱ࣮ʹΪϟοϓΛײ͍ͯ͡Δਓ ɾ51Λ΍ͬͯΈ͍͚ͨͲशಘ͕େมͦ͏ͰखΛग़ͤͳ͍ਓ ɾεΫϥϜ΍91ɺߦಈ୳ٻ΍/7$ͱ͍ͬͨଞͷ஌ࣝྖҬͱ ɹ50$Λ૊Έ͋Θͤͯ࢖͏͜ͱʹؔ৺͕͋Δਓ

    ɾೝ஌όΠΞεɺώϡʔϦεςΟΫεɺεΩʔϚͱ͍ͬͨ ɹೝ஌ʹؔ͢Δ஌ݟΛ׆͔͍ͨ͠ਓ  この資料の対象者
  3. ~ テーマ ~ 明晰な思考への旅 

  4. ~ The Choice p52 ~ ⽗は、明晰な思考を妨げる障害 は、現実に対する湾曲された認 識だと⾔う。 しかし、その認識の仕⽅がどう 変われば、私の⼼理的障害が取

    り去られるというのだろうか。
  5. ɾ50$ࢥߟϓϩηε 51 ͷ͓͞Β͍ ɾࢥߟϓϩηε΁ͷظ଴ ɾࢥߟϓϩηεͷݱ࣮ ɾ৽͍͠ࢥߟϓϩηε΁ͷཁ๬ ɾୈ࢛ੈ୅ࢥߟϓϩηε 51(  ɹɾ΍Δ͜ͱ

    ɹɾಘΔ͜ͱ ɹɾߏ଄ ɹɾϓϩηε ɹɾ51ͷԿ͕ɺԿʹมΘΔͷ͔  流れ
  6. ~ おさらい ~ 思考プロセス 第1世代から 第3世代まで 

  7. ҼՌؔ܎Ͱݱঢ়πϦʔΛ͕͕͠͠࡞੒͢Δɻ ೥͔Β։ൃ͕͸͡·Γɺ೥ʹൃද͞Εͨɻॻ੶ʹ 5)&(0"-΍ɺστϚʔࢯͷ࿦ཧࢥߟϓϩηε͕͋Δɻ  Thinking Process 1G

  8. ࢥߟϓϩηε͸ɺݱঢ়πϦʔΛ࡞Δͱ͜Ζ͔Β࢝·Δɻ  Thinking Process 1G $35 ݱঢ়πϦʔ ɹ Ϋϥ΢υ '35

    ະདྷπϦʔ ɹ 135 લఏπϦʔ ɹ ԿΛม͑Δ͔ Կʹม͑Δ͔ Ͳ͏΍ͬͯม͑Δ͔ 535 ҠߦπϦʔ ɹ
  9. 50$G&ͷπʔϧͰ౰ͯ͸ΊͯΈΔͱʜ  Thinking Process 1G $35 ݱঢ়πϦʔ ɹ Ϋϥ΢υ '35

    ະདྷπϦʔ ɹ 135 લఏπϦʔ ɹ ԿΛม͑Δ͔ Կʹม͑Δ͔ Ͳ͏΍ͬͯม͑Δ͔ 535 ҠߦπϦʔ ɹ ブランチ ブランチ ATT クラウド クラウド
  10. Ϋϥ΢υ๏ɻίΞͷରཱΛ୹࣌ؒΛ୳ࡧ͢Δɻ ॻ੶ʹΰʔϧυϥοτത࢜ͷ೔ຊޠ༁͞ΕͨΫϥ΢υ๏ͷஶ ࡞͸ͳ͍Α͏ʹࢥ͑Δɻଜ্ޛࢯͷʰ໰୊ղܾΛʮݟ͑ΔԽʯ ͢Δຊʱ΍ɺ؛ྑ༟࢘ࢯͷʰશମ࠷దͷ໰୊ղܾೖ໳ʱ͕͋Δɻ  Thinking Process 2G

  11. (ͱͷҧ͍͸ɺ࠷ॳʹΫϥ΢υΛ࡞Δ͜ͱɻ  Thinking Process 2G $35 ݱঢ়πϦʔ ɹ εϦʔ Ϋϥ΢υ

    ɹ '35 ະདྷπϦʔ ɹ 135 લఏπϦʔ ɹ ԿΛม͑Δ͔ Կʹม͑Δ͔ Ͳ͏΍ͬͯม͑Δ͔ 535 ҠߦπϦʔ ɹ ブランチ ブランチ ATT クラウド クラウド
  12. ωΨςΟϒϧʔϓ୳ࡧ๏  ωΨςΟϒϧʔϓΛ୳͠ग़ͯ͠அͪ੾ΔΒ͍͠ɻৄࡉෆ໌ɻ ॻ੶ ೔ຊޠ༁͞Εͨஶ࡞͸ͳ͍ɻ͋Ε͹ڭ͍͑ͯͩ͘͞ɻ  Thinking Process 3G

  13. TPへの 期待 

  14. 5IF(0"-ͷΑ͏ͳల։͕ࢲͨͪΛ଴͍ͬͯΔ ɾແବ͕ͳ͘ɺࣗ෼Ͱ΋ڻ͘Α͏ͳ໌᏷ͳࢥߟϩδοΫʂ ɾ৺Λ༳͞ͿΔൃݟͱɺఀ଺͔ΒͷϒϨΠΫεϧʔʂ  TPに私たちが期待すること

  15. 5IF(0"-ͷΑ͏ͳల։͕ࢲͨͪΛ଴͍ͬͯΔ ɾແବ͕ͳ͘ɺࣗ෼Ͱ΋ڻ͘Α͏ͳ໌᏷ͳࢥߟϩδοΫʂ ɾ৺Λ༳͞ͿΔൃݟͱɺఀ଺͔ΒͷϒϨΠΫεϧʔʂ ɾ೤͍νʔϜϫʔΫͱίϥϘϨʔγϣϯɻϘϒʂυϯʂεςʔ γʔʂ  TPに私たちが期待すること ボブ!!ドン!! ステーシー!! 熱いチームワークと

    コラボレーション!!!
  16. TPの 現実 

  17. ɾࣗ৴ͷ΋ͯͳ͍πϦʔɻ͙ͪΌ͙ͪΌͳࣗ෼ͷࢥߟʹ ɹଧͪͷΊ͞ΕΔɻ ɾʮ͍͢͝Ͷʔʯͱ͸ݴΘΕͯ΋ɺҰॹʹ΍Δͷ͸೉͍͠ɻ ɾ͕͔͔࣌ؒΔ ॏްϓϩηε  ɾແବ͕͋Δ ޙ൒ͷπϦʔ͸ແବʹͳΓ͕ͪ  ɾ೉͍͠

    ߹ҙܗ੒ɺ໰୊ղܾɺ51ͷशಘΛಉ࣌ʹ ɹ͜ͳ͢ͷ͸ࠔ೉  ɾϑϩʔΛյ͢ ɹ51Λ΍Δ͜ͱͱࣗ෼ͷ࢓ࣄͷཱ͕྆ग़དྷͣɺ ɹ51ͷ࣮ࢪ͕ϑϩʔΛࢭΊͯ͠·͏ɻ  TPで困っていること
  18. ɾࣗ৴ͷ΋ͯͳ͍πϦʔɻ͙ͪΌ͙ͪΌͳࣗ෼ͷࢥߟʹଧͪͷ Ί͞ΕΔɻ ɾʮ͍͢͝Ͷʔʯͱ͸ݴΘΕͯ΋ɺҰॹʹ΍Δͷ͸೉͍͠ɻ ɾ͕͔͔࣌ؒΔ ॏްϓϩηε  ɾແବ͕͋Δ ޙ൒ͷπϦʔ͸ແବʹͳΓ͕ͪ  ɾ೉͍͠

    ߹ҙܗ੒ɺ໰୊ղܾɺ51ͷशಘΛಉ࣌ʹ͜ͳ͢ͷ͸ ࠔ೉  ɾϑϩʔΛյ͢ ɹ51Λ΍Δ͜ͱͱࣗ෼ͷ࢓ࣄͷཱ͕྆ग़དྷͣɺ51ͷ࣮ࢪ͕ϑ ϩʔΛࢭΊͯ͠·͏ɻ  TPで困っていること スクラムやXPが普及したのは⾃分や みんなの仕事を助けるから。TPの実 施は「TPをやるか、⾃分の仕事をや るか」という対⽴が⽣じる。 TPコンサルタントはいい。⾃分の仕 事だし、みんながやれば⾃分は捗る。 でも、みんなの仕事の邪魔をしてる。
  19. 新TPへの 要望 

  20. ɾࣗ෼ͷ࢓ࣄΛॿ͚Δ ࣗ෼ͷ࢓ࣄͱ૊Έ͋ΘͤΒΕΔ  ɾ50$Λ஌Βͳ͍ਓͱ΋͙͢ʹͰ͖Δ ɾ୹͍ϓϩηε ɾ෼͔Γ΍ͯ͘͢ɺ͙͢ࢼͤΔ ɾ͍ͭͰ΋Ͱ͖Δܰྔ͕͋͞Δ ɾࣗ෼ͷߟ͑ʹࣗ৴͕΋ͯΔ ɾޮՌ͕ߴ͘ɺ֎ΕΔ͜ͱ͕΄ͱΜͲͳ͍ ɾ޿Ί΍͍͢

    ϛʔϜੑΛ͍࣋ͬͯΔ  ɾ۩ମతʹԿΛ͢Δͷ͔ͷ؆ܿͳಈ࡞͕ࣔ͞Ε͍ͯΔ ɾม͑Δඞཁ͕ͳͯ͘΋Ͱ͖Δ ɾͭͷப͕औΓࠐ·Ε͍ͯΔ  こんな思考プロセスだったらいいな
  21.  本題の前に…

  22. TP4G  実施の結果

  23. 当初の期待どおり ⼜は期待を越える 洞察を得た確率

  24. 96%

  25. TP4G  これだけ!!

  26. やること

  27. 起きている 状況に対する 共感ある対話

  28. ݴ༿ΛҰͭͣͭઆ໌͍͖ͯ͠·͕͢ɺΑ͘࢖ΘΕΔݴ༿ͳͷͰɺ ར༻ՄೳੑόΠΞε͕ੜ͡΍͍͢ͱࢥ͍·͢ɻ ར༻ՄೳੑόΠΞεͱ͸ɺͳ͡Έ͕ͳ͔ͬͨΓɺཧղ͕೉͔ͬ͠ ͨͱײͨ͡৔߹ʹੜ͡·͢ɻཧղͰ͖ͳ͔ͬͨ͜ͱΛɺࣗ෼ͷ ܦݧʹরΒ͋͠Θͤͯɺաڈʹཧղͨ͜͠ͱʹࠩ͠ସ͑ͯཧղ ͯ͠͠·͏ແҙࣝͳߦҝͰ͢ɻॻ͔Ε͍ͯΔ͜ͱΛࣗ෼ͷཧղ ͍ͨ͠Α͏ʹཧղͯ͠͠·͏ೝ஌ࡨޡͰ͢ɻ ఍߅͢Δํ๏͸ɺࣗ෼͕ཧղ͔ͨ͠Λ಄ͷதͰ׬݁ͤͣ͞ʹɺ ࣗ෼ͷཧղΛଞͷਓʹ఻͑ͯΈΔ͜ͱͰ͢ɻ ͜ͷϓϩηεͦͷ

    ΋ͷ͕51(Ͱ΋͋Γ·͢  注意 利⽤可能性バイアス
  29. 下記順で説明します 1.起きている状況 2.共感 3.対話 4.得るもの

  30. 起きている状況とは… 私たちに進⾏形で影響 を与えている環境的な 条件

  31. ౰ͯ͸·Δ΋ͷ ɾࠓɺى͖͍ͯΔ͜ͱ
 ɾࠓɺଘࡏ͢Δ͜ͱ ɾࢲͨͪʹӨڹΛ༩͍͑ͯΔ͜ͱ จ຺  ɾࣗ෼͕ߟ͍͑ͯΔ͜ͱ ɾ૬ख͕දݱͨ͠ߟ͑ɺҙݟ ౰ͯ͸·Βͳ͍΋ͷ ɾࠓ͸ଘࡏ͠ͳ͍͜ͱ

    ɾࠓɺى͖͍ͯͳ͍աڈʹى͖ͨ͜ͱ ɾଞਓͷߟ͑ͷਪଌ ಡ৺ज़  ˞؀ڥΑΓਓʹݪҼΛٻΊΔجຊతೝ஌ࡨޡ '"& ʹ஫ҙ͢Δ͜ͱ  起きている状況とは、 私たちに進⾏形で影響を与えている環境的な条件
  32. 共感とは… 相⼿の関⼼事に 関⼼を持つ

  33. ૬खͷؔ৺ࣄʹϑΥʔΧε͚ͭͮ͠Δ͜ͱͰ͢ɻ ஫ҙͱͯ͠ɺڞײ͸ಉௐ΍ಉ৘ͱ͸શ͘ҟͳΓ·͢ɻ ૬खͷؾ࣋ͪΛࣗ෼ͷ৺ͷͳ͔Ͱ࠶ݱ͢Δಉௐ΍ɺ૬खͷঢ়گ ʹ৺Λ௧ΊΔ͜ͱΛಉ৘ͱݴ͍·͕͢ɺ51(ͷڞײͱ͸શ͘ ҟͳΓ·͢ɻ  共感とは、相⼿の関⼼事に関⼼を持つ認知操作

  34. 対話とは… 主観を互いに 表現する⾏為

  35. ձ࿩͸৘ใͷަ׵Ͱ͢ɻ୭͕ԿΛ஌͍ͬͯΔ͔Λ஌ΔߦҝͰ͢ɻ ͜͜Ͱ͍͏ର࿩ͱ͸ɺ૬ख͕ͲͷΑ͏ͳ΋ͷͷݟํͰੈքΛݟ ͍ͯΔͷ͔ɺͲͷΑ͏ͳߟ͑Λ͍࣋ͬͯΔͷ͔Λ஌ΔߦҝͰ͢ɻ ͜Ε͸ಉ࣌ʹࣗ෼ͷओ؍Λೝ஌͢Δϝλೝ஌ϓϩηεͰ΋͋Γ ·͢ɻ૬खʹओ؍Λදݱ͢Δࡍɺͦͷߦҝͦͷ΋ͷ͕ࣗ෼ࣗ਎͕ ͲͷΑ͏ͳओ؍ͩͬͨͷ͔Λ஌Δ͜ͱʹͳΓ·͢ɻ ࣗ෼ࣗ਎ͱ૬खͷ྆ํͷओ؍ͷ஌ΛಘΔͷ͕ର࿩Ͱ͢ɻ૒ํͷओ ؍ʹؔ͢ΔೝࣝΛ૬ޓओ؍ͱ΋͍͍ɺ͜ͷ࣭͕ॏཁͰ͢ɻ  対話とは、主観を互いに表現する⾏為

  36. 起きている状況に対する 共感ある対話とは… 私に進⾏形で影響を与えている環境的 な条件に対して、相⼿の関⼼事に関⼼ をもって、相⼿と⾃分の考えや認知を 表現しあう話し合いのプロセス。

  37. 得るもの

  38. 起きている状況への 多視点からの理解 Current Reality

  39. 互いの主観の理解 (相互主観)

  40. ى͖͍ͯΔঢ়گ  TP4Gの構造 ؔ৺ͷߴ͍ཁૉ ߦಈ ཁ๬ͱײ৘ (0"-

  41. ى͖͍ͯΔঢ়گ  TP4Gの構造 ؔ৺ͷߴ͍ཁૉ ࢲͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά ૬खͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά ߦಈ ཁ๬ͱײ৘

    (0"-
  42. ى͖͍ͯΔঢ়گ  TP4Gの構造 ؔ৺ͷߴ͍ཁૉ ࢲͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά ى͖͍ͯΔঢ়گʹର͢Δڞײ͋Δର࿩ μΠΞϩʔά ૬खͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά

    ߦಈ ཁ๬ͱײ৘ (0"-
  43. ~ The Choice p52 ~ ⽗は、明晰な思考を妨げる障害 は、現実に対する湾曲された認 識だと⾔う。 しかし、その認識の仕⽅がどう 変われば、私の⼼理的障害が取

    り去られるというのだろうか。
  44.  TP4Gのプロセスのコア 起きている状況へ の共感ある対話

  45.  TP4Gのプロセスのコア 起きている状況へ の共感ある対話 質の⾼い考え 吟味

  46.  TP4Gのプロセスのコア 起きている状況へ の共感ある対話 現実の理解 Current Reality  質の⾼い考え 吟味

  47.  TP4Gのプロセスのコア 起きている状況へ の共感ある対話 現実の理解 Current Reality  質の⾼い考え 吟味 解決策

  48.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話

  49.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 吟味 

  50.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味 

  51.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味 

  52.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

  53.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

    吟味 
  54.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

    吟味  Current Reality 
  55.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

    ⽭盾の無い状態を 形成する洞察 吟味  Current Reality 
  56.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

    ⽭盾の無い状態を 形成する洞察 吟味  Current Reality  吟味 
  57.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

    ⽭盾の無い状態を 形成する洞察 吟味  Current Reality  吟味  Current Reality
  58.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

    ⽭盾の無い状態を 形成する洞察 吟味  Current Reality  洞察を元にした 次のアクション 吟味  Current Reality
  59.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

    ⽭盾の無い状態を 形成する洞察 吟味  Current Reality  洞察を元にした 次のアクション 吟味  Current Reality これは イケる!
  60.  徐々に明らかになるリアリティ IUUQTXXXqJDLSDPNQIPUPT!/

  61.  徐々に明らかになるリアリティ IUUQTXXXqJDLSDPNQIPUPT!/

  62.  徐々に明らかになるリアリティ IUUQTXXXqJDLSDPNQIPUPT!/

  63.  徐々に明らかになるリアリティ IUUQTXXXqJDLSDPNQIPUPT!/

  64.  徐々に明らかになるリアリティ IUUQTXXXqJDLSDPNQIPUPT!/

  65. ࣗ෼ࣗ਎ͷதͰࢥ͍Λ८Β͢Ϟϊϩʔάͱɺࣗ෼ͷߟ͑΍ೝ஌ Λ૬खʹදݱ͢ΔμΠΞϩʔάΛϓϩηεͱͯ͠ճ͍͖ͯ͠· ͢ɻ೉ͦ͠͏ʹฉ͑͜·͕͢ɺ50$ͷࢥߟϓϩηε΍ɺ50$G& ͷπʔϧΛ࢖͍ͬͯΔํͳΒମݧͨ͜͠ͱ͕͋ΔͰ͠ΐ͏ɻ ୭͔ͷΫϥ΢υ΍ϒϥϯν࡞ΓΛख఻ͬͨܦݧ͸͋Γ·͔͢ɻ ૬खʹ਌਎ʹͳͬͯҰॹʹΫϥ΢υ΍ϒϥϯνΛ࡞ͬͨܦݧ͕ ͋Γ·͔͢ɻͦͷࡍͷϓϩηεͰ͢ɻ ग़དྷࣄʹରͯ͠ɺࣗ෼͕ߟ͑ɺͦΕΛ૬खʹදݱ͠ɺදݱ͞Ε ͨ૬खͷߟ͑ʹϑΟʔυόοΫͱͯࣖ͠Λ੅·͢ɻͦΕΛࠓى ͖͍ͯΔঢ়گʹͬ͘͠Γ͘Δ·Ͱ܁Γฦ͢ɻ͜ͷϓϩηεͰ͢

     実は多くの⼈が体験しているプロセス
  66. ҰਓͰߟ͑ଓ͚Δͱɺࢥߟͷ෯͕ڱ͘ͳΓ·͢ɻࢥߟͷ෯Λ֦͛ΔͨΊʹɺ ৺ཧڑ཭ͱ͍͏ೝ஌ޮՌΛ༻͍͍ͯ·͢ɻ৺ཧతʹڑ཭͕཭Ε͍ͯΔ͜ͱ Λࢦ͠·͢ɻ ৺ཧڑ཭ʹ͸छྨ͕͋ΓɺҰਓͰ΋΍Δํ๏͕͋Γ·͢ɻ৸ͯى͖Δͱɺ ͜Μ͕Β͕͍ͬͯͨߟ͕͑·ͱ·ͬͨΓ͠·͢ɻ࣌ؒʹΑͬͯ৺ཧతͳڑ ཭͕࡞༻ͨ݁͠ՌͰ͢ɻଞʹ΋ࣾ௕ͷཱ৔ʹͳͬͯߟ͑Δͷ΋৺ཧڑ཭Λ ͱͬͨࣾձతཱ৔ͷڑ཭ͱ͍͏ΞϓϩʔνͰ͢ɻ΄͔ʹ΋͕࣌ؒ࣠͋Γ· ͢ɻҰ೥ޙͷࢲ͔ΒΈͯɺࠓΛݟΔɺͱ͍͏ߟ͑Ͱ͢ɻ ର࿩ΛקΊΔͷ͸ɺࢹ໺ڱࡥ΁ͷ఍߅͚ͩͰͳ͘ɺԿ͔Λม͑ΔͨΊʹ ޓ͍ʹߟ͑΍Ձ஋؍Λཧղ͠߹͍ͬͯΔਓΛ஥ؒΛಘΔͨΊͰ΋͋Γ·͢ɻ

    ޓ͍͕ޓ͍ͷؔ৺ࣄʹߩݙͰ͖Δͱޓ͍͕ೝࣝͨ͠ͱ͖ɺ࢓ࣄΛ੒ͨ͢ Ίʹޓ͍ͷଘࡏ͕ඞཁෆՄܽͰ͋Γɺ͔͚͕͑ͷͳ͍ଘࡏͱ͍͏࣮ײΛ ಘΒΕ·͢ɻࣾձతɺ૊৫తͳԿ͔Λ੒ͨ͢Ίͷඞཁͳ஥ؒͰ͠ΐ͏ɻ どのような理由で対話を⽤いるのか
  67. 体験 しよう

  68. ࿩ͷల։ͷ࢓ํ͸6%&$MPVEʹࣅ͍ͯ·͢ɻ ɾࠔ͍ͬͯΔ͜ͱ͸ͳΜͰ͔͢ʁ ؔ৺ͷߴ͍࿩ɺ6%&  ɹɾͦΕʹ͍ͭͯ΋͏͢͜͠࿩ͯ͠΋Β͑·͔͢ʁ ঢ়گ  ɹɾͲͷΑ͏ͳߦಈΛ͞Ε͍ͯΔͷͰ͠ΐ͏ʁ ߦಈ 

    ɹɾେมͳঢ়گͷதͰେ੾ʹ͞Ε͍ͯΔ͜ͱ͸ʁ χʔζ  ɹɾͲͷΑ͏ͳߟ͑Λ͓͔࣋ͪڭ͍͚͑ͯͨͩ·͔͢ʁ ߟ͑  ɾ࿩͍͍ͯͨͩͨ͜͠ͱ͸ࢲ͸͜ͷΑ͏ʹཧղ͠·͕͍͔ͨ͠ ͕Ͱ͠ΐ͏ɻ ଞਓͷཧղͱ͍͏৺ཧڑ཭ͷ֬อɺೝ஌ͷఏࣔ  ɹɾԿ͔ҧ࿨ײΛײ͡Δͱ͜Ζ͸͋Γ·͔͢ʁ ϑΟʔυόοΫ  ੾Γग़͠ํͷྫ
  69. ⾒本

  70. やってみ よう

  71. Q&A

  72. ~物議を醸そう~  TPの前提を ⾒直す

  73. TP4Gは 普段使いの 思考プロセス

  74. ࢥߟϓϩηε͕͏·͍͖͘ʹ͍͘ͷ͸େมͳͱ͖ʹ΍Γ͕ͪͩ ͔ΒͰ͢ɻ ͕࣌ؒແ͍ɺ͓͕ۚͳ͍ɺ͕࣌ؒແ͍ɺͦΜͳۤڥͷ࣌ʹɺى ࢮճੜͱͯ͠ෆ׳ΕͳࢥߟϓϩηεʹνϟϨϯδͨ͠Γ͠·͢ɻ ͦͷΑ͏ͳঢ়گͰ੒ޭʹࣄΛਐΊΔͷ͸͔ͳΓ೉͍͜͠ͱͰ͢ɻ େมͳͱ͖ʹνϟϨϯδ͢ΔͷͰ͸ͳ͘ɺ೔ࠒ͔Βখ͞ͳࠔΓ ຖ͔Β࣮ࢪ͍͖ͯ͠·͢ɻ  TP4Gは普段使いの思考プロセス

  75. 合意形成 よりも 相互主観

  76. આಘΛ༻͍ͨ߹ҙͷऔΓ෇͚ΑΓ΋ɺ૬खͷೝ஌Λۛຯ͢Δ͜ ͱɺ૬खͷؔ৺ʹয఺Λ౰ͯ·͢ɻ ૬ޓओ؍ͱ͸ɺڞ௨ཧղ΍ڞ௨ೝࣝͱ͸ҟͳΓ·͢ɻ૬खͷೝ ஌΍Ձ஋؍Λड͚ೖΕΔͷͰ͸ͳ͘ɺޓ͍ͷೝ஌΍Ձ஋؍ͷྨ ࣅ఺ͱ૬ҧ఺Λཧղ͠·͢ɻ ఍߅ͷ࿡֊૚Ͱ͸ͳ͘ɺ૬ޓओ؍ͷ࿡֊૚ͱߟ͑ͯ΋ྑ͍͔΋ ͠Ε·ͤΜɻશͯͷਓͱ૬ޓओ؍Λߏங͢Δඞཁ͸͋Γ·ͤΜɻ ߹ҙܗ੒͕దͨ͠ਓ΍ཱ৔΋͋Γ·͢ɻ෺ࣄΛਐΊΔϓϩŠΛ ॿ͚Δͷ͸ɺݱ࣮ͷཧղͳͷ͔ɺઆಘͷऔΓ෇͚ͳͷ͔͸ݟۃ ΊΔඞཁ͕͋Γ·͢ɻ

     合意形成より相互主観
  77. 変える よりも 何が起きて いるか

  78. ࢥߟϓϩηε͸มԽΛىͨ͜͢ΊͷϓϩηεͰ͢ɻԿΛม͑Δͷ͔ɺ Կʹม͑Δͷ͔ɺͲ͏΍ͬͯม͑Δͷ͔ɻ ͔͠͠ɺͦͷલͷஈ֊ͱͯ͠ʮԿ͕ى͖͍ͯΔͷ͔ʯ͕͋Γ·͢ɻ $35 $VSSFOU3FBMJUZ5SFF ͸ࠓԿ͕ى͖͍ͯΔ͔Λදݱͨ͠࿦ཧϚο ϓͰ͢ɻ50$G&Ͱ͸ϒϥϯνͰ͢ɻԿ͕ى͖͍ͯΔͷ͔Λे෼ʹ஌Δ ͜ͱ͸ɺݱঢ়ͱௐ࿨ͨ͠มԽΛى͜͢ʹ͸ඞཁෆՄܽͰ͢ɻ ࿦ཧϚοϓΛܨ͍Ͱ͍͘ͱɺ࣮͸ࢥͬͨΑΓ΋ࣗ෼͕ཧղ͍ͯ͠ͳ͍ ͱ͍͏ମݧΛಘ·͢ɻ͜ͷཧղ͍ͯ͠Δͭ΋Γͱ͍͏ೝ஌ࡨޡΛʮઆ

    ໌ͷਂ͞ݬ૝ʯʮࡨ஌ʯʮط஌ײʯͱ͍͍·͢ɻ͜ͷ෼͔ͬͨͭ΋Γ ʹͳ͍ͬͯΔࡨޡΛɺࠓى͖͍ͯΔঢ়گΛޠΔ͜ͱͰղফ͠·͢ɻ  変えるより、何が起きているか
  79. ͻͱͭɺྫΛڍ͛·͢ɻ ௏݁ͼΛ૝૾ͯ͠Լ͍͞ɻ ඥΛҾͬுͬͯ΋΄Ͳ͚·ͤΜɻ΄Ͳ͚ΔͲ͜Ζ͔݁ͼ͸ݎ͘ ͳΓ·͢ɻͱ͜Ζ͕ผͷඥΛҾͬுΔͱ؆୯ʹ΄Ͳ͚·͢ɻ ͜ͷݱ৅Λ໌᏷ʹઆ໌͢Δͷ͸೉͍͠Ͱ͢ɻ ཧղ͍ͯ͠Δͭ΋ΓͰ΋ɺͦͷཧղ͸ʮԿΛͨ͠ΒʯʮͲ͏ͳ Δͷ͔ʯͱ͍͏ݶఆతͳཧղͰ͋ͬͯɺͳͥͦͷΑ͏ͳಈ͖ʹ ͳΔͷ͔ͱ͍͏ཧղͱ͸ผ΋ͷͰ͢ɻͰ͕͢ɺࢲͨͪ͸શମΛ ཧղ͍ͯ͠Δͱࢥ͍͕ͪͰ͢ɻ 

    何が起きているかの語りが、洞察へ導く
  80. ツリー依存 からの開放

  81. πϦʔ͕Ͱ͖Ε͹ɺԿ͔ෆࢥٞͳྗͰঢ়گ͕ଧ։͞ΕΔͱ͍͏ظ଴͕ ࢲʹ͸͋Γ·ͨ͠ɻͰ΋ɺπϦʔ͕Ͱ͖Ε͹ࣗવͱྑ͘ͳΔͳΜͯ͜ ͱ͸ى͜Γ·ͤΜɻπϦʔ͕ͳΜͱ͔ͯ͘͠ΕΔͷ͸ݬ૝Ͱ͢ɻπ Ϧʔ͸Կ΋͠·ͤΜɻ ҰํͰɺπϦʔ͸෼͔ͬͨؾʹͤ͞·͢ɻࢥߟϓϩηεʹऔΓ૊ΜͰ ͍Δʹ΋ؔΘΒͣɺঢ়گ͕ఀ଺͍ͯ͠Δ͜ͱʹɺཱ೿ͳπϦʔ͸ҚΊ Λ༩͑ͯ͘Ε·͢ɻͦ͏ͯ͠ݟ͔͚ͷମࡋ͕੔ͬͨπϦʔΛ࡞Γ্͛ ͯେ੾ʹͯ͠͠·͍͕ͪͰ͢ɻͦͯ͠ঢ়گ͸ޙୀ͍͖ͯ͠·͢ɻ ݱ࣮ͱ޲͖߹͍ଓ͚Δࢲͨͪͷଶ౓΍ࢥߟ͕ͦ͜ঢ়گΛଧ։͢Δͱࢲ ͸ߟ͑·͢ɻෆ࣮֬ੑͱɺ·ͩ෼͔͍ͬͯͳ͍͜ͱ͕͋Δͱ͍͏ෆ҆

    ͳ৺ཧͱڞʹɺ$3ΛҭͯΔ͜ͱ͕ଧ։΁޲͔͏ͱߟ͍͑ͯ·͢ɻ  ツリー依存からの開放
  82. ツリーを 効果的に

  83. 51(ͱදݱͨ͠ϓϩηε͸ɺͦΕ·Ͱͷࢥߟϓϩηεͱཱ྆ ͠·͢ɻ ʮ͏·͍͔͘ͳ͍ࢥߟϓϩηεʹରͯ͠ɺޮՌతʹ׆͔͢ʹ͸ ͲͷΑ͏ͳϓϩηε͕ඞཁͳͷ͔ʯͷ౴͕͑51(Ͱͨ͠ɻ Ͱ͢ͷͰී௨ͷࢥߟϓϩηεΛճ͢ʹͯ͠΋ඞཁͳ΋ͷͩͱߟ ͍͑ͯ·͢ɻ51(ʹΑΔೝ஌ͷϓϩηεΛճ͠ͳ͕Βɺ௨ৗ ͷࢥߟϓϩηεΛճ͢͜ͱ͕伴ͳͷͰ͸ͳ͍͔ͱߟ͑·͢ɻ ˞΋ͪΖΜݱ࣮ཧղʹ͸༷ʑͳํ๏͕͋Γ·͢ͷͰɺ51(Ҏ ֎ͷ΍Γํͱ૊Έ͋ΘͤΔ͜ͱ΋ྑ͍ͱࢥ͍·͢ɻ 

    TP4Gは今までのTPと両⽴する
  84. Լهͷ(ͱ૊Έ͋ΘͤΔͱʜ  過去のツリーを効果的に $35 ݱঢ়πϦʔ ɹ εϦʔ Ϋϥ΢υ ɹ '35

    ະདྷπϦʔ ɹ 135 લఏπϦʔ ɹ ԿΛม͑Δ͔ Կʹม͑Δ͔ Ͳ͏΍ͬͯม͑Δ͔ 535 ҠߦπϦʔ ɹ ブランチ ブランチ ATT クラウド クラウド
  85. ֤πϦʔͱ͸૬ิతͳؔ܎΁  過去のツリーを効果的に $35 ݱঢ়πϦʔ εϦʔ Ϋϥ΢υ '35 ະདྷπϦʔ 135

    લఏπϦʔ 535 ҠߦπϦʔ 51( $3 ɹ
  86. 問題解決を ⽬指さない

  87. ࠷΋෺ٞΛৢ͢ͱ͜ΖͰ͠ΐ͏ɻ໰୊ͱ͸ࢲͨͪͷݱ࣮ʹى͍ͬͯ͜Δ͜ͱͱཧ ૝ͷΪϟοϓͰ͢ɻ͔͠͠໰୊ͱ͸ɺຊ౰ʹଘࡏ͢Δͷ͔ة͏͍΋ͷͰ͢ɻ ྫ͑͹ʜ໰୊ΛࢦͰ͢͜͞ͱ͸ग़དྷ·͔͢ʁ ͨͱ͑͹ϊʔτ1$͕յΕͨͱ͠·͢ɻյΕͨϊʔτ1$Λ໰୊ͩͱ͍ͭߟ͕͑ͪ Ͱ͕͢ɺগ͠ҧ͍ͬͯͯɺϊʔτ1$Λ࢖͍͍ͨࢲͱɺյΕͯ࢖͑ͳ͍ϊʔτ1$ ͱ͍͏ঢ়گͷؔ܎ੑ͕͋Γ·͢ɻͦΕ͕໰୊ͱ͍͏ೝ஌ΛੜΈ·͢ɻཁ๬ͱݱ࣮ ͷɺ͋Δؔ܎ੑͰ͢ɻ͔͠͠ࢲ͸ϊʔτ1$Λࢦͯ͞͠͠໰୊ͩͱදݱͯ͠͠· ͍·͢ɻ ໰୊Λղ͜͏ͱ͢Δߦҝ͕ɺղ͘͜ͱΛࠔ೉ʹͯ͠͠·͍͕ͪͰ͢ɻෳࡶੑͷ͋ Δ໰୊͸ɺղ͜͏ͱ͢Δߦҝ͕ΑΓࣄଶΛѱԽͤ͞Δ͜ͱ͕͋Γ·͢ɻ

    ೝ஌όΠΞεʹ఍߅ͨ͠ʮࠓԿ͕ى͖͍ͯΔͷ͔ʯʹ஫ྗ͢Δ͜ͱ͕ɺෳࡶͳ ໰୊ʹର͢ΔదԠʹͳΓ·͢ɻ  問題解決を⽬指さない
  88. ໰୊ղܾ͸໨ࢦ͠·ͤΜ͕ɺ໰୊͸෭࡞༻ͱͯ͠ղܾ͞ΕΔͷ ͕51(ͷ໨ࢦ͢ͱ͜ΖͰ͢ɻ͜ͷࢳޱͱͯ͠ɺ50$Λ࣮ફ͢ Δࢲ͕࣮ͨͪײͯͯ͠͠ɺ͔ͭ༗ޮʹ࢖͍੾Ε͍ͯͳ͍ݱ৅Λ ༻͍͍ͯ·͢ɻ Ϋϥ΢υΛ࡞͍ͬͯΔ࠷தʹղ͚ͯ͠·ͬͨͱ͍͏ମݧ͸͋Γ ·ͤΜ͔ɻϒϥϯνΛ࡞͍ͬͯΔ࠷தʹͻΒΊ͍ͨ͜ͱ͸͋Γ ·ͤΜ͔ɻҰͭҰͭԿ͕ى͖͍ͯΔͷ͔Λղ͖΄͙ͯ͠ɺཁૉ ͱཁૉͷؔ܎Λͭͳ͍͛ͯ͘ɻݱ࣮ͷཧղ͕ਂ·ΔʹͭΕͯɺ ೖΓ૊Μͩঢ়گʹௐ࿨͢Δಎ࡯͕ݟ͔ͭͬͨܦݧ͸͋Γ·ͤΜ ͔ɻ51(͸͜ͷྗΛ׆༻͍ͯ͠·͢ɻ͜ͷྗ͸҉໧஌ɺࣗݾ

    ૑ൃͱݴΘΕΔ΋ͷͰ͢ɻ  CRの追求によって問題は解消される
  89. ダイアローグ 以上に モノローグ

  90. ؔ৺͕ऑ͍ͱͲ͏͠Α͏΋ͳ͍ͷͰɺ෺ࢥ͍ʹ;͚Δͷ͸େ੾ Ͱ͢ɻؔ৺ࣄͷྑ͍දݱͱ͸ɺ֎෦ &YUFSOBM ͱ಺෦ *OUFSOBM ͷ྆໘͋ΔදݱͰ͢ɻ ֎෦ͷදݱͱ͸ੈքͰى͖͍ͯΔ͜ͱΛࢲ͸ͲͷΑ͏ʹݟ͍ͯ Δͷ͔ͱ͍͏ɺ֎Ͱى͖͍ͯΔ͜ͱͷදݱͰ͢ɻ ಺෦ͱ͸֎෦Ͱى͖͍ͯΔग़དྷࣄʹࢲ͕ͲͷΑ͏ʹӨڹ͞Εͯ ͍Δͷ͔ɺӨڹΛ֎෦ʹ༩͑Α͏ͱ͍ͯ͠Δͷ͔ͱ͍͏ࢲͷத

    Ͱى͖͍ͯΔ͜ͱͷදݱͰ͢ɻ  ダイアローグ以上にモノローグ
  91. CRの 質と醸成

  92. $3͸࣭Ͱ͢ɻͲΕ͚ͩղ૾ײΛ΋ͬͯݱ࣮ΛཧղͰ͖Δ͔ͱ͍ ͏࣭Ͱ͢ɻ࣭͸ߴΊΔ΋ͷͰɺ௿ͯ͘͠͠·͏Α͏ͳߦҝ͸ආ ͚Δඞཁ͕͋Γ·͢ɻ $3ͷղ૾ײΛࣦΘͤΔ׳शʹ໊ࢗަ׵͕͋Γ·͢ɻ໊ࢗͷݞॻ ͖Λ௨ͯ͠૬खΛݟΔ͜ͱΛଅ͢͜ͷߦҝ͸ɺϨοςϧΛషΓ ΍͘͢ɺ૬खͷओ؍΍Ձ஋؍ͷཧղͷো֐ͱͳΓ·͢ɻ ͜͏͍ͬͨೝ஌ෛՙΛ͔͔Βͳ͍Α͏ʹ͢ΔจԽश׳͸ࢸΔॴ ʹ͋Γ·͕͢ɺಉ࣌ʹ௿ղ૾౓$3ʹؕΒͳ͍͔ɺ஫ҙ͢Δඞ ཁ͕͋Γ·͢ɻ 

    CurrentRealityは質
  93. 4Gは TPか 

  94. 4GはTPか The Choice 5IF$IPJDF͸੍໿ཧ࿦ͷࢥߟϓϩ ηεͱ͍͏ΑΓ΋ɺΰʔϧυϥοτ ͷߟ͑ํ΍ɺͦͷϓϩηεΛղઆ͠ ͨຊͰ͢ɻΰʔϧυϥοτࢥߟϓϩ ηεͱ͍͑Δ͔΋͠Ε·ͤΜɻ ·ͨΤϦϠϑΰʔϧυϥοτͷओ؍ ΛΤϑϥοτ͕ର࿩Λ༻͍ͯ֫ಘ͢

    Δର࿩෺ޠͰ΋͋Γ·͢ɻ 51(͸νϣΠεͰԿ͕࿩͞Ε͍ͯ Δͷ͔Ͱ͸ͳ͘ɺͲͷΑ͏ʹ࿩͞ Εͨͷ͔ΛΞΠσΞʹ͍ͯ͠·͢ɻ
  95. The Choice 明晰な思考

  96. ~ The Choice p52 ~ ⽗は、明晰な思考を妨げる障害 は、現実に対する湾曲された認 識だと⾔う。しかし、その認識 の仕⽅がどう変われば、私の⼼ 理的障害が取り去られるという

    のだろうか。
  97. ى͖͍ͯΔঢ়گ  51(͸$IPJDFͬΆ͍ ؔ৺ͷߴ͍ཁૉ ࢲͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά ڞײ͋Δର࿩ μΠΞϩʔά ૬खͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά

    ߦಈ ཁ๬ͱײ৘ (0"-
  98.  TP4Gのループプロセス構造 起きている状況への 共感ある対話 Current Reality  吟味  吟味  Current Reality 

    ⽭盾の無い状態を 形成する洞察 吟味  Current Reality  洞察を元にした 次のアクション 吟味  Current Reality これは イケる!
  99. おまけ 

  100. TP4Gは 少⼥マンガ プロセス

  101.  Կ͔͕ى͖Δ ग़ձ͍ ©築島治/講談社

  102.  Ϟϊϩʔά ᷤ౻ͱצҧ͍ͷൃੜ ©築島治/講談社

  103.  μΠΞϩʔά ᷤ౻΍ޡղͷղফ ©築島治/講談社

  104. ى͖͍ͯΔঢ়گ  ίΞΞΫγϣϯͷجຊߏ଄ ؔ৺ͷߴ͍ཁૉ ࢲͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά ڞײ͋Δର࿩ μΠΞϩʔά ૬खͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά

    ߦಈ ཁ๬ͱײ৘ (0"-
  105. ى͖͍ͯΔঢ়گ  ίΞΞΫγϣϯͷجຊߏ଄ ؔ৺ͷߴ͍ཁૉ ࢲͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά ڞײ͋Δର࿩ μΠΞϩʔά ૬खͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά

    ߦಈ ཁ๬ͱײ৘ (0"- ©築島治/講談社
  106. ى͖͍ͯΔঢ়گ  ίΞΞΫγϣϯͷجຊߏ଄ ؔ৺ͷߴ͍ཁૉ ࢲͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά ڞײ͋Δର࿩ μΠΞϩʔά ૬खͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά

    ߦಈ ཁ๬ͱײ৘ (0"- ©築島治/講談社
  107. ى͖͍ͯΔঢ়گ  ίΞΞΫγϣϯͷجຊߏ଄ ؔ৺ͷߴ͍ཁૉ ࢲͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά ڞײ͋Δର࿩ μΠΞϩʔά ૬खͷೝ஌ͱߟ͑ Ϟϊϩʔά

    ߦಈ ཁ๬ͱײ৘ (0"- ©築島治/講談社
  108. ~ The Choice p52 ~ ⽗は、明晰な思考を妨げる障害 は、現実に対する湾曲された認 識だと⾔う。しかし、その認識 の仕⽅がどう変われば、私の⼼ 理的障害が取り去られるという

    のだろうか。
  109. 少⼥マンガは 誤解の嵐

  110. 会社でも 家庭でも 起きやすいこと

  111. まとめ

  112. 起きている状況に対する 共感ある対話とは 私に進⾏形で影響を与えている環境的 な条件に対して、相⼿の関⼼事に関⼼ をもって、相⼿と⾃分の考えや認知を 表現しあう話し合いのプロセス。 このプロセスを繰り返して Current Realityの醸成と 相互主観を作り続ける

  113. ͍ͯ͠Δ͜ͱ ɾ51(ͷίΞΞΠσΞͷ֓ཁͱɺաڈͷ51ͱͷมԽ఺ ͍ͯ͠ͳ͍͜ͱ ɾ΍Γ͔ͨͷઆ໌ ɾ51(पลͷΞΠσΞͱςΫχοΫͷઆ໌ ɾࢥߟϓϩηεΛ஌Βͳ͍ਓ΁ͷઆ໌ ɾଞͷ஌ࣝମܥͷԿΛऔΓೖΕ͍ͯΔͷ͔ͷઆ໌ ɾࢀߟจݙͷ঺հ ɾݱ࣮ʹର͢Δ࿷ۂ͞Εͨೝࣝͷྫ ɾଟٛతݴ༿ΛҰٛͷݴ༿ʹஔ͖׵͑Δ

     この資料でしていること、してないこと
  114. おまけの おまけ

  115.  現実に対する湾曲された認識の⼀例 湾曲された 現実認識 ⼀⽅的な会話 読⼼術 (相⼿の考えを、 分かりきったよう に表現する⾏為) できる、分かる

    の混同 不安、諦め 疲れ レッテル (偏⾒) 早すぎる評価 過度な解釈(忖度) ヒューリスティクス なじみ感 (既知感) 錯知 (分かったつもり) ディスコース
  116.  現実に対する湾曲された認識 湾曲された 現実認識 ⼀⽅的な会話 読⼼術 (相⼿の考えを、 分かりきったよう に表現する⾏為) できる、分かる

    の混同 不安、諦め 疲れ レッテル (偏⾒) 早すぎる評価 過度な解釈(忖度) ヒューリスティクス なじみ感 (既知感) 錯知 (分かったつもり) これらの共通点は認知経済性であ る。負荷の少ない楽な現実の⾒⽅ である。⼀⽅で楽な⾒⽅は、私た ちが困りごとに向き合う際、助け になるどころか不調和の源泉とな る。
  117. 51(͸ଟ͘ͷํͱͷίϥϘϨʔγϣϯʹΑͬͯൃݟ͞Ε·͠ ͨɻͳ͔Ͱ΋઒໺৻෢͞Μɺߴڮਅ੅͞Μɺࣲڮֶ͞Μͷࡾਓ ʹ͸େม͓ੈ࿩ʹͳ͓ͬͯΓ·͢ɻ͜ͷ৔Λ͓आΓ͓ͯ͠ྱਃ ্͛͠·͢ɻ  圧倒的感謝