Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プロダクトってなに? マネジメントってなんなの? ゼロからプロダクトマネジメントを 明らかにするぞ / what is product management

A41b463f033e1304539253f8a663c950?s=47 moriyuya
June 18, 2022

プロダクトってなに? マネジメントってなんなの? ゼロからプロダクトマネジメントを 明らかにするぞ / what is product management

このセッションは、以前はそれほど気にしていなかったプロダクトそのものや、マネジメント、最近耳にするようになったプロダクトマネジメントについて、徐々に当事者になりつつある方に向けたセッションです。プロダクト作りに注力するチームや、プロダクトオーナーが知識の土台を揃えられ、異なる立場の人との効果的なコミュニケーションに役立ちます。

一言で「あっ (プロダクト|マネジメント|プロダクトマネジメント)ってそういうことだったのかー!」が得られるセッションです。ビジネス側やマネジメント層と区別される人達とも、よりスムーズなコミュニケーションができるようになります。私自身がプロダクト開発にはじめて接するときにはじめに聞きたかったことをお伝えします。

『プロダクトマネジメント大全 上 2.0』
https://booth.pm/ja/items/2657772

『プロダクトマネジメント大全 上 2.0』お試し版
https://zenn.dev/moriyuya/books/c1b13b49a56511

ブログ
https://note.com/mryy/

twitter
https://twitter.com/_N_A_

A41b463f033e1304539253f8a663c950?s=128

moriyuya

June 18, 2022
Tweet

More Decks by moriyuya

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Scrum Fest Osaka 2022 2022/06/18 witch&wizards inc. 森 雄哉 プロダクトってなに?

    マネジメントってなんなの? ゼロからプロダクトマネジメントを 明らかにするぞ
  2. 「プロダクト?」

  3. 「プロダクト?」 「ああ、あれね、 ド派手なカンファレンスで バーンってするやつでしょ」

  4. 「マネジメント?」

  5. 「マネジメント?」 「ああ、あれあれ、 ドラッカーとか、 そういうやつでしょ」

  6. 「プロダクトマネジメント?」

  7. 「プロダクトマネジメント?」 「ああ、あれあれ、 ロードマップ、ミッションとか そういうやつでしょ」

  8. 「大丈夫、大丈夫!」

  9. 「大丈夫、大丈夫!」 「分かる分かる!」

  10. いざ やろうとしてみたら…

  11. プロダクト

  12. プロダクト なんも分からん…

  13. マネジメント?

  14. マネジメント? よけい分からん…

  15. プロダクト マネジメント

  16. プロダクト マネジメント さっぱり分からん…

  17. 分からんすぎて 16

  18. 分からんすぎて 脳内が分からん祭 17

  19. 分からんすぎて 脳内が分からん祭 18

  20. 分からんすぎて 脳内が分からん祭 19

  21. ゼロからでも 20

  22. ゼロからでも 分かるの ないの!? 21

  23. なかった…

  24. なかった… ※あるなら教えて!!

  25. ないなら 明らかにしよう

  26. プロダクト

  27. マネジメント 1/2

  28. マネジメント 2/2

  29. プロダクトマネジメント

  30. 29

  31. 30

  32. 31

  33. 上澄みof上澄みを 45分?で伝えるぞ

  34. Scrum Fest Osaka 2022 2022/06/18 witch&wizards inc. 森 雄哉 プロダクトってなに?

    マネジメントってなんなの? ゼロからプロダクトマネジメントを 明らかにするぞ
  35. どういうこと話すの?

  36. スクラムの 増える「プロダクト」要素

  37. 増えるスクラムの「プロダクト」要素 36

  38. 当事者になりつつある 「マネジメント」

  39. 当事者になりつつある「マネジメント」 38

  40. 流行する プロダクトマネジメント

  41. 流行するプロダクトマネジメント 40

  42. - 現状 - プロダクトや マネジメントって よく聞くけど 結局よく分からない

  43. このセッションは一言で ・プロダクト ・マネジメント ・プロダクトマネジメント って、そうなのか!が得られる話

  44. - セッション目標 - 「これ、自分が プロダクト開発を 初めてするときに 知りたかった!!」

  45. None
  46. None
  47. 目次 46

  48. プロダクトって たとえばどういうもの?

  49. 48

  50. 直接購入するプロダクト、間接的に利用するプロダクト 49

  51. 直接購入するプロダクト、間接的に利用するプロダクト 50

  52. プロダクトには 直接購入するものも 間接的に利用するものもある

  53. プロダクトには 直接購入するものも 間接的に利用するものもある 私たちは 何百万ものプロダクトに 囲まれて生活している

  54. None
  55. プロダクトって何?

  56. 55

  57. プロダクトとは顧客の思いに応えるもの 56

  58. プロダクトとは顧客の思いに応えるもの 音楽が聴きたいな ・・・ 思っただけでは実現されない 57

  59. プロダクトとは顧客の思いに応えるもの 音楽が聴きたいな ・・・ 思っただけでは実現されない 音楽が聴きたいな プロダクトによって実現される 58

  60. プロダクトとは顧客の思いに応えるもの

  61. プロダクトとは顧客の思いに応えるもの

  62. プロダクトは 顧客の思い(Needs)に 応えるもの

  63. None
  64. 63

  65. プロダクトの構造

  66. プロダクトは便利のまとまりを提供する 65

  67. プロダクトは便利のまとまりを提供する 66

  68. プロダクトには 便利がまとめられ 構造化されている

  69. 体験価値を実現する 中核要素や

  70. 体験価値を実現する 中核要素や 快適な体験を支える 間接要素がある

  71. プロダクトには構造がある 71

  72. プロダクトには構造がある 72

  73. プロダクトには構造がある 73

  74. プロダクトには構造がある 74

  75. プロダクトには構造がある 75

  76. プロダクトには構造がある 76 顧客に近い要素ほど ハッキリ認識される

  77. 体験価値、中核要素 間接要素の構造は

  78. 体験価値、中核要素 間接要素の構造は パンフレットの 掲載順序からも 見出すことができる

  79. - 例 - ファミリー向け ミラーレスカメラの 「パンフレット」

  80. パンフレットの表紙 体験価値

  81. パンフレットの表紙 顧客が得たい体験 81

  82. パンフレットの表紙 顧客が得たい体験 82

  83. パンフレットの表紙 顧客が得たい体験 83 https://www.sony.jp/products/catalog/ichigan-a6400_a6100_a6000_a7c_a7III.pdf

  84. パンフレットの表紙 顧客が得たい体験 84 https://www.sony.jp/products/catalog/ichigan-a6400_a6100_a6000_a7c_a7III.pdf 大切な人の笑顔!

  85. パンフレットの前半 体験価値を実現する中核要素

  86. パンフレットの前半 体験価値を実現する機能 86

  87. パンフレットの前半 体験価値を実現する機能 87

  88. パンフレットの前半 体験価値を実現する機能 88

  89. パンフレットの前半 体験価値を実現する機能 89 大切な人の笑顔を どう簡単に捉えるか

  90. パンフレットの後半 快適な体験を支える間接要素

  91. パンフレットの後半 快適な利用を支える要素 91

  92. パンフレットの後半 快適な利用を支える要素 92

  93. パンフレットの後半 快適な利用を支える要素 93

  94. パンフレットの後半 快適な利用を支える要素 94 バッテリーが切れない! 大切な人の笑顔を逃さない!

  95. プロダクトには構造がある 95

  96. プロダクトには構造がある 101

  97. エクササイズ

  98. エクササイズ

  99. エクササイズ

  100. プロダクトの体験価値、 中核要素、間接要素を 明らかにしてみよう

  101. None
  102. 109

  103. プロダクトの変化

  104. プロダクトは できたら完成じゃない どんどん変わる

  105. プロダクトの変化1 要素の追加

  106. プロダクトは変化する 要素の追加編 113

  107. プロダクトは変化する 要素の追加編

  108. プロダクトは変化する 要素の追加編

  109. プロダクトの変化2 要素の変化

  110. プロダクトは変化する 要素の変化編 117

  111. プロダクトは変化する 要素の変化編 音楽の定額利用 音楽の都度購入 購入前の試聴 再ダウンロード 困ったときの サポート 118

  112. プロダクトは変化する 要素の変化編 音楽の定額利用 音楽の都度購入 購入前の試聴 再ダウンロード 困ったときの サポート 119

  113. 掃除機の例

  114. 掃除機の例

  115. 変化の失敗

  116. 体験価値と要素の関係の変化を注視する 124

  117. 顧客にとって プロダクトの変化が 常に良い変化とは 限らない

  118. 体験価値の実現に向けて 過剰でも過小でもなく ぴったりな変化が大切

  119. None
  120. 128

  121. プロダクトの差別化

  122. - 顧客の疑問 - 私には様々な 選択肢があるにもかかわらず なぜ御社のプロダクトを 選ばなければならないのですか?

  123. プロダクトは差別化する 131

  124. プロダクトは差別化する 134

  125. プロダクトは差別化する 135

  126. 136 人によって、刺さる差別化は異なる

  127. 137 人によって、刺さる差別化は異なる

  128. 138 人によって、刺さる差別化は異なる

  129. - 差別化とは - 様々な選択肢から ユーザーがあえて選ぶ 特徴を作ること

  130. 差別化は 企業活動において 典型的な営利活動

  131. プロダクトが毎年 良くなっているのは 差別化のおかげ

  132. プロダクトは差別化する 142

  133. たとえばコンビニおにぎり 143

  134. 突然ですが 間違い探し

  135. 日清食品 どん兵衛

  136. 日清食品 どん兵衛 東日本限定 西日本限定

  137. コンビニおにぎり間違い探しレベル:初級 147

  138. コンビニおにぎり間違い探しレベル:初級 148

  139. コンビニおにぎり間違い探しレベル:中級 149

  140. コンビニおにぎり間違い探しレベル:中級 150

  141. コンビニおにぎり間違い探しレベル:中級 151

  142. コンビニおにぎり間違い探しレベル:中級 152

  143. コンビニおにぎり間違い探しレベル:中級 153 使ってる 米が違う

  144. 154 コンビニおにぎり間違い探しレベル:上級

  145. 155 コンビニおにぎり間違い探しレベル:上級

  146. 156 コンビニおにぎり間違い探しレベル:上級

  147. 157 コンビニおにぎり間違い探しレベル:上級

  148. 158 コンビニおにぎり間違い探しレベル:上級 全部一緒? 品番違い? NO! 全商品、カロリーが異なる

  149. 159 コンビニおにぎり間違い探しレベル:上級 全部一緒? 品番違い? NO! 全商品、カロリーが異なる 241K㌍ 255 K㌍ 244K㌍

    206 K㌍ 254K㌍ 227K㌍ 219K㌍
  150. 地域や時期によって 味や濃さを変えたりして 顧客に刺さるようにしている

  151. クレジットカードの差別化 162

  152. None
  153. クレジットカードの差別化 164

  154. クレジットカードの差別化 165

  155. 同じクレジットカード発行企業のカード サイフに入れたいのはどっち?

  156. 同じクレジットカード発行企業のカード サイフに入れたいのはどっち? ポイントは 人によって反応が大きく異なること

  157. エクササイズ

  158. エクササイズ

  159. 全ての差別化が 成功するわけではない

  160. 差別化の失敗 172

  161. 差別化をどう学ぶ?

  162. - 差別化を学ぶ1 - モデルチェンジの 変更点を調べる

  163. - 差別化を学ぶ2 - 新しい製品ラインを 調査する

  164. - 差別化を学ぶ3 - 広告で最もアピール されているところを 分析する

  165. - 差別化を学ぶ4 - 販売終了した製品から 顧客に刺さらなかった 特徴を抜き出す

  166. プロダクトの変化は 差別化を学ぶ 絶好の機会

  167. モデルチェンジ 新製品の発表 販売終了といった 変化のタイミングから 差別化を学ぼう

  168. 差別化の失敗と学習 180

  169. None
  170. プロダクトの分類

  171. 多様なプロダクトを分類してみよう 184

  172. 多様なプロダクトを分類してみよう 185

  173. 物理的な特性による分類 186

  174. 使用目的による分類 187

  175. 購買行動による分類 188

  176. エクササイズ 189

  177. エクササイズ 190

  178. プロダクトって何? まとめ 191

  179. None
  180. マネジメントとって何?

  181. ここまではプロダクトの話 ここからは人の話

  182. ここまではプロダクトの話 ここからは人の話

  183. いたるところで耳にする マネジメント

  184. よく分からないが 重要みたいで 大変そうなやつ

  185. いったいなぜ 捉えにくいのか どんな大変さなのか

  186. 201

  187. 職業を比較する

  188. 職業を比較する 203

  189. 職業を比較する 204

  190. 職業を比較する 205 マネージャーの体験をひもといていこう

  191. 206

  192. 今日からマネージャーだ! さて、何をすればいいんだ?

  193. 今日からマネージャーだ!さて、何をすればいいんだ? 208

  194. 子ども時代から入社まで

  195. 子供時代から入社まで 210

  196. 子供時代から入社まで 211

  197. 子供時代から入社まで 212

  198. 子供時代から入社まで 213

  199. マネージャーに なった日

  200. マネージャーとなった日 215

  201. マネージャーとなった日 216

  202. マネージャーとなった日 217

  203. マネージャーとなった日 218

  204. マネージャーとなった日 219

  205. マネジメントとは 自分が原因ではない 問題を引き受けて 解決すること

  206. 222

  207. それだけじゃない マネジメント!!

  208. マネジメントの 主要な活動

  209. マネジメントの主要な活動 226

  210. 人と人が信頼して協力するためのアラインメント 227

  211. ゴールまでの経路を指し示すルーティング 228

  212. 見過ごしたりやり過ごせない厄介な問題を片づける 229

  213. 見過ごしたりやり過ごせない厄介な問題を片づける 230

  214. つきっきりにはなれないから、行動を促す状況を構築する 231

  215. あちらを立てればこちらが立たないトレードオフ 232

  216. 権限や予算で解決できることは限られている

  217. マネジメントって何?まとめ 234

  218. None
  219. プロダクトと マネジメントの共通点

  220. プロダクトとマネジメントの共通点 237

  221. プロダクトとマネジメントの共通点 238

  222. プロダクトも 自分が原因ではない 他人の問題を引き受けて 解決している

  223. プロダクトとマネジメントの共通点 240

  224. マネジメントを通して メンバーを助けられれば メンバーも顧客を 効果的に助けられる

  225. ごたごたしている 組織やチームでは 顧客を効果的に 助けることは難しくなる

  226. None
  227. プロダクトマネジメントって なんだろう?

  228. プロダクトマネジメントって何だろう 246

  229. プロダクトマネジメントの 悩み

  230. プロダクトマネジメントの3種の悩み 248

  231. プロダクトマネジメントの3種の悩み 249

  232. プロダクトマネジメントの悩み 250

  233. こういった中 プロダクト開発の 複雑流動的な状況下で

  234. こういった中 プロダクト開発の 複雑流動的な状況下で この状況の手綱を握ろうと 様々な人が様々なアイデアを 発信している

  235. プロダクトマネジメントの違い 253

  236. 1.プロダクトによって異なる 254

  237. 不特定多数と特定少数 BtoBとBtoCで マトリックスをつくる

  238. None
  239. None
  240. None
  241. None
  242. それぞれが異なるプロダクト開発

  243. 特にまたがる BtoXtoXは難しい

  244. 特にまたがる BtoXtoXは難しい 1HOP先がB(特定少数) 2HOP先がC(不特定多数)

  245. None
  246. 1HOP先 2HOP先

  247. 2.職位によって異なる 265

  248. 3.分野や業界によって異なる 266

  249. 唯一正しい プロダクトマネジメントが あるのではなく

  250. 唯一正しい プロダクトマネジメントが あるのではなく 様々な理解のされ方や 用いられ方がある

  251. たくさんの情報源から 自分のプロダクト開発に どれが役立つのか?

  252. たくさんの情報源から 自分のプロダクト開発に どれが役立つのか? それが分からない

  253. プロダクトマネジメントの違い 271

  254. 業界によって異なる プロダクトマネジメントを もうすこし詳しく

  255. 業界によって異なるプロダクトマネジメント 273

  256. 1.新しい業界の 新しいプロダクトマネジメント

  257. 新しい業界の、新しいプロダクトマネジメント 275

  258. 新しい業界の、新しいプロダクトマネジメント 276

  259. 2.歴史ある プロダクトマネジメント

  260. 歴史のあるプロダクトマネジメント 278

  261. 日本でも1966年には プロダクトマネジメントが 紹介されている

  262. 歴史のあるプロダクトマネジメント 281

  263. 282 詳しくはこちら

  264. 3.異なる用語の プロダクトマネジメント

  265. 異なる用語のプロダクトマネジメント 284

  266. 業界ごとにプロダクトマネジメントがある 285

  267. プロダクトマネジメントって? ・プロダクトによって変わる ・職位によって変わる ・業界や分野によって変わる しばらくは混乱が継続…

  268. しかし

  269. しかし、プロダクト開発は 未経験のハードルが高すぎる 失敗したら経験を持っているのに

  270. しかし、プロダクト開発は 未経験のハードルが高すぎる 失敗したら経験を持っているのに 再チャレンジできなかったり 成功体験のある人にしか チャンスが与えられなかったり

  271. 290 詳しくはこちら

  272. より効果的に 多くの人の手によって プロダクト開発が 成し遂げられるように

  273. より効果的に 多くの人の手によって プロダクト開発が 成し遂げられるように 知見や経験を急速に 構築する必要がある

  274. プロダクト開発の ノウハウを コモディティ化を していきたい!!

  275. プロダクトマネジメントとは何か まとめ これだというものはない状況

  276. None
  277. おわり

  278. おわり ではなく

  279. ないなら

  280. ないなら 作ろう

  281. より効果的に プロダクト開発が 成し遂げられるように

  282. より効果的に プロダクト開発が 成し遂げられるように 知見や経験を急速に 構築していこう

  283. まずはメカニズムを 理解する

  284. プロダクトや マネジメントは そもそもなんで必要なの?

  285. 304

  286. この瞬間に人ができることは 限られている 305

  287. 306

  288. 307

  289. 人は一瞬一瞬では できることは限られている 308

  290. 人は一瞬一瞬では できることは限られている しかし世界では多くのことが 成し遂げられている このギャップはいかにして 埋められているのか 309

  291. 310

  292. 筋肉の意図された 連続した動きを、 流れる時間の中に 展開することによって、 取引可能なものを作っている

  293. 筋肉の意図された 連続した動きを、 流れる時間の中に 展開することによって、 取引可能なものを作っている

  294. 313

  295. 314

  296. 筋肉の意図された 連続した動きを、 流れる時間の中に 展開することによって、 取引可能なものを作っている

  297. 時間に展開する

  298. 317

  299. 318

  300. 多くのプロダクトは 前もって顧客の必要を 予測することで 成り立つ

  301. 時間の中に行為を 的確に展開できれば

  302. 時間の中に行為を 的確に展開できれば 顧客は注文から 待たずに受け取れる

  303. 322

  304. 時間が自在であれば 顧客の思いに余裕を持って 応えられるが

  305. 修理といった 顧客の必要を前もって 予測できないとき

  306. 修理といった 顧客の必要を前もって 予測できないとき 仕事は手遅れから 始めなくてはならない

  307. 『機動警察パトレイバー』©ゆうきまさみ/小学館

  308. マネジメントの 大変さのひとつ

  309. マネジメントの 大変さのひとつ 事前処理不可能性

  310. マネジメントの 大変さのひとつ 事前処理不可能性 手遅れから仕事が始まるから 難しい

  311. None
  312. 筋肉の意図された 連続した動きを、 流れる時間の中にに 展開することによって、 取引可能なものを作っている

  313. 332

  314. 取引可能という性質によって プロダクトは

  315. 取引可能という性質によって プロダクトは さらに別のプロダクトを 生んでいく

  316. 335

  317. プロダクトとは 自分が原因ではない 他人の問題を引き受けて 解決する取引可能なもの

  318. プロダクトとは 自分が原因ではない 他人の問題を引き受けて 解決する取引可能なもの

  319. 取引可能性によって プロダクトが さらなるプロダクトを 生み出している

  320. 339

  321. よいプロダクトを作ると なにが起こるか

  322. よいプロダクトを作ると なにが起こるか 他の人がそれを使って 更にプロダクトが生まれる

  323. 他の人がそれを使って 更にプロダクトが生まれると なにが起こるか

  324. 他の人がそれを使って 更にプロダクトが生まれると なにが起こるか 更にプロダクトが生まれる

  325. プロダクトは 人々の協力の結晶であり その結晶はさらなる結晶へ と育まれていく

  326. プロダクトの連鎖の連続が 私たちをよりよい 未来に連れていく

  327. マネジメントは 何をしているのか

  328. よいプロダクトを 作るためには 人と人との協力が不可欠

  329. 人と人との協力の フローを育み守るために 人々のフローを阻害する 問題を解決している

  330. 349

  331. 350

  332. まとめ 351

  333. 最初の疑問 352

  334. 最初の疑問 人は一瞬一瞬では できることは限られている しかし世界では多くのことが 成し遂げられている このギャップはいかにして 埋められているのか 353

  335. 筋肉の意図された 連続した動きを 時間の中に秩序立てて 展開することによって 取引可能なものを作る

  336. 筋肉の意図された 連続した動きを 時間の中に秩序立てて 展開することによって 取引可能なものを作る この一連の流れを 何万も連鎖させることで 成し遂げられている

  337. 私たちがよりよい 協力の流れを 育むことができれば

  338. 私たちがよりよい 協力の流れを 育むことができれば よりよい未来を 築くことができる

  339. そのためにも

  340. より効果的に プロダクト開発が 成し遂げられるように 知見や経験を 便利なまとまりに していくぞ!

  341. プロダクト開発チームのための プロダクトも作っていこう 361

  342. お知らせ 362

  343. 363

  344. 364 2.0リリース

  345. 365

  346. None
  347. 367 さらに

  348. None
  349. 今後の活動 369

  350. 79万人の 高度IT人材が不足

  351. 371 IT人材育成の状況等について 経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s03_00.pdf

  352. 372 IT人材育成の状況等について 経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s03_00.pdf

  353. 373 IT人材育成の状況等について 経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s03_00.pdf

  354. 374 IT人材育成の状況等について 経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s03_00.pdf

  355. IT人材不足もヤバいけど プロダクトオーナー プロダクトマネージャー 10万人不足もヤバい

  356. プロダクトオーナーの ボトルネックが深刻化

  357. エンジニアとして スキルアップしても がっかりなプロダクトを 作ることになるなんて したくない

  358. プロダクトオーナーや プロダクトマネジメントが できるチームを 10万人を目指すぞ 378

  359. 一緒にやっていきましょう 379

  360. 一緒にやっていきましょう 380