Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

LeSS Study 読書会 5章マネジメント/LeSS Study Management

LeSS Study 読書会 5章マネジメント/LeSS Study Management

LeSS Study (2021年11月開催) 大規模スクラム Large-Scale Scrum (LeSS) 読書会
5章マネジメント

LeSSではマネジメントをどのように考え、どのようなガイドをしているのかをまとめました。みなさんで探っていきましょう。

D52607af7984b43e56682927e6471123?s=128

Masataka Mizuno

November 25, 2021
Tweet

Transcript

  1. 大規模スクラム LeSS 読書会 5章 マネジメント LeSS Study 2021.11.25 水野 正隆

    https://less-study.doorkeeper.jp/
  2. 5章のもくじ LeSSでのマネジメント • ガイド:テイラーとファヨールを理解する • ガイド:Y理論によるマネジメント • ガイド:マネージャーは任意 • ガイド:LeSSの組織

    • ガイド:現地現物 • ガイド:教師及び学習者としてのマネージャー • ガイド:ドメインと技術の両方 • ガイド:少ない目標とLeSSのメトリクス • ガイド:マネジメントに関する推奨書籍リスト 今日のお話のメインは マネジメントに関する ガイドです
  3. (1チーム)スクラム LeSS本:106ページ LeSSの話をする前に

  4. スクラムはマネジメント手法に変化を起こす これまでのマネージャーの責任  何をすべきか,どうやって実行すべきかを判断し,それを監視する スクラムでは責任が移動する  プロセスと進捗を管理する責任 → チーム(自己管理チーム) 

    チームが何をすべきかを決定する責任 → プロダクトオーナー マネジメント手法は,コマンド&コントロールから支援に変わる LeSS本:106ページ
  5. じゃあ,マネージャーは何するの?  難しい議論  マネージャーの役割がどう変わるかを,「自分で考えろ!」と突っぱねるの ではなく,LeSSは問題提起するよ LeSS本:107ページ

  6. ところで,自己組織化には段階があるんだよ 出典)LeSSでつなぐビジネスとIT, Agile Japan 2019 LeSS本:106ページ 自己組織化の段階

  7. LeSSでのマネジメント LeSS本:107ページ 中身に入りまーす

  8. LeSSの構成って こうでしたよね. マネジメントでも 同じ

  9. マネジメントに関する原理・原則 LeSS本:107ページ Principles

  10. LeSSルール LeSS ではマネージャーは必須ではありませんが,参加している場合でも多くの 場合役割が変わります.マネージャーの仕事は,日々の作業の管理ではなく, プロダクトを開発するシステム全体の価値提供能力の向上に移ります. マネージャーの役割はプロダクト開発の仕組みの改善促進です.現地現物の実 践,止めて直すの推奨,「現状維持をせずに実験を繰り返すこと」を通じて改 善を促進します.

  11. マネジメントのルール (フレームワーク部分) LeSSではマネージャーは必須ではありませ んが,参加している場合でも多くの場合役割 が変わります.マネージャーの仕事は,日々 の作業の管理ではなく,プロダクトを開発す るシステム全体の価値提供能力の向上に移り ます. マネージャーの役割はプロダクト開発の仕組 みの改善促進です.現地現物の実践,止めて

    直すの推奨,「現状維持をせずに実験を繰り 返すこと」を通じて改善を促進します. LeSS本:108ページ Principles Framework
  12. マネジメントのガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント  マネージャーは任意  LeSS

    の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト Principles Framework Guides LeSS本:108~123ページ
  13. LeSSの,マネジメントに対する提案 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト
  14. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト
  15. ガイド:テイラーとファヨールを理解する マネジメントは元々あるものではなく,発明されたもの.現在のマネジメントに影響力を与えて いる二人が,19世紀に活躍したフレデリック・テイラーとアンリ・ファヨール. フレデリック・テイラー(1856-1915, 米)機械工, 技師⇒経営学者  工場の現場監督として労働者の生産性を上げたい  「科学的管理法」を考案

     『科学的管理法の諸原理』を出版  管理工学に影響を与えた アンリ・ファヨール(1841-1925, 仏)鉱山技師⇒経営者  鉱山採掘の安全性を向上させたい  『産業ならびに一般の管理法』を出版  管理とは,計画し,組織し,指揮し,調整し,統制するプロセスであると定義  「管理過程論」の父  管理過程学派に影響を与え,また組織論の基礎を与えた LeSS本:108ページ
  16. テイラーとファヨールのアイデアの背景  そもそも,19世紀  工場の機械工現場監督(テイラー)  鉱山採掘(ファヨール)  労働者は低学歴 

    労働者の作業は単純労働 LeSS本:108ページ
  17. 彼らのアイデアは,今日の状況に合っている?  科学的に証明できる,唯一で最善の仕事のやり方がある.一度発見された 「ベストプラクティス」は,組織全体に適用すべき  特別に高等教育を受けた人たちによって計画と改善の作業が行われるべ き...(中略)...通常の作業は,ほとんどの場合無教養な人でも行える  計画と執行の分離 

    中央集権的に計画,調整,指令,統制する LeSS本:108~109ページ
  18. 使っている道具の 前提を理解せよ! 今も有効か? こういうことが言いたいのかな?と水野は思った LeSS本:108~110ページ

  19. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト
  20. ガイド:Y 理論によるマネジメント ダグラス・マグレガー, 心理学者, MIT Sloan School of Management 

    『企業の人間的側面』を出版(1960年)  1960年に使われているマネジメント理論とプラクティスは,未検証の仮定に もとづいている(X理論) LeSS本:110ページ
  21. X理論とY理論 X理論  人は本質的に仕事が嫌いで,避けようとす る  最大限の成果を引き出すためには,人は, 強制され,制御され,命令され,脅迫され なければならない 

    人は,野心を抱くこともなく,責任も取り たがらない.命令されたい 今でも多くのマネジメント・プラクティスの隠 された仮定 Y理論  人は遊びや休息をとるのと同じように,自然に努 力し働く  人は,コミットした目標のために,自己管理し, 自己統制を行う.コミットメントは..(中略)..チャ レンジ,学習,目的意識などの内在的な報酬から 生まれる  適切な環境が与えられれば,人は責任を回避する より,むしろ責任を求める.想像力,独創性,創 造性は,すべての人がもっているスキルである 人間の可能性を最大限に引き出すには,私たちの意識と マネジメントプラクティスに存在するX理論を,社会科 学の研究結論にもとづくY理論に置き換える必要がある フォードは科学的管理法とX理論の影響を受けて いた LeSS本:110~111ページ
  22. 参考)XとYはゼロイチの話ではない 生理的欲求 安全の欲求 社会的欲求 承認(尊重)の欲求 自己実現の欲求 マズローの欲求5段階 Y理論 X理論 参考)https://ja.wikipedia.org/wiki/XY理論

    XY理論に境界はない 人間はX-Yを繋いだ線上にある X理論は低次元の欲求を多く持つ 人間の行動モデルに分類され, Y理論は高次元の欲求を多く持つ 人間の行動モデルに分類される
  23. 昭和28年というと,戦争が終わって日本がようやく復興へと歩み始めた頃 .この年にトヨタの代表 標語が制定されました.掲げられた標語は「よい品(しな)よい考(かんがえ)」.いいクルマは, クルマづくりのすべての段階で私たちひとりひとりが創意くふうを徹底的に行うことで実現できる. そんな思いを託し標語が生まれた2年後に,トヨタは国産技術だけで初代クラウンを生み出しました. 出典)トヨタ自動車株式会社 会社案内, 2020.07 よい品よい考

  24. 参考)トヨタ自動車の初代主査の話 参考)https://speakerdeck.com/moriyuya/syusa-nakamura-kenya 初代クラウンを設計開発したトヨタ自動車の初代主査中村健也氏についてまとめた発表を, 森雄哉さんがされています.まだご覧になられていない方はぜひ!

  25. こういうことが言いたいのかな?と水野は思った Y理論に基づくスクラムや LeSSを,X理論の仮定で 判断したり,実行したり しちゃ駄目 LeSS本:111ページ

  26. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト
  27. ガイド:マネージャーは任意  マネージャーがいる場合は取り除く必要はなく,有益な役割を担ってもらう  今いないのであれば,追加する必要ない 1.どんな問題をマネジメントが解決するのかを考えて,マネジメントの背後に 存在する思い込みを取り除こう 2. 責任の分割や権限を分散させるやり方を探求しよう LeSS本:112ページ

  28. なぜ巷には,マネージャーが溢れかえっているのか よくある問題解決のテクニック 1. 問題を発見する—ほにゃららの問題 2. 新しい役割を作成します—ほにゃららマネージャー 3. 問題を新しい役割に割り当てます ほにゃららマネージャー誕生!! LeSS本:112ページ

  29. 全員で全体を考える. 手を動かす人が解決する. こういうことが言いたいのかな?と水野は思った LeSS本:113ページ

  30. こういうことが言いたいのかな?と水野は思った 何か起こるたびに 新しい担当管理者を 作るの止め~や! LeSS本:113ページ

  31. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSSの組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト マネージャーが役に立つこともあります.そこを探求してみましょう. LeSS本:113ページ
  32. ガイド:LeSS の組織 LeSS の組織においてマネージャー は,組織の価値提供能力を高める ことに注力します.マネージャー の仕事は改善です! 開発組織が改善していることを保 証することに注力します.組織構 造,意思決定,方針などに取り組

    みます. LeSS本:113ページ
  33. 関心は,役割で重なっている. 共に働かなければなりません. 例えば... チームはデプロイ自動化を改善する. マネージャーはデプロイに関する規制 や組織のポリシーを変更する. SMはクロスファンクショナルの必要性 を解き,マネージャーはテスト専門の 組織を撤廃する POとマネージャーは,新しい市場の明

    確化,組織への影響の明確化を行う LeSS本:114~115ページ
  34. 別の角度から見ると LeSS本:116ページ

  35. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト LeSS本:116ページ これまでは組織だったけど,開発システムの能力に対してマネジメントのガイドを続けて3つ紹介
  36. ガイド:現地現物 LeSSのマネージャにとって最も重要なマネジメントスキル 現地現物  「行って,見て,割り込んで,立ち去る」マイクロマネジメントじゃないよ  現場に習慣的に行き,実際の問題を真に理解して,組織力の向上に活かすこと LeSS本:117-118ページ 目標 

    問題解決力の向上  問題を真に理解する  チームに問題を解かせる  より良い組織の意思決定  現場を知り,経営判断にフィードバックする  上の管理者であればあるほど重要!!
  37. 現地現物はムズカシイ [1/2] マネージャーに時間がないから  マネージャーは,ミーティングやアクションアイテムで多忙  でも,それに踊らされるのを止め,現場訪問に確保するための計画に労力を 使うようにしよう マネージャーが理解していないから 

    現場に行くのは,従業員への共感や進捗を確認のためじゃない  現場の問題を真に理解するために,チームの仕事や問題に関心をもち,チー ムを観察し,偏見のない質問をしよう LeSS本:118ページ
  38. 現地現物はムズカシイ [2/2] マネージャーに忍耐力がないから  マネージャーは問題解決能力があるため,現場の問題を真に理解したら,解 決したくなる  問題がチームが解決できない場合は,後で対応しましょう マネージャーが分析しないから 

    マネージャーは,ほとんどの問題を初めてのもので,それぞれの原因が特別 であると考えちゃう  問題の原因は,チームやコンテキストに固有なのか,組織的,横断的なのか? 見極める...簡単ではありませんが LeSS本:118-119ページ
  39. こういうことが言いたいのかな?と水野は思った マネージャに必要なのは 偏見のない広い心と 好奇心 LeSS本:119ページ

  40. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト 開発システムの能力に対してマネジメントのガイド3つのうち,2つめ
  41. ガイド:教師および学習者としてのマネージャー 問題があるマネージャー  おバカなマナージャー:マネージャーになったら学習を止めちゃう人  プロフェッショナルマネージャー:マネージャー専門家.プロダクト管理の ことをほったらかして,流行りのマネージャー本ばかり読む人 LeSSのマネージャー  すべてのこと(技術,ドメイン知識など)に対して生涯学習者

     教師としてのマネージャーも実践する(リーン思考のプラクティス)
  42. 業界動向と技術の両方を理解し,チームを導く 業界動向と技術の両方を理解し,コーチとして向上するため,こんなことをしよう  バグ修正  プロダクトを使い,テストする  コードレビューに参加  ユーザーを訪問または観察する

     (おそらく捨てることになるが) コードのリファクタリングをする  最新の業界紙を読む  仕事をしているチームメンバーとペアで作業をする  何かを自動化する  コミュニティに参加する ※ただし,国の文化によってはかなり難しい.「自分のキャリアの中でその段階は通 過した」という文化では,技術に関わり続けることはほとんどない
  43. 技術に関わり続けろよ こういうことが言いたいのかな?と水野は思った

  44. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト 開発システムの能力に対してマネジメントのガイド3つのうち,最後
  45. ガイド:ドメインと技術力の両方 チームは,技術スキルとドメイン理解の間で適切なバランスが必要.マネージャーが このバランスを取る  たいていは,どちらかの学習投資の欠如で均衡が失われる  例)優れたドメイン知識のある拠点だが,「プログラミングは誰でもできる」と いう文化のため,技術的なスキルの低さは驚くほど マネージャーがとるアクションの例 

    この不均衡に対する認識を高め,マネージャー,スクラムマスター,チームで話 し合う  トレーニングとコーチングを計画する  チーム間の共有を促し,事例を共有する  学習のためにコミュニティを奨励する  不均衡を減らす仕事をチームに選択させる
  46. 技術とドメイン知識の バランスの取れたチームを 作る環境を用意しよう こういうことが言いたいのかな?と水野は思った

  47. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト
  48. ガイド:少ない目標とLeSS のメトリクス 適切なメトリクスを見つけ,適切な目標を設定すれば,良い結果が生まれる.そ れは真実ではありません メトリクス自体は重要ではありません.(1)メトリクスを取る目的と (2)それを設 定する人の方が,はるかに重要 テストカバレッジが良いか悪いかは馬鹿げた質問  誰かから組織の目標,個人の目標として設定されていたら有害

     自分たちで課題を解決するために測定していたら素晴らしい活動
  49. こういうメトリクスはダメだ  目的を明確にしない目標設定  チームの目標として設定  コントロールするための測定  理由を知らずに何かを測定 

    測定するために他に利用価値のないものをつくる
  50. こういうことが言いたいのかな?と水野は思った マネージャーが メトリクスを使って チームを導こうとしたら 害があるよ,止めてね

  51. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト
  52. ガイド:マネジメントに関する推奨書籍リスト  ピーター・センゲ『学習する組織』  Michael Balle, Freddy Balle 『The Lean

    Manager: A Novel of Lean Transformation』  Michael Balle, Freddy Balle 『Lead With Respect: A Novel of Lean Practice』  大野耐一『大野耐一の現場経営』  ゲイリー・ハメル『経営の未来』  ジェフリー・フェファー,ロバート・サットン『事実にもとづいた経営』  フレデリック・ラルー『ティール組織』
  53. LeSSのマネジメント 役割:プロダクト開発の仕組みの改善促進 原理・原則 フレームワーク ガイド  テイラーとファヨールを理解する  Y 理論によるマネジメント

     マネージャーは任意  LeSS の組織  現地現物  教師および学習者としてのマネージャー  ドメインと技術力の両方  少ない目標とLeSSのメトリクス  マネジメントに関する推奨書籍リスト 実験 原理・原則を胸に,ガイドを参考に,1つずつ実験しましょう
  54. おしまい