Code4Lib conference 2013 report

5f34c4c6e5d9cb955c1552d3cb444b6c?s=47 Kosuke Tanabe
March 24, 2013
65

Code4Lib conference 2013 report

5f34c4c6e5d9cb955c1552d3cb444b6c?s=128

Kosuke Tanabe

March 24, 2013
Tweet

Transcript

  1. Code4Lib conference 2013 の報告 2013年3月24日 田辺浩介 (@nabeta)

  2. 自己紹介 • 田辺 浩介 (たなべ こうすけ) • オープンソース図書館システム”Next-L Enju”の 主な開発者

    • (独)物質・材料研究機構で働いています
  3. blacklight • Solrの検索用ユーザインターフェース – Solrで使用するクエリをそのまま渡せるようになっ ている • Ruby on Railsで書かれている

    • Project Blacklightによる開発 • Hydraはユーザインターフェースとして blacklightを使用
  4. Hydra • デジタルアーカイブ構築用ソフトウェア – 機関リポジトリとしての利用に限らず、各種デジタ ルファイルの管理を目的とする • Ruby on Railsで書かれている

    • Hydra Projectによる開発
  5. 今回気づいたこと • 小規模な、ある役割に特化した アプリケーションが多い – 今年はいわゆる「図書館システム」が話題に上るこ とはほとんどなかった • Ruby on

    Railsアプリが多い – 正確に言えばHydraとblacklightが多い – preconferenceで”RailsBridge”セッションが開催 • 「女性のためのRailsワークショップ」
  6. umlaut • Document delivery, 資料「入手」のためのソフ トウェア • SFX, Worldcat, Google

    Books, Amazonなどの APIを使用して入手先を案内する – ディスカバリーサービスの検索結果に表示される – FRBRのタスクの”Select”と”Obtain”に相当すると 思われる
  7. プラグイン化 • blacklightやumlautはRails Engineとして設計さ れている – gemでの提供 – やろうとすれば他のRailsアプリケーションにプラグ インとして追加することができる

    – たとえば、Next-L Enjuにumlautやblacklightを直接 追加することが可能 • 「小さなアプリケーションをつなぎあわせて、 大きなシステムを作る」という発想
  8. 常連校 • North Carolina State University (NCSU) からの 発表者は毎年おもしろい発表をしている •

    今年は”My #HuntLibrary” – 写真コンテスト兼アーカイブプロジェクト – 参加者はInstagramにハッシュタグをつけて写真を 投稿し、図書館はそれを収集して表示 – Instagramの“Likes”で投票、優秀賞を決定 • 参加者からもTwitterやIRCで賞賛の声 「ここは毎年すげえな」 「次回のホストはNCSUにやってもらおうぜ」
  9. 雑多な感想 • githubのアカウントを持っていないなんてあり えない – コードが書けなくても、バグ報告やコメント追加に 必要なので、今すぐ取得しましょう • 残りはディスカッションや懇親会で!