c4ljp2015_enju_leaf_110

5f34c4c6e5d9cb955c1552d3cb444b6c?s=47 Kosuke Tanabe
September 05, 2015

 c4ljp2015_enju_leaf_110

Code4Lib JAPAN Conference 2015「Next-L Enju Leaf 1.1.0 リリースに向けて」

5f34c4c6e5d9cb955c1552d3cb444b6c?s=128

Kosuke Tanabe

September 05, 2015
Tweet

Transcript

  1. Next-­‐L  Enju  Leaf   1.1.0 リリースに向けて  2015年9月5日   Code4Lib  JAPAN

     Conference  2015   田辺 浩介 TANABE,  Kosuke   TwiFer  /  GitHub:  @nabeta
  2. Next-­‐L  Enjuとは •  Project  Next-­‐Lによって開発されている   オープンソース図書館システム   – hFps://github.com/next-­‐l/enju_leaf  

    – hFp://enju.next-l.jp   •  2008年ごろから継続して開発中   – 主たる開発者は田辺   – ほか数名の開発者(コミッター)が存在   •  図書館管理システムのenju_leafと   FRBR化書誌管理システムのenju_rootが存在  
  3. hFp://enju.next-­‐l.jp  

  4. None
  5. None
  6. Project  Next-­‐Lとは •  図書館関係者で新しい図書館システムを   作り上げるプロジェクト   – hFp://www.next-­‐l.jp   • 

    2006年に開始   – 代表は原田隆史先生(同志社大学)   •  毎月1回の開発ワークショップ
  7. オープンソース •  MITライセンスを採用   •  自由に利用・改変可能   •  著作権表示を含めれば再配布も可能  

    •  改変部分の公開義務なし   – 業者に改変や機能追加を依頼した場合、   その変更点を公開する義務はない  
  8. 開発の実態 •  月1回の開発ワークショップ   – 毎回5〜6名が参加   •  その他、開発者に時間があるときに随時実施   • 

    ソースコードはGitHubで公開 •  不具合報告や機能追加依頼もGitHubで実施  
  9. None
  10. None
  11. Next-­‐L  Enjuの動作環境 •  オープンソースソフトウェアを用いて構築   されるWebアプリケーション   – 開発言語:  Ruby  

    – フレームワーク:  Ruby  on  Rails   – データベース:  PostgreSQL/MySQL/SQLite3   – 検索エンジン:  Apache  Solr   •  上記が動作する環境であれば、ほとんどの   レンタルサーバやクラウドで動作可能  
  12. Next-­‐L  Enjuの機能 •  書誌・所蔵管理   – 受入・検索   •  貸出管理  

    – 貸出・返却・予約・督促   •  利用者管理   – 個人情報・利用者区分・権限管理   •  施設管理   – 分館・書棚管理  
  13. Next-­‐L  Enjuの特徴(1) •  普通のRuby  on  Railsのアプリケーションである   •  = 多くのOSで動作する

      – Unix系OS(OSX含む)、Windows   •  =  多くのクラウドサービスやVPSで動作する   – Heroku,  Amazon  EC2など  
  14. Next-­‐L  Enjuの特徴(2) •  書誌・所蔵・貸出状態・分館情報など、   システム上の各情報が一意のURLを持つ   – 「パーマリンク」と呼ばれる機能   • 

    XMLやTSVでの   出力もサポート   – 「WebAPI」と   呼ばれる機能  
  15. Next-­‐L  Enjuの特徴(3) •  外部ツールとの連携を重視   – 外部ツールを使うほうが早ければそれを使用   – CSVファイルでExcelやAccessとやりとり   – 利用者情報はローカルのAccessで管理することを

    想定。Enju上には利用者IDしか持たない   – Enjuとの接続はAccessにEnju上の利用者IDのURL を入力することで実現   – 全データにURLがあることによるメリット  
  16. 利用者情報のXML •  このXMLを他のアプリケーションで読み込む

  17. Next-­‐L  Enju   hFp://enju.example.jp/   profiles/nabeta.xml id name address nabeta

    田辺浩介 つくば市 Excelファイル
  18. Next-­‐L  Enjuの特徴(4) •  モジュール化構造による容易な機能追加   – 各機能を小さなソフトウェアの部品として作成   – enju_biblio(書誌・所蔵管理)、 enju_circulagon(貸出管理)  

    enju_ndl(NDLからの書誌インポート)など •  新規機能の追加はモジュール開発で対応  
  19. モジュール構造 Ruby  on  Rails enju_leaf enju_biblio enju_library enju_ndl enju_circulagon enju_loc

  20. モジュールの例:  DOI管理モジュール • 図書館管理システムNext-­‐L  Enjuをベー スにJaLC  DOI付与機能を追加   • 機関リポジトリを補完するサブシステム として動作  

  21. None
  22. アイテムの登録画面 アイテムをアップロード、   もしくはアップロード済みアイテムの   URLを指定

  23. アイテム詳細画面とDOIの取得リンク

  24. JaLC  DOIの取得画面

  25. DOI取得成功 •  このDOIを機関リポジトリや研究者総覧に   送信する  

  26. 現在の目標は   バージョン1.1.0のリリース

  27. バージョン1.1.0 •  1.0系に対する大幅な修正と新機能の追加   – 書誌インポート・エクスポート機能の大幅な強化   – アメリカ議会図書館からの書誌のインポート   – 画面表示キャッシュの見直しによる高速化  

    – 最新のアプリケーション実行環境への対応。   Ruby  2.2,  Rails  4.2,  Apache  Solr  4.x   •  リリースに向けて作業中です
  28. 興味を持ちましたら •  懇親会で声をかけてみる   •  仮想マシンをダウンロードしてみる   – hFp://www.next-­‐l.jp/?page=VM   • 

    開発ワークショップに参加してみる   •  GitHubのアカウントを取って、Issueに   不具合報告を書き込んでみる   •  修正パッチを送ってみる   •  モジュールを書いてみる  
  29. Next-­‐L  Enju  Leaf  1.1.0   2015年11月11日リリース予定! (図書館総合展2日目です)

  30. リンク集 •  Webサイト   hFp://www.next-­‐l.jp   •  GitHub   hFps://github.com/next-­‐l/enju_leaf

      •  Facebookページ   hFps://www.facebook.com/projectnextl   •  デモサーバ   hFp://enju.next-­‐l.jp   •  私のアカウント   @nabeta  (TwiFer,  GitHub)