$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

IBMの2年目とCKAを取得しよう!

nakaji1106
September 02, 2022
130

 IBMの2年目とCKAを取得しよう!

コンテナ共創センター勉強会#16 での「ミニコーナー」セッション資料となります。

nakaji1106

September 02, 2022
Tweet

Transcript

  1. IBMの2年目とCKAを取得しよう ミニコーナー 日本アイ・ビー・エム株式会社 テクノロジー事業部 クラウド・プラットフォーム テクニカルセールス 中山 文恵

  2. Kubernetes技術者認定 CKA (Kubernetes管理者認定) CKAD (Kubernetesアプリケーション開発者認定) CKADの認定を保有することは、Kubernetes用のクラ ウドネイティブ アプリケーションを設計、構築、公開 できる技術力があることの証明となります*。 CKAの認定を保有することは、基本的なインストール

    を実行できるだけでなく、本番環境レベルの Kubernetesクラスタを構成および管理する機能が扱え ることの証明となります*。 *LPI-JAPAN オープンテクノロジー技術者認定機関. ”Kubernetes技術者認定”. https://lpi.or.jp/k8s/#CKAD. 2022年2月16日現在
  3. マニフェストファイルの雛形を作るのに 便利なコマンド ◆ --dry-run=clientと -o yamlを使うことで生成されたマニフェストを表示で きる。 例: kubectl create

    deployment nginx --image=nginx --dry-run=client -o yaml ◆ -o yaml > XXXXX.yaml を使うとyamlファイルが作成される。 例: kubectl create deployment nginx --image=nginx --dry-run=client -o yaml > nginx-deployment.yaml 参考: Kubernetesドキュメント『Kubectlの使用規則』https://kubernetes.io/ja/docs/reference/kubectl/conventions/
  4. 皆様ぜひ、ご一緒に!