DLLAB製造分科会 課題テーマ(トヨタ紡織株式会社)

9313155b570291147933badbd825c20c?s=47 akihiro
September 30, 2018

 DLLAB製造分科会 課題テーマ(トヨタ紡織株式会社)

DLLAB製造分科会 課題テーマ(トヨタ紡織株式会社)

9313155b570291147933badbd825c20c?s=128

akihiro

September 30, 2018
Tweet

Transcript

  1. 2-1.課題テーマ① DLラボ分科会 課題テーマ説明 2018年09月28日 トヨタ紡織株式会社 1

  2. 2-1.課題テーマ① 3Dデータ × 部品名 インプット 部品形状 × 部品名 学習 多方向アングル

    スナップショット × 部品名 課題設定テーマ テーマ 3Dを教師データとした部品・仕掛品・製品の物体認識 概要 AIへの期待 背景 やりたいこと デジタルツインによる高効率な生産を目指して、 AI技術を活用し工場内全ての部品の動きや 作業状況のトラッキングなどしていきたいが、 全部品、全製品へのアノテーションは非現実である。 ※1シート製品に含まれる部品は300点 × 教師数 製品設計の成果物である3Dデータに対して、 多方向アングルでのスナップショットにより形状を学習 ↓ アノテーション作業無く(少なく) 工場内の部品・仕掛品・製品を物体認識させたい 工場内 動画 インプット 部品形状 × 部品名 部品名 アウトプット 推論