Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

春の企画祭りLT ボトムアップアジャイル推進作戦

春の企画祭りLT ボトムアップアジャイル推進作戦

2022/04/22開催のDevLOVE 春の企画まつりにおける発表資料です
https://devlove.doorkeeper.jp/events/135674

NAVITIME JAPAN
PRO

April 20, 2022
Tweet

More Decks by NAVITIME JAPAN

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 1 春の企画祭りLT ボトムアップアジャイル推進作戦 株式会社ナビタイムジャパン 小田中

  2. 小田中 育生 (おだなか いくお) (株)ナビタイムジャパン VP of Engineering ACTS(研究開発) ルートグループ責任者

    経路探索の研究開発部門責任者としてGPGPUを活用した超高速エンジン やMaaS時代にフィットしたマルチモーダル経路探索の開発を推進 移動体験のアップデートに携わりながら、VPoEとしてアジャイル開発の 導入推進、支援を行う。 著書「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」インプレス 2
  3. 3 この4月から始めたこと

  4. 市場の声を聞きながら 素早く開発する仕組み アジャイルベースの 開発プロセス 事業間連携を促進する コミュニケーションルール ソフトウェア品質の ガイドライン 情報の集約と明文化で 認識の齟齬を防ぎ相乗効果を促進

    品質を競争力にするための 重要なポイントを網羅 全社共通の開発ガイドライン
  5. ピラミッド型からフラット型への転換 メンバー 経営 ~2012年3月 2012年4月~

  6. ピラミッド時代のナレッジ共有

  7. フラット時代のナレッジ共有

  8. 新旧組織のコミュニケーションコスト ピラミッド フラット チーム内 低 低 同一事業チーム外 中 中 別事業

    大 中
  9. 独自進化しているがゆえに相互理解のコストが高い

  10. 現場で育まれたノウハウを他の現場で活用する 組織間での交流ハードルを下げる そのためにガイドラインを作成

  11. 市場の声を聞きながら 素早く開発する仕組み アジャイルベースの 開発プロセス 事業間連携を促進する コミュニケーションルール ソフトウェア品質の ガイドライン 情報の集約と明文化で 認識の齟齬を防ぎ相乗効果を促進

    品質を競争力にするための 重要なポイントを網羅 全社共通の開発ガイドライン
  12. 強制力がない中で 浸透していくんだろうか?

  13. 強制ではないので、実施するところと しないところは出てくる

  14. 現時点でのガイドライン合致度合いを検査 平均50%くらいの合致度

  15. この数値をどう見る?

  16. キャズム イノベーター アーリー アダプター アーリー マジョリティ レイト マジョリティ ラガード 2.5%

    13.5% 34% 34% 16% 社内マジョリティに到達している
  17. Scrum Fest Osaka 2022 @Online 「ニガテ意識を塗り替える」より 1年前と比べても浸透している ※厳密に同じアンケートではないのであくまで参考程度

  18. なぜガイドラインの運用開始間もない状態で もう浸透が始まっているのか

  19. ガイドラインは一年がかりで作成

  20. なめらかに立ち上げるための仕込み アジャイル研修 ベータ版の公開

  21. 立ち上がりは上々。 ここからどうする?どうなりたい?

  22. キャズム イノベーター アーリー アダプター アーリー マジョリティ レイト マジョリティ ラガード 2.5%

    13.5% 34% 34% 16% ガイドラインの浸透度はもっと上げたい
  23. IPA DX白書2021 図表12-3より アジャイルを「当たり前」にしたい

  24. ボトムアップで、あくまでチームが 選び取る形で浸透させたい

  25. 全社的に推し進めたいことを どこまでボトムアップに進められるか それが、今チャレンジしていること

  26. Thank you! 26