【NEWPEACE】comcomチーム紹介資料 / newpeace-comcom-hiring

276925a94a4f5134c640bd4f2a88e2d7?s=47 NEWPEACE Inc.
September 01, 2020

【NEWPEACE】comcomチーム紹介資料 / newpeace-comcom-hiring

NEWPEACE Inc. のcomcomチーム紹介資料です!
エンジニアを中心に、一緒に働くメンバーを積極的に採用しています。
ぜひ、カジュアル面談しましょう〜!
bosyu (https://bosyu.me/b/xgTko_fxoPs) の応募や、info@comcom.app へ、お気軽にご連絡ください!

276925a94a4f5134c640bd4f2a88e2d7?s=128

NEWPEACE Inc.

September 01, 2020
Tweet

Transcript

  1. 1 comcomチーム紹介資料 Last update : 2020-07-07 Introduction of Product &

    Team Last update : September 9th, 2020
  2. 資料の⽬的 ⽬次 comcomやNEWPEACEに 興味を持ってくれた⽅全員に、 私たちが⽬指している社会から、 実際の開発体制までを、 わかりやすくお伝えすること。 1. NEWPEACEについて 2.

    VISION / ISSUE 3. PRODUCT (comcom) 4. 開発チームと技術スタック 5. 社内制度・福利厚⽣
  3. 3 1. NEWPEACEについて

  4. 4 VISIONING COMPANY 新たなビジョンの体現によって、社会をアップデートする。 4 NEWPEACEとは? 私たちは、全てのビジネスをVISIONドリブンでスタートします。事業開発・他社との協業・資本参 加など、市場に最適な⽅法論を採⽤し、社会システムや価値観の更新に挑んでいます。

  5. NEWPEACEのVISION 20世紀的な社会システムから ⼈々を解放し、 多様性が爆発する社会をつくる

  6. VISION起点の活動に特化したカンパニー制 ビジョンに合わせて、組織(カンパニー)をつくり、独⽴した意思決定を⾏っています。 comcomも1つのカンパニーなので、複雑な組織構造ですが、スピード感を保ち、スムー ズに開発を進めています。 ThinkTank Co-work REING 6curry comcom VISION

    社会イシューの発⾒と浸透を、 多⾯的かつ連続的に仕掛ける 「社会は変えられる」という 成功体験を拡げていく 男⼥⼆元論のあり⽅に囚われず、 ⾃分らしい関係性が紡げる 世界を築く みんなでみんなが 主⼈公になれる場をつくる コミュニティを ⺠主化する 20世紀な社会システムから⼈々を解放し、多様性が爆発する社会をつくる
  7. comcomのボードメンバー ⾼⽊新平 (Takagi Shimpei) / CEO 1987年富⼭県⽣まれ。早稲⽥⼤学社会科学部卒業後、博報堂に⼊社。3.11を契機に独⽴しハウスを全国 各地に⽴ち上げる。2015年「20世紀からの解放」を掲げ、Visioning Company NEWPEACEを創業。⾃

    動運転・シェアリングエコノミー・SDGsなどの社会浸透を仕掛ける。2017年よりサードコミュニティ事 業を展開。 村上明和 (Murakami Akio) / COO 1986年、兵庫県⽣まれ。2010年に⼤阪⼤学⼤学院⼯学研究科を卒業し、P&G Japanに⼊社。ヘアケア 製品のマーケティングに携わる。2013年(株)リクルートコミュニケーションズに⼊社。グループ企業 向けコンサル部隊のマネジメントを経験後、2017年、(株)リクルートホールディングスに出向。海外 ⼦会社の統括、事業買収・譲渡等を担当。2018年、NEWPEACE Inc.に参画。COOに就任。 ひぐち なおや (Higuchi Naoya) / Product Manager 1994年⻑野県⽣まれ。東京⼤学⼯学部社会基盤学科卒業後、リクルートホールディングスに⼊社。リク ルートテクノロジーズに出向し、転職サービスのiOS / Androidアプリの開発をリード。⾜元から社会に 対して変化を与えていきたいと感じ、2018年にNEWPEACEに転職。ONFAddのプロデューサー/PMを経 験後、comcomの⽴ち上げをがんばっています。映画と本と⾳楽が好きです。
  8. 8 2. VISION / ISSUE

  9. VISION : 私たちはなぜここにいるのか 誰もが、簡単に、 運営もメンバーも満⾜する コミュニティ運営できる世界をつくる コミュニティを⺠主化する

  10. Target : 誰をサポートしたいのか 中⼩規模の店舗運営者 コミュニティ運営をして(いる / たい)が、 課題が⼭積、時間も⼯数も⾜りない.

  11. Issue : 「やりたいけど、できない」 店舗だけ事業では限界を感じ、オンラインまで拡張したコミュニティ運 営の必要性には気がついている。⼯数が不⾜していたり、実際に何を やったら良いのかがわからない。 ⽉額会員のサービスを初めて、slack上でコミュニ ケーションをとっている。店舗業務で忙しいので、オ ンラインの対応が疎かになってしまっている。 イベント開催、コミュニティページが全部違うサービ

    スだから、アカウントを統合するのだけで⼀苦労。 オンラインコミュニティのノウハウはないから、やり たいけど、時間がない。 ユーザーインタビューの声
  12. 12 3. PRODUCT

  13. オンライン・オフラインでコミュニティを運営し、売り上げをアップしたい 中⼩規模店舗運営者 向けの、 comcom というプロダクトは、新しい業務⽀援ツールです。 これは オンライン・オフラインを連携した顧客体験、増員なしでのオンラインコ ミュニティ運営が簡単に実現 でき、 Facebookグループや、Peatix、osiroとは違って、

    他サービスやオフライン・オンラインのデータ連携が備わっています。 なにをつくるのか
  14. ①②をミニマムで実装し、プロトタイプとβ版で検証 ①商品として不可⽋な機能  決済 / メンバーシップ / イベント作成・公開 / ダッシュボード ②comcomが提供する価値に不可⽋な機能

     1. IDに紐づく顧客の⾏動ログ連携  2. オンライン・オフラインでの連携機能  3. オンラインコミュニティの運営⽀援 ③コミュニティ運営に関する統計情報や数理モデルの提供 MVPに向けて
  15. དྷళ(CheckIn) CommunicationTool POS Member Community log EC TBA…. Community A

    ಉҰΞΧ΢ϯτ͸ɺίϛϡχςΟΛԣஅͯ͠ඥ෇͚Մೳ User_id APIを提供している外部サービスとコミュニティメンバーの情報を連携 དྷళ(CheckIn) CommunicationTool POS Member EC TBA…. Community B ・ ・ ・ 1. IDに紐づく顧客の⾏動ログ連携 Community log User_id MVP scope
  16. Online Offline メンバーが来店してCheckIn 連携したDiscord グループに通知 他のメンバーが通知で、来店意欲 来店して、メンバー同⼠での交流 Discord内でメンバー・運営者が会話 最近の会話ログを取得 CheckInしたメンバーの会話が表⽰

    POSと連携し、事前にオーダー CheckInすると、すぐ商品が出てくる 体験をフィードバック 新商品のレコメンド comcomが⾃動化 CheckIn機能などをトリガーに、Online/Offlineを連携 2. オンライン・オフラインでの連携機能
  17. リマインド 他⼰紹介 会話のきっかけ イベント開催⽇前に、 参加予定者にメッセージ  @usernameで、 ⾃⼰紹介を、教えてくれる 会話のないチャンネルに トピックの提供 オンラインコミュニティの運営業務を代替するbotの開発

    権限に応じたチャンネル整理 メンバーシップ・イベント等 に応じて、⾃動で閲覧制限 3. オンラインコミュニティの運営⽀援
  18. MOCK

  19. 2020.10 LPによる 事前登録者募集 Growth MVP検証 2021.3 プロトタイプ検証 2020.4 不可⽋な機能 オンライン・オフライン連携

    / bot / 決済移⾏ 2021.01 クローズドβ 公開 セキュリティ対策 本番へのリファクタ βの対応 正式版 公開 各機能の磨き込み ⾔語解析によるbot進化 連携サービス増加 etc 2021.3 研究機関との アライアンス TIMELINE プロトタイプの検証を2020年内に完了し、年度内のリリースをめざす。 プロダクト開発と並⾏して、2020年10⽉よりLPによる事前登録者を募集開始
  20. 20 4. 開発チームと技術スタック

  21. 技術スタック・使⽤ツール モダンかつユーザーが多いという判断で、 APIはRuby on Rails、フロントエンドにNuxt.js + TSを採⽤しています。 チームメンバーに最適なスタックが良いと考えているので、⾒直しも可能です。 CIはGitHub Actionsを使⽤。必要に応じて追加していく予定です。

  22. チームメンバー ▪チームメンバーの役割 プロダクト開発のロードマップ作成や⼤⽟の 企画を中⼼に、カスタマーサポート / サクセ スや、ビジネスの戦略⽴案、コミュニティや 市場に関するリサーチなど、開発以外の部分 を担っています。 要件定義・クリティカルな箇所のレビュー、セ

    キュリティ周り、アーキテクチャなど広汎な経 験を要する業務を担当しています。 Tech Lead Ruby on RailsによるAPI実装を中⼼に担当して います。認可・認証から決済まで、多岐にわた る機能を実装しています。 Server-side Nuxt.jsによるフロントエンド実装を中⼼に担当 しています。デザインはもちろん、インタラク ションや表⽰速度なども含め、使いやすいUIを ⽇々試⾏錯誤しています。 Client-side 本番環境のサーバーの保守・運⽤や、要件に基 づいて、必要に応じて、環境の改善・再設計を担 当しています。 Infrastructure Product Manager Engineer PdM 1⼈ / エンジニア 6⼈のチームで開発しています。 エンジニアは副業・フリーランスですが、 実装のみならず、プロダクトの企画や設計に積極的にコミットしています。 レビューも丁寧で、⾼め合いながらサポートする最⾼のメンバーです!
  23. 開発フローについて ▪開発プロセス(⼀例) Agile アジャイルに進めるべく、スクラム⽅式を採 ⽤。スプリントは2週間で、バックログは GitHubのissue / Projectで管理しています。⼤ ⽟案件が終わったタイミングで、都度振り返り を実施しています。

    Schema first Review フルリモートかつ稼働時間のばらつきがあるので、 待ち時間・⼿戻りなどの無駄を可能な限り減らすことを⽬指しています。 振り返りも実施し、少ない時間で⾼い⽣産性を上げられるよう、 ⽇々改善しています。 APIの定義は全て、Open API (Swagger) に寄 せています。機能開発時に、スキーマ定義から 始めることで、フロントとAPIの責務を分離 し、稼働時間がずれても問題ない体制になって います。 ※途中でジョインしてくれたメンバーの提案で スタートしました。 コードレビューはもちろん、設計時からメン バー同⼠で積極的にコードレビューをしていま す。コードや設計に対して、シビアだけど暖か いフィードバックを⾏なっています。
  24. メンバーに聞いた、チームの良いところ メールがないこと(slack, GitHub のコミュニケーションで完結) 働く時間が⾃由 エンジニアとPdMが対話しながら要 件を策定しており、そこまで無理難 題を⾔われない 裁量権のある環境で開発を進めるこ とができる。技術選定とかも任せて

    もらえる! PMが技術的に明るい(積極的に理 解しようとしている姿勢が素敵) 課題がたくさんあるので、⾃分の経 験を活かしてチャレンジできる ⏰
  25. 会社としてのバックアップ ▪実施している施策例 より良いエンジニアリング組織を作るべく、 mercari エンジニア採⽤責任者 / ex. Goodpatch CTOのひらいさだあきさんをアドバイ ザーとして招聘し、

    常にフィードバックをもらいながら、アップデートしています。 1. エンジニア組織のプロによるフィードバック NEWPEACE内のリテラシーを⾼めるべく、経営層を中⼼に、定期的に勉強会を実施。 comcomチームだけではなく、全社を上げて、より効率の良い体制を⽬指しています。 2. 社内勉強会の実施 NEWPEACEは、王道のテックカンパニーではありません。 より良いプロダクトは、素晴らしいエンジニアが不可⽋です。 エンジニアが働きやすい環境をつくるべく、様々な施策を実施しています。
  26. 26 5. 社内制度・福利厚⽣

  27. 社内制度や福利厚⽣ Netflix制度 幅広くエンターテイメントやドキュメンタ リーに触れるために、社員は全員Netflixの 有料アカウントが付与されます。 書籍購⼊サポート 業務に必要な技術書はもちろん、将来必要 になる可能性がある書籍に関しても、購⼊ をサポートしています。 ☕

    柔軟な有給制度 病気や怪我、または本⼈の希望に合わせ、 業務を全うする前提において、上限なく⾃ 由に取得可能です。 各事業の社員割 ⾃社事業の商品割引や各種イベント・研究 会に優先的に参加できます。6curryのおい しいカレーも半額で⾷べられます NEWPEACEは、メンバーの⾃⼰学習や新しい挑戦を積極的に応援しています。 標準的な就業規則や福利厚⽣に加え、以下を設けています。 これからもゴリゴリ、改善していく予定です !
  28. THANK YOU Let’s make a society better, together. カジュアル⾯談の希望・ご質問、お待ちしております! Mail

    info@comcom.app Twitter @n_hgc36