$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

NIKKEI Tech Talk #0 #nikkei_tech_talk

NIKKEI Tech Talk #0 #nikkei_tech_talk

2022/10/27開催されたNIKKEI Tech Talk #0で発表したプレゼンスライドです。日本経済新聞社のエンジニア組織の紹介です

More Decks by 日本経済新聞社 エンジニア採用事務局

Other Decks in Technology

Transcript

  1. エンジニア組織について 紹介させてください NIKKEI Tech Talk #0 2022/10/27

  2. 本日のアジェンダ 1.日本経済新聞社とは 2.エンジニア組織について 3.最近の取り組みのご紹介 4.採用のご案内 5.チャットで質問タイム

  3. 日本経済新聞社とは 3

  4. 4 社是

  5. ニュース 出版 放送 メディアビジネス 文化事業 教育事業 インデックス事業 データベース 5

  6. 1876 中外物価新報創刊 1885 日刊(日・祝の翌日休刊)と なる 1889 中外商業新報に改題 1942 日刊工業、経済時事両紙と合 併し、日本産業経済と改題

    1946 社名を日本経済新聞社に、 題号を日本経済新聞に改める 1956 「私の履歴書」連載開始 1969 日経マグロウヒル社(現日経 BP)設立、日経ビジネス発刊 1971 日経流通新聞創刊、市況情報 センター(現QUICK)設立 1972 全自動新聞編集製作システム ANNECS誕生 1973 日経産業新聞創刊 1975 日経ダウ平均(現日経平均) 株価、発表開始 1984 日経テレコン提供開始 1996 NIKKEI NET開設 2010 日本経済新聞 電子版を創刊 2013 英文媒体 Nikkei Asian Review (現 Nikkei Asia) 創刊 2015 英フィナンシャル・タイムズ (FT) を日経グループ傘下に 6 挑戦の歴史
  7. • 経済分野のニュースを中心に、Webサイ ト、スマホアプリで配信 • 新聞に載っていない記事や、Myニュー ス、AI推薦などのパーソナライズ機能を 提供 • 新聞のレイアウトで読める紙面ビューア ーを提供

    • 読者の60.2%が勤務先での役職者。 平均世帯年収は906万円※2 日経電子版 有料会員数は約83万人※1 ※1 2022年7月1日 時点 https://www.nikkei.com/topic/20220715.html ※2 2021年5月実施の調査に基づく https://marketing.nikkei.co.jp/media/web/audience/ 7
  8. iOS / Android アプリ 8

  9. Webサイト www.nikkei.com 9

  10. 日経電子版有料会員数(人)の推移 2010年3月の創刊以来、順調な成長を継続 0 200000 400000 600000 800000 1000000 10 有料購読者の推移

  11. エンジニア組織について 11

  12. Conversion Onboarding Retention • • • • • • アプリ

    ◯ ◯ ◯ API ◯ Web ◯ SRE 目的 職能 12 チーム構成 目的と職能のマト リクス ◯ ◯ CMS ◯ ◯
  13. CDN Microservices Backends API Gateway BFF BFF for Nikkei App

    Account My News Search Payment Mail Paper Image Data Ads Notification • • • • • • CMS • • • BFF BFF for Wave App BFFs iOS / Android iOS / Android Web 13
  14. 新卒採用、キャリア採用の割合は 約5 : 5 エンジニア、デザイナーなど総勢 約80 名 ほか Engineer Researcher

    Engineer Engineer Engineer Designer Engineer Engineer Designer Engineer Data Scientist Engineer Engineer Engineer Engineer Engineer Designer Engineer Engineer Art Director Engineer Engineer 14
  15. 15 会員数が多くデータドリブンな意思決定ができるだけのデータがある 日本企業のなかで、いち早く開発の内製化に取り組む 十分に経験・スキルを 活かせる環境 • エンジニアのキャリ ア・働きやすさを大 切にするカルチャー •

    新しい技術の採用や 取り組みの裁量の大 きさ • 仕様策定など上流か ら関わる機会 エンジニアとしての 成長機会 • お互いに優秀と感 じられるエンジニ アの存在 • カンファレンス登 壇やブログ執筆な ど情報発信の推奨 • 社内勉強会など情 報・知見共有の機 会 • 技術書購入、カン ファレンス参加な ど学習機会 事業・サービスの 公共性・インパクト • 有料会員が約83万人 の日経電子版など大 規模な自社サービス を運営 • メディアという事業 が持つ公共性への共 感 • ユーザーの近さと大 量のデータ エンジニア組織で 働く上で嬉しいこ とは?
  16. 16 新しい技術を積極的に取り入れていること や外部にもその成果を公開していること 報道という公共性の高い事業を行っている こと、ミッションに共感できること (前職が受託開発のため) 自社サービスを持っていること 自社に膨大なデータを保有していること 大規模サービスの運用ノウハウやインフラ ノウハウが学べること

    技術選定の裁量が大きいこと エンジニア主導で推進しているプロジェク トがあり、仕様策定など上流から関われる こと 各分野においてスペシャリストと呼べるほ どの技術力、営業力、企画力を持つメンバ ーがいること 研修参加時の費用支援、技術書購入補助な ど、自己研鑽の機会が用意されていること エンジニア組織で 働く上で嬉しいこ とは?
  17. スキルアップ、得られる成長機会 1. 技術ブログ、HACK THE NIKKEI の執筆推奨 2. 技術カンファレンスなど外部イベント登壇の推奨 • iOSDC

    2022 、DroidKaigi 2022、PyCon JP 2022、DjangoCongress JP • 言語処理学会年次大会(NLP2022)、データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム 3. 社内テックカンファレンスの開催 4. 技術イベントへの参加(海外、国内) 5. 書籍購入費用の補助、輪読会 17
  18. 18

  19. 社内テックカンファレンス https://hack.nikkei.com/blog/engineroom2021/ 社内テックカンファレンス「EngineRoom2021」を開催しました • 日経のエンジニアチームが様々なテーマ (インフラ ・アプリ・機械学習・チームビルディングなど) で 、日頃の取り組みを発表しあう •

    日経、日経グループメンバーが発表。総勢 100 名 近くが参加 • 2日間にわたってオンラインで実施 • 参加者投票でベストスピーカー賞も 2022年のテーマは “Unleash the power of imagination” 19
  20. 開発環境・活動支援 オフィス環境 最新・最高仕様の MacBook Pro 4K / 6K ディスプレイ オカムラ製チェア

    昇降式デスク・集中スペース オンライン会議用防音個室 全社員対象の在宅勤務制度 大手町駅直結自社ビル スキルアップ 書籍購入費用負担 Udemy Business 利用可能 社内勉強会・輪読会 社外研修・勉強会受講費用負担 技術イベントへのスポンサード 海外イベント派遣、語学研修 社外の技術顧問、社内Podcast 社内設備 診療所 ジム / マッサージルーム コンビニ 銀行ATM シャワー室 社員食堂 全館Wi-Fi 20
  21. 21 開発の進め方 技術スタック など • 内製開発が浸透 • GitHubを使ったチーム開発 • スクラム開発

    • コミュニケーションやタスクツール Slack、Notion、Google Docs、GitHub Issues、Backlog • 全システムがクラウド化 • 朝会や夕会、振り返り会など • 技術スタック https://hack.nikkei.com/tech-stack/
  22. 最近の取り組みのご紹介 22

  23. 電子版 FOR OFFICE 23 最近の取り組み

  24. 日経電子版 Think! エキスパートが、注目ニュースにひとこと解説を投稿 24 最近の取り組み

  25. NIKKEI Prime 25 最近の取り組み

  26. システム障害訓練 26 最近の取り組み 1. 各システムで障害訓練が行われている 2. 属人性の解消、スピード対応、ドキュメント整備 3. 例 GKEベースのアプリケーション基盤

    Vessel での障害訓練 https://hack.nikkei.com/blog/advent20211220/ https://hack.nikkei.com/blog/vessel_incident_training/
  27. HACK THE NIKKEI 27 是非、定期的にご 覧ください

  28. 採用のご案内 28

  29. 29 現在募集中の ポジション ・サーバーサイド(API) ・iOS ・Android ・SRE ・CMS(フロントエンジニア) ・CMSアーキテクト ・データエンジニア

    ・課金決済エンジニア ・セキュリティエンジニア ・UI/UXデザイナー ・フロントエンド ・日経IDプロジェクトマネージャー ・電子版プロジェクトマネージャー ・マーケット情報開発リーダー ・データサイエンティスト ・データアナリスト ・データマネージャー ・エンジニア採用担当 HACK THE NIKKEIをご覧ください
  30. カジュアル 面談 面接 所属グループ長 / 所属部長 面接 人事部門 担当者 最終面接

    所属ユニット長 役員 書類選考 技術課題提示 など 技術面接 所属チーム エンジニア 職務経歴書の記入 GitHubアカウント 主に技術的な内容 事前に技術課題を 提出していただきます 過去のご経験や、志望理由など、さまざまなお話 まずは気軽にお話 選考フロー ※順序は前後することがあります。 1か月前後 技術的な内容や キャリアの展望など 30
  31. 次回は 【NIKKEI Tech Talk #1】 メディア企業のSRE ~日経のSREの取り組み~ 11月17日(木) 19時~ 31

  32. エンジニア組織について 紹介させてください NIKKEI Tech Talk #0 2022/10/27