Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AutoML UIでモデルを作成しデプロイする

AutoML UIでモデルを作成しデプロイする

140494d272a4d89883a94fdfdb29dea2?s=128

oracle4engineer
PRO

June 01, 2021
Tweet

Transcript

  1. 新製品AutoML UIで機械学習をしよう 2021年4⽉7⽇ データベース・ソリューション部 森勇貴

  2. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 2 今回の資料で使うデータの出典 Rain

    in Australia Predict next-day rain in Australia By Joe Young https://www.kaggle.com/jsphyg/weather-dataset-rattle- package/metadata ・weatherAUS.csv(13.44 MB)をデバイスにダウンロード下さい 上記のデータのデータソース http://www.bom.gov.au/climate/data
  3. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 3 OCIにログインする クリック

  4. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 4 ADBの詳細ページで、「ツール」をクリック クリック

  5. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 5 機械学習に必要なデータをロードするため、ツールタブの「データベース・アクション」クリック クリック

  6. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 6 OMLユーザでサインイン クリック

  7. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 7 データツールの「データ・ロード」をクリック クリック

  8. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 8 「データのロード」と「ローカル・ファイル」を選択し、「次」をクリック データをロードという

    処理を選択 ローカルデバイスにある csvファイルを ロードしたい クリック
  9. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 9 画⾯中央の「ファイルの選択」をクリック クリック

  10. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 10 weatherAUS.csvがソースにあることを確認し「緑の実⾏ボタン」をクリック クリック

  11. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 11 ポップアップに対して、「実⾏」をクリック クリック

  12. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 12 データロードを実⾏中…

  13. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 13 実⾏終了を⽰す緑のチェックマークを確認後、画⾯右下の「完了」をクリック クリック

  14. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 14 ADW詳細画⾯に戻り、「サービス・コンソール」をクリック クリック

  15. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 15 サービスコンソール画⾯左の「開発」をクリック クリック

  16. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 16 サービスコンソール開発タブ内の、「Oracle Machine

    Learningノートブック」をクリック クリック
  17. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 17 OMLユーザでサインイン クリック

  18. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 18 クイックアクションの「AutoML」をクリック クリック

  19. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 19 AutoML実験ページの左側の「+作成」をクリック クリック

  20. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 20 実験の作成ページで「名前」を⼊⼒ 名前を⼊⼒

  21. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 21 実験の作成ページで「名前」を⼊⼒後、「データ・ソース」をクリック 名前を⼊⼒

    クリック
  22. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 22 表の選択で、「OML」スキーマにロードした「WEATHERAUS」を選択、「OK」をクリック クリック

  23. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 23 データ・ソース選択後、「予測ターゲット」の選択をする クリック

  24. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 24 WEATHERAUSのデータでは、「RAINTOMORROW」を選択 RAINTOMORROWは次の⽇に

    ⾬だったかどうかのデータが ⼊っている
  25. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 25 予測タイプは、⾃動で分類か回帰か決定(クリックして⼿動で選ぶことも可能です) 基本的にRAINTOMORROWは

    YESかNOなので分類でOK
  26. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 26 画⾯下の特徴で「チェックボックス」をクリックで各特徴量の有効無効切り替えが可能 予測ターゲットに設定した

    RAINTOMORROWは、的マーク
  27. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 27 画⾯右上の「開始」をクリック後、「より良い精度」で実⾏ クリック

  28. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 28 AutoMLを実⾏中…

  29. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 29 精度進捗やリーダー・ボードが表⽰され、画⾯右上で実⾏進捗状態の確認可能に

  30. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 30 実⾏中…① アルゴリズムの精度進捗

    精度で上位のアルゴリズム・ そのモデル名・精度を表⽰
  31. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 31 実⾏中…② アルゴリズムの精度進捗

    精度で上位のアルゴリズム・ そのモデル名・精度を表⽰
  32. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 32 実⾏が完了し、リーダー・ボードには、精度で上位5つのアルゴリズムが表⽰されている

  33. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 33 画⾯下の特徴で各特徴量の重要度が表⽰されている 明⽇の天気が⾬の予測には

    LOCATIONが⼀番影響する要素だった
  34. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 34 とても簡単です モデルデプロイ

  35. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 35 作成されたモデルの内1つを選択して、「デプロイ」をクリック モデル選択後、

    デプロイをクリック
  36. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 36 必要項⽬を⼊⼒し、「OK」をクリック デプロイするモデルの名前

    デプロイするモデルのURI お好みでOK デプロイするモデルの バージョンも1でOK クリック
  37. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 37 デプロイ後、画⾯左上のハンバーガメニュの「モデル」をクリック クリック

  38. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 38 モデルページにて、「デプロイメント」をクリック クリック

  39. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 39 先ほどデプロイしたモデルが表⽰されていることを確認

  40. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 40 とても簡単です デプロイしたモデルをRESTで

  41. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 41 デプロイしたモデルをRESTで呼んでみましょう︕ RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓

    ① export omlserver=「ADBのURL」 ② export tenant=「テナントのOCID」 ③ export username=「OMLユーザのユーザ名」 ④ export password=「OMLユーザのパスワード」 ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」
  42. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 42 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=「ADBのURL」 ② export tenant=「テナントのOCID」 ③ export username=「OMLユーザのユーザ名」 ④ export password=「OMLユーザのパスワード」 ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 ①環境変数omlserverには、ADBURLを⼊⼒ (次のどちらかの⽅法で⾒つけて下さい)
  43. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 43 ADBURLの⾒つけ⽅ その1

    – ADB詳細画⾯で「サービス・コンソール」をクリック クリック
  44. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 44 ADBURLの⾒つけ⽅ その1

    – サービス・コンソールのURLをコピー この部分をコピー https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/
  45. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 45 ADBURLの⾒つけ⽅ その2

    – ADB詳細画⾯で「DB接続」クリック クリック
  46. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 46 ADBURLの⾒つけ⽅ その2

    – 「ウォレットのダウンロード」クリック クリック ダウンロードしたフォルダの tnsnames.oraにある https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com
  47. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 47 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com ② export tenant=「テナントのOCID」 ③ export username=「OMLユーザのユーザ名」 ④ export password=「OMLユーザのパスワード」 ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 ADBURLが⾒つかりました
  48. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 48 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=「テナントのOCID」 ③ export username=「OMLユーザのユーザ名」 ④ export password=「OMLユーザのパスワード」 ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 ②環境変数tenantには、テナントのOCIDを⼊⼒ ※ADBのOCIDとは異なります
  49. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 49 ②環境変数tenant -

    OCIのトップ画⾯の右上の⼈型アイコンから、「テナンシ」をクリック クリック
  50. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 50 ②環境変数tenant –

    テナンシ詳細ページのテナンシ情報にあるOCIDをコピー コピー
  51. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 51 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=「OMLユーザのユーザ名」 ④ export password=「OMLユーザのパスワード」 ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 環境変数tenantが⾒つかりました
  52. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 52 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=「OMLユーザのユーザ名」 ④ export password=「OMLユーザのパスワード」 ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 ③環境変数usernameには、OMLユーザのユーザ名を⼊⼒
  53. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 53 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=OML ④ export password=「OMLユーザのパスワード」 ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 ③環境変数usernameには、OMLユーザのユーザ名を⼊⼒
  54. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 54 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=OML ④ export password=「OMLユーザのパスワード」 ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 ④環境変数passwordには、OMLユーザのパスワードを⼊⼒
  55. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 55 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=OML ④ export password=password ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 ④環境変数passwordには、OMLユーザのパスワードを⼊⼒
  56. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 56 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=OML ④ export password=password ⑤ export database=「ADBのデータベース名」 ⑥ export token=「認証トークン」 ⑤環境変数databaseには、ADBのデータベース名を⼊⼒
  57. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 57 データベース名をコピー 今回使⽤してるADBの

    データベース名
  58. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 58 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=OML ④ export password=password ⑤ export database=ATPoml ⑥ export token=「認証トークン」 ⑤環境変数databaseには、ADBのデータベース名を⼊⼒
  59. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 59 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数(1つ1つ⾒つけていきます)︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=OML ④ export password=password ⑤ export database=ATPoml ⑥ export token=「認証トークン」 ⑥環境変数tokenには、①〜⑤を使って⼿にいれた認証トークンを
  60. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 60 ターミナルで①〜⑤の環境変数を追加

  61. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 61 認証トークンをCURLで⼿に⼊れる ⽩い部分が認証トークン

    curl -X POST --header 'Content-Type: application/json' --header 'Accept: application/json' -d '{"grant_type":"password", "username":"'${username}'", "password":"'${password}'"}' "${omlserver}/omlusers/tenants/${tenant}/databases/${database}/api/oauth2/v1/token"
  62. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 62 RESTで呼ぶ際に必要な6つの環境変数︓ ①

    export omlserver=https://adb.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/ ② export tenant=ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaggaka7fbakfb22209fafnuahf73bhauillwouccx72faufdd ③ export username=OML ④ export password=password ⑤ export database=ATPoml ⑥ export token=’eJhbGciOiJSUzI1NiJ9.eyJzdWIiOiJPTUwiLCJ0ZW5hbnRfbmFtZSI6Ik9DSUQxLlRFTkFOQ1kuT0MxLi5BQUFBQUFBQTNNQjdXUkNZMkxTM1UzSlNZMlNPUTVDSzNMQ zNRNE1DWklUUERBWU1CVUFaQzVUS0dVQ0EiLCJkYXRhYmFzZV9uYW1lIjoiQVRQT01MIiwicm9sZXMiOiJbe1wicm9sZVwiOlwiT01MX0RFVkVMT1BFUlwiLFwiY29tbW9uXCI6ZmFsc2V9XSIsImlzcyI6IkJERUI1MzExNUFC MzZDNUJFMDUzMTYxODAwMEEwQzg3IiwiZXhwIjoxNjE4NTUzNzg1LCJpYXQiOjE2MTg1NTAxODV9.bI3B08nvCaldybzTw3ov5BqQn1cZFlnTjDRTWco7FhLFc7Zosphny2wmvlkaSIySaafpaR4Y62n3RDAJ- CHKTKJOS0xpSof08b_hIUNXDCOcwiFxm65Ib5XdB_MnMccjmwT6zv81v7Y_lPW3pCYUZb-OgFkURIEf3JTM7EFHauaV1lBpaMhyYMuiP_D3u_R0SYKevNIlFl- 1DJUsJBPHu0WP_UCk2f1G8nw7EAC_39H9ul9Q9HKAvdQwjezlcTGV6f7_MhI8ral50cKANa7feZK0XvnTre116Zz-3iFby3oHWuXGPusbcVR- ZXVUP02OYLBOkjzHn52hALdRTra1Gw!pk1P/AgkGNjXe2BbF9IRhpwvtCIepgzeLL6VaLtQkkTK+4NGMxUKUt4L1oMyu9lceSDhV3lURxmKXLXHgMB9QVz8j+IgJs9Q1rImQis4ayxXFiAbjVTrU8GCzXRLefZNXcH2i1yWQdoUc 2q7MwsslFo/MkeY+8NWaRy7zeRQEaFvZnqQtAnSmGUb2Bof8daRSxH+zHRpmyrDUjToEE1QVQTfXZedmdecnenrfeFao7vECmGm6sk8gu9hp7m7sShWluuIsa8NONgcZU3yJ1VLHcJo/RLkTqge3h+TjIukwku5jWePhVHM H3YkuR8CqMloLcfe8RTnXJN/76bdrpXEFA==‘ ’ ⑥環境変数tokenに認証トークンを⼿に⼊れました(下準備完了)
  63. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 63 ターミナルで、環境変数tokenを追加 export

    token=‘token’
  64. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 64 デプロイしたaus_1の詳細情報をGETしてみる curl

    -X GET "${omlserver}/omlmod/v1/deployment/aus_1" ¥ --header "Authorization: Bearer $token" | jq jqをインストールしているとjsonが⾒やすいです
  65. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 65 デプロイしたaus_1の詳細情報でattributeを⾒てみる 分類の単純ベイズ

    引数 - 3PMの湿度 引数 – ロケーション 引数 – 降⽔量 引数 – ⾵速 結果 – 明⽇⾬が降るか NA, No, Yesの3種類
  66. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 66 モデルに予測させてみる curl

    -X POST "${omlserver}/omlmod/v1/deployment/aus_1/score" ¥ --header "Authorization: Bearer ${token}" ¥ --header 'Content-Type: application/json‘ ¥ -d '{"inputRecords":[{"HUMIDITY3PM":"30","LOCATION":"Albury", "RAINFALL":"1","WINDGUSTSPEED":"30"}]}'| jq
  67. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 67 明⽇⾬が降るかどうか確率を出してくれている 明⽇は⾬が降らない確率が

    86.3%
  68. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 68 値を変えて、モデルに予測させてみる curl

    -X POST "${omlserver}/omlmod/v1/deployment/aus_1/score" ¥ --header "Authorization: Bearer ${token}" ¥ --header 'Content-Type: application/json‘ ¥ -d '{"inputRecords":[{"HUMIDITY3PM":"90","LOCATION":"Albury", "RAINFALL":"30","WINDGUSTSPEED":"50"}]}'| jq
  69. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 69 値を変えて、モデルに予測させてみる 明⽇は⾬が降る確率が

    95.1%
  70. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 70 とても簡単です 番外編:AutoML

    UIで作った モデルをOML Notebooksに エキスポートする
  71. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 71 リーダー・ボードで単純ベイズの「モデル」を選択し、「ノートブックの作成」をクリック クリック

  72. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 72 新規作成する「ノートブックの名前」を⼊⼒し、「OK」をクリック クリック

  73. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 73 画⾯上部で、ノートブックが作成されたことを確認後、左上のハンバーガメニューをクリック

  74. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 74 ハンバーガメニューの「ノートブック」をクリック クリック

  75. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 75 ノートブックの画⾯で、先ほど作成した「AUS Weather」をクリック

    クリック
  76. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 76 モデルをエキスポートして新規作成したノートブック「AUS Weather」の中⾝①

  77. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 77 モデルをエキスポートして新規作成したノートブック「AUS Weather」の中⾝②

  78. None