Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Autonomous Database - Dedicated 技術詳細

Autonomous Database - Dedicated 技術詳細

Autonomous Database Cloud (ADB) のDedicatedモデルに関する技術詳細です。

参考資料
■マニュアル
https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Database/Concepts/adboverview.htm

■ADB-S(Sharedモデル)に関して
https://speakerdeck.com/oracle4engineer/autonomous-database-cloud-ji-shu-xiang-xi

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=128

oracle4engineer

February 19, 2021
Tweet

Transcript

  1. Autonomous Database – Dedicated (Public Cloud / Cloud@Customer) 技術詳細 ⽇本オラクル株式会社

    テクノロジー事業戦略統括 テクノロジー・クラウド・エンジニアリング本部 データベースソリューション部 2021/02/19
  2. Safe harbor statement 以下の事項は、弊社の⼀般的な製品の⽅向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯⼀の⽬的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以 下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買 決定を⾏う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊 社の裁量により決定され、変更される可能性があります。 Copyright

    © 2021, Oracle and/or its affiliates | 2
  3. サービス・ラインナップ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 3 Shared

    Exadata Infrastructure Dedicated Exadata Infrastructure Cloud @Customer Exadata Infrastructure (Dedicated) Cloud @Customer Oracle Cloud Infrastructure Oracle Database Autonomous Managed ADB -Dedicated (Cloud@Cu stomer) ADB -Dedicated (Public) ExaC@C ExaCS ADB -Shared DBCS (BM) DBCS (VM) BM (Dedicated) VM (shared) Choice of Platform Service Name Service Type Cloud Family
  4. 4 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 本資料について •

    本資料では、Autonomous Database – Dedicated(以降、ADB-D)に関する技術情報を扱います。 • Autonomous Database – Dedicated(Cloud@Customer)(以降、ADB-ExaC@C)について⾔及する 際はその旨を記載します。 • ADB-ExaC@Cのプラットフォームに関してはExaC@Cと共通です。 • FAQ • https://www.oracle.com/database/technologies/datawarehouse-bigdata/adb-faqs.html#ATPD-BOOKMARK • Autonomous Database – Shared (以降、ADB-S)と共通する内容は基本的に扱いません。 以下の資料を参考ください • 技術詳細資料 • 外部向け)https://speakerdeck.com/oracle4engineer/autonomous-database-cloud-ji-shu-xiang-xi
  5. 1. 概要 2. 技術詳細 3. サービス⽐較 4. Appendix Agenda Copyright

    © 2021, Oracle and/or its affiliates 5
  6. Autonomous Database – 2つの選択肢 Copyright © 2021, Oracle and/or its

    affiliates 6 ORACLE AUTONOMOUS DATABASE Dedicated Infrastructure (Public Cloud, Cloud@Customer) Shared Infrastructure (Public Cloud) シンプル 設定・運⽤ポリシーの標準化 カスタマイズ可能 設定・運⽤ポリシーの策定 本資料はこちらが対象
  7. 7 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    専有環境で稼働するPrivate Database Cloudを提供 ⾃律型データベース • ⾼性能、⾼可⽤性、⾼セキュリティ • 使いたいときにすぐに利⽤可能 ⾼度な分離性 • 複数のレイヤーで独⽴性を確保 • プライベートクラウドとしての責任境界の明確化 • フリート管理者 / データベース管理者 運⽤ポリシーのカスタマイズ • プロビジョニング、ソフトウェア更新、可⽤性、集約性を制御可能 Public / C@C 共通
  8. Autonomous Dedicated ⾼度な分離性 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates

    8 複数のレイヤーで分離性を担保 • Database (DB) • Container database (CDB) • Cluster of VMs • Separate Hardware (Exadata Infrastructure) • Hardware Enforced Private Network (VCN) 分離レベルを調整可能 • セキュリティ、性能⾯など、各データベースの要件 • クリティカルDB、⼀般DB、開発DBといった⽤途 • sales, HR, marketingといった組織 RAC CLUSTER WEB STORE SHOP SHIP …. Public / C@C 共通
  9. 9 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    運⽤ポリシーのカスタマイズ データベース分離ポリシー: • ミッションクリティカル、汎⽤、テスト⽤途等で分離 • 組織で分離 (sales, HR, marketing) アップグレードポリシー: • 新しいバージョンを本番前にテスト・開発⽤データベースに展開 • ピーク時の更新を回避(セール、四半期決算など) • アプリが認定するバージョンに準拠したアップグレードの制御 可⽤性ポリシー(SLA): • コンテナDBごとに必要なHAとDRのレベルを指定 利⽤量制限に関するポリシー • オーバープロビジョニングとピーク時の使⽤ポリシー Public / C@C 共通
  10. 10 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    – 利⽤例 単⼀利⽤︓最もシンプルな構成 • 単⼀クラスタ上に単⼀のCDB (Web Store) を配置 • 全てのインスタンスに対して、単⼀のサービスレベル、 メンテナンス・スケジュールが定義される • 全てのインスタンス(Shop、Ship等)は同じCDB上に配置される RAC CLUSTER WEB STORE SHOP SHIP …. Public / C@C 共通
  11. 11 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    – 利⽤例 カスタマイズ利⽤︓統合環境向け • CDBを分離(WEB STORE, MFG, TEST) • テスト環境の負荷は本番環境から分離 • テスト環境は先に最新バージョンへアップグレード • WEB STOREとMFGのCDBはソフトウェアの更新から隔離 • テスト環境以外はオーバープロビジョニングを認めない(将来予定) • WEB STOREのCDBは災害対策⽤にリモートにレプリカを保持 • 各CDBへのアクセスはポリシーによって制御 WEB STORE SHOP ... SHIP MFG PARTS LABOR TEST DB1 DB2 DB3 RAC CLUSTER … RAC CLUSTER Autonomous Data Guard Public / C@C 共通 WEB STORE SHOP ... SHIP
  12. 12 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    課⾦体系 /シェイプサイズ データベースが利⽤したOCPU数、およびExadata Infrastructureのシェイプに基づき課⾦される • OCPU • 0からシェイプ毎の最⼤CPUまで利⽤可能 • 1秒単位で課⾦(最低利⽤時間は1分) • 既存データベースライセンスの持ち込みによるコスト削減が可能 • Exadata Infrastructure • Public Cloud • X7 / X8から選択 • Quarter / Half / Full から選択 • 1秒単位で課⾦(最低利⽤期間は48時間) • C@C • X8Mのみ(X8の新規提供は終了) • Quarter / Half / Full から選択 • ⽉額単位(最低4年契約) • 設置するラック毎に、アクティベーションサービス費⽤が必要 Public / C@C 共通
  13. Autonomous Dedicated - Public シェイプ Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 13 X7 Quarter Rack X7 Half Rack X7 Full Rack X8 Quarter Rack X8 Half Rack X8 Full Rack シェイプ名 Exadata.Quarter2.92 Exadata.Half2.184 Exadata.Full2.368 Exadata.Quarter3.100 Exadata.Half3.200 Exadata.Full3.400 コンピュート・ノード数 2 4 8 2 4 8 最⼤OCPU数 92 184 368 100 200 400 合計メモリサイズ 1,440 GB 2,880 GB 5,760 GB 1,440 GB 2,880 GB 5,760 GB ストレージサーバ数 3 6 12 3 6 12 合計フラッシュストレー ジサイズ(raw) 76.8TB 153.6TB 307.2TB 76.8TB 179.2TB 358.4 TB 利⽤可能ストレージ サイズ 106 TB 212 TB 424 TB 149 TB 299 TB 596 TB Public
  14. Autonomous Dedicated – C@C シェイプ Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 14 X8M Quarter Rack X8M Half Rack X8M Full Rack コンピュート・ノード数 2 4 8 最⼤OCPU数 100 200 400 合計RAM容量 2,780 GB 5,560 GB 11,120 GB 永続メモリー 4.6TB 9.2 TB 18.4 TB ストレージサーバ数 3 6 12 合計フラッシュストレージサイズ(raw) 76.8TB 153.6TB 307.2TB 利⽤可能ストレージサイズ 149.7 TB 299.4 TB 598.7 TB Autonomous Exadata Infrastructure (AEI)あたりのVMクラスタの最⼤数 8 8 8 VMクラスタ当たりのAutonomous Container Database (ACD) の最⼤数 12 12 12 ACD当たりのADBインスタンス最⼤数 100 200 200 C@C
  15. 1. 概要 2. 技術詳細 3. サービス⽐較 4. Appendix Agenda Copyright

    © 2021, Oracle and/or its affiliates 15
  16. Autonomous Dedicated 管理モデル Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates

    16 お客様管理 • DBユーザ、スキーマ、暗号化キー • Oracle Database 19c以降のみ オラクル管理 • ハイパーバイザー、DBサーバー、ストレージサーバー、InfiniBandネットワークなど • DomU、コンテナデータベース • お客様のアクセスは不可 Public / C@C 共通 Hypervisor DomU Databases O R A C L E Internal Fabric Storage Storage Data/Schema
  17. Autonomous Dedicated - IAM ポリシーを利⽤して、プライベート・クラウドにおける責任範囲を分離 Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 17 Public / C@C 共通 RAC CLUSTER IT Compartment Manufacturing Compartment DB1 DB2 DB3 データベース管理者 データベースのセルフ作成 フリート管理者 予算、キャパシティ、コンプライアンス、SLAの設定 アプリ開発者とDBAは、インフラ、 及び相互のリソースを参照すること はできない • 組織構造に基づいて、ITとエンドユーザーにそれぞれCompartmentを割り当てる • 組織構造に基づいて、プライベート・ネットワークを作成 • フリート管理者はAEI、ACDを作成し、データベース部⾨側は割り当てられた範囲内でADBを作成
  18. 18 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    フリート管理者とデータベース管理者 フリート管理者(Fleet_Admin) • フリート管理者がGUI/APIを利⽤してリソースを割り当て • コンパートメントの選択、およびリソースにタグ付け • Exadata Infrastructureのプロビジョニング • 名称、リージョン、AD、サイズを指定 (quarter, half, full rack) • ClusterをExadata上にプロビジョニング • クラスタ名、サイズ (CPUs)、ソフトウェアバージョン、VCN、ライセンスモデル(BYOL)を指定 • 初期リリースではExadata Infrastructureのプロビジョニングと同時に設定される • Container Database (CDB)をClusters上にプロビジョニング • DB名、サイズ(コア数)、バージョン、Data Guardの有無、バックアップ保持期間 • ソフトウェアバージョンとメンテナンスのタイミングを設定 Public / C@C 共通 IT Fleet Group
  19. 19 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    フリート管理者とデータベース管理者 データベース管理者(DBA_Admin) • フリート管理者とは、それぞれIAMによって隔離 • データベースインスタンスを作成 (Sharedと同様の⼿順) • DBタイプの選択 • ATP もしくは ADW • CPU数の選択 • ストレージサイズを指定 • その後、データベース・ユーザー、スキーマを作成 • パフォーマンスは選択したCPU数に⽐例 • 例 : Exadata上で15%のCPU数を増やした場合、メモリサイズも15%増加 • IO性能、ストレージのCPU、Flash Cacheサイズも同様 • その他、SessionsやBuffer Cache、PGAなどは指定する必要はなく、動的に⾃動設定される Public / C@C 共通 Developers and DBAs
  20. Autonomous Dedicated - IAM ポリシーの設定例 Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 20 Public / C@C 共通 フリート管理者 (Fleet_Admin) • Policy: Allow Fleet_Admin to manage autonomous-exadata-infrastructures in compartment IT • Policy: Allow Fleet_Admin to manage autonomous-container-databases in compartment IT データベース管理者 (DBA_Admin) • Policy: Allow DBA_Admin to read autonomous-container-databases in compartment IT • Policy: Allow DBA_Admin to manage autonomous-databases in compartment manufacturing
  21. Autonomous Dedicated プロビジョニング・ステップ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates

    21 • VCN, Compartment, IAMの定義 • Autonomous Exadata Infrastructure (AEI)の作成 • コンパートメントの選択 • 可⽤性ドメイン、Exadataのモデル、シェイプの選択 • VCN、サブネット、メンテナンス・スケジュールの設定、ライセンス形態(BYOL)の選択 • Autonomous Container Database (ACD)の作成 • コンパートメントの選択 • AEIの選択 • メンテナンススケジュールの設定、パッチタイプ(RU/RUR*)の選択 • バックアップ保持期間の選択 • Autonomous Database (ADW or ATP)の作成 • コンパートメントの選択 • ACDを選択 • その後は、Sharedと同様 * 現時点でRURは選択不可(将来予定)
  22. Autonomous Dedicated セットアップ・プロセスの概略 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates

    22 ネットワーク 定義 Service Limit 引き上げ申請 ATP/ADW インスタンス 作成 データベース管理者 フリート管理者 別紙参照* ADB-S ADB-D (Public) ADB-D (C@C) ネットワーク 定義 ユーザー・グループ・ ポリシーの設定 (フリート管理者、 およびDB管理 者) Autonomous Exadata Infrastructure (AEI)の作成 Autonomous Container Database (ACD) 作成 アプリケーション からの接続 事前⼿配 Exadataのセットアップ 利⽤ OCIリソース定義 Compartment 作成 VMクラスタ 作成 テナント管理者 メンテナンス スケジュール の定義 バックアップ 先の登録 バックアップ 先の選択 *導⼊前の確認事項、導⼊ステップに関する情報はExaC@Cの資料を参照ください
  23. Autonomous Dedicated RAC と Active Data Guard による⾼可⽤性構成 Copyright ©

    2021, Oracle and/or its affiliates 23 ……... HA Standby Server2 Server1 Primary Server1 Server2 Exadata Infra 1 AD1 Exadata Infra 2 AD3 DR Standby Server1 Server2 Exadata Infra 3 AD2 Primary Region 1 Region 2 RAC CDB AuDG Remote HA Standby AuDG Remote DR Standby • SLO 99.995% • RTO / RPO の極⼩化 • 1/4, 1/2, Full Rack Clusters • RACによるノード障害への対応 • Active Data Guardによるサイ ト障害への対応 • Transparent Application Continuityの統合
  24. Autonomous Dedicated Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2021, Oracle

    and/or its affiliates 24 • 構成⼿順(1) • コンテナDBの新規作成時にAuDGの有効化を選択 • リージョン • AEI • 保護モード • 最⼤パフォーマンス(⾮同期) • 最⼤可⽤性 (同期) • ⾃動メンテナンスの設定(次ページ) • 既存のACDでAuDGの有効化は今後予定 • クローン機能を利⽤して AuDGが有効化された CDBへの配置は可能
  25. Autonomous Dedicated Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2021, Oracle

    and/or its affiliates 25 • 構成⼿順(2) • ⾃動メンテナンスの設定 • プライマリCDBのメンテナンス後に、スタ ンバイCDBのメンテナンスが実施される • ユーザーはプライマリとスタンバイのメン テナンス実⾏間のバッファ期間を選択 • 1⽇から7⽇の間で任意の期間を設 定可能(デフォルトは7⽇)
  26. Autonomous Dedicated Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2021, Oracle

    and/or its affiliates 26 • 構成⼿順(2) • ADBインスタンス作成時に AuDG構成のCDBを選択する
  27. Autonomous Dedicated Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2021, Oracle

    and/or its affiliates 27 • スイッチオーバー、フェイルオーバー • GUI/APIから操作可能 • スイッチオーバー : プライマリとスタンバイのロールを交換 • フェイルオーバー : スタンバイのCDBをプライマリ・ロールに変更(⾃動フェイルオーバーは今後予定) • Reinstate︓フェイルオーバー後、障害が発⽣したスタンバイCDBを復旧
  28. Autonomous Dedicated Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2021, Oracle

    and/or its affiliates 28 • その他、特記事項 • 同⼀リージョンもしくは異なるリージョンで構成可能 • プライマリとスタンバイは別々のAEI上に配置する必要がある • プライマリへの変更はシームレスにスタンバイ側に反映される • スケールアップ • バックアップ操作、等 • スタンバイへの読み取り専⽤アクセスが可能 • ログの適⽤状況の可視化が可能(右) • OCI Events が対応
  29. 29 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    セキュリティ ⾼い権限をもつユーザアクセスは不可 - no Root or SYSDBA SQLでのアクセスのみを許可 • OSへのアクセスは許可されていない • CDBへのアクセスは不可、PDBへのアクセスのみ • 他のソフトウェアのインストールは不可 全てのレイヤーでセキュリティ設定が実装済み • Network, OS, DB, storage, etc. データベースはお客様のVirtual Cloud Network(VCN)内で実⾏される • 予期せぬネットワークアクセスから遮断 • Public IPは不要 ネットワーク暗号化が有効 Public / C@C 共通
  30. 30 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    セキュリティ データベース暗号化が常に有効 オラクルの管理スタッフから顧客データを⾃動保護 • Database Vaultにより実装 Oracle Data Safeに対応 全スタックにオラクル社がセキュリティパッチを⾃動で適⽤ • 四半期毎、影響度の⾼い脆弱性に対しては不定期(詳細は後述) Public / C@C 共通
  31. 31 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    メンテナンスポリシー オラクル社が全てのソフトウェアの更新作業を実施 • Firmware, OS, Storage, Network, Hypervisor, Clusterware, Database • 更新が適⽤されたゴールドイメージをインストールすることで更新作業を迅速化 アプリケーションはオンラインのまま継続的に利⽤可能 • RAC ノードと Exadata ストレージ・サーバーにてローリング適⽤ • セッションの切断を防ぐために、Transparent Application Continuity (TAC) の利⽤を推奨 Public / C@C 共通
  32. 32 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    メンテナンスポリシー インフラ(AEI)のメンテナンス • 四半期毎のメンテナンスが必須 • タイミングは調整可能、任意の⽉、週、時間帯から選択(*1) • メンテナンス四半期は、2⽉、5⽉、8⽉、11⽉に始まり、 年の最初のメンテナンス四半期は2⽉に開始されます。 • 「すぐパッチ」を選択することでスケジュールを待たずに即時に適⽤可能(*2) • OS/GIのパッチを含む。Databaseのパッチは含まない • リストされるパッチは全て適⽤する必要がある コンテナDB(CDB)以上のメンテナンス • メンテナンスタイプをRU/RURから選択可能(*3) • 四半期毎にメンテナンス • タイミングは調整可能、任意の⽉、週、時間帯から選択(*1) • 「すぐパッチ」を選択することでスケジュールを待たずに即時にパッチ適⽤可能(*2) • 最⼤で連続2回、メンテナンスのスキップが可能 Public / C@C 共通 *1 : メンテナンスウィンドウが決定後、GUI/APIで時間帯を確認可能(その他、Notification Serviceによる通知設定が可能) *2 : 適⽤可能パッチが複数リストされた場合は、記載される「スケジュール開始時間」の順番に沿って適⽤ください。 *3: RURについては将来予定
  33. 33 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    メンテナンスポリシー 最新のアップデート、または⼀つ前のアップデートまたはリビジョンを選択 • テスト環境は最新のアップデートを適⽤、本番環境ではリビジョンを適⽤する等の使い分けが可能 • 現時点で最新のRUのみ選択可能(⼀つ前のRU、およびRURの適⽤については将来予定) • RUを選択することが推奨 • 参考)https://mikedietrichde.com/2018/11/08/why-release-update-revisions-rur-are-tricky/_ 個別パッチはSRの指⽰に従う • GUI上で適⽤スケジュールの確認、調整が可能(適⽤作業はオラクルが実施) • 適⽤可能になれば、GUI上に適⽤スケジュールがリストされる。今すぐ適⽤も可能 Public / C@C 共通
  34. 34 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    バックアップポリシー バックアップ • ⾃動バックアップ • インスタンス構成時にデフォルトで有効化され、無効化はできない • オブジェクトストアに出⼒される(課⾦対象外) • C@Cについては出⼒先を選択設定可能(Local/Object Storage/ZDLRA/NFS) • 週次でフルバックアップ、⽇次で増分バックアップ • インスタンスが停⽌している場合、増分バックアップは取得されない • アーカイブログのバックアップは15分おきに実⾏ • ⼿動バックアップ • 事前に⽤意したオブジェクトストア上のバケットに出⼒(追加費⽤が発⽣) • 保管期間は7⽇、15⽇、30⽇、60⽇から選択可能(出⼒先がオブジェクトストレージの場合) • オンラインで取得可能 • 取得したバックアップは、ADBのリストアのみに利⽤可能(ATPからADWへの変換は不可) 特定時点にリストア可能 • ユーザ⾃⾝でGUI/APIを介して実施 Public / C@C 共通
  35. Autonomous Dedicated (C@C) バックアップ先の選択 Copyright © 2021, Oracle and/or its

    affiliates 35 C@C ローカルス トレージ (FRA) にバック アップ Exadata Cloud@Customer オンプレミスのZero Data Loss Recovery Appliance (ZDLRA)にバックアップ Oracle Object Storageにバックアップ (自動バックアップについては無償、手動バック アップ利用時は有償) データベース 暗号化 NFSストレージにバックアップ
  36. Autonomous Dedicated (C@C) ネットワーク構成 Copyright © 2021, Oracle and/or its

    affiliates 36 C@C Only Customer Switches (L2) NTP DNS Oracle Cloud Ops Bastion Server Public Cloud Control Plane Automation Delivery Remote Support TLS VPN Customer / Application Access Telemetry Data https OCI Region https Local Control Plane Servers No SSH with ADB
  37. Autonomous Dedicated (C@C) ネットワーク構成 Copyright © 2021, Oracle and/or its

    affiliates 37 データベースサーバーは顧客のネットワークに直接接続し、アプリケーション・サーバーと通信 • 10Gbps/25 Gbps fiber or 10 Gbps copper お客様は、オンプレミスのExadataと同様に標準スイッチを使⽤ • オプションでスイッチをExadataラック内に配置可 顧客はクライアントのネットワーク構成をコントロール • 柔軟なVLAN構成、およびクライアント・ネットワークとバックアップ・ネットワークの分離をサポート C@C Only Internal Fabric Storage Customer Switches Application Servers Infrastructure IPアドレス・サマリ 100.104.0.0/16︓管理ネットワーク⽤に予約 100.105.0.0/16︓未使⽤ (将来の利⽤のために予約) 100.106.0.0/16︓ECRA VCN およびVPNクライアント⽤に予約 100.107.0.0/18︓バックエンド・ストレージ・ネットワーク⽤に予約 CIDR 100.104.0.0/14で集約されたアドレス
  38. 38 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    (C@C) ネットワーク構成 ファイアウォールのTCP/443アウトバウンド・ルールを有効にする • Oracle Infrastructure Management Metricsをお客様のローカル・ネットワーク上のControl Place Services(CPS) から Oracle側に転送するため 最もシンプルな設定は、必要なCIDR範囲をオープンにすること お客様がホワイトリストを必要な場合 • ホワイトリストが必要なOracle Serviceを指定 • 全リージョンをまたがってパブリックIPアドレスに対する標準のOSN CIDRを使⽤ • https://docs.cloud.oracle.com/iaas/tools/public_ip_ranges.json C@C Only
  39. 39 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    接続サービスの選択 インスタンス作成時点で、接続サービスが複数定義されており、接続時に選択するだけでリソースコントロールが可能 基本的な考え⽅はADB-Sharedと同様、違いは以下 • 各サービス毎に2種類存在︓TCP接続時にセキュアTLSプロトコル(TCPS)を利⽤するか否か *4 • 各サービスにおいてFANがデフォルトで有効化されている(変更可能) • TP,TPURGENTについてはTACがデフォルトで有効化されている(変更可能)マニュアル Public / C@C 共通 接続サービス platform 概要 パラレル制御 同時実⾏ セッション数 リソース割り当て (SHARES*2) FAN TAC TPURGENT_tls TPURGENT ATP only 最も優先度の⾼い処理向け ⼿動設定 300 x OCPUs 12 有効 有効 TP_tls TP ATP only 汎⽤的な処理向け シリアル 300 x OCPUs 8 有効 有効 HIGH_tls HIGH ADW/ATP ⼤量データを扱う処理向け ⾃動 3 4 有効 無効 MEDIUM_tls MEDIUM ADW/ATP ⼤量データを扱いつつも、 同時実⾏数も多い処理向け ⾃動 1.25 x OCPUs 2 有効 無効 LOW_tls LOW ADW/ATP 優先度が低い処理向け シリアル 300 x OCPUs 1 有効 無効 *1 : 同時に接続できるセッション数はOCPUに⽐例し、OCPU当たり300セッション *2 : サービス間でのCPU配分の相対的な優先度を⽰す。デフォルト値からの変更は可能 *3 : 5分以上アイドル状態の続くセッションは⾃動的に切断される *4: TCPSを利⽤できないアプリケーションのために⽤意されているが、推奨はTCPS
  40. 40 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    接続サービスの選択 Transparent Application Continuity による制御 • Oracle Client 19c以上 • DBMS_APP_CONT_ADMIN プロシージャによる有効化・無効化(TPURGENT/TPはTACがデフォルト有効) • Example 有効化 • execute DBMS_APP_CONT_ADMIN.ENABLE_TAC('HIGH’); • execute DBMS_APP_CONT_ADMIN.ENABLE_AC('TPURGENT’); 無効化 • execute DBMS_APP_CONT.DISABLE_FAILOVER(‘HIGH’); • 接続サービスを利⽤し接続(tnsnames.oraに記載。簡易接続は不可) Public / C@C 共通 参考)継続的可⽤性の接続とコード https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/atp-cloud/atpdg/connect-and-code-continuous-availability1.html#GUID-1F36B307-63C4- 49CC-BAFE-52077C5D92AB alias = (DESCRIPTION = (CONNECT_TIMEOUT= 120)(RETRY_COUNT=20)(RETRY_DELAY=3)(TRANSPORT_CONNECT_TIMEOUT=3) (ADDRESS_LIST = (LOAD_BALANCE=on) (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST=scan-host)(PORT=1521))) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME = service-name)))
  41. 41 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    ADB-S との⽐較(主要なものを記載) Autonomous Database Shared Dedicated (Public Cloud) Dedicated (ExaC@C) 概要 完全マネージド型のOracle Databaseサービス(PaaS) 提供モデル Exadata上の共有サービス Exadata上の専有サービス Exadata上の専有サービス メンテナンススケジュール 固定、利⽤者による調整不可 調整可能 調整可能 Upgradeの⼀時スキップ 不可 可能 可能 バックアップの期間調整 不可(60⽇) 可能 可能 バックアップ先の設定 オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージ Exadata筐体内/ NFS/ZDLRA ネットワーク設定 Cloud Side, VCN Cloud Side, VCN Customer Side, VCN ライセンスタイプの変更 可能 不可 不可 Wallet利⽤ 必要 任意 任意 表領域/Profileの操作 不可 可能 可能 ライセンスBYOL ADBインスタンス単位 VM単位 VM単位 SLA availability SLA 99.95% (99.995% availability SLA is planed) Availability SLO 99.95% (99.995% availability SLA is planed) Availability SLO 99.95 (99.995% availability SLA is planed) Application Continuity AC対応 TAC対応 TAC対応 Autonomous Data Guard 対応(AD間のみ) 対応 対応
  42. 1. 概要 2. 技術詳細 3. サービス⽐較 4. Appendix Agenda Copyright

    © 2021, Oracle and/or its affiliates 42
  43. 43 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 最新情報や詳細情報は以下もご参照ください Autonomous

    Database • https://www.oracle.com/database/autonomous-database/ マニュアル • https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Database/Concepts/adboverview.htm ADB-S(Sharedモデル)に関して • https://speakerdeck.com/oracle4engineer/autonomous-database-cloud-ji-shu-xiang-xi
  44. None