$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

OCI IaaS 新機能アップデート 2022/6 - 2022/8

OCI IaaS 新機能アップデート 2022/6 - 2022/8

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2022/6 - 2022/8
Oracle Cloud Infrastructureの新機能の中から、主にIaaSに関する主要なアップデート情報を1機能1スライド程度でまとめてご紹介しています。
2022年6月~2022年8月の3ヶ月分の新機能について説明しています。
本資料の内容は作成時点での情報です。最新情報や詳細は必ずマニュアル等をご確認ください。

2022/09/12: 初版アップロード

oracle4engineer
PRO

September 12, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure 新機能アップデート 2022/06 ~ 2022/08 Oracle Cloud Infrastructure

    IaaS 新機能アップデート 2022/09/07 日本オラクル株式会社 OCIソリューション部
  2. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/06 : 1) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/6/1 OKE Support for fault domains in node pool placement configuration 2022/6/1 APM Enhancements in Trace Explorer 2022/6/1 OCI New region in Paris, France 2022/6/1 Data Flow Flexible Compute Shapes are now Available with Data Flow 2022/6/1 OKE Support for OKE images as worker node base images 2022/6/1 MySQL Database MySQL Database Service: Compare Configurations 2022/6/1 MySQL Database MySQL Database Service: Reduced downtime while changing configurations 2022/6/6 APM Monitor E-Business Suite with Application Performance Monitoring 2022/6/7 Operations Insights SQL Explorer 2022/6/8 Resource Manager Private endpoints for Resource Manager 2022/6/9 Java Management Java Management 4.1 is Now Available 2022/6/9 Data Science ADS JupyterLab UI Enhancements 2022/6/10 Service Catalog Service Catalog Documentation 2022/6/10 Compute CentOS Stream 8 available as a platform image 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  3. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/06 : 2) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 3 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/6/14 NoSQL Database Cloud Oracle NoSQL Database Cloud now available in new region 2022/6/14 Tagging Resource Locking for Tag Namespaces and Tag Defaults is Now Available 2022/6/14 Database Tools Support for MySQL Database 2022/6/14 NoSQL Database Cloud Oracle NoSQL Database Cloud : OCI Console changes 2022/6/15 Web Application Acceleration Web Application Acceleration 2022/6/15 Resource Manager Download Terraform plan output 2022/6/15 MySQL Database Introducing HeatWave Real-Time Resizing 2022/6/16 Governance Quota Policies resource locking 2022/6/16 Governance Organization Management Governance Rules are now available 2022/6/16 Database Time zone selection is now supported by Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure 2022/6/21 OKE Support for backend set worker node selection for load balancers created by Container Engine for Kubernetes 2022/6/21 Data Science Accelerated Data Science 2.6.2 is released 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  4. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/06 : 3) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 4 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/6/21 Database Management A new release for Database Management is now available! 2022/6/21 Management Agent Management Agent Overview Enhancements ? New Alarm Widgets 2022/6/21 Database Performance Hub New Feature Run ADDM Task 2022/6/22 Data Labeling The Data Labeling V3 Release is now Available 2022/6/23 APM APM Java Agent and Tracer Version 1.6 are Now Available 2022/6/24 IAM Diagnostic data reports are now available 2022/6/27 Logging Analytics Logging Analytics: Enhancements to log ingestion mechanism for OCI Object Storage 2022/6/28 OKE Support for worker node deletion, along with new cordon and drain options 2022/6/28 Block Volume Ultra High Performance level now supported for boot volumes 2022/6/28 Compute, Notification Contextual notifications 2022/6/28 Networking OCI introduces Network Path Analyzer for your virtual network configuration troubleshooting 2022/6/29 Operations Insights EM Warehouse 2022/6/30 Data Science Launch of the Notebook Explorer 2022/6/30 Data Flow Spark Dynamic Allocation is now Available with Data Flow 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  5. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/07 : 1) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 5 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/7/5 Vulnerability Scanning File scanning and other Vulnerability Scanning enhancements 2022/7/6 Compute Reboot migration for bare metal compute instances 2022/7/7 DevOps Use GraalVM Enterprise in DevOps Build Pipelines 2022/7/11 Data Integration New Release for Data Integration (Bug fixes) 2022/7/12 DevOps New Build Command to Detect Build Step Failure 2022/7/12 OKE Support for VCN-native pod networking 2022/7/13 Process Automation Process Automation is now available 2022/7/14 MySQL Database MySQL Database Service: Point in Time Restore (PITR) 2022/7/15 Cloud Guard Cloud Guard adds Log Insight Detector 2022/7/15 OCI New region in Queretaro, Mexico 2022/7/18 Compute Advanced BIOS settings for bare metal compute instances 2022/7/19 Compute Extend the reboot migration deadline for Compute VM instances scheduled for infrastructure maintenance 2022/7/19 Networking New features added to Network Visualizer 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  6. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/07 : 2) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 6 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/7/20 Data Science Introducing Flexible Compute Shapes for Model Deployments 2022/7/20 Media Flow Media Flow service is now available 2022/7/20 Database Oracle Database Service for Azure 2022/7/20 Java Management Oracle Critical Patch Update (CPU) July 2022 for Oracle Java SE 2022/7/20 Stack Monitoring Stack Monitoring CDB and PDB Support 2022/7/20 Media Stream Media Streams is now available 2022/7/21 Network Firewall OCI Network Firewall Service is now available 2022/7/21 IAM New tutorials illustrating SSO and identity lifecycle management 2022/7/26 Resource Manager Custom Terraform providers 2022/7/26 Operations Insight AWR Explorer for Operations Insights 2022/7/26 Resource Manager Dependency lock files 2022/7/26 Resource Manager Fetch Terraform providers from Terraform Registry 2022/7/26 Cloud Shell CloudShell now offers GraalVM Enterprise JDK 17 and Native Image 2022/7/26 Database Management TCPS Support for Oracle Cloud Databases 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  7. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/07 : 3) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 7 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/7/26 Management Agent Management Agent Enhancement - List Agents Including Subcompartments 2022/7/27 MySQL Database MySQL Database Service Support for MySQL Version 8.0.30 2022/7/28 Database Exadata Cloud@Customer: Enhanced Control to Rollback or Retry Failed Guest VM Operating System Update 2022/7/28 Big Data Updates to autoscaling and customer-managed encryption key features 2022/7/28 Database Exadata Cloud@Customer: Monthly ExaDB-C@C Infrastructure Security Maintenance 2022/7/28 Data Science Introducing Runtime Configuration for Notebook Sessions 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  8. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/08 : 1) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 8 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/8/2 OCVS Single host SDDCs now available for Oracle Cloud VMware Solution 2022/8/2 Cloud Shell Cloud Shell now offers Private Access 2022/8/2 MySQL Database MySQL HeatWave: Auto reload of data in HeatWave cluster after MySQL upgrade 2022/8/2 DevOps DevOps Facilitates Service Managed Build Runner Access to Private Resources 2022/8/2 Data Integration New Release for Data Integration (Bug fixes) 2022/8/2 Functions Support for Code Editor 2022/8/2 OKE CSI volume plugin is initial default for clusters running Kubernetes version 1.24 (or later) 2022/8/2 MySQL Database MySQL AutoPilot: Auto Error Recovery from MySQL failure 2022/8/2 Block Volume Block Volume scheduled backup limited to one per volume per day 2022/8/2 OKE Support for Kubernetes version 1.24.1 2022/8/2 Cloud Shell, Developer Tools Code Editor is now available 2022/8/2 Resource Manager Support for Code Editor 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  9. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/08 : 2) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 9 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/8/3 Networking OCI now supports intra-VCN routing 2022/8/3 DevOps Additional features for the DevOps deployment specification file 2022/8/3 Networking OCI now supports using multiple IPv6 prefixes 2022/8/5 Data Science Accelerated Data Science 2.6.3 is released 2022/8/8 Compute Bare metal compute instances: reboot migration on demand and extend maintenance due date 2022/8/9 NoSQL Database Cloud Oracle NoSQL Database Cloud : Migrator updates 2022/8/9 NoSQL Database Cloud Oracle NoSQL Database Cloud : Availability of Child Tables 2022/8/9 Operations Insight Support for OCI Compute 2022/8/9 APM Synthetic Monitoring Enhancements 2022/8/9 Database Management Optimizer Statistics Monitoring in Database Management 2022/8/10 Java Management Java Management 5.0 is Now Available 2022/8/11 Integration Integration 3 2022/8/12 Speech New Languages Supported for Speech 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  10. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/08 : 3) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 10 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/8/12 GoldenGate, Monitoring New metrics added for GoldenGate service 2022/8/15 Search Service with OpenSearch CLI, SDKs, and REST APIs now available for OCI Search Service with OpenSearch 2022/8/16 Block Volume New region pairings available for cross region replication of volumes 2022/8/16 Database Management New Release for Database Management 2022/8/17 Data Flow Data Flow now supports Oracle Cloud Infrastructure Logging 2022/8/17 OKE Support for setting the externalTrafficPolicy parameter and client IP address preservation independently of each other 2022/8/17 OKE Support for explicitly specifying the file system type (ext3, ext4, XFS) for block volumes when provisioning PVCs 2022/8/17 Compute Windows Defender Credential Guard for shielded instances 2022/8/17 Logging Analytics, SCH Logging Analytics as target for Streaming source 2022/8/17 Data Science Introducing Flexible Compute Shapes for Notebook Sessions and Jobs 2022/8/19 Java Management August 2022 Patch Release for Oracle Java SE 2022/8/22 Management Agent Management Agent Enhancement - Install Multiple Agents 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  11. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/08 : 4) Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 11 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/8/23 Operations Insight Data Object Explorer Visualizations and Save SQL Search Functionality 2022/8/23 Billing Rewards redemption history now available in Oracle Support Rewards 2022/8/23 Operations Insight Database CPU Capacity Planning Allocation Range 2022/8/23 Cloud Advisor Cloud Advisor: Viewing Recommendations across an Organization 2022/8/23 DevOps File Based Trigger Feature for DevOps Build Run 2022/8/25 MySQL Database MySQL Database Service: Easier to scale up or down 2022/8/26 Functions Support for C# (.NET 6.0) 2022/8/26 Compute Oracle Linux 9 now available as a platform image 2022/8/30 OCVS VMware Software In-Place Upgrade Now Available for Oracle Cloud Infrastructure VMware Solution 2022/8/30 Block Volume Dynamic performance scaling with autotuning for Block Volume service 2022/8/30 Data Integration New Release for Data Integration (Security fixes) 2022/8/30 Database Management Enhanced Integration with Database Management 2022/8/31 Compute Longer notification before preemptible compute instances are deleted 赤字:本資料で取り上げる機能 日本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
  12. 2022年6月現在:38リージョン提供中、さらに6リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright – © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 12 https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ SYDNEY MELBOURNE Commercial Commercial Planned Government Microsoft Interconnect Azure SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA デュアル・リージョン:基本的に全ての国/地域 で2つ以上のリージョンを提供し、お客様の業務 継続要件に対応していく (日本の場合は東京-大阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ:2025年までに、すべてのリー ジョンにおいて、100%再生可能エネルギーを使 用することを表明 (欧州リージョンは達成済み) JOHANNESBURG CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL MEXICO JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 SINGAPORE NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS SPAIN MARSEILLE New パリ・リージョン 開設 2022/6/1
  13. プライベート・エンドポイントを使用して、Resource Managerに非パブリッククラウドリソースへのアクセスを許可 実現可能な2つのユース・ケース • Resource Managerを使用したremote-execによるプライベート仮想クラウド・ネットワーク(VCN)内のコンピュートおよびデータ ベース・インスタンスを含む非パブリック・リソースへの接続および構成 • Resource Managerを使用してプライベートGitサーバーからTerraform構成を取得

    参考ブログ: https://blogs.oracle.com/post/ja-ann-ga-private-access-support [Resource Manager] Resource Managerのプライベート・エンドポイント Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 13 2022/6/8
  14. CentOS Stream 8イメージが コンピュート・インスタンスのプラットフォーム・イメージとして利用可能になった。 • x86-64(IntelやAMD)シェイプで利用可能。aarch64(Arm) のシェイプではCentOS Stream 8イメージは選択できない。 [Compute]

    プラットフォーム・イメージとしてCentOS Stream 8イメージを利用可能 CentOS Stream 8は、エンタープライズ・クラウド 環境で使用するのに適した、オープン・ソース Linuxディストリビューションのイメージ。 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 14 2022/6/10
  15. タグ・ネームスペースをタグ・デフォルトに対してリソース・ロックを追加、削除することができるようになった デフォルトで付与したいタグを変更されてしまうことを防いだり、改ざんから保護することが可能 APIのみで利用可能 [Tagging] タグ・ネームスペースとタグ・デフォルトのリソース・ロック Copyright – © 2022 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 15 2022/6/14
  16. ロードバランサにキャッシュと圧縮機能を追加して、HTTPベースアプリケーションのトラフィックを軽減 • キャッシュの最大サイズは100MB • リクエストにAccept-Encodingヘッダーを入れる必要がある • ログの取得も可能 [Network] Web Application

    Acceleration Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 16 2022/6/15 “cacheStatus” HIT ・・キャッシュあり MISS・・キャッシュなし キャッシングを有効にすると圧縮も選択可能 参考ブログ:https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-intro-waa
  17. 変更内容の確認やCICD目的に活用可能 リソースマネージャで「計画」ジョブを実行した際の Terraformプランの結果がダウンロード可能に。 ファイル形式は、バイナリまたはJSONファイル形式から選択。 [Resource Manager] Terraformのplan結果ファイルのダウンロードが可能に Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 17 2022/6/15
  18. ガバナンス・ルールで子テナンシのリソースを管理 3つのガバナンス・ルール・タイプ: • 許可されるリージョン: ターゲット・テナンシがサブスクライブできる1つ以上のリージョン。(※許可されるリージョンに含まれていないリー ジョンで、既にサブスクライブされている場合は、そのリージョンにサブスクライブされたままになる) • 割当て制限ポリシー: Quotaを設定して、サービス内のリソース数を制限するか、特定のサービスを無効にする。 •

    タグ: 一貫したタグ付けのためにタグ・ネームスペースを共有することも、すべてのリソースがタグ付けされるようにタグのデフォルトを定義 することも可能。 [Governance] 組織管理でガバナンス・ルールが利用可能に Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 18 2022/6/16 ガバナンス・ルールを作成し、アタッチ するにはターゲット・テナンシが組織 ガバナンスに参加する必要がある。
  19. ガバナンス・ルールで設定されたポリシーのロック ガバナンス・ルールで親テナンシから設定されたポリシーは子テナンシ側ではロックされ、編集することはできない 割当て制限名の横にロックのアイコンがつく [Governance] 割当て制限ポリシーのリソース・ロック Copyright – © 2022 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 19 2022/6/16
  20. IAM アイデンティティ・ドメインの診断データ・レポート IAMアイデンティティ・ドメインでロギング・データを表示できる診断データ・レポートが利用可能になった。 結果をフィルタすることも可能 診断データ・レポートに含まれるデータ • 相関ID: リクエストの相関識別子 • タイプ:

    レコードの診断レベル • メッセージ: 記録された診断メッセージ • コンポーネント: メッセージを生成したマイクロサービスの名前 • 開始日と終了日: 診断メッセージが記録されたタイムスタンプ [IAM] 診断データ・レポート Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 20 2022/6/24
  21. ブート・ボリュームでも超高性能ボリュームの設定が可能に 準仮想化でアタッチされたVMインスタンスのブートボリュームでUHP(Ultra High Performance)を選択できるように なった。 [Block Volume]ブート・ボリュームでUHPがサポート Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 21 2022/6/28
  22. インスタンス上で問題が発生した場合の通知設定が簡単に実装できる コンテキスト通知を設定することで、インスタンスのイベント・ルールとアラームを作成することができる。 クイック・スタートのテンプレートを使用することで、一般的な運用シナリオ用のアラームを簡単に実装可能。 参考ブログ:https://blogs.oracle.com/post/ja-announcing-contextual-notifications [Compute, Notifications]インスタンスのコンテキスト依存通知 Copyright – © 2022

    Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 22 2022/6/28
  23. ネットワークが繋がらないときに到達可能性を調査する機能 [Network] Network Path Analyzer Copyright – © 2022 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 23 2022/6/28 実際にトラフィックを発生させずに、OCI内のネット ワークパスを可視化 パス情報に加えて、ルーティング・ルールおよびセ キュリティ・リストなどがトラフィックを拒否or許可す る情報も含まれる 次のソースおよび宛先のシナリオがサポート • OCIからOCI • OCIからオンプレミス • オンプレミスからOCIまで • OCIへのインターネット • OCIからインターネット 参考ブログ:https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-intro-oracle-cloud-network-path-analyzer
  24. BM.Standardシェイプでも再起動をするだけで正常なホストへ移動可能 • これまではベア・メタル・インスタンスはインフラのメンテナンスの際に手動移行する必要があったが、VM.Standardや Dense I/Oシェイプなどと同様に再起動移行(Reboot Migration)がサポートされた • Linuxベースのイメージを使用するStandardシェイプでサポート • インスタンスの移行中に短い停止時間が発生する

    • BMインスタンスの場合はユーザ側でインスタンスを再起動させることで、強制的な再起動を避けることはできない • 強制的な再起動を回避したい場合は、メンテナンス期日よりも前にユーザ側で事前に手動移行することで、強制的な再起動を回避できる • 再起動移行に失敗した場合は Oracle側から通知され、インスタンスを手動移行する必要がある [Compute] ベア・メタル・インスタンスで再起動移行のサポート Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 24 2022/7/6 [復習] 再起動移行とは? • 障害やメンテナンス時に正常なホストにインスタンスが再起動して移動する仕組み • 計画メンテナンス時の際には再起動タイミングをユーザが制御でき(メンテナンス再起 動)、アプリケーションへの影響を極小化することが可能 • インスタンスの再起動を伴うメンテナンスが発生する場合、スケジュールが事前通知される(14 日~16日前に通知) • VMインスタンスの場合はメンテナンス期日よりも前にユーザ側で任意のタイミングでインスタンスを 再起動させることで、自動的にインスタンスを別の正常なインフラに移動し、強制的な再起動を 回避できる。 • 通知時刻までにインスタンスを再起動しなかった場合は、Oracle側でインスタンスを再起動 メンテナンス VM / BMインスタンス 再起動移行 物理ホスト 物理ホスト
  25. 2022年7月現在:39リージョン提供中、さらに5リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright – © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 25 https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ SYDNEY MELBOURNE Commercial Commercial Planned Government Microsoft Interconnect Azure SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA デュアル・リージョン:基本的に全ての国/地域 で2つ以上のリージョンを提供し、お客様の業務 継続要件に対応していく (日本の場合は東京-大阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ:2025年までに、すべてのリー ジョンにおいて、100%再生可能エネルギーを使 用することを表明 (欧州リージョンは達成済み) JOHANNESBURG CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 SINGAPORE NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS SPAIN MARSEILLE SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL QUERETARO ケレタロ・リージョン(メキシコ) 開設 New 2022/7/15
  26. インスタンス作成時に「advanced BIOS settings」から設定可能 • ベア・メタル・インスタンスを作成する際、オプションで高度なBIOS設定することが可能 • インスタンス作成後の設定変更は不可 • 変更可能な設定: •

    コア無効化 • コアを無効化することでライセンス・コストを削減 • コア無効化した場合でも課金減ることはなく、 選択したシェイプのフルサイズ分課金される • NUMA設定 • 同時マルチスレッド • アクセス制御サービス • 仮想化の手順 • Input-Output Memory Management Unit ※変更可能な設定はシェイプによって異なる [Compute] ベア・メタル・インスタンスでBIOS設定が変更可能に Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 26 2022/7/18 参考ドキュメント:https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Compute/References/bios-settings.htm
  27. • 計画されているVMインスタンスの再起動移行(Reboot Migration)を指定した日時へ変更することが可能 • 最大の延長可能な日時はOracle側で定める • Standardシェイプでサポート • コンソール、APIの操作手順はドキュメントを参照 [Compute]

    VMインスタンスの再起動移行期限が延長可能に Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 27 2022/7/19 参考ドキュメント: https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Compute/Tasks/movinganinstance.htm#extend- maintenance-due-date
  28. トポロジマップ(.png)とリソースデータを含むトポロジマップ(.pdf)をエクスポートする機能が追加 [Network] Network Visualizerに追加された新機能 Copyright – © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 28 2022/7/19 また、マウントターゲットやKubernetesクラスタなどの多くの種類のリソースアイコンが追加
  29. OCI上のOracle Database ServiceをAzureからシームレスに使用可能 Azureのサービスのように容易かつ迅速に導入可能 ✓OCI データベース・サービスをAzureのサービスのように 作成でき、Azureポータルから監視可能 ✓AzureとOCI間のネットワーク設定が不要 ✓AzureとOCI間のユーザー連携を自動設定 ✓ネットワーク通信料金無料

    高いパフォーマンスを実現 ✓Azure、OCI間の遅延は2ミリ秒以下の専用線接続 ✓Exadata Database ServiceやAutonomous Databaseなどの高性能データベースを使用可能 [ODSA] Oracle Database Service for Azure Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 29 2022/7/20 • 【製品アナウンスページ】 https://www.oracle.com/cloud/azure/oracle-database-for-azure/announcement/ • 【プレスリリース】 オラクルとマイクロソフト、Oracle Database Service for Microsoft Azureの提供開始を発表 • 【ブログ記事】 Oracle Database Service for Microsoft Azureの技術概要
  30. Palo Altoをベースにした、OCIネイティブのFirewall-as-a-Service Palo AltoをベースにしたOCIネイティブの次世代ファイアウォール(Next Generation Firewall) VCN-インターネット、オンプレミス-VCN、VCN-VCN間など、ユーザーのネットワーク構成に柔軟に対応するデプロイメント 主なセキュリティ機能 - ステートフル・セキュリティリスト

    : IPv4/IPv6, ポート, プロトコルに基づいたホワイトリスト・ブラックリストによる接続ルールの作成 - URL, FQDNフィルタリング: ドメイン、ワイルドカードやカスタムURLを用いたインバウンド・アウトバウンド通信制限 - IDS/IPS (不正侵入検知・防止): 様々なサイバー攻撃による不正なアクテイビティを脅威インテリジェンスが検知及び遮断 - SSLインスペクション: クライアントとサーバー間のSSL暗号化通信を解読しネットワーク・コンテンツを調査 [Network Firewall] OCI Network Firewall Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 30 VCN Subnet Instance Firewall Subnet OCI Network Firewall ✓ ステートフル・セキュリティ・リスト ✓ URL, FQDN フィルタリング ✓ IDS/IPS(不正侵入検知・防止) ✓ SSLインスペクション ✓ ✕ Internet IGW/NAT Gateway 2022/7/21
  31. IAMに関するチュートリアルがドキュメントに公開 IAMに関するチュートリアルが2点ドキュメントに公開された • アイデンティティ・ドメインのIAMのチュートリアル: https://docs.oracle.com/ja- jp/iaas/Content/Identity/tutorials/iam-tutorials.htm • OCIとMicrosoft Azure間のSSO:https://docs.oracle.com/ja- jp/iaas/Content/Identity/tutorials/azure_ad/sso_azure/azure_sso.htm#sso-get-started

    • OCI IAMとAzure AD間のアイデンティティ・ライフサイクル管理:https://docs.oracle.com/ja- jp/iaas/Content/Identity/tutorials/azure_ad/lifecycle_azure/azure_lifecycle.htm#lifecycle-get- started IAMのチュートリアル公開 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 31 2022/7/21
  32. GraalVM Enterprise JDK 17がプリインストールされて利用可能 クラウド・シェルに、GraalVM Enterprise JDK 17 とネイティブ・イメージがプリインストールされて提供されるようになった。 手順はGraalVMのドキュメントに公開されている。

    • GraalVM Enterprise in OCI Cloud Shell: https://docs.oracle.com/en/graalvm/enterprise/22/docs/getting-started/oci/cloud-shell/ [Cloud Shell] クラウド・シェルでGraalVM Enterprise JDK 17の提供 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 32 2022/7/26
  33. 新規および更新されたスタックは、デフォルトでTerraformレジストリからTerraformプロバイダーを取得することが可能に なった。(古いスタックでは、Resource Manager からプロバイダをフェッチ) 古いスタックでTerraform レジストリ を使用するためには、「Use Terraform registry」 が有効化されている必要があ

    る。 [Resource Manager] TerraformレジストリからのTerraformプロバイダフェッチ Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 33 2022/7/27
  34. 新規 および 更新されたスタックに対して、リソースマネージャが 自動的に「依存関係ロックファイル」を管理。 計画、適用、破棄などのジョブ実行時に、プロバイダ・バージョンのアップグレードを有効化することで、Terraform プロバイ ダーの構成済みソースから利用可能な最新バージョンを取得する。 前提として、Terraform バージョン 0.14

    以降のスタックであること、および、Terraform レジストリ を使用するために、 「Use Terraform registry」 が有効化されている必要がある。 [Resource Manager] 依存関係ロックファイルの管理 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 34 2022/7/27
  35. Object Storageバケットから カスタムプロバイダーを取得できるようになった。 カスタムプロバイダーが利用可能になる前に作成されたスタックでカスタムプロバイダーを使用するためには、最初にスタックを 更新して Terraformレジストリから Terraformプロバイダを利用するよう更新する必要がある。 [Resource Manager] カスタムTerraformプロバイダのフェッチ

    Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 35 2022/7/27
  36. OCVSテスト利用のための1ノードのSDDC環境が利用可能に シングル・ホストSDDCによって、低コストにOCVSをデプロイしてテスト利用することが可能 • シングル・ホストSDDCで本番ワークロードはサポートされない。また、SLAも定義されていない。 • HAなどの複数のホストを必要とする機能は動作しない。 シングル・ホスト SDDC のユースケース例 •

    学習用環境、PoCや事前検証、開発、ワークロードの動作確認など • 移行検証、VMware HCXやvMotionの検証など 課金:時間課金か月次課金のみ選択可能 • 例)DenseIO.E4の32 OCPU 時間課金の場合。最低8時間利用。 • ¥36.564 x 32 OCPU x 8時間 = ¥9,360 [OCVS] Oracle Cloud VMware Solutionのシングル・ホストSDDC Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 36 2022/8/2
  37. プライベート・サブネット内のインスタンスにCloud Shellから接続 • OCIコンソールのクラウド・シェル・セッションでプライベート・ネットワークに接続できるようになった。 • トラフィックがパブリック・ネットワークを経由することなく、プライベート・ネットワーク内のリソースにアクセス可能 • ホーム・リージョン内のVCNおよびサブネットのみで使用可能。ホーム・リージョン以外のサブネットにアクセスする必要がある場合は、 プライベート・アクセスで使用されているサブネットからピアリングを使用する必要がある。 •

    ブログ:プライベート・ネットワーク・アクセスを使用してOCI Cloud Shellからプライベート・リソースに安全にアクセス [Cloud Shell] クラウド・シェルのプライベート・アクセス Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 37 適切な権限を持ったユーザで、 「プライベート・ネットワーク設定」で 対象のVCN、サブネット(、NSG) を選択して接続を作成する。 2022/8/2
  38. 使い慣れたlook & feelにより、すぐにコーディングを開始することが可能 コード・エディタでは、コンソールとローカル開発環境を切り替えることなく、コードを編集し、サービス・ワークフローとスクリプト を更新できる豊富なコンソール内編集環境を提供 また、コード・エディタを使用して、Resource Manager、Functions、および Data Science などの編集も可能

    ブログ:Oracle Cloud Infrastructureでの開発は、OCI Code Editorで簡単になりました! [Code Editor] コード・エディタが利用可能に Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 38 2022/8/2 Java、Python、Docker(Dockerfile)、JSON、 YAML、Terraform などの 15 の一般的な言語で の構文の強調表示、コードの提案、カッコ合わせ、 静的解析、コードナビゲーションなどのインテリジェン トなコード編集機能を提供 Git と連携し、リポジトリのclone作成、コードの探索、 ファイルに加えられた変更の表示、リポジトリへの変 更のpushバックなど、Code Editorから直接コードの バージョン管理や変更を行うことも可能
  39. コード・エディタを使用して、リソース・マネージャのスタックおよびジョブに関連付けられたTerraform構成を編集可能に。 コード・エディタ上で変更を行い、スタックへ変更をアップロードしたり、同時に計画アクション/適用アクションの実行も可能。 [Resource Manager] リソース・マネージャでコード・エディタをサポート Copyright – © 2022 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 39 2022/8/2
  40. ブロック・ボリュームのバックアップポリシーは1日1回のみ行われる。 特定の日に複数のバックアップのスケジュールがされている場合、以下の優先度で1つのみ実行される。 1. 年次 2. 月次 3. 週次 4. 日次

    Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 40 [Block Volume]スケジュールバックアップは1日1回のみ実行 2022/8/2
  41. ファイアウォールなどを経由させたルーティングが容易に可能 [Network] イントラVCNルーティング・GWイングレスルーティングがサポート Copyright – © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. All rights reserved. 41 2022/8/3 ユースケースとして下記が挙げられる 1. VCN内でファイアウォールを経由させた通信が可能 2. IGW, NATGW, SGWにルートテーブルをアタッチし、ファイアウォールを経由させた通信が可能 3. OCVSでゲートウェイ使用時にNSXでNATをする必要がなくなった Web-Tier Subnet Route Table Destination Target 10.1.2.0/24 APP-Tier Subnet 10.1.1.99 FW Private IP App-Tier Subnet Route Table Destination Target 10.1.1.0/24 Web-Tier Subnet 10.1.1.99 FW Private IP z Application VCN(10.1.0.0/16) Web-Tier Subnet (10.1.1.0/24) Web- Tier LB / Instance App-Tier Subnet (10.1.2.0/24) App- Tier LB / Instance Firewall Subnet (10.1.0.0/24) Private IP: 10.1.1.99 Application VCN(10.1.0.0/16) Private IP: 10.1.1.99 Firewall Subnet (10.1.0.0/24) Private IP: 10.1.1.100 Public IP: x.x.x.x Web-Tier Subnet (10.1.1.0/24) Load Balancer / Instance Internet IGW Ingress Table Destination Target 10.1.1.0/24 (Web-Tier Subnet) 10.1.1.99 (FW Private IP) FW Subnet Route Table Destination Target 0.0.0.0/0 IGW Web-Tier Subnet Route Table Destination Target 0.0.0.0/0 10.1.1.99 (FW Private IP) IGW Public IPで アクセス 参考ドキュメント:https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/oci-intra-vcn-routing-and-vcn-gateway-ingress-routing-enhancements
  42. オラクル割り当て、 BYOIP IPv6 、ULAからprefixを割り当て可能 [Network] 複数のIPv6 prefixをVCNまたはサブネットに割り当て可能に Copyright – ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 42 2022/8/3 VCNに最大5つのprefixを含めることができ、 次の3つの種類からprefixを割り当てることが可能 1. GUA(グローバル ユニキャスト アドレス) /56 ・・・オラクルが割り当てたprefix 2. GUA /64(最小) ・・・ユーザーが持ち込んだBYOIP IPv6 prefix 3. ULA(ユニークローカルユニキャストアドレス) /64(最小) ・・・(ULA≒プライベートIPアドレス)のprefix 参考ドキュメント:https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/ipv6-ula-multiple-prefix
  43. • メンテナンス期日よりも前にユーザ側で任意のタイミングでインスタンスを再起動移行(Reboot Migration)すること で、強制的な再起動を回避することが可能に。 • BMインスタンスの場合、これまでは事前に手動移行することで強制的な再起動を回避する必要があった。 • 計画されているBMインスタンスの再起動移行を指定した日時へ変更することが可能。 • 最大の延長可能な日時はOracle側で定める

    • Standardシェイプでサポート • コンソール、APIの操作手順はドキュメントを参照 [Compute] BMインスタンス:オンデマンドの再起動移行と再起動移行の延期が可能に Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 43 2022/8/8 参考ドキュメント: https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Compute/Tasks/movinganinstance.htm#extend- maintenance-due-date
  44. Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights

    reserved. 44 2022/8/16 [Block Volume]クロスリージョン・レプリケーションの新しいリージョンペア クロスリージョン・レプリケーションのターゲットリージョンが拡張された。 東京、大阪のターゲットリージョンは以下の通り。 • 東京リージョン → シドニー、大阪、シンガポール、ソウル、春川 • 大阪リージョン → 東京、ソウル、サンノゼ
  45. • Windows Defender Credential Guardは仮想化ベースのセキュリティを使用してシークレットを分離し、 権限のあるシステム・ソフトウェアのみがアクセスできるようにする機能。 • 「Windows Server 2016」、「Windows

    Server 2019」イメージのシールド・インスタンスでサポート。 • Windows Defender Credential Guardを有効化する手順: https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Compute/References/shielded- instances.htm#credential-guard [Compute] 保護インスタンスでWindows Defender Credential Guardを有効化 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 45 2022/8/17
  46. 組織管理で管理されている子テナンシー全体にまたがった最適化に有用 組織管理の親テナンシーの Cloud Advisor で、組織内の親テナンシー・レベルと子テナンシー・レベルの両方で推奨事 項を表示できるようになった。 [Cloud Advisor] 組織全体の推奨事項の表示 Copyright

    – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 46 2022/8/17 フィルタで表示対象の テナンシを選択
  47. Oracle Linux 9 がプラットフォーム・イメージ(Oracle提供イメージ)として提供開始。 [Compute] プラットフォーム・イメージとしてOracle Linux 9 の提供開始 Copyright

    – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 47 2022/8/26
  48. Oracle Cloud VMware Solutionの バージョン 6.5, 6.7 から 7.0 へのアップグレードが可能

    OCVSでは現在vSphere 6.5, 6.7, 7.0を選択してプロビジョニングが可能。6.5, 6.7は2022/10/15でGeneral Supportが終了予定。VMwareソフトウェアライフサイクル詳細はVMwareのサイトを参照のこと。 • VMwareのソフトウェアのライフサイクル • VMware Blog OCVS ソフトウェアのアップグレード・ワークフロー • SDDC および ESXi ホスト・ソフトウェアを 6.x から 7.x にアップグレードするためのステップバイステップのワークフロー。アップグレードされ た新しい SDDC とホストの作成の自動化 + 必要となる手動作業手順の提示。 • 新しいvSphere 7.0 SDDCとESXiホストがプロビジョニングされ、VMware HCXを介してワークロードが新しいSDDCに移行される アップグレードの注意点 • アップグレード・ワークフロー中、プロビジョニングと移行には2つの追加のVLANが必要。 • アップグレード中は新ホストは時間課金での課金が発生。 • アップグレードが完了したら旧ホストを削除すると、旧ホストの課金間隔を引き継ぐことができる。 [OCVS] VMware ソフトウェアのアップグレード Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 48 2022/8/30
  49. Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights

    reserved. 49 2022/8/30 [Block Volume]ブロックボリュームの動的パフォーマンス・スケーリング パフォーマンス・ベースの自動チューニングを有効にすることで、デフォルトVPU/GBと最大VPU/GBの間でパフォーマンスが 自動的に調整される。 • デフォルトVPU/GBは0、120を選択できない。 • 最大VPU/GBはデフォルトVPU/GBよりも少なくとも10 VPU/GB大きい必要がある。 自動チューニングを有効化することでパフォーマンスのスケーリングが可能に 参考ブログ:https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-ann-dynamic-performance-scaling
  50. イベント・サービスでプリエンプティブル・インスタンスの終了が始まる2分前に通知を受信可能に • プリエンプティブル・インスタンスはインスタンスの終了が始まる 2 分前にイベントを発行するようになった。 • このリリースで、30秒から2分に • イベント名:instancepreemptionaction •

    イベント通知の作成方法:ドキュメント ※プリンプティブル・インスタンスとはコンピュート容量が他の場所で必要な場合、OCIが短期間で削除できる為、オンデマン ド・インスタンスに比べ、50%割引で使えるインスタンス [Compute] プリエンプティブル・インスタンス削除前の通知時間が延長 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 50 2022/8/31
  51. リリースノート以外のアップデート そのほかのアップデート Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates.

    All rights reserved. 51
  52. ドキュメントの更新がわかりやすく 新機能でドキュメントのセクションが追加された場合、目次に「新規」表示がつくようになった [ドキュメント] OCIドキュメントの「新規」表示 Copyright – © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 52
  53. 仮想ネットワークのモニタリングに有用な機能がまとまったメニュー・カテゴリ コンソールのメニュー・カテゴリとして「ネットワーク・コマンド・センター」が登場 コンソール上の以下の機能がネットワーク・コマンド・センターに集約 • ネットワーク・ビジュアライザ • リージョン間のレイテンシ • ネットワーク・パス・アナライザ •

    仮想テストアクセスポイント(VTAP) [コンソール] ネットワーク・コマンド・センターのカテゴリ Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 53 【関連ブログ】ネットワークの可観測性: OCIで簡単にできるネットワーク運用 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-network-observ-your-network-operations
  54. OCVS上で Horizon, Site Recovery Manager, vRealize Cloud Management, Tanzu のサポート

    VMware Horizon 仮想デスクトップ • チュートリアル:Oracle Cloud VMwareソリューションにVMware Horizonをインストールおよび構成 • https://docs.oracle.com/ja/learn/horizon_on_ocvs/index.html • ブログ:Oracle Cloud VMware SolutionのVMware Horizon検証設計 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-vmware-horizon-validated-design Site Recovery Managerによる災害対策 • ブログ:VMware Disaster Recovery with Site Recovery Manager is now available for Oracle Cloud VMware Solution (OCVS) • https://core.vmware.com/blog/vmware-disaster-recovery-site-recovery-manager-now-available-oracle-cloud-vmware-solution-ocvs • ソリューション・プレイブック:障害に対するクラウドでのVMware SDDCの保護 • https://docs.oracle.com/ja/solutions/implement-dr-for-ocvs/learn-implementing-vmware-site-recovery-manager.html vRealize Cloud Managementによる統合運用 • ブログ:Manage your Oracle Cloud VMware Solution with VMware vRealize Cloud Management • https://blogs.vmware.com/management/2022/02/ocvs-with-vrealize.html VMware Tanzu standard edition • ブログ:VMware Tanzu support for Oracle Cloud VMware Solution • https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/vmware-tanzu-support-for-oracle-cloud-vmware-solution • ブログ:Create and manage Kubernetes clusters on Oracle Cloud Infrastructure with Cluster API • https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/create-and-manage-kubernetes-clusters-on-oracle-cloud-infrastructure-with-cluster-api [OCVS] 各種VMware製品の動作確認、デプロイ方法の公開 Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 54
  55. https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ 各サービスや機能カットの資料などを掲載 OCI活用資料集:日本語技術資料 Copyright – © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. All rights reserved. 55 最近アップロードされた資料 • 仮想テスト・アクセス・ポイント(VTAP)概要 July 20, 2022 • VCNのトラブルシューティングやセキュリティ監視などに活用できるパケッ ト・キャプチャ機能である仮想テスト・アクセス・ポイント(VTAP)の概 要資料です。 • 仮想クラウド・ネットワーク (VCN) 概要 July 20, 2022 • 仮想クラウド・ネットワークと、その構成コンポーネント、ネットワークの結 合(ピアリング)に関して解説しています • OCI IAM Identity Domains機能概要 July 6, 2022 • OCIの新認証基盤Identity Domainsの機能概要資料です。 • WAF保護ルールの考え方 June 28, 2022 • 本資料では、OCI WAFが提供する保護ルールの考え方と設定例につ いて紹介します • FastConnect 冗長性のベスト・プラクティス June 23, 2022 • お客様ネットワークとOracle Cloud Infrastructure(OCI)間をプライ ベート回線で接続するサービス「FastConnect」の冗長化におけるベ ストプラクティスについて解説しています。
  56. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-new-feature-highlights よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい方は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト

    Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 56
  57. Oracle Cloud Infrastructure 主要情報一覧 1 2 Oracleアーキテクチャ・センター https://docs.oracle.com/ja/solutions/ クラウド環境の検討や実装に役立つように設計されたリファレンス・アーキテクチャとソリューショ ン・プレイブックのカタログを多数掲載。ダウンロード、カスタマイズ、およびデプロイできるコードま

    たはスクリプトも含む。 リファレンス・アーキテクチャ、ソリューション・プレイブックを概説した下記ブログもご参照ください。 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/move-workload-to-oraclecloud 3 OCIサービスアップデート https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-oci-service- update 毎月公開するOCIのサービス・アップデート情報をスライドで分かり易く説明。各サービスの詳 細なアップデート情報は、各サービスのドキュメントや下記「OCI活用資料集」をご覧ください。 4 5 OCIお客様活用事例 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oracle-cloud- platformpaasiaas OCIを活用したお客様の事例のご紹介。データベースはもちろんのこと、アナリティックス、セキュ リティ、システム管理、コンテンツ管理、ブロックチェーン、チャットボットなど様々なサービスのお 客様事例をご紹介します。 OCI活用資料集 https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ OCIを使ってみたい! という方のための技術ドキュメント集。 OCIのサービス別技術資料をはじ め、PPTスライドを中心とした公開ドキュメントや、セミナーで使用した資料をアップロードしてい ます。 6 OCIセミナー情報 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/column_cloud_seminar 今後開催予定のウェビナー(含むハンズオントレーニング)についてご案内します。 ほぼ毎週 2回+ハンズオンを様々なテーマで開催中! オラクルエンジニア通信 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術資料、コラム、マニュアルなど、OCIに関するその他の情報は、「オラクルエンジニア通信」 よりお届けしています。 チュートリアル: OCI を使ってみよう https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/ OCIを使ってみよう! という人のためのチュートリアル集。各項ごとに画面ショットなどを交えなが らステップ・バイ・ステップで作業を進めて、OCIの機能についてひととおり学習することができるよ うになっています。 7 OCIドキュメント 各サービスのマニュアル。 https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/home.htm 8 Oracle Code Night https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/ オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)のDeveloper(開発 者)によるDeveloper(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナーのこと。 ほぼ毎週 様々なテーマで開催中! 9 Oracle Cloud Infrastructure 主要情報をまとめたポータル(以下1−9を含む) https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/column_oci_links Copyright – © 2022 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 57
  58. None
  59. Our mission is to help people see data in new

    ways, discover insights, unlock endless possibilities.