Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデート

Oracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデート

過去資料はこちら:https://bit.ly/3AUoYWY
2021年11月のOracle Cloud Infrastructure サービス・アップデートです。

140494d272a4d89883a94fdfdb29dea2?s=128

oracle4engineer
PRO

November 25, 2021
Tweet

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS & IaaS) 2021年11⽉度サービス・アップデート ⽇本オラクル株式会社 事業戦略統括 事業開発本部

    2021年11⽉11⽇
  2. マニュアル • Oracle Cloud Infrastructure Documentation (英語版︓最新情報はこちらをご覧ください) • Oracle Cloud

    Infrastructure ドキュメント (⽇本語版) アップデートへのリンク • Oracle Cloud Infrastructure 全体 • Autonomous Database ブログ • [英語]Oracle Cloud Infrastructure Blog • [英語]Oracle Database Insider • [⽇本語]オラクルエンジニア通信 • サービス・アップデート(全体概要) • 本資料の過去資料はこちら • OCI新機能ハイライト(機能詳細) 各サービスのアップデートはこちらから確認できます Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 2
  3. 東京リージョン: 追加サービス (10-11⽉) ⼤阪リージョン: 追加サービス (10-11⽉) • Data Labeling Service

    • Certificates Service サービス・アップデート • 全体 • マルセイユ・リージョン(フランス) 開設 • シンガポール・リージョン 開設 サービス・アップデート (続き) • Network • フレキシブル・ロード・バランサーでのOCI WAF保護 • Database • [ExaC@C] VM Cluster Node Subsetting • その他 • [Operations Insights] Support for Exadata Systems (Exadata Database Machine) • [DevOps] ソースコードの管理、ソフトウェアのビルドの⾃ 動化 • 組織管理(Organization Management) • [Oracle Support Rewards] リワード獲得状況の確認、 ⽀払いへの適⽤が可能に 2021年11⽉度 アップデート・サマリー Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 3
  4. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 5
  5. 2021年11⽉現在︓34リージョン提供中、さらに10リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2021, Oracle and/or its

    affiliates 6 https://www.oracle.com/cloud/architecture-and-regions.html CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA JOHANNESBURG SYDNEY MELBOURNE Commercial Commercial Planned Government Microsoft Interconnect Azure SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL MEXICO デュアル・リージョン︓基本的に全ての国/地域 で2つ以上のリージョンを提供し、お客様の業務 継続要件に対応していく (⽇本の場合は東京-⼤阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ︓2025年までに、すべてのリー ジョンにおいて、100%再⽣可能エネルギーを使 ⽤することを表明 (欧州リージョンは達成済み) NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN FRANCE 2 SPAIN MARSEILLE JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 SINGAPORE New New マルセイユ/シンガポール/アブダビ 開設 New
  6. 2021年11⽉現在︓34リージョン提供中、さらに10リージョン計画 2022年末までの、新たなリージョン開設計画を発表しま した (2021年10⽉14⽇) https://www.oracle.com/jp/news/announcemen t/oci-footprint-jp-20211014/ 1拠点⽬のリージョン開設予定 • ミラノ(イタリア)、ストックホルム(スウェーデン)、マルセイ ユ(フランス)[済み]、スペイン、シンガポール[済み]、ヨハネ

    スブルグ(南アフリカ)、エルサレム(イスラエル)[済み] 、メ キシコ、コロンビア 2拠点⽬のリージョン開設予定 • アブダビ(アラブ⾸⻑国連邦)[済み]、サウジアラビア、フ ランス、イスラエル、チリ Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 7
  7. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 8
  8. CAや証明書の作成やライフサイクル管理を実現するマネージド・サービス • Oracle Cloud Infrastructure 証明書サービス(OCI Certificates Service)は、証明書の発⾏、保管、管理機 能を提供するサービス •

    管理者は⼿動での証明書の更新や期限管理などの作業から解放される • 証明書(Certificate)、認証局(CA)、CAバンドルのライフサイクルを管理 • CA/証明書/CAバンドルの作成、メタデータ更新、削除、⾃動更新、有効期間、バージョン管理とローテーション、証明書の外 部からのインポートなど • CA作成にはボールトのHSM⾮対称キーが必要 • 証明書を必要とするOCIリソースにシームレスに関連付けが可能 • 例︓OCI ロード・バランサーからの利⽤ • 無償で利⽤可能 • Blog︓Automating To A More Secure Connection 証明書サービス(OCI Certificates)のリリース Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 9 新機能
  9. FLB上でWAF保護ポリシーを適⽤し、 VCN内アプリケーションを保護 • OCI Web Application Firewall(WAF)は、アプリケーション層(L7)DDOS攻撃、クロスサイトスクリプティング、 SQLインジェクション、などの多数のサイバー脅威からWebアプリケーションを保護するサービス • VCN内のフレキシブル・ロード・バランサー(パブリック/プライベート)に対してWAF保護ポリシーを適⽤できるようになった

    • インターネット・アプリケーションだけではなくVCN内部のプライベートなアクセスに対してもWAFでの保護が可能に • Blog︓Oracle Cloud Infrastructure Web Application Firewallのご紹介 • WAF課⾦体系の変更 フレキシブル・ロード・バランサー上でのWeb Application Firewall Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 10 OCI パブリック・サブネット プライベート・サブネット VCN DRG パブリック・ ロード・バランサ インターネット・ ゲートウェイ インスタンス インスタンス プライベート・ ロード・バランサ WAFポリシー WAFポリシー オンプレミス 保護 保護 インターネット Product Price Metric Instance ¥600 Instance Per Month Requests ¥72 1,000,000 Incoming Requests Per Month 機能拡張
  10. Oracle Cloud Infrastructure Web Application Firewall WAF課⾦体系の変更 Copyright © 2021,

    Oracle and/or its affiliates 11 サービス名 Port Num 単価 単位 Web Application Firewall - Requests B90329 ¥72 1,000,000インカミングリクエスト/⽉ Web Application Firewall - Good Traffic B90330 ¥18 グッドトラフィックのギガバイト/⽉ Web Application Firewall - Bot Management B90332 ¥480 1,000,000インカミングリクエスト/⽉ サービス名 Port Num 単価 単位 Web Application Firewall - Requests B94579 ¥72 1,000,000インカミングリクエスト/⽉ Web Application Firewall - Instance B94577 ¥600 1インスタンス/⽉ * 無償枠︓1インスタンス 、1000万リクエスト
  11. 複数テナンシの請求やコストを⼀括して管理 • 組織管理(Organization)では、複数テナンシの請求やコスト管理を⼀元化可能 • 以前Unified BillingまたはSubscription Sharingと呼ばれていた機能が組織管理(Organization)に統合 • 現時点で⼀元管理できるのは請求、コスト分析、コストレポートのみ。IAMやそのほかリソースはテナンシごとに独⽴ •

    テナンシの追加⽅法 • 新規テナンシを⼦テナンシとして作成 • 既存テナンシを組織配下に⼦テナンシとしてリンクする(⼦テナンシの招待と、招待の受け⼊れ) • サブスクリプション・マッピング • テナンシをサブスクリプションに再マッピングすることで、テナンシの使⽤量は、そのレート・カード、クレジット消費およびサブスクリプ ション契約内のその他の契約を含め、サブスクリプションの条件が適⽤される • コスト・レポート統合 • 親テナンシのコスト分析にはすべてのテナンシのコストが含まれ、テナンシやサブスクリプションごとにフィルタやグループ化可能 • ⼦テナンシは⾃⾝のテナンシでのコスト分析のみ表⽰可能。親テナンシのホーム・リージョンをサブスクライブする必要がある • コストおよび使⽤状況レポートは親テナンシでのみ⽣成される • 予算は親テナンシでのみサポートされる 組織管理サービス(Organization)のリリース Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 12 新機能
  12. リワード獲得状況の確認、⽀払いへの適⽤が可能に Oracle Support Rewards Copyright © 2021, Oracle and/or its

    affiliates 13 新機能 [ブログ記事] Oracle Support Rewards: introducing a new end-to-end experience リワード獲得状況の確認 ⽀払いへの適⽤
  13. Infrastructure Service サービス・アップデート詳細 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/categ ory/o4e-OCI新機能ハイライト Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 14
  14. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/10 -1) https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/ Release Date Services

    2021/10/5 MySQL Database MySQL Database Service Outbound Replication 2021/10/6 APM New Release for Application Performance Monitoring 2021/10/6 Vulnerability Scanning New Vulnerability Scanning API Operations and Policies 2021/10/6 Management Agent New Release for Management Agent 2021/10/7 Database Migration Database Migration introduces new Console features and API changes 2021/10/8 OKE Support for Kubernetes version 1.20.11 2021/10/8 OKE Support for Kubernetes version 1.19.15 2021/10/11 Logging Analytics Logging Analytics: Create Parsers for CSV, TSV Files 2021/10/11 OCI New Region in Jerusalem, Israel 2021/10/12 Data Science Access Object Storage using Pandas 2021/10/13 GoldenGate New Release for GoldenGate 2021/10/13 Data Science Intel Extension for Scikit-learn 2021.3.0 conda environment is introduced. 2021/10/13 APM New Release for Application Performance Monitoring 2021/10/14 Data Labeling Data Labeling Service is now available. ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 15 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  15. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/10 -2) https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/ Release Date Services

    2021/10/15 Compute Create instance configurations from a list of settings in the Console 2021/10/19 MySQL Database Support for MySQL version 8.0.27 2021/10/20 Logging Analytics Logging Analytics: New Major User Assistance Enhancements 2021/10/20 Database Exadata Cloud@Customer: VM Cluster Node Subsetting 2021/10/20 Database Bare metal / virtual machine DB systems: enhancements for image-based patching and resource creation 2021/10/20 Logging Analytics Terraform Support for More Logging Analytics Resources 2021/10/21 Database Bare metal / virtual machine DB systems: convert 19c non-container databases to pluggable databases 2021/10/26 Operations Insights Support for Exadata Systems (Exadata Database Machine) 2021/10/26 DevOps New continuous integration features for DevOps 2021/10/27 Certificates Certificates service is now available 2021/10/27 Cloud Guard New Cloud Guard Features Are Availabile 2021/10/28 Load Balancing, WAF OCI WAF protection on Flexible Load Balancers 2021/10/28 GoldenGate OCI GoldenGate: Upgrade available for deployments ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 16 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  16. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/10 -3) https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/ Release Date Services

    2021/10/29 Data Science Data Science has a new JupyterLab Launcher 2021/10/29 Governance Organization Management is now available 2021/10/31 OCI New Region in Marseille, France 2021/10/31 OCI New Region in Singapore, Singapore ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 17 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  17. より柔軟にインスタンス構成をインスタンスのテンプレートとして作成、活⽤可能に • コンソールでインスタンス構成を作成する際に、構成設定のリストを指定して作成できるようになった。 • これまでコンソールでインスタンス構成を作成するには既存のインスタンスをもとに作成する必要があった。 • インスタンス・プールの⼀部としてのインスタンスではなく、インスタンス構成から単独のインスタンスを起動することも可能。 • これによって、シェイプやイメージ、VNIC構成などを含めた新規インスタンス作成時のテンプレートとしてインスタンス構成を利⽤す ることも可能になった。

    [Compute] コンソールで設定のリストからインスタンス構成を作成 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 18 2021/10/15
  18. CAや証明書の作成やライフサイクル管理を実現するマネージド・サービス • Oracle Cloud Infrastructure 証明書サービス(OCI Certificates Service)は、証明書の発⾏、保管、管理機 能を提供するサービス •

    管理者は⼿動での証明書の更新や期限管理などの作業から解放される • 証明書(Certificate)、認証局(CA)、CAバンドルのライフサイクルを管理 • CA/証明書/CAバンドルの作成、メタデータ更新、削除、⾃動更新、有効期間、バージョン管理とローテーション、証明書の外 部からのインポートなど • CA作成にはボールトのHSM⾮対称キーが必要 • 証明書を必要とするOCIリソースにシームレスに関連付けが可能 • 例︓OCI ロード・バランサーからの利⽤ • 無償で利⽤可能 • Blog︓Automating To A More Secure Connection [Certificates] 証明書サービス(OCI Certificates)のリリース Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 19 2021/10/27
  19. • 証明書の作成⽅法︓3種類から選択 • 内部CAにより発⾏ • 証明書サービス内のプライベート認証局で発⾏ • 内部CAにより発⾏、外部管理 • 証明書サービス内のプライベート認証局で発⾏し、外部で管理

    • インポート • 3rd partyのパブリック認証局もしくはプライベート認証局で発⾏された証明書 をインポート • 証明書のプロファイル︓利⽤⽤途に応じて4つから選択 • TLSサーバーまたはクライアント • TLSサーバー • TLSクライアント • TLSコード署名 • キー・アルゴリズム • RSA(2048/4096)、ECDSA(P256/P384)から選択 • 有効期間や⾃動更新ルールの設定 • CAを削除する際にはデフォルト30⽇間、最低1⽇間以降後で スケジュールする必要がある 証明書(Certificate)の利⽤ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 20
  20. • ルート認証局、もしくは下位認証局を選択 • CA作成に必要なIAMポリシー • 操作ユーザへの権限付与以外に、動的グループへの権限が必要 • resource.type=‘certificateauthority’ を含む動的グループを作成し、 以下の権限を付与

    • CA作成に必要なボールト・キー • ボールトにHSM保護された⾮対称キーを準備する必要がある。ソフト ウェア保護キーはサポートされない。 (HSMキーは20個以降は有償) • ⾮対称キーとしてはRSA(2048bit/4096bit)もしくはECDSA (NIST_P384)を選択可能。 • CAの有効期間の設定、証明書や下位CAの失効ルール(最⼤ 有効期間)の設定が可能 • CAを削除する際にはデフォルト30⽇間、最低7⽇間以降後でス ケジュールする必要がある 認証局(CA)の利⽤ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 21 Allow dynamic-group <dg名> to use keys in compartment xxx Allow dynamic-group <dg名> to manage objects in compartment xxx
  21. • フレキシブル・ロード・バランサのリスナー作成時、もしくはリスナーの編集時にあらかじめ作成された証明書サービスの証 明書を選択可能 • クラウド・ガードの証明書サービスに対するディテクタ・ルールが追加 ほかのOCIサービスとの連携 Copyright © 2021, Oracle

    and/or its affiliates 22
  22. FLB上でWAF保護ポリシーを適⽤し、 VCN内アプリケーションを保護 • OCI Web Application Firewall(WAF)は、アプリケーション層(L7)DDOS攻撃、クロスサイトスクリプティング、 SQLインジェクション、などの多数のサイバー脅威からWebアプリケーションを保護するサービス • VCN内のフレキシブル・ロード・バランサー(パブリック/プライベート)に対してWAF保護ポリシーを適⽤できるようになった

    • インターネット・アプリケーションだけではなくVCN内部のプライベートなアクセスに対してもWAFでの保護が可能に • Blog︓Announcing Oracle Cloud Infrastructure WAF Protection on Flexible Load Balancers • WAF課⾦体系の変更 フレキシブル・ロード・バランサー上でのWeb Application Firewall Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 23 2021/10/27 OCI パブリック・サブネット プライベート・サブネット VCN DRG パブリック・ ロード・バランサ インターネット・ ゲートウェイ インスタンス インスタンス プライベート・ ロード・バランサ WAFポリシー WAFポリシー オンプレミス 保護 保護 インターネット Product Price Metric Instance $5 Instance Per Month Requests $0.6 1,000,000 Incoming Requests Per Month
  23. 複数テナンシの請求やコストを⼀括して管理 • 組織管理(Organization)では、複数テナンシの請求やコスト管理を⼀元化可能 • 以前Unified BillingまたはSubscription Sharingと呼ばれていた機能が組織管理(Organization)に統合 • 現時点で⼀元管理できるのは請求、コスト分析、コストレポートのみ。IAMやそのほかリソースはテナンシごとに独⽴。 •

    テナンシの追加⽅法 • 新規テナンシを⼦テナンシとして作成 • 既存テナンシを組織配下に⼦テナンシとしてリンクする。(⼦テナンシの招待と、招待の受け⼊れ) • サブスクリプション・マッピング • テナンシをサブスクリプションに再マッピングすることで、テナンシの使⽤量は、そのレート・カード、クレジット消費およびサブスクリプ ション契約内のその他の契約を含め、サブスクリプションの条件が適⽤される。 • コスト・レポート統合 • 親テナンシのコスト分析にはすべてのテナンシのコストが含まれ、テナンシやサブスクリプションごとにフィルタやグループ化可能。 • ⼦テナンシは⾃⾝のテナンシでのコスト分析のみ表⽰可能。親テナンシのホーム・リージョンをサブスクライブする必要がある。 • コストおよび使⽤状況レポートは親テナンシでのみ⽣成される。 • 予算は親テナンシでのみサポートされる。 組織管理サービス(Organization)のリリース Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 24 2021/10/29
  24. リリースノート以外のアップデート そのほかのアップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 25

  25. Tokyo、OsakaリージョンでもVM.Optimized3.FlexおよびBM.Optimized3.36が利⽤可能に • 第三世代Intel Xeonプロセッサ(Ice Lake)をベースにした Optimized3 インスタンス • X7に⽐べてプロセッサ周波数は50%向上(Base frequency

    3.0 GHz, max turbo frequency 3.6 GHz)、2倍のPCIe帯域、 OCPUあたり4倍のネットワーク帯域。 • 現時点でシングルスレッドの性能が最も⾼いシェイプ • VMインスタンスはE3やE4と同じく、フレキシブル・インスタンス • BMインスタンスはRDMAをサポートするクラスターネットワークを構成でき、3.2TBのローカルNVMe領域を持つ。HPCに最適 Tokyo、OsakaリージョンでコンピュートのOptimized3シェイプが利⽤可能 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 26 インスタンス OCPU メモリー 内蔵 ストレージ ネットワーク BM.Optimized3.36 36 512 GB 3.84 TB NVMe 100 Gbps VM.Optimized3.Flex 1 - 18 1-256 GB なし 4 Gbps per OCPU (max 40 Gbps)
  26. コンピュートのHPC2、GPU2、GPU3が前世代シェイプへ移⾏ • 2022年2⽉28からコンピュートのIntel X7ベースのHPC2とGPUシェイプが前世代シェイプになる旨がアナウンスされた。 • 引き続きこれらのシェイプは利⽤可能で完全にサポートされるため、既存環境はそのまま利⽤可能。ただしOCIはこれら のHWキャパシティを追加する保証がなくなる。また、 2022年3⽉以降にオープンするリージョンではこれらのシェイプは提 供されない。 •

    アナウンスブログ • https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/post/notification-for-sku-transition-of-intel-x7-based- compute-instances 2022年2⽉28⽇からIntel X7 (HPC2 と GPU)シェイプが前世代シェイプに Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 27 SKU Part Number Console Names Recommended alternate SKU Part Number Console Name Oracle Cloud Infrastructure - Compute - Bare Metal GPU Standard - X7 * B88517, B89141, B89425 BM.GPU2.2 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - GPU - E3 ** B92740, B92741 BM.GPU4.8 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - GPU Standard - V2 * B89734, B89735, B90019 BM.GPU3.8 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - GPU - E3 ** B92740, B92741 BM.GPU4.8 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - HPC - X7 B90398, B90399 BM.HPC2.36 Oracle Cloud Infrastructure - Compute - Optimized - X9 B93311,B93312 B93395, B93396 BM.Optimized3.36 代替の新しいシェイプ *代替オプションには現時点ではGPUのVMシェイプはない
  27. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-OCI新機能ハイライト よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい⽅は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト

    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 28
  28. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 29
  29. Autonomous Database サービス・アップデート詳細 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/auto nomous-database-sabisuatupudeto Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 30
  30. DBMS_CLOUD.COPY_COLLECTIONでのロード以外に、DBMS_CLOUD.COPY_DATAを利⽤してオブジェクトスト レージ上のJSONデータを表にロードできるようになりました。リソースプリンシパルを利⽤したOCIオブジェクトストレージへの アクセス、ARNによるAWS S3へのアクセスも可能です。 オブジェクトストレージから既存の表へのJSONデータのロード Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 31 CREATE TABLE EMPTEST(EMPNO NUMBER(4),ENAME VARCHAR2(10)); BEGIN DBMS_CLOUD.COPY_DATA( table_name => 'EMPTEST', credential_name => ‘DEF_CRED_ADMIN', file_uri_list => 'https://objectstorage.ap-tokyo- 1.oraclecloud.com/n/namespace/b/bucketname/o/emp.json', format => JSON_OBJECT('type' value 'json', 'columnpath' value '["$.EMPNO","$.ENAME"]') ); END; / SELECT * FROM EMPTEST; EMPNO ENAME ---------- ---------- 7369 SMITH 7900 JAMES {"ENAME":"SMITH","JOB":"CLERK","MGR":"7902","HIREDATE":"1980-12- 17","SAL":"800.00","COMM":"0.00","DEPTNO":"20","EMPNO":7369}{"ENAM E":"JAMES","JOB":"CLERK","MGR":"7698","HIREDATE":"1981-12- 03","SAL":"950.00","COMM":"0.00","DEPTNO":"30","EMPNO":7900}{"ENAM E":"ADAMS","JOB":"CLERK","MGR":"7788","HIREDATE":"1983-01- 12","SAL":"1100.00","COMM":"0.00","DEPTNO":"20","EMPNO":7876}{"ENAM E":"WARD","JOB":"SALESMAN","MGR":"7698","HIREDATE":"1981-02- 22","SAL":"1250.00","COMM":"500.00","DEPTNO":"30","EMPNO":7521} [emp.json] 2021/10
  31. Oracle Database 21cの新機能がバックポートされ、Autonomous Databaseで利⽤可能に Immutable Table(不変表)/ BlockChain Table(ブロックチェーン表)とが利⽤できるようになりました。 • Immutable

    Table 内部ユーザーの不正なデータの改ざんを防ぐことを⽬的としたInsert-Onlyの特別なデータベース表 • Block Chain Table ブロックチェーンで耐改ざん性を追加、監査性を強化したInsert-Onlyの特別なデータベース表 Immutable Table(不変表)とBlockChain Table(ブロックチェーン表)のサポート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 32 2021/10
  32. OCI Data Catalogのメタデータを使⽤して外部データのクエリを⾏うことができるようになりました。 ADBはData Catalogに接続し、メタデータを同期することで、Data Catalogによって収集された論理エンティティごとに外 部表を⾃動的に作成します。 OCI Data Catalogとの統合

    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 33 SQL> select owner,table_name,external from dba_tables where owner like 'DCAT%'; OWNER TABLE_NAME EXT -------------------------------------------------- ---------- --- DCAT$<DATAASSET>_<BACKET> SALES YES DCAT$<DATAASSET>_<BACKET> CUSTOMER YES 同期 2021/10
  33. Autonomous Database付属のAPEXのリリースが21.1になりました。21.1の新機能についてはこちらをご覧ください。 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/oracle-apex-21-dot-1-xin-ji-neng-falseshao-jie Oracle APEX 21.1が利⽤可能に Copyright © 2021, Oracle

    and/or its affiliates 34 2021/10
  34. Autonomous Database Dedicatedの新機能 DedicatedでUTL_HTTP/UTL_SMTPパッケージを利⽤できるようになりました。Sharedとは制限が異なりますのでご注 意ください。 • SharedとDedicatedで異なる点(2021/11) • その他の制限事項や最新の情報はそれぞれマニュアルの記載(Dedicated /

    Shared)を参照ください UTL_HTTP、UTL_SMTP をDedicatedでも利⽤できるように Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 35 Shared Dedicated UTL_HTTP IPアドレスを介した接続 不可 許可 接続プロトコル HTTPSのみ HTTP,HTTPS,HTTP_PROXY 許可されるポート 443のみ 80、443がデフォルトで有効 UTL_SMTP IPアドレスを介した接続 不可 許可 許可されるポート 25,587のみ 25,465,587,225がデフォルトで有効 メールプロバイダー OCI Email Delivery Serviceのみ OCI Email Delivery Serviceとサードパー ティのSMTPサーバー 2021/10
  35. Exadata Cloud@Customer サービス・アップデート詳細 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/categ ory/o4e-exadata-cloud-at-customer Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 36
  36. より柔軟なリソース(CPU、メモリー、ローカル・ストレージ)を割当てた利⽤が可能 • クラスタ内のノード数を指定し、新規、既存のVMクラスタへの追加および削除が可能 • 同⼀クラスタ内でVMごとに同じHWリソースを持つ必要があり、2つ以上のVMが必要 • 単⼀のVM構成(シングル構成)は、サポートされていません • データベース・サーバー毎に作成可能なVMの数 •

    8 VMs on X8M and above • 6 VM’s on X7 • 5 VM’s on X8 • Exadata Infrastructure内で作成可能なVMクラスタ数 • 16 VM clusters across all DB Servers on X8M and above • 12 VM clusters on X7 • 10 VM clusters on X8 VMクラスタ・ノード・サブセット化 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 37
  37. VM Cluster Node Subsettingとは︖ VM Cluster Node Subsetting Copyright ©

    2021, Oracle and/or its affiliates 38 ExaCC Half Rack Cluster A Cluster B Cluster C Cluster D Cluster A Cluster A Cluster B Cluster C Cluster C Cluster D • ExaCCインフラストラクチャのDBサーバーのサブセッ トにVMクラスターを作成 • 必要に応じてクラスターを拡⼤および縮⼩可能 • Exadataリソースのより効率的な共有が可能 • ワークロードを分離 • ワークロードを同じ場所に配置 • クラスターのサイズを適切に設定 • VMのサブセット上のOCPUに対してのみ⽀払可能 利点
  38. VM Cluster Node Subsetting での利⽤可能範囲 • Gen 2 Exadata Cloud@Customer

    サービスの新規および既存のプロビジョニング済み* VMクラスターで使 ⽤可能 • OCIコンソールのUI、API、およびCLIを介して利⽤可能なVMクラスターノードのサブセット化機能 • VMクラスタ全体のすべてのVMには、VMごとに同じリソース割り当て • すべてのVMクラスターには最低2つのVMが必要 • *既存のプロビジョニングされたVMクラスターをサブセット化しても、RAC構成で実⾏中のデータベースには影響 しません 39 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  39. 制限事項 40 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 制限事項

    X9M-2 X8M-2 X8-2 X7-2 クラスターあたりのVMの最⼩ 2 2 2 2 DBサーバーあたりのVMの最⼤数* 8 8 5 6 すべてのDBサーバーにわたるVMクラスターの最⼤数** 16 16 10 12 各VMをホストするために予約されている内部ローカルストレージ 184 GB 160 GB 137 GB 137 GB ** DBサーバーあたりの最⼤VM数は、各VMをホストするために予約されている固定の内部ローカルストレージに基づいており、世代によって異なります。 VMで利⽤ 可能なローカルストレージを⾒積もる⽅法の詳細については、こちらの技術ドキュメント参照 **インフラストラクチャ内のすべてのDBサーバーにわたるVMクラスターの最⼤数は、DBサーバーごとに使⽤可能なリソースに依存し、DBサーバーごとのVMの最⼤数 の制限の対象
  40. ノードサブセット利⽤時のネットワーク Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 41 Cluster

    A Cluster A Cluster A Cluster A dbServer-1 IPs dbServer-2 IPs dbServer-3 IPs dbServer-4 IPs VM Cluster Network A • VMクラスターネットワークには、インフラストラクチャ内の すべてのDBサーバー⽤のIPが事前にプロビジョニングさ れています。 すべてのVMクラスターネットワークは単⼀ のVMクラスターによって使⽤されます • クラスターにVMを追加すると、関連付けられたネット ワークから事前にプロビジョニングされたIPアドレスが⾃ 動的に取得されます Cluster B • クラスターからVMを削除しても、クラスターから削除した VMをホストしていたDBサーバーに割り当てられた事前 プロビジョニングされたIPは変更されません。 Cluster B Cluster B dbServer-1 IPs dbServer-2 IPs dbServer-3 IPs dbServer-4 IPs VM Cluster Network B • 検証により、異なるクラスターネットワーク内のDBサー バーに割り当てられたIPが重複しないことが保証されま す dbServer-1 dbServer-2 dbServer-3 dbServer-4 ExaCC Half Rack
  41. VMを追加/削除する際の追加の考慮事項 • クラスタを拡張するために追加された新しいVMは、クラスタ内の既存のVMで実⾏されているのと同じゲスト OSイメージバージョンでプロビジョニング • 1年以上前のゲストOSイメージバージョンを実⾏しているVMクラスターの場合、クラスターを拡張するVMを追 加する前に、ゲストOSイメージバージョンを更新が必要 • Data Guard⽤に構成されたデータベースでVMを追加または削除するには、このMOSノート2811352.1でカ

    バーされている追加の考慮事項がいくつか必要 • Data Guard構成の⼀部ではないデータベースの場合、既存のクラスター内のすべての* VMで実⾏されてい るデータベースのみが新しくプロビジョニングされたVMに追加 * VMのサブセットで実⾏されているデータベースは、新しく追加されたVMで実⾏されるように⾃動的に拡張され ることはありません。 42 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  42. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 43
  43. ソフトウェアをビルド、テスト、およびデプロイし、開発ライフサイクルの各フェーズを⾃動化 サービス概要/特徴 • Code Repository: ソースコードの管理 (Git) • Build Pipeline

    (CI) : ソフトウェアのビルドの⾃動化 • Artifact Repositories: 成果物の管理 • Deployment Pipeline (CD) : OCI上でCompute、 Container Engine (OKE)、Functionsへのデプロイの⾃ 動化 こんな課題に役⽴ちます • 継続的インテグレーション/デプロイ(CI/CD)プロセスの 実現、コンテナ活⽤やマイクロサービス設計のシステムを想 定した開発・運⽤環境の整備 サービス価格 • 無料 (*コード管理のストレージ、およびビルドのためのcomputeは別途必要) OCI DevOps Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 44 Compute Container Engine For Kubernetes (OKE) Functions 開発者 開発環境へ デプロイ 統合テスト の実⾏ 承認 本番環境へ デプロイ ビルドの 実⾏ 成果物の 検証 成果物の デリバリ Build Pipeline: CI Deployment Pipeline: CD Code Reposito ry Artifact Repositories OCI DevOps 機能拡張
  44. システムのダウンタイムを極⼩化を実現するOracle Cloud へのデータベース移⾏サービス サービス概要/特徴 • OCI Database Migrationは、データベースをOracle Cloudにスムーズに移⾏できるようにするサービスです •

    OCI Database Migrationは、いくつかの簡単なステップで、 レガシーデータベースに接続し、初期同期を⾏い、オンライン レプリケーションを開始して、ダウンタイムの少ないカットオー バーを実現します こんな課題に役⽴ちます • 既存のデータベースをOracle Cloud 環境に移⾏したい • サービス停⽌時間をできるだけ短くして環境の切り替えを完 了したい • IT部⾨にクラウド移⾏のノウハウが少なくても、スムーズな データベース移⾏を実現したい サービス価格 • Oracle Cloud Infrastructure Database Migration: ¥24 [移⾏/時間](*) Oracle Cloud Infrastructure - Database Migration OCIコンソールから 各種移⾏の設定を実施 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 45 Oracle Cloud 環境への スムーズなデータベース移⾏ • 利⽤開始から184⽇(6ヶ⽉)以上経過した場合、もしくはアイドル状態(データ転送なし) で61⽇以上経過した場合に、それ以降が課⾦対象となります • ComputeやObject Storage などのOCI環境は別途課⾦対象となります (*)
  45. 2021年10⽉のアップデートにより、IaaS上のDB、ExaCS、DBCSにも対応 • Oracle Database 11g Release 2 (11.2.0.4) • Oracle

    Database 12c Release 1 (12.1.0.2) • Oracle Database 12c Release 2 (12.2.0.1) • Oracle Database 18 Release 3 (18.3) • Oracle Database 19c • 上記以降のリリース ※OSはLinux-x86-64のみサポート対象 • Oracle Autonomous Database with Shared Exadata Infrastructure • Oracle Autonomous Database with Dedicated Exadata Infrastructure • Oracle Cloud Infrastructure manually installed Oracle Database • Oracle Cloud Infrastructure co-managed Oracle Database service (Virtual Machine Database System, Bare Metal Database System, or Exadata Cloud Service) Oracle Cloud Infrastructure - Database Migration Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 46 サポート対象のソースデータベース サポート対象のターゲットデータベース New!! 10⽉分の訂正 IaaS上のDBは対象外
  46. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 47
  47. プレスリリース • オラクル、継続的な3桁成⻑に向け、世界規模でクラウド拠点を拡⼤ • NECと⽇本オラクル、基幹システムのクラウド移⾏の加速に向けて協業を強化 • 野村総合研究所、投資信託窓販向けソリューション「BESTWAY」をOracle Cloud Infrastructureで稼働開始し、デジタル・トラ ンスフォーメーションを加速

    • ⽇本オラクル、Oracle Cloud導⼊メリットの最⼤化を⽀援するコンサルティング・サービスを提供開始 • オラクル、Oracle Cloudリージョンを開設し、シンガポールへのコミットメントを改めて表明 メディア記事 • NECと⽇本オラクル、基幹システムのクラウド化で協業強化 - ZDNet Japan • 基幹システムのクラウド化は現実的⽅法で--⽇本オラクルの三澤社⻑ - ZDNet Japan • ⽇本オラクル・三澤社⻑が話す、「OCIがミッションクリティカルに適している4つの理由」 - クラウド Watch • NRIが“⾃社データセンター内のOracle Cloud”に⾦融機関向けサービスを移⾏ - ASCII.jp パートナー様発表 • [NTTデータ先端技術] 「Oracle Cloud Infrastructure」向けのマネージドサービスを提供開始 〜技術⽀援や⽇本オラクル連携に よる⾼度インシデント解決等、多様なサービスメニューでOCI運⽤を⽀援〜 • [TIS] 「SuperStream on Oracle データベースクラウド移⾏運⽤サービス」を提供開始 〜クラウド移⾏による財務会計システムの 最適化を実現〜 関連ニュース (1) Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 48
  48. • 全国の道路、建築物や施設、地形の変化を詳細に調査し、 その変化を随時データベースに反映し、⾼鮮度・⾼精度な 地図制作を⾏う • 業務毎に追加された数百のツールやデータベースにより⽣じ る地図編集者の業務のサイロ化、ITの運⽤管理の負荷や データの増加に伴うデータベースの追加に係るコストが課題に • 地図制作に必要な空間データおよびグラフ・データベースなど

    のあらゆるデータ・モデルやデータ・ワークロードに対応する、 Oracle Database Cloud Serviceのコンバージド・データ ベース・エンジンで地図制作プラットフォームを刷新 • 業務フロー、IT運⽤やコストを最適化しながら、お客様へより 迅速な⾼鮮度・⾼精度の情報提供が可能に トヨタマップマスター 様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 49 Oracle Database Cloud Service のコンバージド・データベース・エンジンで地図制 作プラットフォームを刷新、業務フローおよびIT の効率向上、コスト最適化を⽀援
  49. 地図制作業務におけるデジタル変⾰推進を⽀える基盤をOracle Cloud Infrastructure(OCI)で刷新 企業・システム概要 • 全国の道路、建築物や施設、地形の変化を詳細に調査し、 その変化を随時データベースに反映し、⾼鮮度・⾼精度な 地図制作を⾏う • オンプレミスで利⽤してきた既存システムでは、業務毎に追

    加された数百のツールやデータベースにより⽣じる地図編集 者の業務のサイロ化、ITの運⽤管理の負荷やデータの増加 に伴うデータベースの追加に係るコストが課題に 採⽤ポイント • オープンソース・ベースの機能専⽤型クラウド・データベースを 複数連携させた構成など複数のパブリック・クラウドを⽐較し OCIを採⽤ • 地図制作に必要な空間データおよびグラフ・データベースな どのあらゆるデータ・モデルやデータ・ワークロードに対応する、 Oracle Database Cloud Serviceのコンバージド・データ ベース・エンジン • オラクルのコンサルティング部⾨の⾼い技術や知⾒ 顧客事例︓トヨタマップマスター様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 50 システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Database Cloud Service (DBCS) • Container Engine for Kubernetes • Oracle Consulting Service
  50. 地図制作業務におけるデジタル変⾰推進を⽀える基盤をOracle Cloud Infrastructure(OCI)で刷新 地図制作や更新業務の効率化・迅速化を図り、さらにAIや地図の⾃動⽣成、ビッグデータの分析、利活⽤など新たな技 術領域の強化を⾏うため、地図制作データベース基盤をOCIで刷新 顧客事例︓トヨタマップマスター様 Copyright © 2021, Oracle

    and/or its affiliates 51 B’ ⼯程 A’ ⼯程 C’ ⼯程 現⾏システム 編集 アプリ データ加⼯ アプリ 更新 アプリ B ⼯程 A ⼯程 C ⼯程 Oracle Cloud Infrastructure (Tokyo Region) Application Database Database Cloud Service Container Engine for Kubernetes 次期地図制作基盤 地図制作に必要なデータを Database Cloud Serviceで⼀元管理 Graph Document DB {JSON} Spatial RDB 道路情報 属性情報 出典データ 施設情報 現⾏の地図制作基盤 • 業務⼯程毎に、数百を超えるツールやデータベースが構成され、 編集業務のサイロ化、IT運⽤負荷の増⼤を招いていた • 地図制作に必要なデータをDatabase Cloud Serviceで⼀元 管理し、地図制作の効率化・迅速化を実現
  51. • ⽼朽化した基幹システムのリプレースに合わせ、顧客情報や 販売情報など統合化、全社員が利⽤する戦略的情報活 ⽤基盤を構築。リアルタイムなデータ活⽤を促進し、顧客満 ⾜度および顧客ロイヤリティの向上を⽬指す • 2年分で4,000万件を超える表を含む複雑な結合検索を1- 2秒のレスポンスに⾼速化。⾃動チューニング機能により⾼速 なパフォーマンスを維持、チューニング作業が不要に •

    店頭POSからの全ての取引明細データを、店舗や売場毎の 管理レベルにほぼリアルタイムで集計。300ほどのダッシュボー ドを全従業員へ提供。店舗におけるタイムリーな情報把握を 実現し、スタッフのデータ活⽤の頻度も向上 • ギフトシーズンの注⽂状況や在庫状況をバイヤーがほぼリア ルタイムで確認可能に。 売れ筋の分析や⼈気商品の在庫 切れ予防など商機を逃さないための仕組みを実現 京王百貨店 様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 52 DX視点のレガシーシステム・モダナイゼーションに おいて、全社的な戦略的情報活⽤基盤を刷新 顧客の変化や多様性に迅速に対応するデータド リブンな業務変⾰を実現
  52. 顧客の変化や多様性に迅速に対応するデータドリブンな業務変⾰を実現 システム概要 • Keio Department Store Data Lake (KDSDL) •

    全社員が利⽤する顧客情報や販売情報などの様々なデータを シームレスに取り込める戦略的情報活⽤基盤 • 従来の顧客分析システムはオンプレミスDWHを利⽤していたが、 容量や性能の制約により⾃在なデータ分析ができなかった • ギフト配送システム • ネット受注の配送連携強化を図るため、お中元やお歳暮時の店 頭ギフト受注を⼀元管理するギフト配送システムを刷新 導⼊効果 • ADWの⾃律機能により、管理や拡張、監視、チューニング、バック アップが全て⾃動化。他社クラウドサービスと⽐較して約30%コスト 低減できる上、運⽤負荷の抑制と⾼性能を実現 • データが増え続けてもチューニングなしで⾼速性能を維持。 2年分で 4,000万件を超えるテーブルを含む複雑な結合検索を1-2秒のレス ポンスで実⾏ • 店頭POSからの全ての取引明細データを、店舗や売場毎の管理レ ベルにほぼリアルタイムで集計。300ほどのダッシュボードを全従業員 へ提供。店舗におけるタイムリーな情報把握を実現し、スタッフのデー タ活⽤の頻度も向上 顧客事例︓京王百貨店様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 53 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/keiodepartmentstore-oci-adw-20210916/ システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Oracle Autonomous Data Warehouse (ADW) • Oracle Database Cloud Service • OCI Compute, Storage, FastConnect • Oracle Consulting Service 導⼊パートナー • 株式会社アシスト
  53. 顧客の変化や多様性に迅速に対応するデータドリブンな業務変⾰を実現 顧客事例︓京王百貨店様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 54

    課題︓⾃在なデータ分析への対応 従来のオンプレミスDWHによる顧客/商品分析は テンプレートをベースとしており、現場が求める要件 へ迅速に対応できていない。容量と性能の制約に より前年度との⽐較しかできない ØメールやWeb、SNSなど、デジタルの 顧客接点へと移⾏ Ø柔軟かつアジャイルな分析環境が必要 Øコストのかかる改修でなく、刷新を選択 課題解決と今後 • 店舗におけるタイムリーな情報把握を実現。300 ほどのダッシュボードを全従業員へ提供し、現場 からの要望にも対応 • ⾃律型基盤により容量と性能課題が解消 • データに基づいた売上・販売予測等による受発 注精度の向上や、ローコード開発ツール活⽤に よるさらなるアジリティ向上を⽬指す 店舗、ネット販売など全ての顧客接点で蓄積されたデータに加え、他の社内 データ、外部オープン・データ、ソーシャル・データなどを分析できる基盤を構築
  54. 地理院地図でOracle Cloud Infrastructure(OCI)を採⽤し、安定した運⽤を実現 システム概要 • 国⼟地理院様で整備した地図、主題図、航空写真、標 ⾼、地形分類、災害情報など、⽇本の国⼟に関する様々 な情報を提供するウェブ地図サービス 導⼊効果 •

    地震/台⾵などの⾃然災害発⽣時等のスパイクアクセスに 対応し、24時間365⽇安定した稼働を実現 • 機能の拡張及び縮⼩が可能なため、コストパフォーマンスが 向上 利⽤サービス・製品 • Compute, Block Volume, Object Storage • Fastly (ファストリー株式会社) パートナー • 株式会社アトミテック 顧客事例︓国⼟交通省 国⼟地理院 様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 55 地理院地図: https://maps.gsi.go.jp/ 株式会社アトミテック様サイト(Cloudii): https://cloudii.jp/news/works/case001/
  55. 建築統計データ整備業務を紙ベースからデジタル化し、⼯数を削減・効率化 システム概要 • 各都道府県が作成する建築着⼯統計調査票等をまとめて、集計し、 オープンデータ化し公開する • ⼤半の調査票⽤紙を郵送で受領、OCRでデータ化し集計していた 業務から、Excel/Web画⾯で⼊⼒、Autonomous Databaseに 保存、APEXの集計アプリケーションに置き換え

    導⼊効果 • 毎⽉数万件にのぼるデータの収集・管理にかかる作業⼯数を削減・ 効率化 • ⼿書き⼊⼒データの収集、OCR転記などの⼯程をデジタル化し、作 業を効率化するとともに、紙の保管場所とコストを削減 • データチェックに通常3⽇を要していたものが1⽇へ短縮、オープンデー タ公開までの作業の省⼒化を実現 • Autonomous DatabaseとAPEXで、データ蓄積と集計を運⽤コス トをかけずに⼀元化 • OCIはIOPS課⾦がないため、⼤量のデータ⼊出⼒環境を低コストで パブリック・クラウドに構築 顧客事例︓国⼟交通省 総合政策局 情報政策課 建設経済統計調査室 様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 56 システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Autonomous Transaction Processing(ATP) • Oracle Application Express(APEX) パートナー • 株式会社システムサポート
  56. ブログ記事 • Oracle Cloud Infrastructure: 2021年10⽉度サービス・アップデート • Oracle Cloud Infrastructure

    新機能ハイライト - 2021/10/20 • [セミナー案内] Oracle Cloud Days 2021(11⽉9-12⽇) • Exadata X9M-2 100G クライアントネットワークカードの登場 • Exadata System Software のアップデート-2021年10⽉ • Oracle Cloud Infrastructure(OCI)︓新着技術情報(2021年9⽉) 関連ニュース (2) “オラクルエンジニア通信”で検索 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 57
  57. Oracle Cloud (PaaS/IaaS)︓セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar 今後の開催予定 • 2021/11/30︓Oracle Databaseはクラウドに移⾏するべきか否か、全10ケースをご紹介 •

    2021/11/30︓[Oracle Cloud Infrastructure(OCI) スキルアップセミナー] 今注⽬を集めている「HeatWave」の勉強会︕ • 2021/12/1︓[Oracle Cloud Hangout Cafe] クラウドで実践するEnterprise Java • 2021/12/1-2︓Oracle Database World • 2021/12/4︓今すぐできるDX︕実例から学ぶデータ資産の活かし⽅とは︕ • 2021/12/8︓[Blockchain GIG] 開発︕Hyperledger FabricアプリとChaincode︕︕ • 2021/12/10︓⼀歩進んだ分析でビジネスにチカラを!! 〜あなたもデータ アナリスト〜 [ハンズオン] • 2021/12/16︓[Oracle Database Technology Night] Oracle Database 21c 新機能解説3 • 2021/12/17︓Oracle Developer Day • 2021/12/21︓[OCIjp: Oracle Cloud Infrastructure ユーザーグループ] 今年もありがとう︕2021年⼤忘年会 セミナー/イベント予定 “Oracle Cloud イベント”で検索 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 58
  58. Oracle Cloud ウェビナーシリーズ 進化し続ける Oracle Cloud Infrastructure (IaaS & PaaS)

    や Oracle Database をはじめとする、さまざまな製品につい ての最新情報や活⽤事例および技術情報を業務部⾨からIT部⾨のエンジニアの⽅々までの幅広い皆様へ向けてウェビナーを通じ てお届けします。 さまざまなテーマや理解度レベルのコンテンツを取り揃えていますので、ぜひご活⽤ください。 毎週⽔曜⽇の開催となります。 『はじめてのOCI』 『Database関連テーマ』 『DXテーマ』 『時々の旬なテーマ、最新トピック』を中⼼にお伝えしていきます。 Oracle Cloud ウェビナー ハンズオン・トレーニング Oracle Cloudのご紹介とビジネス課題を解決したお 客様事例やその時々のホットなトピックをお届けします クラウドを活⽤したDX化をお客様と⼀緒に取り組む活 動をしており、その取り組みを広く知っていただくために、 お客様のDX促進に役⽴つヒントとなる事例やノウハウ を紹介します Oracle Cloudの使い⽅や活⽤イメージを実際に Oracle Cloudを操作していただきながら具体的にご 紹介します 開催スケジュール oracle.com/goto/ocws-jp 12⽉15⽇(⽔)15:00-16:00 スマートシティ×共創によるジョルダン の挑戦 〜ITのチカラで⻄新宿を賑 わいのある街へ〜 詳細/お申込はこちら 12⽉8⽇(⽔)15:00-16:00 今すぐできるDX︕実例から学ぶデー タ資産の活かし⽅とは︕ 詳細/お申込はこちら DXシリーズ 11⽉16⽇(⽕)13:00 - 17:00 ハンズオンWebinar - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう 詳細/お申込はこちら 11⽉25⽇(⽊)13:30-17:00 実践Kubernetesハンズオン 〜OKEで Kubernetesをバーチャル体験しよう〜 詳細/お申込はこちら 11⽉30⽇(⽕)15:00-16:00 Oracle Databaseはクラウドに移 ⾏するべきか否か、全10ケースをご 紹介 詳細/お申込はこちら
  59. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 60 バーチャルで体験する、オラクル・クラウド ハンズオン

    セミナー ⽇本オラクルでは、クラウドをもっと⾝近で、簡単、安全で、使いやすいを実感いただくために、概要のご紹介はじめ、少しでもみなさまに使い⽅を体 験いただく「オンライン・ハンズオン・セミナー」を開催しています。詳しくは、それぞれのサイトよりご確認/お申込ください。みなさまのご登録/ご参加をお 待ちしております。 開催スケジュールはこちら oracle.com/goto/ocws-jp セッション内容によっては、受講前にトライアル・アカウントの事前取得が必要な場合がございます。詳しくは、お申込サイトよりご確認ください。 なお、クラウド環境アカウントの取得をお忘れの場合は、やむなく受講いただけないこともございますので、あらかじめご了承ください。 11⽉16⽇(⽕)13:00 - 17:00 ハンズオンWebinar - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう 詳細/お申込はこちら ★受講前の準備︓トライアル・アカウントの取得 | Oracle Cloud Infrastructure スケジュールはサイト下段をご参照ください 11⽉25⽇(⽊)13:30-17:00 実践Kubernetesハンズオン 〜OKEでKubernetesをバーチャル体験しよう〜 詳細/お申込はこちら ★受講前の準備︓トライアル・アカウントとGitHubアカウントの取得 | Kubernetes 12⽉10⽇(⾦)15:00-17:00 ⼀歩進んだ分析でビジネスにチカラを!! 〜あなたもデータ アナリスト〜 詳細/お申込はこちら ★受講前の準備︓トライアル・アカウントの取得 | Oracle Analytics Cloud ※ ⽇程/内容は予告なく変更されることがございますことをご了承ください。
  60. Safe harbor statement The following is intended to outline our

    general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, timing, and pricing of any features or functionality described for Oracle’s products may change and remains at the sole discretion of Oracle Corporation. Oracle Cloud Days 2021 次世代社会の実現に向けたクラウド活⽤の潮流 2021年 11⽉ 9⽇(⽕)13:00〜 2021年 11⽉10⽇(⽔)11⽇(⽊)12⽇(⾦)13:30〜 資料/動画ご覧いただけます Oracle Cloud Days 特別基調講演 オラクルクラウドの多数お客様事例セッション In association with 三澤 智光 ⽇本オラクル株式会社 取締役 執⾏役 社⻑ ⽵本 具城 ⽒ 株式会社 野村総合研究所 専務執⾏役員 IT基盤サービス担当 11⽉9⽇(⽕)13:00〜 ⼭⽥ 早輝⼦ ⽒ 株式会社フードロスバンク 代表取締役社⻑ 宮⽥ 裕章 ⽒ 慶応義塾⼤学 医学部 医療政策・管理学教室 教授 11⽉12⽇(⾦)13:40〜
  61. Oracle Database World n 開催⽇時 2021年12⽉1⽇・2⽇ 12:30 〜 n セッション

    基調講演 / 24セッション / 6ハンズオン / 70オンデマンド *ハンズオン以外、⽇本語同時通訳あり *ハンズオンのQ&Aは⽇本語での対応可能 n 対象 データベース管理者・開発者、アーキテクト、データアナリスト、エグゼクティブ n 参加費 無料 (事前登録制) n 登録イベントサイト oracle.com/jp/database/database-world/event/ オラクルの最新のデータベースがもたらすイノベーションと、 それらを活⽤したデータドリブンな組織づくりを伝えるワールドツアー Juan Loaiza EVP Mission Critical DB Technologies Andy Mendelsohn EVP Database Server Technologies 基調講演スピーカー
  62. Oracle Database World n イベント概要 デジタル・トランスフォーメーション(DX)を実現する上でデータの扱いを考慮することは⾮ 常に重要です。オラクルはお客様の真のDXをスムーズに実現するために 製品・クラウドサービスを⽇々進化させています。 特にここ数年で、Oracle Databaseは、DXを加速させるためにシステム開発を

    考える世界中のお客様のニーズに基づき⼤きな進化を遂げています。 Oracle Database Worldでは、データ管理にかかわる製品・サービスの最新情報をオ ラクル・コーポレーションの責任者から直接お伝えします。 是⾮この機会にOracle Databaseの新たな側⾯を感じて頂ければと思います。 オラクルの最新のデータベースがもたらすイノベーションと、 それらを活⽤したデータドリブンな組織づくりを伝えるワールドツアー
  63. 64 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Oracle Database

    World 1⽇⽬ セッション・ガイド 1⽇⽬ハンズオン・ラボ 3:00 p.m. ‒ 4:30 p.m. コンバージド・データベースによるマイクロサービスの 簡素化 APEXを使って、オンライン・ショッピング・アプリ(初級) を60分で構築 Phtyonユーザー向け:Oracle Machine Learningで インテリジェントなアプリケーションを簡単に構築 JST アジェンダ 12:30 p.m. ‒ 1:00 p.m. データベース・アーキテクチャを再考して、最新のアプリケーション開発を採⽤ Appの複雑性を排除し開発を加速する最新Data Dev Technologyのご紹介 Juan Loaiza, EVP Mission Critical DB Technologies 1:00 p.m. ‒ 1:30 p.m. Oracle MySQL Database Service、HeatWave、Autopilotのご紹介 Nipun Agarwal, VP Research & Advanced Development Oracle Database 新着情報、次のステップ 最新動向と新機能のご紹介 Jenny Tsai-Smith, VP Product Management Oracle Cloud Infrastructure GoldenGate: 柔軟でリアルタイムなデータ統合サービスの活⽤ Denis Gray, Senior Director 1:30 p.m. ‒ 2:00 p.m. 次世代データ・ドリブン・アプリケーション開発 Mike Hichwa, SVP Software Development DBアップグレードのベスト・プラクティス 今すぐアップグレード Mike Dietrich、Daniel Overby Hansen、Rodrigo Jorge Oracle Databaseの効率的なクラウド移⾏ Ricardo Gonzalez, Senior Principal Product Manager 2:00 p.m. ‒ 2:30 p.m. Oracle APEX : エンタープライズ ローコード開発 Sharon Kennedy, Consulting member of Technical Staff Shakeeb Rahman, Architect Oracle Exadata:新機能とその特⻑ Kodi Umamageswaran, SVP Exadata Development Subban Raghunathan, VP Product Management Oracle Autonomous Database:データベース管理の簡素化 Yasin Baskan, Director Product Management 2:30 p.m. ‒ 3:00 p.m. SQL開発者向けAPI作業の効率化のヒントとコツ およびSQL開発者コマンドライン Jeff Smith, Distinguished Product Manager ランサムウェア:データベース・サバイバル・ガイド Michelle Malcher, Senior Principal Product Manager Oracle Autonomous Data Warehouseとデータ・レイク Marty Gubar, Director Product Management, Big Data ハイブリット・セッション クラウド・セッション
  64. 65 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates Oracle Database

    World 2⽇⽬ セッション・ガイド 2⽇⽬ハンズオン・ラボ 3:00 p.m. ‒ 4:30 p.m. MySQL Database ServiceとHeatWave でビジネス・インサイトを強化 Oracle Cloudのデータ・レイク・ハウス アクション! MovieStream Analytics: Produce the Best Picture w/Oracle Oracle Autonomous DB とデータ・レイクの統合 JST アジェンダ 12:30 p.m. ‒ 1:00 p.m. すべてのユーザーのためのデータ管理⾃動化 Oracle Autonomous Databaseによるデータ管理の⾃動化のご紹介 Andy Mendelsohn, EVP Database Server Technologies 1:00 p.m. ‒ 1:30 p.m. テーブルを捨てましょう。今はすべてJSONの時代 Oracle DB リレーショナル とJSON⽐較 Beda Hammerschmidt, Senior Director Oracle NoSQL Database Cloud: 世界で最も柔軟なNoSQLデータベースご紹介 Dave Rubin, Senior Director 隠れたデータ・エコノミーに光を 効果的なデータ戦略によるデータ資本の向上 Paul Sonderegger, Senior Data Strategist 1:30 p.m. ‒ 2:00 p.m. Oracle DatabaseのPythonを使ったデータ処理技法 効率的なデータのロードやアクセス Chris Jones, Senior Principal Product Manager 企業のためのブロックチェーン技術: 暗号化保護によるデータ管理 Wei Hu, SVP High Availability Technologies Oracle Autonomous Data Warehouse セルフサービス式データウェアハウス Patrick Wheeler, VP Product Management 2:00 p.m. ‒ 2:30 p.m. Oracle Databaseと Kubernetesおよびマイクロサービスの併⽤ Wei Hu, SVP High Availability Technologies Oracle Data Safeでデータベースのセキュリティを合理化 Bettina Schaeumer, Senior Principal Product Manager Oracle Databaseにおけるグラフ・データベースのすべて Melliyal Annamalai, Product Manager 2:30 p.m. ‒ 3:00 p.m. Oracle Database 21cで クラウド・ネイティブのJavaアプリを開発 Kuassi Mensah, Director Product Management コンバージド・データベースによる 超⾼速なイベント・ストリーム処理 Tirthankar Lahiri, SVP Data and In-Memory Technologies Shasank Chavan, VP In Memory Technologies In-Databaseの機械学習:⾃動化、スケーリングおよび導⼊ Oracle DB and Autonomous DB Mark Hornick, Senior Director, Data Science and ML ハイブリット・セッション クラウド・セッション
  65. Developer Day 未来を創造する最新テクノロジーを今、あなたの⼿に。 今年もオンラインでオラクルのエキスパートたちが7つのセッションと 2つのハンズオンを通してOracleテクノロジーの最新情報をお届けします︕ u開催⽇時 ︓ 2021年12⽉17⽇(⾦) 13:00 –

    17:45 u参加費 ︓ 無料 *事前登録制 *ハンズオンセッションは別途登録必要 <詳細・お申し込み> developer.oracle.com/jp/developer-days-2021 #oradevday Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 66
  66. Oracle Cloud サービス概要 • https://www.oracle.com/jp/ Oracle Cloud Free Tier (Always

    Free&無償トライアル) • https://www.oracle.com/cloud/free/ マニュアル • 英語 / ⽇本語 リージョン毎のサービス提供情報 • https://www.oracle.com/cloud/data- regions.html#apac 東京/⼤阪リージョン最新情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-tokyo-osaka サービス・アップデート • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術情報 • 活⽤資料集 / チュートリアル 活⽤事例 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-customer-reference セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-seminar Oracle Cloud Infrastructure: 参考資料 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 67
  67. Oracle Cloudにサインナップいただくと、両⽅が利⽤可能です • https://www.oracle.com/jp/cloud/free/ Oracle Cloud Free Tier: Always Free&無償トライアル

    Always Free 時間制限なく 特定サービスを利⽤可能 Free Trial 30⽇間 300ドル フリー・クレジット + Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 68
  68. None