Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWSでのPCI DSS運用でラクをする/make_it_easy_for_pci-dss_operation_on_aws

AWSでのPCI DSS運用でラクをする/make_it_easy_for_pci-dss_operation_on_aws

5/25【オンライン開催!】Fin-JAWS 第13回 PCI DSS と AWS の混ぜご飯
https://fin-jaws.connpass.com/event/174458/

E6201f99a57023746913ecdc99261aeb?s=128

Yutaka Hiroyama

May 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. fin-JAWS AWS上でのPCI DSS運 ⽤でラクをする 2020/05/25 ヒロヤマ ユタカ

  2. about me • 廣⼭ 豊 • アイレット株式会社 クラウドインテグレーション事業部副事業部⻑ 兼 情報管理責任者

    兼 PCI DSS管理責任者 兼 Well Architected Lead • 2020 Japan APN AWS Ambassador • 組み込み開発SIer出⾝ • AWS * 7、情報処理安全確保⽀援⼠、 その他多数の認定資格を保有 • 好きなAWSサービス: AWS Support
  3. Agenda • アイレットについて • ラクしよう • アイレットにおける解決事例 • Sumologicを活⽤したログ管理の最適化

  4. about us

  5. about us • 国内で最初のAWSプレミアムコンサルティン グパートナー認定 • APN Consulting Partner of

    the year 2019 • クラウドのインフラ運⽤を主軸に、デザイン から開発までワンストップでサポート • 他拠点で運⽤
  6. we have 2013年8⽉より、PCI DSS準拠の運⽤ サービスを開始。 現在、v3.2.1準拠。

  7. why did we get PCI DSS セキュリティ基準について以下を実現 できる。 • 第三者による証明

    • 整理 • 維持
  8. ラクしよう

  9. 「ラク」≠「サボる」

  10. ラクをするために スコープを⾒つめ直す ツールの活⽤

  11. スコープを⾒つめ直す • 扱っているデータは何か?(=守るべきは何のか?) • データの在処およびアクセス経路 • 扱っている⼈たちは誰なのか?

  12. ツールの活⽤ 集約と適材適所のバランス 進化の追従

  13. アイレットにおける 解決事例

  14. Sumologicを活⽤したログ管理の最適化

  15. Sumologicを採⽤した理由 SumologicのPCI DSSテンプレート 設計をシンプルにできる

  16. テンプレートのメリット • 完成度の⾼いダッシュボード • 準拠のために必要なログが⾒えやすい

  17. None
  18. Sumologicにいたるまでのログ管理 初期 •Logstorage +Rundeck+ Splunk 第⼀段 •Datadog+S3 第⼆段 •Sumologic

  19. リファクタリング前

  20. Datadogによるコストスリム化

  21. Sumologicによる集約管理

  22. 進化は続くよ、どこまでも

  23. まとめ

  24. まとめ • PCI DSSで求められる運⽤要件は、 セキュリティガイドラインとして 有効 • スコープを明確にする • その後の運⽤も視野に

    • ツールを活⽤する • ツールは定期的に⾒直す