終わらないスクラム / Challenge to Scrum

D3f673bee1c7b59b8bdade8f6db61282?s=47 radiocat
September 13, 2018

終わらないスクラム / Challenge to Scrum

D3f673bee1c7b59b8bdade8f6db61282?s=128

radiocat

September 13, 2018
Tweet

Transcript

  1. 終わらないScrum ~ 楽楽精算のサービス拡大を支える スクラム開発の取り組み ~ Rakus Meetup Tokyo #1 終わらないスクラム

    / 2018.9.13 / @radiocatz
  2. HELLO! おおつか まさみち Twitter : @radiocatz Blog : http://radiocat.hatenablog.com/ Qiita

    : https://qiita.com/radiocat GitHub : https://github.com/radiocat Android派/Vim派/野球派/KIRINビール派/ねこ好き 前職:SIer(H系&NS系) / 前々職:通信教材企業のIT子会社 2011年入社/楽楽精算 開発2課/リーダー・スクラムマスター
  3. RAKUS Developers Blog ∎ スクラムの取り組みについて記 事を書いています ∎ 今後も随時発信予定 ∎ 「終わらないスクラム」カテゴリを

    作りました! http://tech-blog.rakus.co.jp/archive/category/%E7%B5%82% E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%B 9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A0
  4. 過去のプロジェクト ∎ Project G(2012年頃) □ 開発マネージャが要件を集約して優先度を調整 □ 完成したものから毎日リリース □ 暖かみのある手動リリース

    ∎ Project R(2014年頃) □ 米国オーナーと開発マネージャが週単位の開発項目を 決定 □ 1週間サイクルで開発(完成したら週明けにリリース)
  5. 変化に適応しようとすると アジャイルな開発にならざるをえない。

  6. でもスクラムじゃなかった。 はじめから 正しいやりかたを知っていたら もっとうまくできたかもしれない。

  7. 最近のプロジェクト ∎ 新しい技術 ∎ 他社サービス連携 ∎ 高度なビジネス要求 変化への適応が必要な動向が加速

  8. デザイン スプリントの 試行 By デザインチーム Googleデザインスプリントにおける5つのプロセス http://uxmilk.jp/62285

  9. スクラム トレーニング 開催 開発をアジャイルに!スクラムトレーニング から始める最初の一歩 http://tech-blog.rakus.co.jp/entry/scrum-training-ryuzee By 吉羽龍太郎さん

  10. 今回のプロジェクト ∎ 新しい技術 □ 社内初のiOSアプリ開発 ∎ 他社サービス連携 □ AIを活用したOCRサービスとの連携 ∎

    高度なビジネス要求 □ 仮説検証型のアプローチ □ 短期開発(展示会への出展)
  11. スクラムで 開発しよう

  12. 従来の開発体制 事業部 ・事業部長 ・企画 ・営業 ・サポート デザインチーム ・マネージャ ・メンバー 開発チーム

    ・マネージャ ・リーダー ・メンバー ・派遣社員 要件定義 リリース判断 要件定義 概要設計 概要設計〜 開発・テスト
  13. スクラムの開発体制 事業部 ・事業部長 ・企画 ・営業 ・サポート デザインチーム ・マネージャ ・メンバー 開発チーム

    ・マネージャ ・リーダー ・メンバー ・派遣社員 プロダクトの利害関 係者 製品の価値を定義 し開発の優先順位 を決める 全員全力でリリースで きるものを作る ステークホルダー プロダクトオーナー 開発チーム スクラムマスター スクラムチームを支 援・奉仕する
  14. スクラム開発の全体像 http://www.ryuzee.com/contents/blog/7124 2週間×6回実施 デザインスプリン トで作成したプロト タイプをベースに 検討 チームの朝会 事業部長と企画 チームも参加

  15. Problem 実際にやってみると色々な問題が発生

  16. バーンダウンしない ∎ タスクの粒度が大き すぎてなかなか終わ らない ∎ 先の見通しが立たな い 実績 計画

  17. ∎ スプリントの完了の 定義に到達しない スプリントが終わらない ここから完了のペースが 落ちる

  18. ∎ 丸1日かけてスプリントで実行するタスク の洗い出し、見積もり、計画を行った ∎ それでも後日追加が発生 スプリント計画が 終わらない ※イメージです

  19. ∎ プロダクトの完成がイメージでき ない ∎ 徒労感と不安感… ふりかえりが 終わらない ふりかえりでチェックイン した時のメンバーの一言 コメント

  20. デイリースクラムが 終わらない ∎ 15分で終わらない ∎ 状況把握に時間がかかる ∎ 報告や共有に時間がかかる ∎ タスクのゴールの認識不足

    ※イメージです
  21. Practice 問題解決に向けた取り組み

  22. スクラムの有識者からの アドバイスを参考に様々 なプラクティスを取り入れ て改善

  23. タスクをなるべく細分化 ∎ 作業の単位は 1 日以下(スクラムガイド) ∎ デイリースクラムで理解できる程度のもの(スクラムガイド) ∎ スプリントのタスクに関するTips29 (http://www.ryuzee.com/contents/blog/3959

    ) □ より粒度を小さくしたタスクにする □ 平均的なスキルの人を基準にして見積もる □ タスクはチームで見積もる
  24. リファインメントの徹底 ∎ 詳細の追加、見積り、並び替えをする(中略)。明確で詳細 であれば、見積りも正確になる(スクラムガイド) ∎ プロダクトオーナーと開発チームが協力して行う継続的な プロセス(スクラムガイド) ∎ 各スプリントの作業時間の最大1割程度までを(中略)確保 すべき(エッセンシャルスクラム)

    週1回定期開催してプロダクトバックログを整理
  25. デイリースクラムの見直し ∎ 開発チームは、自己組織化チームとしてスプリントゴール を達成し、スプリント終了までに期待されるインクリメントを 作成できるかを毎日把握しなければいけない。(スクラムガ イド) ∎ スクラムマスターは何もするな by 吉羽さん

    スクラムマスターが朝会の進行役を降板し開発チーム内での 交代制に変更
  26. カンバン 大きいアバター ⇒着手中、すぐやる 小さいアバター ⇒着手予定 ※1人2個ずつ 気づきのあったタスク はふりかえり用に笑 顔や悲しみ顔のシー ルを貼る

    実行中 タスク レ ビュー 中タス ク 予定外の割り込 み作業 今 日 や る タ ス ク 近 々 や る 予 定 の タ ス ク 完了 済み タスク 定例 作業 デイリースクラムで完 了確認したものを磁 石で記録 上に行くほど優先度の 高いタスク タスクの付箋に割当 たっていないアバター は空きキャパシティ 付箋の色でタスクを 分類 黄色⇒開発 青⇒改善 緑⇒その他 ピンク⇒障害
  27. むきなおり 現状から方向性を定め直し、認識を共通する機会をつくる(中 略)進むべき先を捉えて現在を正す(カイゼン・ジャーニー) 3rdスプリントのふりかえり後、4thスプリントに着手する前にプ チむきなおりを開催 ∎ 目指すべき設計方針の再確認 ∎ スプリントの完了の定義を見直し 開発チームの方向性を定め直した

  28. インペディメントの除去 スクラムマスターはサーバントリーダー メンバーが成果を上げるために支援や奉仕をするリーダーの こと(スクラムガイド) ∎ スクラムの進め方を相談できるコンサル契約 ∎ iOS開発の有識者を招聘・オフラインで相談 ∎ OCR連携サービスとの折衝・交渉・協業

    ∎ アプリの審査に向けた準備・調整
  29. Awareness スクラム開発を経験して得た知見

  30. 役割を明確にすることで、与えられた役 割を確実にやりとげるための様々なプ ラクティスを取り入れることができる

  31. ∎ プロダクトオーナー □ 製品の価値を定義し開発の優先順位を決 める ∎ 開発チーム □ 全員全力でリリースできるものを作る ∎

    スクラムマスター □ スクラムチームを支援・奉仕する スクラムチームの役割
  32. 与えられた役割を確実にやりとげるた めに様々なプラクティスを取り入れる ⇒従来型の開発でも同じ

  33. ∎ 進捗管理 ∎ 工数管理 ∎ 課題管理 など 従来から重要視されている プラクティス ∎

    見える化 ∎ 見積もり手法 ∎ 改善活動 ∎ 技術的負債への対処 など
  34. アジャイルのプラクティスを 取り入れることで もっとうまくできるかもしれない。

  35. 少しずつ アジャイルに していこう

  36. カイゼン • カイゼン・ジャーニー たった1人からはじ めて、「越境」するチームをつくるまで ◦ http://amzn.asia/2IMxUBZ • Fearless Change

    アジャイルに効く アイ デアを組織に広めるための48のパター ン ◦ http://amzn.asia/dUOOn3h • カイゼンの基本(Ryuzee.com) ◦ http://www.ryuzee.com/contents/bl og/7097
  37. カンバン • カンバン仕事術――チームではじめ る見える化と改善 ◦ http://amzn.asia/fciJDDc • カンバンのキホン(Ryuzee.com) ◦ http://www.ryuzee.com/contents

    /blog/7090
  38. 見える化 • アジャイルコーチの道具箱 – 見える 化実例集 ◦ https://leanpub.com/agiletoolbo x-visualizationexamples-japane se

  39. ふりかえり • アジャイルレトロスペクティブズ 強 いチームを育てる「ふりかえり」の手 引き ◦ http://amzn.asia/eB9jRkv • Effective Retrospective

    (効果的なふ りかえり) (Ryuzee.com) ◦ http://www.ryuzee.com/contents /blog/7107
  40. スクラムでは短いサイクルで開発を繰 り返すことで、様々なプラクティスを取り 入れてPDCAをまわせる

  41. チームがプラクティスを取り 入れる機会 1st 2nd 3rd 4th 5th Release Sprint 2週間

    計画 ふりか えり ふりか えり ふりか えり ふりか えり ふりか えり ふりか えり 計画 計画 計画 計画 計画 リファインメ ント×2 リファインメ ント×2 リファインメ ント×2 リファインメ ント×2 毎日のデイリー スクラム むきな おり 約3ヶ月
  42. 様々なプラクティスを取り入れて PDCAをまわせる ⇒従来の開発の何倍も機会がある

  43. スクラムに 備えよう

  44. スクラムを知ろう • SCRUM BOOT CAMP THE BOOK ◦ http://amzn.asia/4PsZCTW •

    アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経 営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジ メント ◦ http://amzn.asia/jcFeE8i
  45. スクラムをはじめよう • スクラムガイド ◦ https://www.scrumguides.org/docs/scrumgu ide/v2017/2017-Scrum-Guide-Japanese.pdf • アジャイルサムライ−達人開発者への道− ◦ http://amzn.asia/5Ciuyos

    • エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わる すべての人のための完全攻略ガイド ◦ http://amzn.asia/10EdbL2
  46. アジャイル系 コミュニティ いろいろある。 最近定期的に開催されているものは以下 • DevLove ◦ http://www.devlove.org/ • スクラム道関西

    ◦ https://scrumdo-kansai.connpass.co m/
  47. アジャイル系Podcast • アジャイルラジオ ◦ http://agileradio.github.io/ • omoiyari.fm ◦ http://lean-agile.fm/

  48. 終わらない スクラム

  49. 1週間スプリントへの挑戦 金 15時までに POレビュー 完了 スプリント レビュー 月 火 水

    木 ふりかえり スプリント計画 リファイン メント会議 開発着手 午後から 次のスプリントへ 木曜日にスクラムイベントをまとめて実施
  50. スクラムチームの強化 ∎ チームの取り決めやスクラムのルールの理解を深めるため のスクラムクイズを作成 ∎ デイリースクラムの後に毎日実施 http://tech-blog.rakus.co.jp/entry/20180619/agile/scrum

  51. スクラムチームの スケールアウト ∎ 大規模スクラムの事例を調査・検討 □ スクラム・オブ・スクラム/LeSS □ Nexus ∎ 若手メンバーでミニスクラム

    □ 新卒の教育カリキュラムとバックログ外の改善タスクを1 週間スプリントで実施
  52. ∎ 理解は容易 ∎ 習得は困難 (スクラムガイド) スクラムの習得は終わらない。

  53. THANKS! Have a nice scrum!

  54. REFERENCES ∎ Ryuzee.com □ http://www.ryuzee.com/ ∎ 新米スクラムマスターにお勧めの本(やっとむでぽん) □ http://d.hatena.ne.jp/yach/20170409#p1 ∎

    48のパターンのチートシートを作りました。(kawagutiの日記) □ http://kawaguti.hateblo.jp/entry/20140228/1393522489 ∎ アジャイルに効くアイデアを組織に広めるための48パターン □ https://www.slideshare.net/katsudream/48-41348195
  55. CREDITS ∎ Presentation template by SlidesCarnival (Free presentation template: colorful

    and modern) □ https://www.slidescarnival.com/ganymede-free-presentatio n-template/1005 ∎ Photographs by Unsplash □ https://unsplash.com/ ∎ People avatarsDesigned by Freepik □ https://www.freepik.com/free-vector/people-avatars_761436.htm ∎ Special thanks to Ryutaro YOSHIBA (@ryuzee) □ https://www.attractor.co.jp/