Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Rancherのカタログを“てっとり早く”つくる

 Rancherのカタログを“てっとり早く”つくる

2017/11/15_Rancher Meetup Tokyo #11での、藤原の講演資料になります

Eea9a05e6e222a3d50c73f54a49fadf4?s=128

Recruit Technologies

November 24, 2017
Tweet

More Decks by Recruit Technologies

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Rancherのカタログを “てっとり早く”つくる (Rancher Meetup Tokyo #11 LT発表資料 ) 1 (C)

    Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. リクルートテクノロジーズ株式会社 ITS統括部 SRE部 クラウドG 藤原 涼馬
  2. 自己紹介 名前: 藤原 涼馬 所属: 株式会社リクルートテクノロジーズ 業務内容: Site Reliability Engineer

    Docker /Rancher歴: 1年半くらい Rancher関連の活動: Rancher.jpコミュニティ運営 コアメンバー Rancher meetup登壇 リリースノートの翻訳 Rancher.jpのslackでしゃべる(素子のアイコンです) 2 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved.
  3. Rancherのカタログ つくってますか? 3 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved.

  4. 良い資料(教材)あります 4 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. https://www.slideshare.net/m-daichang/rancher-compose

  5. カタログの”書き方”は前スライドの資料 と Rancherのコミュニティカタログ* を参考にすればOKです 5 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All

    rights reserved. *https://github.com/rancher/community-catalog
  6. カタログの作り方 6 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. ①

    docker-compose.ymlを書く ② rancher-compose.ymlを書く ③ ディレクトリ構成のルールに沿ってyaml ファイルなどを配置 & GitHubに置く! これをみればOK
  7. 7 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. ① docker-compose.ymlを書く

    ② rancher-compose.ymlを書く ③ ディレクトリ構成をルールに沿ってyaml ファイルなどを配置 & GitHubに置く! これをみればOK yamlファイルをかくのすらめんどくさい
  8. 8 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. ① docker-compose.yamlを書く

    ② rancher-compose.yamlを書く ③ ディレクトリ構成をルールにそって記述 & githubに置く! これをみればOK yamlファイルをかくのすらめんどくさい yamlファイルは(ほぼ)記述せずに テンプレートは作れます
  9. GUIからMySQLのレプリケーション構成のyamlファイルを作る(1/4) 9 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. ①

    Stack -> Add Stack ! ② スタックの名前をつけて Create! ③ 空っぽのstackができる!
  10. GUIからMySQLのレプリケーション構成のyamlファイルを作る(2/4) 10 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. ④MySQLマスターのサービスを作る!

    (詳細は省略) ⑤MySQLマスターを設定するための sidekickコンテナを作る! (詳細は省略)
  11. GUIからMySQLのレプリケーション構成のyamlファイルを作る(3/4) 11 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. ⑥MySQLスレーブのサービスを作る!

    (詳細は省略) ⑦MySQLスレーブを設定するための sidekickコンテナを作る! (詳細は省略) 他にも(LBとか)細々としたものを作ります
  12. GUIからMySQLのレプリケーション構成のyamlファイルを作る(4/4) 12 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. ⑧スタックが完成!

    ⑨右上の書類(?)のアイコンをクリック! ⑩スタックを構成している • docker-compose.yml • rancher-compose.yml が表示されます
  13. カタログ化する ↓の資料記載の通りに先ほどのymlファイル を配置してGitHub*にアップする *Rancherからアクセス可能なgitリポジトリであればOK 13 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All

    rights reserved. https://www.slideshare.net/m-daichang/rancher-compose
  14. カタログ化する 出来上がり* 14 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved.

    https://github.com/Fufuhu/my_original_catalog * データの永続化をしてないのでお試し利用に限ります
  15. まとめ • yamlファイルを(ほぼ)書かずにカタログをつくること は可能です!! • カタログを作るなら↓は必読 15 (C) Recruit Technologies

    Co.,Ltd. All rights reserved. https://www.slideshare.net/m-daichang/rancher-compose
  16. 最後に予告 詳細は省略 多すぎ… 16 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights

    reserved.
  17. 最後に予告 17 (C) Recruit Technologies Co.,Ltd. All rights reserved. 詳細は

    12/18 の Rancher Advent Calendar 2017*で! *https://adventar.org/calendars/2436