Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

GDG Cloud Cloud Run

E5b6a68a675f9f566dc0a623d766b14d?s=47 saisai
October 08, 2019

GDG Cloud Cloud Run

E5b6a68a675f9f566dc0a623d766b14d?s=128

saisai

October 08, 2019
Tweet

Transcript

  1. GDG Cloud Sendai Cloud Run 2019.10.8 saisai

  2. Cloud Runとは 1.HTTPリクエストをリッスン 2.Knativeベース 3.ステートレスなコンテナサービス 4.GCPのカテゴリとしてはサーバーレスの一つ 2 Cloud Functions App

    Engine Cloud Run サーバーレスサービス
  3. 何がいいのか HTTPリクエストをさばくコンテナがあればそのままデプロイ可能、 オートスケール、GKEも対応 knativeベースなのでマルチクラウド対応可能 3

  4. ユースケース パブリック Web App mBaas 4 プライベート Worker micro Service

  5. 考慮すべきところ VPCに対応していない オートスケールされることを考慮 0.0.0.0かつPORT環境変数で設定されたポートでリッスン (現在は8080のみ) リクエストを受けてから4分以内に応答が必要 Global IPが不定 参考:制約事項 https://cloud.google.com/run/docs/reference/container-contract

    5
  6. 試してみる1 6 コマンドからやってみよう QuickStart https://bit.ly/35fHyds 構築できたら 1.endpointにアクセスしてログを確認 2.yamlをみてみよう

  7. 試してみる2 7 コンソール画面からやってみよう 1で作成したイメージを指定して「認証あり」でサービ スをつくってみる 構築できたら 1.endpointにアクセスして403になること 2.ヘッダーに認証トークンを付与してアクセス  $curl -H

    "Authorization: Bearer $(gcloud auth print-identity-token)" ENDPOINT
  8. 最後に 一緒にやっていく方を大募集します! 初心者大歓迎(触ったこと無いけど興味あるとかでも可) 8