執筆する技術 / write-technology

執筆する技術 / write-technology

1784dc14078e1814c6d0c0959b0b7324?s=128

sapi_kawahara

July 31, 2019
Tweet

Transcript

  1. 執筆する技術 クーコム Tech Meetup #1 #代官山LT

  2. 自己紹介 • 名前:川原 英明 • Twitter:@sapi_kawahara • 業務:五反田のIoT企業でEM&フルスタックエンジニア • スキル:元コンシューマーゲームプログラマー、初期IT

    エンジニアから入ったので、アセンブラからC言語、 Perl、PHP、Java、Pythonなど、フロントはjQueryから Vueなど、インフラもGCPからAWSでオンプレサーバ経 験者です、大抵の言語環境は雰囲気でこなします。
  3. 執筆する技術とは? • 執筆内容を決める技術。 • 文章を書く技術。 • 文章の表現ミスを直す技術。 • 文章を推敲する技術。 •

    図を描く技術。 • 表紙をキレイに作る技術。 • 組版を作る技術。
  4. 意外と多くない?!

  5. 多いので減らす努力をしよう! • 執筆内容を決める技術。 • 文章を書く技術。 • 文章の表現ミスを直す技術。←エディタのプラグインで ある程度直せる。 • 文章を推敲する技術。←レビュアーを募集する。

    • 図を描く技術。 • 表紙をキレイに作る技術。←無料素材などを使う。 • 組版を作る技術。←Re:VIEWを使う。
  6. やることが減りました! • 執筆内容を決める技術。 • 文章を書く技術。 • 図を描く技術。

  7. やることの技術を高める • 執筆内容を決めるのは、普段からメモを取るなどして、 頭の片隅に置いておくと良い。 • もくもく執筆会みたいなところに参加するのも良い。 ◦ https://techbook-meetup.connpass.com/ • 文章を書く技術は頑張れ!

    • 図を描く技術は、最初は図表の組み合わせやワードアー トなどで良いと思う。
  8. 何でも頼ろう! • 表現ミスを直すのは「テキスト校正くん」で直せます。 ◦ https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ICS.japan ese-proofreading • レビュアーを募集は合同誌のときはみんなで、単著のと きはレビュアーをツイッターで募集(今回は3人に依頼) しました。

    • 組版はRe:VIEWを使うのが便利です。 ◦ 今回はRe:VIEW Starterを使いました。
  9. お勧めのRe:VIEW Starter • Re:VIEW の初期設定が画面でできます。 ◦ https://kauplan.org/reviewstarter/ • 通常のRe:VIEWもそうですが、Dockerにイメージがある のでPCの環境を汚さずに環境構築ができる。

    ◦ $ docker pull kauplan/review2.5 ◦ $ unzip mybook.zip ◦ $ cd mybook/ ◦ $ docker run --rm -v $PWD:/work kauplan/review2.5 /bin/bash -c "cd /work; rake pdf" ◦ $ ls mybook.pdf
  10. そんな感じで私も 単著デビューしました

  11. 執筆スケジュール • 書き初めは2019年6月3日(月)からです。 • 書き終わりは2019年7月16日(火)です。 • 1ヶ月半で書き終わりました。 • 意外と何とかなるもんですね。

  12. 執筆は怖い? • 怖くないよ。 • ブログと同じだよ。 • ブログやっていればわかると思うが、内容が被っていて も切り口が違えば誰かに刺さる本になります。 • 執筆すると登壇とは違う仲間も増えます。

  13. さぁ!執筆しよう!

  14. 技術書典7 2019年9月22 (日)

  15. 技術書同人誌博覧会 第2回 2019年12月14日(土) 申込は2019年08月19日(月)12:00

  16. おまけ

  17. 出版物(合同誌) • ワンストップ見積もり • ダウンロード版 https://booth.pm/ja/items/1315587 • 頒布価格:1,000円 • サークル:親方Project

    • コミケC95(2018冬)
  18. 出版物(合同誌) • エンジニアの成長を応援する本 • ダウンロード版 https://booth.pm/ja/items/1317843 • 頒布価格:1,000円 • サークル:

    ◦ エンジニアの登壇を応援する会 • 技術書典6(2019春)
  19. 出版物(単著) • 迷惑メールにされないメール設定方法 G Suite編 • ダウンロード版 https://booth.pm/ja/items/1475698 • 頒布価格:800円

    • サークル:ブライトシステム • 技術書同人誌博覧会(2019夏)