WebXR Tech Tokyo#1 コロナ時代にできる、WebARリモートハンズオン

WebXR Tech Tokyo#1 コロナ時代にできる、WebARリモートハンズオン

2020/6/29 WebXR Tech Tokyo#1の登壇資料
https://vrtokyo.connpass.com/event/178319/

8790f8303e6bd3b98d31718253316c3c?s=128

sentomo

June 29, 2020
Tweet

Transcript

  1. 2.

    自己紹介 • 名前 sentomo @sentomo594 • 所属 某全天球カメラの会社 • 年次

    5年目 • VR開発 3年弱くらい Unity:2017.10〜2019.6 UE4 :2019.7〜 • 最近、Qiitaに『UE4で3Dモデルの断面を表示する』を投稿 • 社内のVRコミュニティ「アトリエリアリテ」運営 https://qiita.com/sentomo594/items/ba06d922d92a3c5d52fb
  2. 3.

    アトリエリアリテとは? • XRのコミュニティ活動 • 2017年4月発足! • 弊社でXRに興味がある社員が自主的に集まった! • 週1日、業務時間後に活動 •

    XRコンテンツの作成 • XR案件に協力 • 社内向けに、XRに関するイベント(LT、体験会など) →XRについて知ってもらう機会を提供 XR技術者の輪を広げる
  3. 13.

    Web AR → AR.js • XR-HUBさんの記事を発見 R ETS V HI

    E X AK - • 最初は8th wall webで検討していたが、 先月からアカウント新規登録時にクレカ情報を入力 →ハンズオンのハードルが上がってしまう • AR.jsは、アカウント登録不要、無料、 ARで一般的な画像認識+3Dモデル表示が簡単にできる • いっこうさんの記事も参考にさせていただきました! A D . 1 . 7 https://xr-hub.com/archives/19053 https://dev.to/ikkou/ar-js-image-tracking-382b
  4. 14.

    AR.jsハンズオンの流れ • AR.jsをgit clone、またはリポジトリをダウンロード • https://github.com/AR-js-org/AR.js • aframe/examples/image-tracking/nft フォルダごとコピー 任意のフォルダ名に名前を変更、htmlファイルを編集

    • glb形式の3Dモデルを置き換え • テクスチャを配置 • 3Dモデルのscale、rotationを調整 • glbに含まれたアニメーションを再生するためのライブラリを追加 • Netlifyでデプロイ • Image Trackingの画像を差し替え、再デプロイ
  5. 15.

    AR.jsハンズオンの流れ • AR.jsをgit clone、またはリポジトリをダウンロード • https://github.com/AR-js-org/AR.js • aframe/examples/image-tracking/nft フォルダごとコピー 任意のフォルダ名に名前を変更、htmlファイルを編集

    • glb形式の3Dモデルを置き換え • テクスチャを配置 • 3Dモデルのscale、rotationを調整 • glbに含まれたアニメーションを再生するためのライブラリを追加 • Netlifyでデプロイ • Image Trackingの画像を差し替え、再デプロイ
  6. 19.