Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWSからOCIへの移行事例 + 何か

AWSからOCIへの移行事例 + 何か

253ab1300a7e9526141c2f15d3cb4ae7?s=128

Shinya Omori

June 30, 2020
Tweet

Transcript

  1. “AWSからOCIへの移⾏事例 + 何か" -OCIJP#8-

  2. 2 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. 1 2 3

    Introduction 事例 何か!? ※多分時間無い Agenda
  3. 3 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. ⼤森 信哉 @shinpy

    株式会社アトミテック クラウドサービス事業である (クラウディ)を担当 福島県会津若松市 出⾝&在住(半リモート) インフラエンジニア(のはず)兼エバンジェリスト OCI(Oracle Cloud Infrastructure)は触り始めてもう少しで2年!! リモートワークで家にこもってたら痩せてしまった...orz 好きなサービス: OCI = Autonomous Databaseシリーズ
  4. 4 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. @Cloudii_jp https://www.facebook.com/Cloudii.jp https://cloudii.jp/

    ハッシュタグ #Cloudii Cloudii Blog
  5. 5 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. 事例 AWSで稼働していたサービスを、 ほぼ1ヶ⽉でOCIに移⾏した話

    を簡単にご紹介 「AWSからOCIへの移⾏事例」
  6. 6 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. API SV (本番)

    OCI Tokyoリージョン Internet Gateway VCN EC2 #1 EC2 #2 CDN Amazon CloudFront オフィス コンテンツを アップロード Docker コンテナ API SV (テスト) インターネット S3 Docker コンテナ 事例:AWSでは
  7. 7 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. API SV (本番)

    OCI Tokyoリージョン Internet Gateway VCN Compute #1 Compute #2 CDN Fastly オフィス コンテンツを アップロード Docker コンテナ API SV (テスト) インターネット Object Storage Docker コンテナ 事例:OCIでは
  8. 8 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. 事例:⾟かったところ S3 ObjectSt

    orage ・データ容量:15TB ・ファイル数がとてつもなく細かい ・1ヶ月で移行(コピー) ・S3コマンドやCLIで考えていたが、1ヶ月以上かかてしまうことが発覚。。。 コピーに時間がかかる!!
  9. 9 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. 事例:⾟かったところ S3 中間

    サーバ ObjectSt orage ・中間サーバを複数構築 ・「rclone」コマンドでコピー ・4週間目くらいにギリギリ完了!! ・中間サーバのComputeインスタンス料金が結構痛かった。。。 ・更に、中間サーバ→ObjectStorageは別テナンシーだったので、 転送料金もかかった(Outband:10TBまでは無料) 中間 サーバ 中間 サーバ 中間 サーバ 分散して対応
  10. 10 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. 事例:CDN ・OCIにはCDNサービスが無い ・Fastlyを選定

    ・月訳130TBの転送量、450,000万ファイルのリクエスト数を裁く ・キャッシュパージ処理の提供:コマンド1つで、一瞬でキャッシュパージ可能 ・ドメイン、リクエストヘッダや、コンテンツ(URL)毎にオリジンへの独自ルーティング設定、 ユーザ認証、レスポンスヘッダ加工を提供 ちょっと問題? ・序盤は全体キャッシュパージしすぎで、 オリジン(ObjectStorageからのOutband通信量がすごい事に、、、お金が、、、) ・現状は、URLパスごとのパージで対応したり等で10TB以内に収まってきてる!!
  11. 11 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. API SV (本番)

    OCI Tokyoリージョン Internet Gateway VCN Compute #1 Compute #2 CDN Fastly オフィス コンテンツを アップロード Docker コンテナ API SV (テスト) インターネット Object Storage Docker コンテナ Oracle Cloud Infrastructure Registry(OCIR) Docker イメージ API SV (テスト) API SV (本番) Docker イメージを メンテナンス 事例:OCIRにしたら?
  12. 12 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. API SV (本番)

    POD #1 OCI Tokyoリージョン Internet Gateway LB VCN Compute #1 Compute #2 Oracle Cloud Infrastructure Registry(OCIR) CDN Fastly オフィス Docker イメージ Docker イメージを メンテナンス コンテンツを アップロード Oracle Container Engine for Kubernetes API SV (テスト) POD #2 インターネット API SV (テスト) API SV (本番) Object Storage LB 事例:OKEにしたら?
  13. 13 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. 事例:感想 ・1ヶ月で、設計〜構築〜移行はやめましょう。 ・大容量のデータをコピーするときは、分散技で!(Data

    Transferは日本では未提供) ・CDNはFastlyがコスパ良いと思います! ・ObjectStorageの見積は容量だけでなくて、転送ファイル数も考慮する!
  14. 14 Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. 何か! Loggingサービスを⾒てみる (LA)

    https://cloudii.atomitech.jp/entry/20191126/1574730560
  15. Copyright ©2019 AtomitechInc. All rights reserved. 15 We Are Hiring!!

    sales@atomitech.jp 宛先:⼈事担当