Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OCIと歩んだ2年間

 OCIと歩んだ2年間

OCIJP#18
2021年5月18日(火) 19:00〜20:30
https://fullenergy-oci.connpass.com/event/211126/

Shinya Omori

May 18, 2021
Tweet

More Decks by Shinya Omori

Other Decks in Technology

Transcript

  1. OCIと歩んだ2年間 by

  2. 2 大森 信哉 株式会社アトミテック 所属 クラウドサービス事業 Cloudii(クラウディ)を担当 福島県会津若松市 在住(フルリモート) インフラエンジニア、エバンジェリスト、

    PM、営業、管理、人事/採用。。。 OCI 7割、AWS1割、Azure1割、オンプレ1割(多分 好きなOCIサービスは「クラウド・ガード」 @shinpy
  3. @Cloudii_jp https://cloudii.jp/ Cloudii Blog #Cloudii 3

  4. OCI Gen2 東京リージョンオープンして2年。。。 4 🤔

  5. 1.OCI事例紹介 5

  6. 事例:酒造会社(2社) 酒造業界向け販売/生産管理システムのOCI移行 ◦ OCI環境設計/構築/移行/運用保守 ◦ 拠点間VPN環境構築 ◦ オンプレサーバ全てOCI移行(1社) DBCSはOSログイン(root)できるのにビックリ!? 構築中はOL6だったが、途中でOL7がリリース!?

    NSGがなかったのでSLでの設計思想が必要だった。 6
  7. 事例:大手インフラ企業 会員用Webシステムのインフラ改修 ◦ アーキテクチャ選定、コンサル業務 ◦ 自動構築環境整備(CI/CD,Terraform,Ansible) ◦ Blue/Greenデプロイ ◦ ハイブリット環境構築(FastConnect+オンプレ)

    ◦ 移行(フロント:CDNの機能を利用した切替) この時無かったサービス ◦ API GatewayやNLB:Nginxで対応 ◦ Logging 7
  8. 事例:国土地理院様 地理院地図をFastly+OCIで運用 ◦ AWSからの移行 ◦ CDN:CloudFront → Fastly ◦ S3

    → Object Storage ◦ EC2 → Compute ◦ 地図データをアップロードする独自ツールの改修 ◦ 運用保守(24×365) ◦ 監視〜1次対応をハートビーツ様に依頼して対応 1ヶ月で13TB移行とツール改修が想定外で** Loggingが途中でリリースされてObjectStorageのアクセスログ取得可能に(TT 8
  9. 事例:某行政機関様 河川情報提供サービスのOCI構築/移行/運用 ◦ VMware環境からのImport/Export移行 ◦ CentOS ◦ PostgreSQL(Pgpool環境) ◦ Zabbix

    ◦ VMwareからのImportに制限があって ◦ vmdkは1つで最大サイズ400GB ◦ BIOS Boot設定(UEFIはNG)...等 https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Compute/Tasks/importingcustomimagelinux.htm 9
  10. 事例:大手SIer 基幹システムの大規模OCI環境構築 (IaaS/PaaS/SaaS) ◦ 要件定義サポート/設計/構築/テスト ◦ サーバ台数 約70台(まだ増えそう。。。) ◦ Hinemosによる監視環境、JOB環境構築

    ◦ Logging+Log Analyticsによるログ集約/分析/検索 構築時に無かったサービス ◦ Compute増分バックアップのクロスリージョンコピー ◦ BootVolumeのレプリケーション機能 10
  11. 案件まとめ ◦ オンプレからの移行案件が多かった ◦ 最近はAWSからの移行相談が多い ◦ Computeインスタンス主体案件が多い ◦ OracleDB案件はほぼDBCS ◦

    Serverless系やCloudNativeなサービス案件は少ない ◦ プリセールスやPoCからの支援依頼も多い 11
  12. 2.OCIから得たもの 12

  13. OCI市場を作り上げていく経験 AWSは気がついたときには、多種多様なサービスがリ リースされて、文献も事例も豊富になっていた。 OCIはまだ把握できるサービス数、知名度、文献もほぼ 皆無な状態からスタート。先行されている市場でどう対 応していくのかも見れている。 イベント出展/登壇、ブログ、プロダクト、 そしてITコミュニティ...etc 13

  14. Oracle DBを触れた(個人的) Oracle DBがあればOCIというくらいに、OCI案件には 高確率でOracle DBがついてくるので、初めて触れるこ とができた 前職でPostgreSQL、MySQL、SQL Serverとかは関わ ってきたがOracle

    DBはなぜかなかった。。。 ※CDBとかPDBとか(@@;; ※メンバー任せ! 14
  15. サポートの大変さを実感 SR。。。 忍耐が付きましたw 15

  16. 3.これからのOCI 16

  17. (多分)時間切れm(_ _)m 松本さんのセッションにバトンタッチ!! 17