Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

Kubernetes CICD Pipelines Book

Kubernetes CICD Pipelines Book

「Kubernetes CI/CDパイプラインの実装」 (impress top gearシリーズ)
https://www.amazon.co.jp/dp/4295012750

書籍の紹介概要です
-----
Publisher: Impress Corporation
Release Date: October 19th, 2021
Author: Shingo Kitayama (Red Hat K.K.)
Language: Japanese

269258447d4284b5cb2ce0f048d143b2?s=128

Shingo.Kitayama

October 16, 2021
Tweet

Transcript

  1. None
  2. None
  3. 本書の目次 開発プロセスの運用変化 クラウドネイティブ開発 に向けた環境準備 の概要 継続的インテグレーションの パイプライン イベント駆動の パイプライン実行 の概要

    継続的デリバリのデプロイメント 継続的デリバリのリリース
  4. 本書の特徴 の開発体験 本書では、 で利用されてい る「 」をサンプルアプリ ケーションとして利用しています。 コンテナ化されたマイクロサー ビスの継続的インテグレーション と継続的デリバリの実装をこの

    冊で理解できます。 カスタムリソースを駆使 したパイプライン実装 の拡張機能である カスタムリソースを用いた、 パイプラインの実装を紹介 しています。 ツール固有の設定方法ではな く、 リソースによる標 準化を体感できます。 ブランチ戦略による の理解 では、全てのリ ソースが で取り扱うため、 その管理方法の理解が欠かせ ません。 ブランチ戦略と をインター フェイスとしたアプリケーション開 発プロセスの実装を学びます。
  5. 本書の執筆背景 参照 パイプラインツールを入れただけではなく、コンテナで期待される実装が行われているのだろうか

  6. 本書の パイプライン構成 上で、マイクロ サービスの継続的インテグ レーションと継続的デリバリ を実装します。 【 パイプライン 】 リポジトリ上のアプリ

    ケーションソースコードを 「 」内でビ ルド、テストし、コンテナイ メージを作成します。 テストされたコンテナイメー ジのマニフェストをもとに、各 デプロイメント環境に動的に 配置します。
  7. を活用した継続的インテグレーション を用いて、アプリケーションやマニフェストのテスト、コン テナイメージのビルド、スキャン、デプロイといった、継続的インテグレー ションのパイプラインを構築します。 アプリケーション開発者は、 リポジトリ内のアプリケーションソースコー ドを変更するだけで、一連の動作確認ができます。

  8. を活用した継続的デリバリ を用いて、 を主体 としたコンテナイメージのデプロイ を実装します。 アプリケーションリリース運用者は、マニフェストの確認と 上の マージ ボタンを押すだけで、各デプロイメント環境にコンテナを配置できます。

  9. 本書でお伝えしたかったこと リポジトリ内容の変更をインターフェイスとして、開発者と運用者の責任分界を明確化した世界観 リポジトリ

  10. コンテンツを公開予定 【 】 本書で利用している内容をそのま ま手元の環境で利用できるように、 無償で公開しています。本書内容を 実装する際は、照らし合わせながら ご活用ください。 また内容は極力、 ディ

    ストリビューションの差をなくして構 成しています。同バージョンの 環境のもと、商用利用 やチュートリアルとして再利用くださ い。
  11. None