Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ノーコード・ローコードツールで サブスク運用を効率化する方法 / JP_Stripes_Osaka_202301

ノーコード・ローコードツールで サブスク運用を効率化する方法 / JP_Stripes_Osaka_202301

Hidetaka Okamoto (Stripe)

January 20, 2023
Tweet

More Decks by Hidetaka Okamoto (Stripe)

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ノーコード・ローコードツールで
    サブスク運用を効率化する方法
    JP_Stripes Osaka 2023/01
    @hidetaka_dev
    Jan 2023
    1

    View full-size slide

  2. Today topic: サブスク契約「後」の話
    2
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  3. 今日のトピック
    ● サブスクリプションの契約後に想定すべき
    3つの運用イベントとStripeでの対応方法
    ● コードをなるべく書かずに、
    サブスクリプションの「出来事」に対応する
    ● 「自分のビジネスに集中」するために、
    ノーコード・ローコードツールを活用しよう
    3
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  4. 今日のトピック
    ● サブスクリプションの契約後に想定すべき
    3つの運用イベントとStripeでの対応方法
    ● コードをなるべく書かずに、
    サブスクリプションの「出来事」に対応する
    ● 「自分のビジネスに集中」するために、
    ノーコード・ローコードツールを活用しよう
    4
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  5. サブスクリプションは、「契約してからが本番」
    ● サブスクリプションは、「契約し続けてもらう」必要がある
    ○ 使わないサブスクサービスは、解約される
    ■ 競合他社への乗り換え: 「もっと安いor便利なサービスにしよう」
    ■ 需要の消失: 「子どもが成長したので、もう使わない」
    ● 機能への不満だけでなく、
    サポートや契約体系などへの不満も解約理由になりうる
    5
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  6. サブスクリプションで発生しやすいサポートタスク
    ● 契約内容の確認と変更
    ○ プランの変更や解約・請求履歴の確認
    ○ 請求書等の送付先住所・メールアドレスの変更
    ● 決済に関連する事象
    ○ カードの有効期限切れや銀行振込の入金忘れ
    ○ 不正決済の申し立て(チャージバック請求)対応
    ● 営業やマーケティングなどとの連携
    ○ 優良顧客の特定、会計データのエクスポート
    6
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  7. Stripeで運用タスクを効率化する
    ● 契約内容の確認と変更
    ○ Customer Portalでリダイレクト型請求マイページを実装
    ● 決済に関連する事象
    ○ 支払い失敗などの通知メールの自動送信
    ○ 3DS2への対応やRadarを利用した不正検知システムの提供
    ● 営業やマーケティングなどとの連携
    ○ ダッシュボードやAPIの検索機能、レポート機能
    7
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  8. Stripe Customer Portalで請求マイページ
    ● リダイレクト型
    顧客請求マイページ
    ● 顧客情報・決済情報
    請求履歴・プラン変更など
    ● ノーコード / APIで
    組み込みが可能
    ● 利用料: 無料
    8
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  9. 失敗した支払いのフォローアップ
    ● 決済の再試行を3回実施
    ● 失敗した場合に、
    メールを送信して情報更新
    ● 有料オプションを利用して、
    スマートリトライなど
    追加機能も
    Billing Scale (0.8%)
    9
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  10. ダッシュボードのフィルタ機能で、見たい情報を抽出
    ● 各情報一覧にある「フィルタ機能」
    ○ Billing, Payment, Customer, etc
    ● 作成日や決済ステータスで、
    情報をフィルタリング
    ○ 例:直近X日に作成された、
      未払いのサブスクリプション
    ● フィルタ条件は、
    URLのクエリ文字列として追加される
    ○ /payments?status[0]=canceled&st
    atus[1]=blocked
    ● 「よく見る条件」をブックマーク
    社内Wikiやポータルで共有しよう
    10
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  11. 今日のトピック
    ● サブスクリプションの契約後に想定すべき
    3つの運用イベントとStripeでの対応方法
    ● コードをなるべく書かずに、
    サブスクリプションの「出来事」に対応する
    ● 「自分のビジネスに集中」するために、
    ノーコード・ローコードツールを活用しよう
    11
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  12. サブスクリプションや決済の「運用」にありがちなこと
    ● 「緊急かつ重要な出来事」は
    人力で解決する
    ● 「重要だけど緊急でない」ものへの
    開発リソースはあまり割り当てられない
    ○ コア機能の開発・運用が優先される
    ● 「コードを書かなくても、効率化できる」方法が効果的
    12
    JP_Stripes Osaka 2023/01
    緊急かつ
    重要
    緊急ではないが重要
    緊急だけど
    重要ではない
    緊急ではなく
    重要でもない

    View full-size slide

  13. ノーコードサービスで自動化ワークフローを構築する
    ● 「イベント駆動」で考える
    ○ IFTTT (If this then that)
    ○ If XXX
    もしXXXが発生したら
    ○ Then YYY
    YY を実行する
    ● IFTTT / Zapier / Yoom / etc..
    ● AWS / GCP / Azure内連携は
    それぞれのWFサービスを利用
    13
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  14. Zapierで自動化ワークフローを構築する
    ● ワークフローを始める
    「起点」を決める
    ○ Stripeの場合:
    ■ サブスク申込や更新
    ■ 請求書の未払い
    ■ など
    ● 処理したい「タスク」を
    順番に登録する
    ○ Gmailでメール送信
    ○ Slackに通知
    ○ kintoneレコード作成
    14
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  15. サービスによっては、「WFプリセット」も
    ● YoomやZapierなど
    ○ サービス同士の
    連携レシピが利用可能
    ○ 作成したWFを
    共有できるSaaSも
    ● プリセットやレシピを見て
    自動化できる作業やWFを
    見つけよう
    15
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  16. Amazon EventBridgeでノーコードにAWSと連携
    ● 「発生したイベント」と
    「実行したいWF」の
    関係性(ルール)を作る
    ● AWS内のイベントや、
    連携SaaSのイベント、
    AWS SDKによる手動通知に対応
    ● StripeやTwilioなどは、
    クイックスタートで
    Webhookエンドポイントを用意
    16
    JP_Stripes Osaka 2023/01
    https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/
    2022/08/amazon-eventbridge-supports-receiving-
    events-github-stripe-twilio-using-webhooks/

    View full-size slide

  17. クイックスタート利用の場合
    Sourceでstripe.comを指定
    detail-typeで
    Stripeのリソース名を指定
    detailで、JSON構造に対応した
    条件を書くと、絞り込み
    右の例:
    「5000円以上の請求書」に
    関する全てのイベント
    17
    JP_Stripes Osaka 2023/01
    EventBridgeでのStripeイベントのフィルター例

    View full-size slide

  18. Amazon SNSやAWS Chatbotでまずは社内通知から
    ● SNSを利用した社内通知
    ○ Chatbot併用でSlackにも
    ● まずは「何かが起きた」ことを
    素早く検知できる仕組みを作る
    ○ 顧客が問い合わせて来る前に
    調査や対応を済ませたい
    ○ 人力でのサポートは継続
    ただし初動が早くなる
    ● EventBridgeのルールなどで
    要対応イベントかを事前トリアージ
    ○ 「オオカミ少年」化を回避する
    18
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  19. ワークフローを設計・実行
    AWSのAPI呼び出しが可能
    ローコードにWFが作れる
    ChoiceやWaitで、
    条件分岐や待機も可能
    ・失敗したら、
     10秒後にリトライ
    ・3回失敗したら、
     キャンセルして返金
    19
    JP_Stripes Osaka 2023/01
    AWS StepFunctionsで、手続き処理をローコードに

    View full-size slide

  20. ユーザー・契約の「状態」をシステムで把握する
    ● 個々の契約や顧客の状態を人力で把握するのは難しい
    ○ システム化・仕組み化して、素早く効率的に変化を検知する
    ○ ローコードでWFの試作・評価サイクルを素早く回す
    ● Q:「作ったWF」と「状態変化」をどう紐づけるか?
    ○ 手動実行(GUI / API / CLI / etc..)
    ○ Webhook API
    ○ イベント駆動型サービスを利用する
    ■ Zapier, IFTTT, Yoom, Amazon EventBridge, Power Platform
    20
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  21. 今日のトピック
    ● サブスクリプションの契約後に想定すべき
    3つの運用イベントとStripeでの対応方法
    ● コードをなるべく書かずに、
    サブスクリプションの「出来事」に対応する
    ● 「自分のビジネスに集中」するために、
    ノーコード・ローコードツールを活用しよう
    21
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  22. コア機能に集中するための、ノーコードツール
    ● コードを書く開発とノーコードツールは、ゼロサムの競合ではない
    ○ ノーコードツールは、
    社内の開発リソースを効率的に動かすために活用できる
    ● 「重要だけど、緊急ではないタスク」を誰に任せるか?
    ○ システムの外にあるタスク・ワークフローならば、
    SaaSとIPaaSを使ってノーコードに解決する方法も
    22
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  23. 「シャドーIT」にならないために・・・
    ● 「どのWFを、どこで自動化しているか」の目録 / Wikiを用意しよう
    ○ 「古より人知れず動き続けるシステム」を作らない
    ● AWS / GCP / Azureなどで、「コード管理」への段階的な移行
    ○ StepFunctionsなどでWFをコード化
    ○ Terraform / CloudFormationなどでIaC管理へ
    ● ノーコード系ツールを、
    「コード管理への切り替えやすさ」で選ぶのもひとつの手
    23
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide

  24. n8nで、WFシステムを自前管理する方法も
    24
    JP_Stripes Osaka 2023/01
    https://n8n.io/

    View full-size slide

  25. 今日のトピック
    ● サブスクリプションの契約後に想定すべき
    3つの運用イベントとStripeでの対応方法
    ● コードをなるべく書かずに、
    サブスクリプションの「出来事」に対応する
    ● 「自分のビジネスに集中」するために、
    ノーコード・ローコードツールを活用しよう
    25
    JP_Stripes Osaka 2023/01

    View full-size slide