Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「職能の越境」でアクセシビリティが加速する / GAAD Japan 2022 Crossing the border

「職能の越境」でアクセシビリティが加速する / GAAD Japan 2022 Crossing the border

GAAD Japan 2022のサイボウズのセッションの発表資料です。

Google Slide版はこちらです:
https://docs.google.com/presentation/d/1fz1637rymBjb0ym0CfYFtT7N0KXMsa_BL-n3RXzYBtQ/edit?usp=sharing

Dbe3bc2c72aa0b8175561b3a948a80fb?s=128

Daisuke Kobayashi

May 19, 2022
Tweet

More Decks by Daisuke Kobayashi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. GAAD Japan 2022 「職能の越境」で アクセシビリティが加速する

  2. 登壇者紹介 杉崎信清 ⼩林⼤輔

  3. サイボウズという会社 チームワークあふれる 社会を創る

  4. 開発の知識がなくても 業務に合わせたシステムを かんたんに作成できる クラウドサービス

  5. フロントエンドリアーキテクチャプロジェクト ü kintoneのすべてのページを React で書き換える ü フロントエンドが複数の開発チームに分割され 各チームが主体的に改善に取り組めるようにする kintone 開発チームA

    kintone 開発チームB kintone 開発チームC
  6. ユーザー体験を最⾼にするチーム(Mantle) 開発チームを横断して⼀貫したユーザー体験を提供する kintone 開発チームA kintone 開発チームB kintone 開発チームC Mantleチーム

  7. Mantleチームの⽬標と活動内容 kintone共通コンポーネントの 集約と提供 コンポーネントドキュメントの 作成 アクセシビリティや ユーザビリティの品質向上 コンポーネントのテスト設計 テストの⾃動化 kintoneデザインシステムの作成・普及

  8. Mantleチームの活動体制 アクセシビリティ デザイン フロントエンド 品質保証

  9. 越境することでみえてきたこと 1. アクセシビリティの話題を持ち掛けやすい 2. アクセシビリティの話題を持ち掛けられやすい 3. アクセシビリティに詳しい仲間ができる

  10. 1. アクセシビリティの話題を持ち掛けやすい Mantle以前はkintone開発チームとは別の独⽴したチームで活動 フィードバックしたいけど忙しいんだろうか… ⽴て込んでいるときにタスク増やすことにならない...︖ 今どのタスクに着⼿してるんだろうか… スコープ外のことを指摘することにならない…︖

  11. 話題にあげる⼼理的ハードルが下がる ▌話すべきタイミングを逃さない ▌込み⼊った話もしやすい デザイナー ホバーやフォーカススタイルの背景を確認する エンジニア フォーカスの改善⽅法・改修時期を相談する 品質保証 キーボード不具合の現象確認・期待結果を相談する

  12. 2. アクセシビリティの話題を持ち掛けられやすい ▌アクセシビリティに関する相談件数が増加 l ⼤⼩さまざまな規模の相談を受けている l Mantleチームからも、それ以外のチームからも相談がある

  13. アクセシビリティのIssueを登録してくれるように ▌登録されたIssueの例︓ l キーボード操作で正常に動作しない l フォーカス・ホバーのスタイルが正常に表⽰されない

  14. 3. アクセシビリティに明るい仲間ができる フロントエンド WAI-ARIA・キーボードフォーカスなどを⼀ 緒に考えてくれる 品質保証 アクセシビリティの観点を盛り込んだ テストケースを作成してくれる デザイナー ⾊のコントラストやアイコンの表現を

    事前に相談してくれる
  15. 今後の⽅針や理想も共有できるように ▌ドロップダウンのキーボード操作が破綻しないように 開閉ボタンとポップアップをセットで提供したい ▌ボタンとリンクの違いを明確にして定義を決めたい ▌フォントサイズをremなどの相対単位で統⼀したい ▌アイコン画像を整理して統⼀したい

  16. 越境することでアクセシビリティチームが学んだこと 1. デザイン背景や実装を知る機会が増えた 2. アクセシビリティの取り組みが加速した

  17. 1. デザイン背景や実装を知る機会が増えた ▌踏み込んでデザインや実装に携わる機会が増えた ▌フロントエンドの知識・スキルを学ぶことができた 確度の⾼いフィードバックができるようになった

  18. 2.アクセシビリティの取り組みが加速した ▌これまでガイドラインや⾃動チェックなどの守りの姿勢で活動 してきた ▌チームに⼊り、各職能を越境することでアクセシビリティの取 り組みは加速した

  19. まとめ ▌⾃然とアクセシビリティの話題ができる ▌アクセシビリティのスキルを⾃然と⾝に着けてもらえる ▌アクセシビリティに明るい仲間が増える 職能の越境でアクセシビリティの取り組みは加速する