Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

アクセシビリティを高めてみんなに伝わる発表資料のつくりかた / Cybozu Presentation Accessibility

アクセシビリティを高めてみんなに伝わる発表資料のつくりかた / Cybozu Presentation Accessibility

サイボウズ株式会社で開催した「アクセシビリティを高めてみんなに伝わる発表資料のつくりかた」のスライド資料です。

以下のリンクから、PPT形式の資料を閲覧できます:
https://cybozu-my.sharepoint.com/:p:/g/personal/daisuke-kobayashi_cybozu_onmicrosoft_com/EUw8uxvLxodNgXG0jVlv0O4B5LJ0eKa-jmYLrcWnTZkovQ?e=8W0TJm

Dbe3bc2c72aa0b8175561b3a948a80fb?s=128

Daisuke Kobayashi

March 03, 2020
Tweet

Transcript

  1. アクセシビリティを⾼めて みんなに伝わる発表資料の つくりかた ⼩林⼤輔 デザイン&リサーチ アクセシビリティエキスパート

  2. コンセプト 誰に PowerPointを使って発表するサイボウズ社員に 何を 障害者・⾼齢者を含めて「すべて」の⼈に伝わる 発表の仕⽅がわかった︕と⾔ってほしい

  3. アクセシビリティとは︖ 障害者・⾼齢者を含めて「すべて」の⼈が 製品やサービスに⽀障なくアクセスできること

  4. よくある声 障害者の⽅は⾃分たちとは全く違うんだな ⼀部の⼈に配慮するのはコストが⾼そう

  5. 誰でも「⾒えない」「⾒えづらい」ことがある ▌ モニターから遠い位置に座っていたら ▌ 古いプロジェクターを使っていたら ▌ スマホで資料を⾒ていたら ▌ テレビ会議の画質が低下したら ...

  6. 「特別な配慮の対象」ではなく「道しるべ」 「極端」に⽬を向けることで「汎⽤」が獲得できる

  7. よりよい発表をするには︖

  8. よりよい発表のポイント 1. 参加しやすい場所・時間を設定する 2. 発表資料を事前に共有する 3. 視覚だけに依存しない表現を使う

  9. 1. 参加しやすい場所・時間を設定する ▌ 会場 l 会場に到達するまでにサポートが必要か考えましょう ▌ 座席 l 参加者にあわせて座席を設定しましょう

    ▌ 休憩 l 余裕を持った休憩時間を設定しましょう l 参加者が休憩がとりやすいようにサポートしましょう
  10. 2. 発表資料を事前に共有する ▌ 参加者が確認したい⽅法で確認できるようになる l スクリーンリーダーで読み上げる l 拡⼤したりハイコントラストモードで表⽰する l 理解できる⾔語に翻訳する

    l Office365 ではなく ファイル添付 で共有しよう l PDF ではなく PowerPoint で共有しよう
  11. 3. 視覚だけに依存しない表現を使う ▌ スライドに書かれた重要な情報は、すべて⾳声で伝える (タイトル・本⽂・画像・図表・グラフ) ▌ 挙⼿アンケートしたときは、結果をフィードバックする ▌ 指⽰語だけ・⾊だけを使った表現を避ける l

    例︓「これとこれを⽐べると」 l 指、ポインタ、マウスカーソルでスライドを指すときは要注意
  12. 4. ⾳声を聞き取りやすくする ▌ マイクを使ってはっきりしゃべる ▌ ⼝の形が⾒えるようにする ▌ シンプルでわかりやすい⽇本語を使う ▌ 参加者の質問は復唱する

  13. 発表資料のつくりかた

  14. みんなに伝わる発表資料のガイドライン 1. 読みやすいフォントを使う 2. 情報を⾊だけで伝えない 3. コントラストを⾼める 4. 画像に代替テキストをつける 5.

    ⼀意なタイトルをつける 6. 読み取り順序を確認する
  15. 1. 読みやすいフォントを使う ▌22ポイント以上のゴシック体を使う(UDフォントも有効) ▌斜体や⽴体書体は避ける ▌⾏の⾼さを⼗分にとる(⽂字の⾼さの1.2〜1.5倍) Why︖ l ロービジョンや読字障害の⼈が読みやすくなる l 遠⽅からスライドを⾒ても読みやすくなる

  16. 22ポイント以上の⽂字を推奨する根拠 ▌Microsoftの資料によると、英数字については18ポイント以上 が推奨されている ▌⽇本語の全⾓⽂字の場合は、拡⼤教科書普及推進会議 第⼀次 報告「第2章 拡⼤教科書の標準的な規格について」に基づき、 22ポイント⼜は18ポイントの太字を「同等な」サイズとみな すのが妥当である (WCAG2.0より)

    ▌24ポイント以上がよいという意⾒も多数あります。
  17. やめよう こうしよう 例︓読みやすいフォントを使う αΠϘ΢ζגࣜձࣾ ୅දऔక໾ࣾ௕ サイボウズ株式会社 代表取締役社⻑

  18. 2. ⾊だけで情報を伝えない ▌⾊以外に「⽂字」「形」「配置」などで情報を伝える Why︖ l ⼈の⾊覚によらず内容を理解できる(⾊覚多様性) l ⽩⿊印刷されても内容を理解できる

  19. やめよう こうしよう 例︓⾊だけで情報を伝えない(グラフ) アプリ スペース ピープル メッセージ アプリ スペース ピープル

    メッセージ
  20. ⽩⿊印刷すると… アプリ スペース ピープル メッセージ アプリ スペース ピープル メッセージ

  21. やめよう こうしよう 例︓⾊だけで情報を伝えない(⽂字の強調) 多様なチームで働くため に嘘のない⾵⼟を作る 多様なチームで働くため に嘘のない⾵⼟を作る

  22. 3 . コントラストを⾼める ▌⽂字⾊と背景⾊との間に⼗分なコントラストを確保する Why︖ l ⾼齢者やロービジョンの⼈に⾊の違いが⾒やすくなる l 照明がついている部屋でも⾊の違いが⾒やすくなる l

    品質の低いプロジェクターでも⾊の違いが⾒やすくなる
  23. コントラストの⾼い⾊の選び⽅ ▌ ⽩⾊の⽂字に適切な背景⾊は、パレットのだいたい下2段の⾊ 厳密には、アクセシビリティチェック(後述)で調べる

  24. やめよう こうしよう 例︓テキストに⼗分なコントラストを確保する サイボウズ 世界中にチームワークを サイボウズ 世界中にチームワークを

  25. 4. 画像に代替テキストをつける ▌画像・図表・グループ化したオブジェクトに 「代替テキスト(代わりになる⽂章)」を⼊れる Why︖ l 全盲の⼈は代替テキストがないと画像を理解できない

  26. 代替テキストをつける⽅法 ▌ 画像を右クリック →「代替テキストの編集…」

  27. どんな代替テキストをつけますか︖(製品ロゴ)

  28. どんな代替テキストをつけますか︖(顔写真)

  29. どんな代替テキストをつけますか︖(グラフ)

  30. どんな代替テキストをつけますか︖(フローチャート)

  31. 代替テキストが思いつかない&⻑すぎたら… ▌ コンセプトを明確に (誰に何を伝えたい画像ですか︖) ▌ ⼝頭で詳しく説明する ▌ 発表者ノートに説明を書く ▌ 別のスライドに説明を書く

  32. 5 . スライドの読み取り順序を確認する ▌オリジナルのレイアウトを使う場合は、必ず順序を確認する (標準のレイアウトを使えば、読み取り順は問題ない) Why︖ l スクリーンリーダーの読み取り順序が⾒た⽬と異なると 全盲の⼈には意味が理解できなくなる

  33. 読み取り順序の確認⽅法 ▌「ホーム」→「整列」→「選択ウィンドウ」 ▌⾏をドラッグして読み取り順序を調整 読み取り順序

  34. ワーク︓読み取り順序を確認する ▌ 以下の図表の読み取り順序を確認し、正しい順序に修正しよう 理想を創る 役割分担する モチベーションが 上がる ノウハウを 蓄積する コミュニケーション

    しながらワークする
  35. 6 . ⼀意なタイトルをつける ▌タイトルを必ずつける ▌タイトルはそれぞれのスライドで⼀意にする Why︖ l タイトルだけを辿って発表の概要を理解できる l タイトルをもとにスライドを⾒つけやすくなる

  36. やめよう こうしよう 例︓⼀意なタイトルをつける 1. 会社情報 2. 会社情報 3. 会社情報 4.

    … 1. 従業員数 2. グローバル展開 3. ⼈事制度 4. …
  37. タイトルを省略したいときは︖ 1. タイトルは削除せず必ず⼊⼒する 2. 「オブジェクトの選択の表⽰」でタイトルを「⾮表⽰」に l 「ホーム」→「整列」→「選択ウィンドウ」

  38. ワーク︓このスライドはタイトルを「⾮表⽰」にしています どんなタイトルがついているか確認してみよう 「表⽰」→「アウトライン表⽰」 ※元に戻すには「表⽰」→「標準」

  39. みんなに伝わる発表資料のガイドライン(再掲) 1. 読みやすいフォントを使う 2. 情報を⾊だけで伝えない 3. コントラストを⾼める 4. 画像に代替テキストをつける 5.

    ⼀意なタイトルをつける 6. 読み取り順序を確認する
  40. わからないことがあったら… 「アクセシビリティの質問・相談」スレッドがあります

  41. 参考 アクセシビリティチェックツール

  42. アクセシビリティチェックを開く ▌ 「校閲」→ アクセシビリティチェック

  43. アクセシビリティの検査結果

  44. 修正が必要な理由と修正⽅法

  45. 参考⽂献 ▌障碍のあるユーザーが PowerPoint プレゼンテーションにア クセスできるようにする ▌How to Make Your Presentations

    Accessible to All