Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プロダクトの理想と現実はなぜ乖離しがち?プロダクト作りに潜む問題を考える

 プロダクトの理想と現実はなぜ乖離しがち?プロダクト作りに潜む問題を考える

2022/05/24の開発PM勉強会vol.11で登壇した内容になります。

E6059f359d777e0b0c5ee9820e3e8d32?s=128

suzukentaro

May 24, 2022
Tweet

More Decks by suzukentaro

Other Decks in Technology

Transcript

  1. プロダクトの理想と現実はなぜ乖離しがち? プロダクト作りに潜む問題を考える 2022/05/24

  2. 自己紹介 • 鈴木 健太郎(Twitter:@suzukentaro) • 年齢:39歳 • 開発ディレクター歴:17年 • 現職:株式会社Timers

    Lead Product Manager
  3. 運営サービス紹介

  4. Famm Famm(ファム)とは、お子様の写真・動画共有/子育て費用の相談会つき撮影会/ママのための キャリアスクール/出張撮影など、子育て家族の理想のライフデザインに寄り添うブランドです。

  5. 詳しくは https://famm.us/

  6. 本日お話したいこと

  7. こんな投稿が最近バズりました

  8. 本日お話したいポイント 1. 開発者の理解(解像度)が低い問題 2.営業が売りたいものが想定外すぎる 問題 3.リリース内容が理想からかけ離れる 問題

  9. 1. 開発者の理解(解像度)が低い問題

  10. プロダクト提供価値が説明不足だから • 開発メンバーに、開発機能の説明で終始している ◦ プロダクトの顧客課題や価値の説明をしてない ◦ 開発メンバーは機能仕様書通りの開発しかできない状況では? • 解決例 ◦

    開発内容のWhyとWhatを説明し、共感してもらう ▪ リーンキャンバス ▪ バリュープロポジションキャンバス ▪ ユーザーインタビュー
  11. 2. 営業が売りたいものが想定外すぎる問題

  12. 営業チームの事情を理解してないから • 営業がなぜそんなこと言い出すか、知ってますか? ◦ 担当営業の追っている目標を知ってますか? ◦ 営業が対面する顧客の反応を想像できますか? • 解決案 ◦

    営業の事情を理解してみる ▪ 部署目標のヒアリング ▪ 営業の席に同席させてもらう
  13. 3. リリース内容が理想からかけ離れる問題

  14. 各所からの要望に優先順位がつけられないから • 横やりが止められない ◦ 整合性のとれない要望を受けまくると、開発チームは疲弊混乱 ◦ 「その要望、対応しないと本当に問題が起こりますか?」 • 解決案 ◦

    誰がプロダクトの最終意思決定者かはっきりさせる ▪ 影の意思決定者がいたら、表に引きずり出すのもPdMの仕事 ▪ 複数部署から要望が来たら、各部署に優先度整理してもらう ▪ プロダクトゴールに合ってない要望は「No」の説明を
  15. リリース予定日 > 品質になってしまっているから • リリース予定日が優先されすぎている ◦ リリース予定日 > 顧客の期待になぜかなってしまっている ◦

    間に合わない量を期限までに作ろうとしている • 解決案 ◦ 希望リリース日の必然性を早めに握っておく ▪ リリース予定日を対外公表しない ▪ リリース予定日に出せないと何が起こるのか想定 ▪ リリース予定日が変えられないなら、実装要件を減らせないか
  16. まとめ

  17. まとめ 1. 開発者の理解(解像度)が低い問題 ◦ プロダクト提供価値が説明不足だから 2. 営業が売りたいものが想定外すぎる問題 ◦ 営業チームの事情を理解してないから 3.

    リリース内容が理想からかけ離れる問題 ◦ 各所からの要望に優先順位がつけられないから ◦ リリース予定日 > 品質になってしまっているから
  18. 最後に 開発者・ビジネス各部門とも正しく 連携を取って、 どうしてこうなった...なプロダクト が世の中から少しでも減ることを 祈願しています。