プロダクト開発というスポーツ/Sport of product development

E6059f359d777e0b0c5ee9820e3e8d32?s=47 Kentaro Suzuki
November 21, 2019

プロダクト開発というスポーツ/Sport of product development

E6059f359d777e0b0c5ee9820e3e8d32?s=128

Kentaro Suzuki

November 21, 2019
Tweet

Transcript

  1. プロダクト開発というスポーツ 2019/11/21


  2. 自己紹介 • 鈴木 健太郎(Twitter:@suzukentaro) • 年齢:36歳 • 開発ディレクター歴:14年 • 現職:株式会社Timers

    プロダクトマネージャー
  3. 注意事項 このスライドの内容は実践した話ではなく、アイデアのお話です。 ゆるくお聞きください。 


  4. Eテレ 奇跡のレッスン ←エディージョンズ  ・2011-2015 ラグビー日本代表HC  ・2015-2019 ラグビーイングランド代表HC

  5. 指導内容がなんか刺さる 大声を出してるだけだ。 コミュニケーションできていない。 あれじゃ金曜日の居酒屋だ。 最近、オールブラックスの真似をしようとしている ところが 増えているのが気になる。 いかに自分のチームのメンバーで勝つかを考えなければ いけません。 伝えたつもりではなく、確実に解らせることが大切。

  6. 考え至ったこと プロダクト開発って チームスポーツと似ているのではないか?

  7. プロダクト開発ってスポーツ? ソフトウェア開発はチームスポーツであり、技術的要因と 同じくらい人的要因が影響する。 ビジネスは面白いゲームだ。最小限のルールで激 しい競争がある。点数は稼いだ額で決まる。

  8. プロダクト開発ってスポーツ? チームスポーツっぽい! (強引)

  9. 今日のお話 • 「組織」を「フォーメーション」ととらえてみる • 「コミュニケーション」を「声掛け」ととらえてみる • 「学習」を「練習」ととらえてみる

  10. 「組織」を「フォーメーション」ととらえてみる

  11. 開発チームの例 デザインメンバー 開発メンバー ビジネスメンバー マーケメンバー PMメンバー

  12. フォーメーション(サッカーの例)

  13. 何を達成するためのフォーメーションか? • どう攻めよう/守ろうと考えているのか? • なぜ、このフォーメーションなのか?理想的なのか? • (自分含め)各ポジションの人にどう動いてほしいか? • どういう状況の時にフォーメーションを変えるべきか? •

    配置転換や採用は必要ないか?
  14. 「コミュニーケーション」を「声掛け」ととらえてみる

  15. エディー・ジョーンズの金言 (チームを見て)大声を出してるだけだ。 コミュニケーションできていない。 あれじゃ金曜日の居酒屋だ。 ラグビーでは、コミュニケーションを常に取る必要がある。 ラグビーは状況判断が常に求められるスポーツだが、人 とボール両方にフルに集中することはできないから、隣の 人と連携して取り組むことが必要。

  16. 意味のあるコミュニケーションをできているか? • 声出し ≠ 声掛け、量 < 質 • 誰が何をしようとしているか、誰がどこを見て誰にどうして欲しいか •

    的確なタイミングで、端的に伝える • 場を止めてでも、重要なことをきちんと指導する • 声掛け無しでゲームがうまく進められるなんて奇跡のチーム
  17. 「学習」を「練習」ととらえてみる

  18. エディー・ジョーンズの金言 練習は集中力を切らさず実施することが大切。 だから朝と午後とそれぞれ90分で集団練習は終了。 練習は鏡のように試合とそっくりにする。

  19. ビジネスにおける練習例 • 個人トレーニング ◦ 読書 ◦ 勉強会 ◦ 副業 •

    チームトレーニング ◦ ふりかえり ◦ モブワーク ◦ Learning Session
  20. サッカーにおけるゲームモデル 局面 モーメント 攻撃 守備 組織的 攻撃 攻撃への 切り替え 組織的

    守備 守備への 切り替え 参考:https://note.mu/sakamotokei68/n/nd23594685bfb 4つのモーメントにおける規則的かつ体系的な組織化と集団の行動を、 監督がチームに示し、習慣づけることが大事である。
  21. プロダクト開発におけるゲームモデル 参考:https://speakerdeck.com/takaking22/the-reality-of-a-team-with-no-mi-and-futa

  22. なぜ練習が必要か? • チームトレーニング、出来てますか? • プロスポーツでは、勝つために日々「仕事として」練習をしている • プロセスだけではなく、局面を考えてみる • チームは一日にしてならず •

    練習無くして、試合でいい結果は残せない
  23. まとめ

  24. まとめ 近代チームスポーツからも学べるものは多い! 勝たねばならない時に勝てるチームを作りましょう!

  25. おまけ 身体は資本です! 皆さん、適度にスポーツもしましょう!