Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

スクラムと向き合ってみよう / Feel Scrum

TAKAKING22
September 25, 2020

スクラムと向き合ってみよう / Feel Scrum

2020年9月25日(土)Scrum Fest Mikawa2020のキーノートにて。

TAKAKING22

September 25, 2020
Tweet

More Decks by TAKAKING22

Other Decks in Technology

Transcript

  1. スクラムと向き合ってみよう
    及部敬雄 (@TAKAKING22)
    Photo by Benjamin Davies on Unsplash

    View full-size slide

  2. 三河
    豊橋

    View full-size slide

  3. Photo by Lincun on wikipedia
    豊橋

    View full-size slide

  4. Photo by 663highland on wikipedia
    豊橋駅前大通

    View full-size slide

  5. Photo by Lincun on wikipedia
    豊橋

    View full-size slide

  6. Photo by Bariston on wikipedia
    二川宿本陣(東海道)

    View full-size slide

  7. Photo by Lombroso on wikipedia
    吉田城

    View full-size slide

  8. スクラムと向き合ってみよう
    及部敬雄 (@TAKAKING22)
    Photo by Benjamin Davies on Unsplash

    View full-size slide

  9. !5",",*/(
    גࣜձࣾσϯιʔσδλϧΠϊϕʔγϣϯࣨ
    Ұൠࣾஂ๏ਓΞδϟΠϧνʔϜΛࢧ͑Δձ
    "(*-&.0/45&3$0.ʢݸਓࣄۀओʣ
    ٴ෦ܟ༤

    View full-size slide

  10. Scrum Alliance Regional Gathering Tokyo2013
    Regional Scrum Gathering Tokyo 2015
    Regional Scrum Gathering Tokyo 2017
    Regional Scrum Gathering Tokyo 2018
    Regional Scrum Gathering Tokyo 2019
    Scrum Fest Osaka 2019
    Regional Scrum Gathering Tokyo 2020
    Scrum Fest Osaka 2020
    Scrum Fest Mikawa 2020
    Scrum Fest Sapporo 2020(2020年11月開催!)

    View full-size slide

  11. 2013 2015 2017 2018 2019 2020

    View full-size slide

  12. スクラム
    スクラム(名詞):

    複雑で変化の激しい問題に対応するためのフレームワークで
    あり、可能な限り価値の高いプロダクトを生産的かつ創造的
    に届けるためのものである。
    スクラムガイド「スクラムの定義」

    View full-size slide

  13. スクラムの歴史
    1986年 The New New Product Development Game
    1993年 スクラム誕生
    1995年 SCRUM Methodology
    2001年 Agile Software Development with Scrum
    2010年 スクラムガイド初版公開

    View full-size slide

  14. アジャイル開発といえばスクラム?
    EJHJUBMBJUIBOOVBM45"5&0'"(*-&3&1035

    View full-size slide

  15. Photo by Emma Gossett on Unsplash
    ルーツ

    View full-size slide

  16. 自分のルーツをたどる
    スクラムに出会う前はどうだったのか
    なぜスクラムにたどり着いたのか
    スクラムに出会ってどうなったのか
    今の自分たちにつながるストーリー

    View full-size slide

  17. これから歩み始める人
    歩み始めたばかりの人
    歩みを止めて少し休んでいる人
    歩み続けている人

    View full-size slide

  18. それぞれのストーリーがある

    View full-size slide

  19. あなたがスクラムと出会う前、
    どのような光景が広がっていましたか?
    目を閉じて想像してみてください

    View full-size slide

  20. Photo by Studio Republic on Unsplash
    いろんなところからカタカタと

    キーボードのタイプ音が鳴り響く開発フロア

    View full-size slide

  21. Photo by Alvaro Reyes on Unsplash
    忙しそうな先輩の機嫌を伺いながら

    わからないことを教えてもらって仕事を進める新人時代

    View full-size slide

  22. Photo by Christina @ wocintechchat.com on Unsplash
    夕方に会議室に集まってプロジェクトマネージャーに

    進捗報告しながらWBSを更新「70%終わりました」

    View full-size slide

  23. PAKUTASO
    仕事が終わらなかったことが悔しくて、
    深夜や休日に出社して仕事をしたり勉強

    View full-size slide

  24. Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash
    どうにかリリースできるとチームメンバーと喜ぶ
    エンジニアの仕事ってステキだなって感じた

    View full-size slide

  25. つくってるときは大変!
    でもやりきったときの達成感はスゴイ

    View full-size slide

  26. これがあたりまえの世界だった

    View full-size slide

  27. あなたがスクラムと出会った後、
    どのような光景が広がっていましたか?
    目を閉じて想像してみてください

    View full-size slide

  28. 今で言うペアプロやモブプロが自然発生し、
    業務中もわいわいしながら仕事を進めていく

    View full-size slide

  29. 朝カンバンの前で雑談しながら朝礼
    朝礼以外でもカンバン前に群がって議論や雑談

    View full-size slide

  30. スーパーエンジニアが技術勉強会を開いてくれて
    どんどん学んでいくチーム

    View full-size slide

  31. 後からチームでやっていることに
    「スクラム」という名前がついていることを知った

    View full-size slide

  32. リリースなどの仕事の節目ではやっぱり喜びを分かち合う

    View full-size slide

  33. つくってるときも楽しいし!
    だからやりきったときはもっと楽しい!

    View full-size slide

  34. はじめてのスクラム
    それまでのあたりまえだと思っていた世界が破壊された
    チームで働いている感覚
    自分もまわりも笑顔があふれている
    成長をしている実感

    View full-size slide

  35. How to Change Our World 〜楽天の開発現場からのアジャイル改善事例〜

    View full-size slide

  36. あなたのルーツは?
    それをいまどう感じますか?

    View full-size slide

  37. スクラムをきっかけに
    アジャイル開発には共感を

    View full-size slide

  38. https://anchor.fm/silver-bullet-club/episodes/Sprint8-ejglkc

    View full-size slide

  39. アジャイルソフトウェア開発宣言を読んで
    書いてあることは理想とするソフトウェア開発の姿
    賛成 or 反対ではなく、ただ共感
    はじめて読んだときも改めて読んだときも同じような感想
    いま読むと少し古く感じるところもあるが、

    このマニフェストが20年前に書かれたというスゴさ

    View full-size slide

  40. 息を吸うようにアジャイル
    Photo by Olia Nayda on Unsplash

    View full-size slide

  41. 素晴らしい叡智を残してくれた先人達
    圧倒的な感謝と尊敬

    View full-size slide

  42. 我々はこの先の世界に行こう!
    Photo by Drew Saurus on Unsplash

    View full-size slide

  43. うまくいくチーム
    うまくいかないチーム

    View full-size slide

  44. うまくいくチームとうまくいかないチーム
    似たコンテキスト下で、同じような行動をしていたとしても、

    チームによってうまくいくとうまくいかないで分かれている
    なぜ分かれてしまうのだろう?

    View full-size slide

  45. うまくいくってなんだ!?
    複雜で変化の激しい問題(スクラムガイド)
    方法論やエンジニアリングと違ってわかりやすい結果が得にくい
    デバッグできないところに解決したい問題が存在する
    そんなに簡単に結果はわからない

    View full-size slide

  46. うまくいくチームの仮説
    スナップショットで結果を判断をしていない
    実験を積み重ねている感覚
    うまくいかなかったたからやめるのではなく次どうするか
    わからないを受け入れている

    View full-size slide

  47. Photo by Paul Gilmore on Unsplash
    わからないという不安定

    View full-size slide

  48. 「開発に集中したい」問題
    エンジニアが現場の問題に直面する
    アジャイル開発やスクラムに取り組む
    しばらくすると「もっと開発に集中したい」と思い始める
    アジャイル開発やスクラムから距離を置きたくなる

    View full-size slide

  49. 「開発に集中したい」問題
    距離を置いたところで気づいてしまうことは止められない
    見て見ぬ振りをしてただコードを書くことに意味があるのか
    結局あきらめて必要だと思うことをやる
    結果としてうまくいくという経験

    View full-size slide

  50. 「開発に集中したい問題」の正体
    うまくいっていないし、その理由もよくわからない
    自分にとってわかりやすいものにすがりたくなっているだけ
    真の問題解決から逃げてしまっている

    View full-size slide

  51. うまくいく うまくいかない

    View full-size slide

  52. わからない
    Photo by Paul Gilmore on Unsplash
    うまくいく うまくいかない

    View full-size slide

  53. 結論づけたくなる病
    結果がわかることは経験があることなどごく一部
    わからないことのほうが圧倒的に多い
    結果がわかるほどの情報量が足りないので解像度が低い
    わからない=不安定なので、早急に結論づけたくなってしまう

    View full-size slide

  54. 無理やり当てはめてわかった気になる
    Photo by Ryoji Iwata on Unsplash

    View full-size slide

  55. 無理やり当てはめようとしてない?
    二元論
    ex. 開発 or ビジネス、現場 or マネジメント
    ふわっとしたそれっぽい言葉
    ex. 心理的安全性、マインドセット
    自分たちが知っているやり方
    ex. スクラム

    View full-size slide

  56. わからないなんてふつうだ!
    解決したいのは複雜で変化の激しい問題
    今の自分たちにはわからないというだけ
    「わからない」に対峙することが我々のお仕事

    View full-size slide

  57. 「わからない」に対峙する
    Photo by Attentie Attentie on Unsplash

    View full-size slide

  58. 全体性
    Photo by B NW on Unsplash

    View full-size slide

  59. スクラムの全体性
    スクラムフレームワークは、スクラムチームとその役割・

    イベント・作成物・ルールで構成されている。

    それぞれに目的があり、スクラムの成功や利用に欠かせな
    い。

    スクラムのルールは、役割・イベント・作成物をまとめ、

    それらの関係性や相互作用を統括するものである。
    スクラムガイド「スクラムの定義」
    スクラムフレームワークは、スクラムチームとその役割・

    イベント・作成物・ルールで構成されている。

    それぞれに目的があり、スクラムの成功や利用に欠かせない。

    スクラムのルールは、役割・イベント・作成物をまとめ、

    それらの関係性や相互作用を統括するものである。

    View full-size slide

  60. スクラムの構成要素
    ϩʔϧ ϓϩμΫτΦʔφʔ
    εΫϥϜϚελʔ
    ։ൃνʔϜ
    ࡞੒෺ ϓϩμΫτόοΫϩά
    εϓϦϯτόοΫϩά
    ΠϯΫϦϝϯτ
    Πϕϯτ εϓϦϯτ
    εϓϦϯτϓϥϯχϯά
    σΠϦʔεΫϥϜ
    εϓϦϯτϨϏϡʔ
    εϓϦϯτϨτϩεϖΫςΟϒ

    View full-size slide

  61. ものごとを全体としてとらえる
    部分を解決しても全体が解決するとは限らない
    複雜なものごとを複雜なものごととしてそのままとらえる
    実験をしながら情報をためて解像度を上げていく(経験主義)

    View full-size slide

  62. Controlled Chaos
    Photo by Martijn Baudoin on Unsplash

    View full-size slide

  63. Controlled Chaosの第一歩
    わからないものをわからないものとして受け入れる
    いますべての問題を解決しようとしない
    判断や問題解決のタイミングを遅延させる
    優先順位をつけていまにフォーカスして行動して学んでいく

    View full-size slide

  64. 10円玉を書いてみてください

    View full-size slide

  65. 人によって「見る」が違う
    同じ状況で同じ行動をしても人によって中身は全然違う
    目的を持って行動していると行動の中身も変わる
    本能や無意識でやっていることは言語化されにくい

    View full-size slide

  66. もっと本能や無意識を大切にする

    View full-size slide

  67. キングダム第7巻(˜原泰久/集英社)

    View full-size slide

  68. 本能や無意識を強化したい
    チームの行動や判断を言語化する
    本能や無意識でやっていることの一部に気づくことができる
    よいことも悪いことも気づくことができれば、

    変えることができる

    View full-size slide

  69. 本能や無意識を言語化する
    雑談
    モブプログラミング
    チーム活動のプレゼンテーション
    Podcast
    ゲームモデル

    View full-size slide

  70. ふとしたときに出るなにげない一言
    「なんとなくうまくいってないよね」
    「危険なスメルがする」
    「これいまじゃないよね」

    View full-size slide

  71. つくりたくない機能はやっぱりだめだった
    なんとなくつくりたくないと感じた機能があった
    理由を説明したが強い要望によってつくることになった
    なるべくシンプルにしてつくった
    やっぱり結果としてつくらない方がよかった

    View full-size slide

  72. https://confengine.com/regional-scrum-gathering-tokyo-2021/proposal/14944/team-controlling-chaos

    View full-size slide

  73. エンジニアリング
    ビジネス チーム

    View full-size slide

  74. 同じような問題を繰り返している感覚

    View full-size slide

  75. Photo by Grillot edouard on Unsplash

    View full-size slide

  76. 自信を持って進もう
    ボトルネックは移動する
    実際は螺旋を描いているだけで前回よりも高い位置にいる
    わからないだけで歩みを止めてしまわずに行動し続ける
    知略と本能どちらも使って自信を持って前に進む

    View full-size slide

  77. 初心者を脱した人たちはどこへ行ったのか
    「やってみた」セッションや初心者向けセッションが多い
    「やってみた」の後そのチームはどうなったのだろうか
    初心者じゃなくなったチームは今元気なのだろうか
    そういう話がとても聞きたい!

    View full-size slide

  78. 初心者を脱した人たちはどこへ行ったのか
    アジャイルソフトウェア開発宣言やスクラムガイドを

    たまに読んで新しい学びがあるのは自分たちが変化しているから
    変化をしているスピードはチームのほうが速い
    スクラムガイドですら数年に1度アップデートしているのに

    おまえらときたら…

    View full-size slide

  79. 結果が出ているからこのままで大丈夫、
    と思っていれば今の自分はない
     ー イチロー

    View full-size slide

  80. スクラムにあてはめようとし過ぎてない?
    スクラムが難しいのではなくチーム開発が難しい
    スクラムが楽しいのではなくチーム開発が楽しい
    私たちはスクラムをしているのではなくチーム開発をしている

    View full-size slide

  81. How to Change Our World 〜楽天の開発現場からのアジャイル改善事例〜

    View full-size slide

  82. あなたが初心者でも玄人でも

    エンジニアでもマネージャーでも

    アジャイルコーチでもなんでもいい

    View full-size slide

  83. スクラムと向き合い、
    自分のストーリーを語ろう

    View full-size slide

  84. 「わからない」を楽しんで、
    実験してきた結果を自慢する大会

    View full-size slide

  85. それがカンファレンス!

    View full-size slide