$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

交通

TANAKA TAKASHI
February 28, 2018

 交通

田中隆志オリジナル

TANAKA TAKASHI

February 28, 2018
Tweet

More Decks by TANAKA TAKASHI

Other Decks in Education

Transcript

  1. 交通

  2. 交通とは や を運ぶ働き 人 モノ 旅客 りょかく かもつ 貨物

  3. (1)航空空通の発達 ・ を短縮し,グローバル化を進めた 時間距離 1 航空空通

  4. ・ を中心に発達 アメリカ ヨーロッパ 東・東南アジア

  5. ・各地に が建造 ハブ空港

  6. ▪アジア 仁川 (2)特徴のある地域・空港 (韓国)、香港、バンコク、 シンガポール、上海、日本の羽田、成田、関西、 中部の各空港がアジアのスーパーハブ空港として の主導権を争う。

  7. ▪アフリカ ・ との路線が隣国との路線より発達。 旧宗主国

  8. ・ (東京国際空港)・・ 線が中心 ・ (成田国際空港)・・ 線が圧倒的 ・ 空港(人工島に建設)・ 線が多い ・中部空港(人工島に建設)・国内線がやや多い

    ▪国内空港 羽田 国内 成田 国際 関西 国際
  9. 成田(成田国際空港) 羽田(東京国際空港) 関西(人工島) 中部(人工島)

  10. (3)利用の多い海外の空港 ・ の空港が4割を占める ①利用者数の多い空港 ・中国・アメリカが上位で、 が下位 (ロンドン・パリ) アジア ヨーロッパ

  11. ・中国・アメリカが上位で、 が下位 (パリ・ ) ②貨物取扱量の多い空港ベスト10 ・ の空港が半数を占める アジア ヨーロッパ フランクフルト

  12. (4)航空交通による輸送貨物の特徴 ①一般的な特徴 ・鮮度の問われる . ・付加価値の高い小型軽量の . 特殊貨物 水産物・生鮮食品 → (コンピュータ部品)

    半導体等電子部品
  13. ②国内空港の特徴 ①北海道・東北 ・ が多い ・・・シリコンロード ②関東 ・国内シェアが . ・ が多い

    ・・・東京の総合工業 ③中部 ・ が多い ・・・トヨタ ④近畿 ・国内シェアが . 【輸出品】アメリカ・中国向け多い 電気機器 最大 その他 輸送用機器 小さい
  14. ①北海道・東北 ・ が多い ・・・シリコンロード ②関東 ・国内シェアが . ・衣類及び同附属品・ が多い ・・・「成田港」

    ③中部 ・魚介類・ が多い ・・・トヨタ ④近畿 ・国内シェアが . 【輸出品】近畿をのぞき からの輸入が最大 精密機器類 最大 輸送用機器 小さい 中国 魚介類
  15. 2 水上交通 ・・・重く、容積の大きいものを に 輸送できるため世界貿易の発展によって利 用量が増加 安価

  16. (1)特殊専用船の増大 コンテナ貨物船 ばら積み貨物船 (バルクキャリア) 石炭・鉄鉱石・小麦などを輸送 統一規格の箱型容器に貨物を積み込み、箱 ごと輸送 石油タンカーとともに水上交通の柱

  17. タンカー 原油を輸送 世界の商船の1/3以上 LNGタンカー 天然ガスを輸送 ハイテク装備のため輸送コスト高い

  18. (2) 整備が進展 ・地域では が急増 コンテナターミナル アジア

  19. 上海

  20. シンガポール

  21. ホンコン

  22. (3)国際海峡の利用活発化 日本 ・ホルムズ海峡、マラッカ海峡 ・・ に向かうタンカーが通過 ・ジブラルタル海峡(地中海の玄関) ・ドーヴァー海峡(イギリス・フランス間) ・ボスポラス海峡(黒海・マルマラ海間) マラッカ ジブラルタル

    ボスポラス ホルムズ ドーバー
  23. ・ 運河 :地中海と紅海~インド洋を結ぶ水平式運河 ・ 運河 :太平洋とカリブ海~大西洋を結ぶ閘門式運河 (4)国際運河の利用活発化 スエズ パナマ

  24. ヨーロッパや北アメリカ大陸の河川、アマゾン川、 長江など河川の( )が小さく( ) の少ないところで発達。 勾配 流量変化 (5)内陸水路交通の利用も活発化

  25. ライン川 ドナウ川 メコン川 セントローレンス海路

  26. ・・スピードに欠けるが 可能 定時性、安全性に優れるため に活用 3 鉄道交通 (1)貨物輸送が盛んな国 ・・ が大きい国( として利用)

    大量・低コスト輸送 貨物輸送 面積 開拓鉄道
  27. ロシア カナダ アメリカ 中国 ブラジル オーストラリア インド 国連統計による場合

  28. ①ロシアの 鉄道、第二シベリア(バム)鉄道 ・シベリア開拓を目的に開発 全長9,297kmの世界一長い鉄道 シベリア

  29. ・近年, (シーアンドレール) で海上輸送とリンク ※コンテナを使用して船舶・トラックと大陸横断鉄 を組み合わせた輸送方法 ランドブリッジ

  30. ②アメリカの 鉄道 ・内陸の や地下資源を運ぶ 大陸横断 農産物

  31. (2)旅客輸送が盛んな国 ・・・ が大きい国・地域 鉄道による旅客輸送量の多い国 人口

  32. 中国 国連統計による場合 アメリカ インドネシア ブラジル インド

  33. ・大都市で が利用(ロンドンが発祥) ①都市内輸送 ・低床型 (LRT:ライト=レール=トランジット) 例.「環境都市」のドイツ( ) 日本の函館・名古屋・岡山・富山など 地下鉄 路面電車

    ウォルフスブルグ
  34. ②都市間輸送 ・ 列車が開発・利用 例.フランス( ),ドイツ( ), 日本(新幹線 最新はH5系) 高速 TGV

    ICE
  35. ・国際鉄道の発達 例. ・ →ドーヴァー海峡をユーロトンネルで通過しパリ~ロン ドン間を2時間15分で結ぶ ユーロトンネル

  36. 4 自動車交通 ・・・ 輸送が可能で,戦後,先進国を 中心に普及 末端

  37. None
  38. → アメリカなどでは,車の存在を前提とした 都市計画・経済活動が一般化 ( ) モータリゼーション 経済力ある国 経済力あるが国が小さい 経済力ない

  39. ①現在は自動車性能の向上, の建設 →大量長距離輸送に耐える交通機関へ 例.ドイツ(ヒトラーが建設した ) イタリア(南部開発のための ) 高速道路 アウトバーン 太陽道路

  40. ②近年,環境への負荷が大きいため様々な対応 例.ハイブリットカー、電気自動車、燃料電池車の開発 例.郊外の駅やバス停に自動車を駐車して、都心では鉄道 ・路線バスなどの公共交通機関に乗り換える をとる都市が増大 パークアンドライド方式

  41. (1)旅客輸送

  42. (2)貨物輸送

  43. 4 日本の交通手段別の輸送機関分担率の推移 旅客輸送 1 2 3

  44. 貨物輸送 1 2 3