Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

#分解のススメ 第14回 ニセAirPods分解 @tks

#分解のススメ 第14回 ニセAirPods分解 @tks

イベント全体の録画アーカイブ
https://medium.com/bunkai/bunkai14-f02bffdd5949

分解のススメ
https://medium.com/bunkai/

TAKASU Masakazu

July 17, 2022
Tweet

More Decks by TAKASU Masakazu

Other Decks in How-to & DIY

Transcript

  1. ニセAirpodsこと
    「华强北4代」イヤホン分解・分析
    67元(1300円)のTWSイヤホン
    (ホンモノは27,800円)
    高須正和
    スイッチサイエンス国際事業開発
    ニコ技深圳コミュニティ共同発起人
    开源社(中国オープンソースアライアンス)
    早稲田ビジネススクール
    大公坊創客基地(iMakerBase)
    ガレージスミダ研究所

    View full-size slide

  2. 今回の資料作成には秋田先生ほか
    #分解のススメ みなさまのお世話になりました

    View full-size slide

  3. Airpods3: 片側21個のチップによる高機能イヤホン
    テカナリエレポート544号によると、片側だけで21の半導体(マ
    イクだけで3つ)を1チップにしたH1 System In Package Apple設計
    -ジャイロ/加速度(別々に)
    -接触
    たくさんのチップを一つにまとめたH1チップ Apple Watchや
    AirPods Proなど多くの製品で同じチップを使い回す

    View full-size slide

  4. ニセAirpodsこと「华强北4代」イヤホンとは
    67元(1300円)程度
    (ホンモノは27,800円)
    Airpodsの発売以後何度もバージョ
    ンアップしてこれで4代目
    淘宝や华强北の電気屋などで販
    売中
    「イヤホン」などの製品名で
    Aliexpressやamazonなども

    View full-size slide

  5. こいつ 動くぞ

    View full-size slide

  6. ホンモノそっくりの外観や外箱
    DesIgned by in California の文字(ホンモノはDesigned by Apple in
    California)

    View full-size slide

  7. 分解してみる:チップはわずか4つ(Airpodsは21個)
    スピーカー
    接触センサのかわり
    銅板で静電気を感知
    マイコンを使わない
    イヤホンをケースに接続
    させるマグネット
    イヤホンをケースに接続
    させるマグネット
    バッテリ
    充電接点
    タッチ制御IC
    クロックジェネレータ
    タッチ検出ボタン
    MEMSマイク
    裏面:メインSoC

    View full-size slide

  8. 基板だけに剥いた状態でもMacにホンモノと認識されてSiriが動く

    View full-size slide

  9. Engineering的な工夫 イヤホンのなかみは
    左右でまったく同じPCB,
    まったく同じBOM(部品)
    唯一、2つセットの
    充電端子部分を
    入れ替えることで
    左右の違いを出している。
    (ファームウェアも別)
    部品調達や製造をラクに
    する工夫
    ちゃんとDFMできている
    2つセットの部品を、AB/BAで入れ替える

    View full-size slide

  10. マーキングの消されたメインチップ
    山崎さんがサイズとピンのみで
    いきなりチップ候補特定 AD6973D

    View full-size slide

  11. 中国の方案公司がAD6973Dチップデータシート公開中
    Comfidencialと書いてあるけど公開URLにおいてあるからこの会社が
    Jieliから許可されたんだろうそうだろう
    ・ワンチップでBT5.1、マイク接続、AACデコードなどができる
    ・バッテリ制御、ボタン制御機能もある
    ・GPIOによる接触センサなどもワンチップで可能、部品点数
    を減らせる
    ・製品にBT5.3とあったのはウソ? > BT5.1だけど、Macや
    iPhoneが5.1しか対応してないから関係ない
    ・空間オーディオないぞ > イコライザを適当に変えてそ
    れっぽく見せてる
    ブランドでごまかせる!

    View full-size slide

  12. マーキング消されたチップを開封しよう
    タオバオにはチップ開封、FIP(チップ内断線の
    修理)、ファームウェア抜き出しなどをやる専門
    の解析屋が何軒もいる
    (住所聞くと深圳华强北とか龙岗とか)
    チャット機能で見積もりとって発注
    300元(6000円)、失敗したらカネ
    は返す

    View full-size slide

  13. 300元を払って中3日、チップ写真が届く
    ボンディングのパッド
    やトランジスタが少な
    すぎる
    SiP(System in Package)
    の小さいほうのチッ
    プ?
    「もうちょい調べてくれ、
    これはメモリっぽいが、
    MCUのはずだ」と依頼

    View full-size slide

  14. ←パーフェクトな研磨でSoCの中身を分析
    届いた写真
    SoCの上にフラッシュメモリ
    ワイヤーボンディングも
    想像できる

    View full-size slide

  15. テカナリエレポート517号 JIELI PB08576とMCUは完全に一致
    (フラッシュメモリは違う)これはドンキで2000円で売ってる

    View full-size slide

  16. テカナリエレポート517では多くの100円ショップTWSイヤホン
    (2000円程度)が分解され、今回はドンキのFUGU TWEに搭載され
    ているJIELI BP08576と同じマイコンだが、フラッシュメモリは違うの
    で、SoCとしては別物

    View full-size slide

  17. 推測:なぜマーキングが消されているのか?
    1.検査でハネられた2級品が流通?
    (ただしその場合マーク消す意味がな
    さそう)
    2.案件ベースで仕入れられたチップ
    が、案件がなくなって宙に浮いた?
    (ハードウェアだと、卸売するよりも、
    組み込み案件で直接交渉してチップ
    を買うほうが安く仕入れられるが、仕
    入れた後で宙に浮くことはある。その
    場合、足がつかないように捌く必要が
    ある)

    View full-size slide

  18. 結論:
    1.ニセAirpodsはホンモノからなにか流用されたわけでなく、
    新しくゼロから設計されたものであり、いくつも工夫がある
    2.1500-2000円ぐらいのTWSイヤホン用SoCが使われているが、
    そのどれとも違うチップであり、この分野の中華開発SoCが
    いかに幅広いかがうかがえる
    3.こうしたニセモノ産業が、余ったチップの流し先として
    機能している可能性がある
    4. 「AirPodsがホンモノか偽物か」を判定するAppleの機能は
    結構しょぼい

    View full-size slide

  19. One more thing…

    View full-size slide

  20. 価格の違うさまざまなニセAirpods、
    中身は同じなのか?
    いくつか買ってみたらだいぶ違う
    38元のものは箱も安っぽい

    View full-size slide

  21. もちろん動く

    View full-size slide

  22. イヤーチップ密閉テストOK

    View full-size slide

  23. 中のボードはまったく違う
    -SoCは別メーカーBluetrum
    -タッチスイッチの実現方法、マイクなど設計がぜんぜん違う
    67RMB(これまで分解してたもの)
    38RMB

    View full-size slide

  24. 中国の分解コミュニティ数码之家では18元Airpodsの分解レポート
    があり、またチップもボードも違う

    View full-size slide

  25. 深圳のハードウェアの沼はどこまで続くのか…

    View full-size slide