Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Firebase AutoMLのオンデバイス実行とCameraXを組み合わせた新しい価値を秒で試す

Firebase AutoMLのオンデバイス実行とCameraXを組み合わせた新しい価値を秒で試す

Yui Matsuura

May 13, 2019
Tweet

More Decks by Yui Matsuura

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Firebase AutoMLのオンデバイス実行と
    CameraXを組み合わせた新しい価値を秒
    で試す
    Google I/O 2019 わいわい報告会 @teshi04

    View full-size slide

  2. てし @teshi04
    Yui Matuura
    Merchari/Android

    View full-size slide

  3. いままでのAndroidのカメラ
    ● いろいろな端末がある
    ● Camera APIは複雑
    ○ なにもかも自分でやらないといけなくて大変
    ○ start, stopしたり、破棄されるときにcloseしたり
    ● ML Vision APIを使ってQRコードを読み取りたいだけなのにCameraに詳しくはなら
    ないといけない
    ● google/cameraview

    View full-size slide

  4. CameraX
    ● Jetpack camera support liblary
    ● Android 5.0(API level 21)〜
    ● Camera2

    View full-size slide

  5. CameraX
    ● シンプルで使いやすい
    ● 基本的なUsecase
    ○ Preview
    ○ Image analysis
    ○ Image capture
    ● CameraX Test Labで何百ものデバイスでテストされていて、問題が修正されていく
    のでデバイスごとに固有のコードを書かなくてもよくなる

    View full-size slide

  6. Analyze images

    View full-size slide

  7. ML Kit for Firebase

    View full-size slide

  8. AutoML Vision Edge

    View full-size slide

  9. Firebase AutoML Vision Edge
    1. インポートする
    2. ラベルをつける
    3. モデルをトレーニングする

    View full-size slide

  10. Firebase ML KitをCustom Modelとして組み込む

    View full-size slide

  11. まとめ
    ● CameraXの登場でカメラアプリが作りやすくなった
    ● Firebase AutoMLの登場でAIアプリの開発が身近になった
    ● AutoMLは1000枚トレーニング時間3時間まで無料なので試してみような!

    View full-size slide

  12. 参考
    ● CameraX
    ○ https://developer.android.com/training/camerax
    ● AutoML Vision Edge
    ○ https://firebase.google.com/docs/ml-kit/automl-image-labeling?authuser=
    0%3Fhl%3Den
    ● MLのマテリアルデザイン
    ○ https://material.io/collections/machine-learning/patterns-for-machine-lear
    ning-powered-features.html

    View full-size slide