OneOps

 OneOps

第32回PaaSで発表した資料です

E6c98df4394e2863ab5de45e3be589de?s=128

Naoto TAKAHASHi

March 21, 2016
Tweet

Transcript

  1. Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD OneOps たかはしなおと 0 第32回 PaaS勉強会

  2. Who am I ? たかはしなおと TwitterID: tnaoto 富士通研究所所属 日本Cloud Foundryグループ

    監事 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 1
  3. 振り返り n 前回のPaaS勉強会 2 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD by

    @jacopen
  4. 前回の結論 まともに動かない! コードの扱いが雑(レビューしてない?) 3 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  5. 残った印象 disられたエンタープライズ 4 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  6. ザ・エンタープライズ 呼んだ(´・ω・`)? 5 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD * 富士通

    汐留本社 黙っているわけにはいかない
  7. 今日のテーマ ぼくの知ってるエンタープライズはこんなはずじゃない と、いうことで深く見てみることにする 6 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  8. OneOps Cloud Application lifecycle Management 7 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD
  9. OneOps Cloud Application lifecycle Management 8 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD なんか日経コンピュータあたりの表紙になりそうな文言
  10. OneOps Cloud Application lifecycle Management 9 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD なんか日経コンピュータあたりの表紙になりそうな文言 釣るのも釣れるのは、エンタープライズな会社ですけどね
  11. OneOps Cloud Application lifecycle Management Walmartが公開したCI/CDをするためのOSS Walmartのショッピングサイト (walmart.com、Sam’s Clubなど)は OneOpsを使って運用されているらしい

    Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 10
  12. 11 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 前回の@jacopenの発表より 50兆円くらい

  13. 12 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 富士通 約4兆7千億円(2014年度 連結) http://pr.fujitsu.com/jp/ir/data/region.html

  14. 売上だけで言えば、 スーパーエンタープライズな事案 13 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  15. OneOpsのGoogleトレンド Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 14 きっと、エンタープライズな情シスやSEが(ry

  16. エンタープライズな会社に属しているので、 これは触っておかないと、半年後くらいになんか言われる(えっ 15 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  17. エンタープライズな会社に属しているので、 これは触っておかないと、半年後くらいになんか言われる(えっ 16 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 枯れたもの(安定している)って大事 (半年後にたぶん僕の興味は無いけど)

  18. と、いうことで、先にまず食いつきが良さそうな画面から 17 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  19. Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD OneOpsのJavaの例 18

  20. なんだか、エンタープライズが好きそうな画面 ((o(´∀`)o))ワクワク 19 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  21. Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD OneOpsのJavaの例 20 特にこの辺

  22. ビジネスメリット n PaaS 2.0 n ビジネスとテクノロジー、運用の緩衝を減らす n イノベーションが加速する • すぐに作って試せるから

    n 継続的ライフサイクル管理 • OneOpsを使って起動されたアプリケーションは、 オートパイロットによりオートスケール、オートヒール/リペアが可能 n ポータビリティ • ”Cloud shop”から、テクノロジー、スケーラビリティ、セキュリティ、カスタマサービス、 もしくは低コストを選択でき、アプリケーションやデータベースを様々なプロバイダで 稼働出来る n OneOpsは、開発者と運用者の間にあるクラウド環境へのデリバリ をコントロールする。クラウドアプリケーションに必要なものをワンス トップで提供する 21 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD http://oneops.com/benefits.html
  23. 去年、一昨年と日経コンピュータあたりを飾った文言の数々 つまり、これはエンタープライズだと思う 22 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  24. 参考情報 解説 エンタープライズな会社ほど、 上層部が日経コンピュータを読んでいるらしい 23 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  25. 開発者のメリット n One Design n Any Cloud n All Environments

    n Cloud Technology Agnostic n Manage Deployments n High Availability n Desigin catalog n Auto Healing n Auto replace n Many Software Products supported n Auto Scaling n API 24 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD n Monitoring n Best Practices are the default n Oneops was build to scale n Continuous delivery n Environment profiles
  26. 開発者のメリット n One Design n Any Cloud n All Environments

    n Cloud Technology Agnostic n Manage Deployments n High Availability n Desigin catalog n Auto Healing n Auto replace n Many Software Products supported n Auto Scaling n API 25 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD n Monitoring n Best Practices are the default n OneOps was build to scale n Continuous delivery n Environment profiles エンタープライズが気にしそうな文言 注:個人的な見解です
  27. 開発者のメリット n One Design n Any Cloud n All Environments

    n Cloud Technology Agnostic n Manage Deployments n High Availability n Desigin catalog n Auto Healing n Auto replace n Many Software Products supported n Auto Scaling n API 26 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD n Monitoring n Best Practices are the default n OneOps was build to scale n Continuous delivery n Environment profiles 気にはなるけど、本番は怖い感じ 注:個人的な見解です
  28. 運用者 n Monitoring n Alerting n LADP/AD Identity Integration n

    Configuration Management system n Oneops is naturally compliance – ready n Cross cloud showback n Cross cloud quota n Configuration policy governance n Custom defined clouds n Cloud migration made easy 27 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD n Extensive cloud usage reporting n Oneops managing oneops n Automation technology agnostic n Saas ready at birth n Designed and proven to scale n Commitment to open source n Oneops has a bright future
  29. 運用者 n Monitoring n Alerting n LADP/AD Identity Integration n

    Configuration Management system n Oneops is naturally compliance – ready n Cross cloud showback n Cross cloud quota n Configuration policy governance n Custom defined clouds n Cloud migration made easy 28 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD n Extensive cloud usage reporting n OneOps managing OneOps n Automation technology agnostic n Saas ready at birth n Designed and proven to scale n Commitment to open source n OneOps has a bright future エンタープライズが気にしそうな文言 ただし、実際の運用者ではない場合も多い 注:個人的な見解です
  30. Integration n Support cloud n Openstack(Liberty,kilo,juno) n Rackspace n Azure

    n AWS n CenturyLink n Support product n Couchbase n Tomcat n Nodejs n Docker n Cassandra n Datastax n Potgresql n Netscaler 29 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD n Ubuntu 14.04 n Centos 7 n Ruby n php n Perl n Apache n Elasticsearch n Zookeeper n MySLQ n Redis n Squid n Oracle n Rabbitmq n ActiveMQ n TIBCO n Java n JBOSS n Solr n Liferay n Go n Flume n Haproxy
  31. Integration n Support cloud n Openstack(Liberty,kilo,juno) n Rackspace n Azure

    n AWS n CenturyLink n Support product n Couchbase n Tomcat n Nodejs n Docker n Cassandra n Datastax n Potgresql n Netscaler 30 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD n Ubuntu 14.04 n Centos 7 n Ruby n php n Perl n Apache n Elasticsearch n Zookeeper n MySLQ n Redis n Squid n Oracle n Rabbitmq n ActiveMQ n TIBCO n Java n JBOSS n Solr n Liferay n Go n Flume n Haproxy 開発運用より要件定義で重宝されそうな感じ
  32. 概要は、わかった(というか前回も言ってた) じゃ、前回無かった肝心の中身はどうなんだ 31 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  33. やっと本題 (前置きが長いのもエンタープライズの(ry)) 32 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  34. Architecture Overview 33 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  35. OneOps System Architecture 34 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  36. OneOps System Architecture 35 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD ruby

    Java ruby
  37. OneOps System Architecture 36 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD Ruby

    OneOps? Java Walmart? Ruby OneOps? 注)コードの品質状況から 勝手に判断しています
  38. OneOpsには大きく2つの役割がある オペーレーター(管理者) GUI(CLI)を操作して、アプリケーションをデプロイする人 アプリケーション開発者も含まれている気がする 開発者 アプリケーションのための設定を作る人 a.k.a インフラエンジニア 37 Copyright

    2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  39. オペレーター 38 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  40. 利用するクラウドを設定 awsやopenstackという大枠の選択 と EC2やNovaといったサービス情報を設定 39 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  41. アプリケーションを定義 Assembiles Platformを定義 利用するpack(アプリケーションテンプレート)を選択 Designを定義 アプリケーションにコードを定義、利用OSの指定など Transion デプロイ名やDNS名、利用するクラウドを選択 Operation VMを作って、アプリを入れる

    40 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  42. 動作の実態 管理サーバの上でchef soloを実行して VM作成やサービス設定を行い、 サービスや作成したVMに対して、 knife solo(chef solo)を実行 41 Copyright

    2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  43. OneOps System Architecture 42 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD このあたり

  44. デモ 43 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  45. 開発者 44 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  46. n 開発者 45 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  47. すべては、このリポジトリに凝縮 https://github.com/oneops/circuit-oneops-1 46 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  48. 大きく4つ Catalog 構成済みテンプレート? Cloud 利用するクラウド、サービスの定義 Component 実行対象の検索と、レシピの実体 Packs Componentの依存関係や定義情報集。いわゆる知見集 47

    Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  49. Catalog 48 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD ここで選択出来るらしいが出ない・・・ https://github.com/oneops/circuit-oneops-1/tree/master/catalogs

  50. Cloud 利用するクラウド、サービスの定義 接続エンジンがFogなので、 アクセス情報用のテンプレを作る 49 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

    https://github.com/oneops/circuit-oneops-1/tree/master/clouds
  51. 50 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD AWS向けだとこんな感じ https://github.com/oneops/circuit-oneops-1/blob/master/clouds/aws.rb

  52. Component 実行対象の検索と、レシピの実体 書き方は、chefのrecipeそのまま ただし、イベントトリガーからフックされるように、 ファイル名が規定されている add, update, delete, start, stopなど

    各イベントに合わせた状態を定義しておく必要がある 例えば、addでインストール、deleteで削除やロールバック処理 51 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  53. Packs Componentの依存関係や定義情報集。いわゆる知見集 コンポーネントの配置(依存)関係を定義する 52 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD https://github.com/oneops/circuit-oneops-1/blob/master/packs/apache.rb

  54. Packs Componentの依存関係や定義情報集。いわゆる知見集 コンポーネントの配置(依存)関係を定義する 53 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD https://github.com/oneops/circuit-oneops-1/blob/master/packs/apache.rb

  55. ちなみに 54 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  56. 監視 プロビジョニングしたVMに nagiosサーバがインストールされる このnagiosの監視トリガーに、 oneopsが用意したスクリプトを実行させている 55 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD
  57. 56 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD https://github.com/oneops/circuit-oneops-1/blob/master/packs/apache.rb

  58. Oneopsへのコントローラへの通知には、 VM上ログをlogstashを使って転送し、 esper(cep)を使ってイベントリを検索している と思うけど、動いてない・・・ 57 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  59. このあたりのstartガイドがあるが、 他のプロジェクト参考にして書いてね http://oneops.github.io/developer/getting-started/ っていう投げやり感 そして、どうやっても書ける気がしない絶望 開発環境くらい提供するのがエンタープライズの仕事だと思う 58 Copyright 2016 FUJITSU

    LABORATORIES LTD
  60. まとめると 開発者: recipe書いてpack書いて、 管理者:circuit-oneops-1をsyncして オペーレーター:デプロイ 59 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD
  61. ここからが、アンサーソング 60 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  62. 僕がOneOpsがエンタープライズの作りじゃないと思う理由 61 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 1. コードのリリース管理が機能してない 2.

    動作バイナリの配布がなく、コードをユーザにビルドさせる 3. コード自体の品質 4. OSSライセンスの理解
  63. 1. コードのリリース管理が機能してない いつもmasterでビルドしてる 62 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  64. 例えばGUIのリポジトリ 63 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD ちゃんとリリースタグがある

  65. 一方でSetupのリポジトリ 64 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD Oh….

  66. Setupのリポジトリ 65 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD Oh…. そしてこの構築と主軸となるsetupに リリースタグを使ってセットアップする方法は無い模様・・・

  67. エンタープライズプロダクトなら、リリース管理やって当然です! ただし、コード上のタグ付けとは言ってない 66 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  68. と、思っていて一昨日くらいに構築試してたときに気がつく あれ、前なかった気がする 67 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  69. 68 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD https://github.com/oneops/dev-tools/commits/master/setup-scripts/install_build_srvr.sh Masterからstableでビルド 引数化 日付入り最新stableでビルド

    つい最近追加されてた でも、jenkinsだけですべてのセットアップしてるわけじゃないんで・・・
  70. 2. 動作バイナリの配布がなく、 コードをユーザにビルドさせる Setup時にjenkinsがバイナリを生成する (warとgem) 69 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD
  71. 細かいセットアップをワークフローで制御 70 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD ちなみにjenkinsのダウンロードや起動、ジョブ実行はrakeタスク・・・

  72. さて、何が起こるか 71 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  73. よく分からない原因で、何度もセットアップ叩く状況に・・・ 72 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 前述でmasterビルドしてると言いましたが、 この後起こることは想像出来ますよね・・・

  74. よく分からない原因で、何度もセットアップ叩く状況に・・・ 73 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD このjenkinsを実行する前後でもshellでセットアップが流れていますので、 これだけで完結してない ジョブは成功しているけど、

    実態は失敗していることもある・・・
  75. エンタープライズならこうだろ? 74 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  76. ぼくらのエクセル手順書 75 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 一部表現に、過大誇張が含まれています

  77. と、いうのは冗談として、 ちゃんと、セットアップ出来ることを確認しているので、 セットアップできないトラブルが起こることは少ない そもそもユーザにビルドさせること自体稀 76 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  78. 3. コード自体の品質 レビューしてる?? 77 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  79. PR方式を使って、変更管理 78 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  80. PR方式を使って、変更管理 79 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD この修正コンテキストと、そしてそれがオッケーな理由は??

  81. 一方エンタープライズの変更管理と言えば 80 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD そろそろしつこい

  82. きっちり過ぎる必要もないが、 ちゃんとコンテキストも残そうぜって話 エンタープライズ関係ない 81 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  83. 4. OSSライセンス OneOpeはApache License, Version 2.0で提供 82 Copyright 2016 FUJITSU

    LABORATORIES LTD
  84. n 問題のリポジトリ 83 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  85. 84 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  86. 85 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  87. 86 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 有名なcepエンジン こいつのライセンスはGPLv2

  88. GPL v2ライセンス Apache License, Version 2.0と互換性なし Javaの場合、import文書いただけでもアウト 使う側のコードもGPLv2にならないといけない伝播性が高い 細かくいうと、同じプロセス上に乗るだけで実はNG プロセスを分けて使うが定石

    87 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  89. いわゆるGPLライセンス汚染が発生している 88 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD ライセンス事項の直下ですでに。

  90. OneOpsの見解 89 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD バイナリ配布してないから問題ないとか違うから!

  91. エンタープライズなモノ作りの現場では、 法務部やOSS検出ツールをかけて きっちりライセンスチェックしてます プロダクト開発現場ではGPLは極力避けます 90 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  92. Pivotal製 license_finder https://github.com/pivotal/LicenseFinder 91 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 画面に入りきってないけど、問題があるGPLv2は1つだけ

    ちなみにこれ、富士通がCloud Foundryの開発の中で pivotalに働きかけて作ってもらったものの1つらしい
  93. 僕がOneOpsがエンタープライズの作りじゃないと思う理由 92 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 1. コードのリリース管理が機能してない 2.

    動作バイナリの配布がなく、コードをユーザにビルドさせる 3. コード自体の品質 4. OSSライセンスの理解 うちのエンタープライズはこうだ!っていう殴りこみ、ウェルカムです
  94. OneOpsを動かしたい人向け情報 93 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  95. 必要なもの 根性 94 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  96. 必要なもの OpenStack どこのご家庭にもあるので。 95 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD AWSにOneOps入りのAMIがありますが、動かなかったので。

  97. 力技デプロイ Chefのrecipeをいじって、 実行が成功したように見せかけてパスする 例えば アプリケーションのデプロイにDNSサービスが必須になっている OpenStack DNSサービス(Designate)の部分が、 Designateを立てても怪しかったので、recipeをまるっとNOP化 96 Copyright

    2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  98. 注意事項 OneOpsの管理サーバがVMを作って、 recipe実行するが、Floating-ipに対応してないので、 作成するVMと同じ仮想ルータ配下にいる必要がある Vagrantで手元でOneOps作ってもダメだったってこと 97 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD
  99. デバックポイント1 GUIのログ GUIはrailsだが、動作がrails serverのdevelopmentモード 動作ホームは、/opt/oneops ログは、/opt/oneops/logs/ railsサーバなので、動作がそもそも遅い OneOpsが動くVMは、8G以上(推奨16G以上)あるとよさ気 98 Copyright

    2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  100. ログ類 Chefの実行ログ /opt/oneops/inductor/clouds-available/shared/log/inductor.log Tomcatのログ /usr/local/tomcat7/logs/catalina.out 99 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD
  101. デバックポイント1 失敗事案 rails serverが遅いので、unicorn化した その1 ログイン画面は招待がないと入れないモードになる コード追跡の結果、configにinvitationという項目を発見しOFF 100 Copyright 2016

    FUJITSU LABORATORIES LTD
  102. デバックポイント1 失敗事案 rails serverが遅いので、unicorn化した その2 Railsが呼び出す、activeresourceが謎のNULLを吐く 解析の結果、CMSのURLがNULLになる なお、これがNULLになると、そもそもGUIが立ち上がらなかったり、 ログイン直後にエラーになって何も出来ない その趣旨のログは出ないので、

    NULLになってエラーということがわかるまでも大変 3営業日くらいかけたけど原因分からず・・・。 101 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  103. デバックポイント2 内部サービスが動いているのか、 動いていないのかが分からない サービス起動スクリプトが壊れていて起動していない コンソールにはさっぱり原因が分からないようなエラーが出る 内部が非同期処理のため、オペーレーターからは 問題なくデプロイ操作が出来るように見える サービス自身の死活監視がない 102 Copyright

    2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  104. じゃないと、こんなコードが・・・ 103 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  105. 104 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD どう考えても何か起こるし、起こったときにデバック出来ない図 そして、僕は動かなくてこのメソッド潰しました なお、最近のセットアップでは、このままで動く模様・・・

  106. 最新情報 CentOS6で動きません 105 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD CentOS6のセットアップはruby1.9.3…

  107. 最新情報 CentOS6で動きません 106 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD CentOS6のセットアップはruby1.9.3… セットアップが流れるくらいのテストしとけ・・・

  108. 仕方ないので、rubyを2.0.0にして再度セットアップを実行 ちなみに、後述するcentos7だとシステムrubyを使っていて、これが2.0.0だったりする PR出しといた => マージされてた 107 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES

    LTD
  109. 動いた あれ? 108 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  110. デザイン変わってるし・・・ 109 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 3/12現在のcentos7向けでセットアップすると左になる

  111. 最新情報 CentOS7で動きません 画面は出ますが、組織が作れません 110 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD CMSが500エラーを返すも、CMS側にログなし・・・

  112. 最新情報 CentOS7で動きません 画面は出ますが、組織が作れません 111 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD CMSが500エラーを返すも、CMS側にログなし・・・

    ほんとに、OneOps使ってる?
  113. 港の噂 OneOpsがk8sへの移行を検討しているという未確認情報 112 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  114. 港の噂 113 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 突然増えていることに気がつく

  115. 港の噂 OneOpsがk8sへの移行を検討しているという未確認情報 114 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 不安しか無い

  116. まとめ 考え方としては有益 ほんとに使ってきたの?と思うくらいの品質 エンタープライズのモノ作りは、こんなのじゃ出荷許されません コードを見る限り、メンテツライなーって感じ ここは同じ・・・ OSS化して、メンテナンスコストを下げたいという意識はありそう が、人が寄ってくるような仕掛けはあまりない このあたりの策の無さは、エンタープライズ 115

    Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD
  117. まとめ バグが多いので、Pull Requestの練習も兼ねて、 寄ってたかって投げてみると、承認欲求は満たされると思います! 116 Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD

  118. Copyright 2016 FUJITSU LABORATORIES LTD 117