フェスで勇気を得た新規チームが実験を繰り返して今に至るまでの物語

Cd823abda454a7a2065fe6fe273ae84b?s=47 viva_tweet_x
September 26, 2020

 フェスで勇気を得た新規チームが実験を繰り返して今に至るまでの物語

2020/09/26 Scrum Fest Mikawa 2020で発表した資料です。

セッションの詳細は下記からご参照ください。
https://confengine.com/scrum-fest-mikawa-2020/proposal/14699

Cd823abda454a7a2065fe6fe273ae84b?s=128

viva_tweet_x

September 26, 2020
Tweet

Transcript

  1. Scrum Fest Mikawa 2020 チーム オキザリス フェスで勇気を得た 新規チームが 実験を繰り返して 今に至るまでの物語

  2. チーム名「オキザリス」 オキザリスの花言葉 輝く心 喜び あなたと過ごしたい 決してあなたを捨てません チームの共通の価値観として チームの目指す姿として ©2020 オキザリス

    2
  3. 06/03 チーム結成 08/05 大石 Join 09/09 中西 Join 10/01 2人

    Join予定 チーム名「オキザリス」 チーム体制 チーム年表 PO・Dev 森(@viva_tweet_x) SM・Dev 島田 Dev 大石 Dev 日朝 Marketing 中西 ? ? ©2020 オキザリス 3
  4. Agile コミュニケーション&コラボレーション コーチング&サポートトレーニング 開発の立ち上げ高速化 アジャイル開発テンプレート 興味のある方は森または aslead-agile@nri.co.jpまで 4 ©2020 オキザリス

  5. 00-05 Planning 05-45 左記 45-50 Retrospective 50-00 休憩 1h Refinement

    00-05 Sprint Planning 05-15 開発① 15-30 開発② 30-45 開発③ 45-50 Sprint Review・Retrospective 50-00 休憩 Delivery Sprint (1h Sprint× 3 × 3) Discovery Sprint (1h Sprint×3) 1h Refinement Sprint Review& Refinement 1h 私たちのイマ 1hフラクタルスプリント 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 5 ©2020 オキザリス 3h 1サイクル 2day 3h 3h 3h
  6. 00-05 Planning 05-45 左記 45-50 Retrospective 50-00 休憩 1h Refinement

    00-05 Sprint Planning 05-15 開発① 15-30 開発② 30-45 開発③ 45-50 Sprint Review・Retrospective 50-00 休憩 Delivery Sprint (1h Sprint× 3 × 3) Discovery Sprint (1h Sprint×3) 3h 1h Refinement Sprint Review& Refinement 1h 私たちのイマ 1hフラクタルスプリント 1サイクル 2day 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 6 ©2020 オキザリス 3h 3h 3h
  7. 00-05 Planning 05-45 左記 45-50 Retrospective 50-00 休憩 1h Refinement

    00-05 Sprint Planning 05-15 開発① 15-30 開発② 30-45 開発③ 45-50 Sprint Review・Retrospective 50-00 休憩 Delivery Sprint (1h Sprint× 3 × 3) Discovery Sprint (1h Sprint×3) 1h Refinement Sprint Review& Refinement 1h 私たちのイマ 1hフラクタルスプリント 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 7 ©2020 オキザリス 3h 1サイクル 2day 3h 3h 3h
  8. 2day スプリント 3hフラクタル スプリント 1hフラクタル スプリント 09/14~09/26 Sprint #45~#66 06/29~09/11

    Sprint #03~#44 06/03~06/26 Sprint #00~#02 +3hマーケティング スプリント 実稼働 8日間 実稼働 22日間 実稼働 6日間 私たちのイマ 1hフラクタルスプリント 8 ©2020 オキザリス
  9. 成長の3つのキーファクター 実験 ドリブン 様々なプラクティス を試す 実験から変化を 起こす 変化を 起こし続ける 9

    ©2020 オキザリス
  10. 成長の3つのキーファクター 実験 ドリブン ふりかえり ブースト ©2020 オキザリス 10 頻繁に ふりかえる

    超高速に カイゼンする 実験を ブースト(加速)
  11. 成長の3つのキーファクター 実験 ドリブン フェス ブースト ©2020 オキザリス 11 全員でイベントに 参加

    共通の新しい 知識を取り込む 実験を ブースト(加速)
  12. 成長の3つのキーファクター 12 実験 ドリブン フェス ブースト ふりかえり ブースト ©2020 オキザリス

    12
  13. 2day スプリント 3hフラクタル スプリント 1hフラクタル スプリント 06/14~09/26 Sprint #45~#66 06/29~09/11

    Sprint #03~#44 06/03~06/26 Sprint #00~#02 +3hマーケティング スプリント 実稼働 8日間 実稼働 22日間 実稼働 6日間 チームの始まり 2dayスプリント ©2020 オキザリス 13
  14. チームの制約 作業は週2日のみ(兼務問題) 1 アジャイル初体験 3 チームとして いかにうまく動くために 何ができるのか? コロナ渦で対面が難しい 2

    ©2020 オキザリス 14
  15. リズムを合わせ2日間だけの集中活動 10:00-10:15 Sprint Planning 10:15-17:00 開発 水曜 AM+PM イベント 0.5day

    10:00-14:00 開発 金曜 AM 14:00-15:00 Refinement 15:00-15:30 Review 15:30-16:30 Refinement 16:30-17:00 Retro 金曜 PM 開発 1.5day 実験ドリブン ©2020 オキザリス 15
  16. 森さん背デカッ フルリモートでもFace-to-Face コロナ影響により最初からフルリモート それでも対面と変わらない効率を目指す! Zoomを繋ぎっぱなしで Face to Face ! 実験ドリブン

    ※ちなみに今日が初顔合わせ ©2020 オキザリス 16 みんな筋肉すげぇ (久々に会ったなぁ)
  17. • 分業があたりまえの世界からモブの世界へ • モブ初経験の2人がいきなりモブワーク • はじめてのWIP=1 当然戸惑ったものの、徹底的にモブを貫いた 実験ドリブン ©2020 オキザリス

    モブワークで着実に価値を生む 17
  18. 私たちの変化のきっかけはフェス 6月チーム結成後、参加したイベント アジャイルチームを支える会 Scrum Fest Osaka 2020 社内勉強会 社外企業向セミナー XP祭り2020

    フェスブースト ©2020 オキザリス 18
  19. フェスブースト エクストリームな 人たちの背中を見せて なにか感じてもらおう 面白そうだよ。 とりあえず参加 してみない? M氏 何も知らないメンバー いいっすね!

    みんなどんな工夫 してるんだろう ©2020 オキザリス フェスに参加したきっかけ 19
  20. フェスから実験が加速  全員で参加セッションを決める  セッションに参加しながら チャットでリアルタイム実況  セッションの合間に感想戦  積極的にスピーカーと会話

    質問したりアドバイスもらったり やったこと  チャレンジングな取り組みを知る  様々なプラクティスを知る モブ、フラクタルスプリントなど  みんな最初は初心者だったと知る  前向きなマインドになった After フェスブースト ©2020 オキザリス 20
  21. フェスから実験が加速  全員で参加セッションを決める  セッションに参加しながら チャットでリアルタイム実況  セッションの合間に感想戦  積極的にスピーカーと会話

    質問したりアドバイスもらったり やったこと  チャレンジングな取り組みを知る  様々なプラクティスを知る モブ、フラクタルスプリントなど  みんな最初は初心者だったと知る  前向きなマインドになった After 単独参加してもチームで持ち帰り実践することにハードルを感じるけれど、 チームで参加したから「やってみよう!」ができた フェスブースト ©2020 オキザリス 21
  22. 2day スプリント 3hフラクタル スプリント 09/14~09/26 Sprint #45~#66 1hフラクタル スプリント 実稼働

    8日間 実稼働 22日間 実稼働 6日間 06/29~09/11 Sprint #03~#44 06/03~06/26 Sprint #00~#02 3hフラクタルスプリントという実験 +3hマーケティング スプリント ©2020 オキザリス 22
  23. 15m Sprint Planning 45m 開発① 15m 休憩 45m 開発② 15m

    休憩 45m 開発③ 15m Sprint Review + Retrospective Delivery Sprint(3h Sprint×3) 開発のためのスプリント Discovery Sprint (3h Sprint) 探索のためのスプリント 3h 3h 3h 3h 45m Refinement 15m 休憩 30m Sprint Review 30m Sprint Retrospective 15m 休憩 60m Refinement 3hフラクタルスプリントという実験 1サイクル 2day ©2020 オキザリス 23
  24. SFOで得た「実験」のTRY SFOの翌週 早速3時間スプリント実践 1日に2回スプリントを回すことでカイゼンのスピードUP! 短時間で成果を出さないといけないため緊張感もUP! 急激に変化が加速 たくさん実験をしようというマインドが生まれた 実験ドリブン フェスブースト ©2020

    オキザリス 24
  25. Learning Sessionの実施  Scrum Fest Osaka の感想戦  Scrum Fest

    Osaka のセッション動画視聴  みんなでQiita記事を投稿  モブのプラクティスの実践  ふりかえりの話  ふりかえりam視聴  外販戦略の話  Learning Sessionのネタ帳作成  カンバンをきれいに  読んだ本の内容を共有 etc. メンバーが能動的に持ち込んだものを学習 1日30分 学びの時間 実験ドリブン フェスブースト ©2020 オキザリス 25
  26. モブプラクティスを試す SFOで得た知識を活かす Mobster導入 強制的にドライバー変更 些細な作業は声かけしてすぐ実施 共同編集で効率UP HackMD/Confluenceを利用 打合せもモブ 会議進行役はMobsterで決定 議事は会議の裏で共同編集

    合流間もないメンバーでも司会進行を実施 問題なく進めることができた! 実験ドリブン スライド作成もモブ フェスブースト ©2020 オキザリス 26
  27. 休憩/雑談を積極的に実施 意識的に休憩を取らないと気づいたときには疲弊する 数スプリント後 スプリント開始 実験ドリブン ふりかえり ブースト ©2020 オキザリス 27

  28. 休憩/雑談を積極的に実施 顔を合わせていなくても高まる一体感  休日の過ごし方  趣味の話  珈琲用品  運動や筋トレ

     健康診断  アイスブレイクのネタを収集  アイスブレイク本を実践  カイゼンの話題  カンバンをみんなでカイゼン  ふりかえりの手法の話  書籍を読んだ感想  XP祭りのセッション共有  Learning Sessionのネタを収集  ふりかえりam  1on1ラジオ  Scrum Fest Osakaのセッション視聴 …etc 実験ドリブン ふりかえり ブースト ©2020 オキザリス 28
  29. • 見積もりの単位が「Sprintに入るか否か」になる 見積もりの感覚がすぐに一致するようになる • 不明瞭な点をしっかり洗い出すようになる チームからバックログに関する質問が積極的に出る • なにより楽しい 「島田SMのモチベーションがすごく上がってる」(マネージャ談) 3hスプリントの効果

    ©2020 オキザリス 29
  30. マーケティングスプリントのTRY •中西MrkがJOIN •aslead全体のマーケティングチームと合併 •オキザリスチームのアジリティをうまく活かして 新しいものを生み出す 実験ドリブン ©2020 オキザリス 30

  31. マーケティングスプリントのTRY 木曜日3時間の活動 マーケティングに特化した会話 Twitter宣伝 セミナー運営 ホームページ広報 これまでの開発活動とは違う内容ばかり 変化を楽しみ、前向きに取り組む etc. 実験ドリブン

    ©2020 オキザリス 31
  32. そして1hフラクタルスプリントへ 2day スプリント 3hフラクタル スプリント 1hフラクタル スプリント 09/14~09/26 Sprint #45~#66

    06/29~09/11 Sprint #03~#44 06/03~06/26 Sprint #00~#02 +3hマーケティング スプリント 実稼働 8日間 実稼働 22日間 実稼働 6日間 ©2020 オキザリス 32
  33. 00-05 Planning 05-45 左記 45-50 Retrospective 50-00 休憩 1h Refinement

    00-05 Sprint Planning 05-15 開発① 15-30 開発② 30-45 開発③ 45-50 Sprint Review・Retrospective 50-00 休憩 Delivery Sprint (1h Sprint× 3 × 3) Discovery Sprint (1h Sprint×3) 3h 3h 3h 3h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h 1h Refinement Sprint Review& Refinement 1h 1サイクル 2day そして1hフラクタルスプリントへ ©2020 オキザリス 33
  34. 1hスプリントの効果 実験ドリブン • カイゼンスピードが超加速 • ダメだったときのリスクが減る • 新しい実験を気軽に始められる • プランニングがとても楽

    ©2020 オキザリス 34
  35. • あっという間に時間が過ぎるので 状況に応じて適宜ドライバーを切り替える ネットワーク不調時にはすぐにドライバー切り替え • 強制的に時間を区切って休憩する 集中していると動き続けてしまうのでちゃんと止まる • バックログリファインメントが重要 1Sprint無駄にならないようにバックログを明確化

    1hスプリントの注意点 実験ドリブン ©2020 オキザリス 35
  36. 新メンバーも同じスピードに巻き込む • オンボーディング期間を作らない 参入日に3hスプリント・初モブ・初ドライバー 参入日に1hスプリント・初モブ・初ドライバー 初日からチームに入り込めてアウトプットも出せるか実験 • チームビルディングもモブで実施 • チームのプロセスを見直すよい機会と捉える

    実験ドリブン ©2020 オキザリス 36
  37. フラクタルなふりかえり • カイゼンのフィードバックループを超高速化 • 上記とは別に1か月ごとにもふりかえりを実施 ふりかえり ブースト 1時間ごとに5分×12 3時間ごとに15分×4 2日ごとに30分

    実験ドリブン ©2020 オキザリス 37
  38. 楽しくふりかえる • 小さく試すことが気分転換に • 雰囲気がよくなる • モチベーションが上がる • 雑談(これがメイン) •

    KPT • YWT • FDL • +/Δ • DPA • Focus on/ Focus off • 象、死んだ魚、嘔吐 • 斜に構える・構えない • Feasible & Useful • One Word • うまくいったこと・変化 • 学び・気付き • ふりかえりカード • テーマトーク • 役立った、邪魔した、仮定した • 555 triple nickels • Six Thinking Hats • 過去やったこと • ポジティブふりかえりマッピング • etc. ふりかえりチートシートを使って手法を試す ふりかえり ブースト 実験ドリブン ©2020 オキザリス 38
  39. ふりかえりアート • きょんさんに倣う • KPT as ART • Fun Done

    Learn as ART • YWT as ART • 意味を求めない • 無言でのふりかえりアート 実験ドリブン ふりかえり ブースト 中西MrkのJoin初日にいきなりアートする場面も 島田SM「アートに説明はいらない、とりあえずやってみよう」 3Sprint分のYWT as ART フェスブースト ©2020 オキザリス 39
  40. フェス・ふりかえりが 実験を加速させ 成長に繋がる これからの成長は さらに加速していく 40

  41. 次回はRSGT2021で進化した姿をお見せします ©2020 オキザリス 41 Likeお願いします! https://confengine.com/regional-scrum-gathering-tokyo-2021/proposal/14974

  42. 参考リンク一覧 • 分散チームのフラクタルスプリント https://speakerdeck.com/kyonmm/fen-san-timufalsehurakutarusupurinto-number-distributed-agile-team • エッセンシャル モブプログラミング ~実践者が考えるモブの価値,原則,プラクティス~ https://speakerdeck.com/martin_lover/essential-mob-programming •

    仕事をよりクリエイティブにするための「Learning Session」ノススメ https://engineering.linecorp.com/ja/blog/recommend-learning-session/ • ふりかえりを拡張するふりかえりチートシート https://qiita.com/viva_tweet_x/items/b06f56ce83038fc2bb8f • ふりかえりカード(問い)アプリ https://booth.pm/ja/items/2119371 • KPT as ART~チームを生き生きとさせるふりかえり~ https://www.youtube.com/watch?v=lQLUTxYTgpQ&feature=youtu.be ©2020 オキザリス 42